さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレ流しても紙・ペーパーや便が戻ってくる!細かいカスが残る

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

トイレ流しても紙・ペーパーや便が戻ってくる!細かいカスが残る

説明 トイレを流した後に、トイレットペーパーが浮いてくることはありませんか?水が流れている途中に入れたわけではなく、水を流す前から便器にあったのに浮いてくる場合は、トイレのタンクや便器の中に原因があるかもしれません。そこで今回は、トイレを流した後にトイレットペーパーが浮く原因と解消方法などについてご紹介したいと思います。

トイレを流した後に、トイレットペーパーが残っていたり、浮いてくることはありませんか?

水が流れている途中に入れたわけではなく、水を流す前から便器にあったのに浮いてくる場合は、トイレのタンクや便器の中に原因があるかもしれません。

そこで今回は、トイレを流した後にトイレットペーパーが浮く原因と解消方法などについてご紹介したいと思います。

トイレットペーパーが残る・浮いてくる原因

トイレットペーパーが残ったり浮いてくるのは、トイレットペーパーがしっかり流れていないことが原因です。そして、トイレットペーパーがしっかり流れていない原因には、主に下記の2つがあります。

  • ・タンクの水位が原因でしっかり流れない
  • ・便器のつまりが原因でしっかり流れない

それぞれについて、解消方法などを次から詳しくご説明いたします。

>>>トイレの流す水の流れが弱い・悪い・流れない!原因 直し方 料金

トイレのタンクの水位が原因の場合

トイレのタンクの水位が基準よりも低くなっている場合、便器の中に流れる水の量も少なくなってしまいます。タンクがついているタイプの便器は、水が流れる勢いで汚物を便器の奥に圧しだすようになっていますが、水位が低くなっていると流れる水の量が少なくなるため、汚物を圧しだす力も弱くなってしまいます。

タンクの水位は調整が可能

トイレのタンクの水位は、一般の人でもやり方を知っていれば調整が可能です。トイレのタンク内にある、ボールタップと呼ばれる部品を操作することで水位を調整することができます。ただし、便器内にチョロチョロ水が漏れている場合やトイレを使った後にタンク内に給水がされていないなどで水位が低い場合は、フロートバルブの故障やボールタップの破損、フィルターの劣化詰まりといったことが原因の可能性があります。こういった場合は、故障した部品の交換が必要になります。

>>>トイレタンク・便器の水がチョロチョロ水漏れして止まらない!

タンクの水量が原因か確認する方法

トイレのタンクの中を実際に見たことがある人は少ないかと思いますので、タンクの水量を確認する方法を簡単にご紹介いたします。

タンクのフタを取り外す

トイレのタンクのフタは種類にもよりますが、上にもちあげると簡単に取り外すことができます。ただし、タンクのフタは陶器でできていることが多いので、割らないように注意して取り外しましょう。フタの下にカバーが取り付けられている場合は、それも外しましょう。

タンクのフタの種類によっては、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないとフタの取り外しができないものがあります。じゃばら管はボールタップなどに接続されていますので、無理に取り外そうとするとタンク内の部品が壊れてしまいます。じゃばら管の接合部分はナットで止められていることが多いので、落ち着いてナットを回して取り外しましょう。陶器製のフタは重く、割れやすいので、作業をする際はフタを持つ人とナットを回す人の2人でやるといいでしょう。もしも、無理だと思ったら業者に依頼することをおすすめいたします。

オーバーフロー管の少し下

タンク内の水位の基準は、オーバーフロー管の少し下です。大体、2~3cm位が目安です。オーバーフロー管とは、ボールタップが故障してタンク内に水が溢れてしまわないように水を排出するための管です。もしも、正常な位置よりも水位が低かったら、後ほど紹介する調整方法で水位が正常な位置になるように調整しましょう。

ボールタップが壊れていたら

水位を確認した際に、すでにボールタップの浮き球部分が割れているなど故障が確認できた場合は、後ほど紹介する調整方法は使えません。新しいボールタップへの交換が必要になります。

便器の詰まりが原因の場合

トイレのタンク内の水位が正常で、水もきちんと流れるけど、トイレットペーパーが浮いてくる場合は、単純に便器の詰まりが原因の可能性もあります。水を流したあとに、ゴボゴボという音がする場合や、パッドを間違って流した場合、大量にトイレットペーパーを流す、ペット用トイレの砂を流す、配管の掃除をしていないなどの場合は詰まっている可能性があります。

>>>トイレつまりの直し方「自分でできる8つの修理法」

便器の詰まりが原因か確認する方法

先ほど少し紹介させていただきましたが、水を流したあとにゴボゴボと便器の中から音がする場合は、何かが詰まっている可能性があります。また、トイレ内の水位が上がってきている場合も便器の奥で何かが詰まっている可能性があります。

節水型トイレは詰まりやすい?

最新のトイレになると、少量の水で便器内の洗浄ができるようなタンクレスの節水型トイレがあります。タンクがついているタイプは、大量の水を流すことで勢いを作って洗浄を行いますが、節水型のトイレは電気の力を使って少ない水で勢いを作って洗浄を行います。水の勢いで洗浄する仕組み自体は同じですが、節水型トイレにしてからトイレが詰まったという人は結構いるようです。種類にもよりますが、水の量を便座についているリモコンで操作できるものもあるので、それがついている場合は水量を増やしてみるといいかもしれません。

トイレのタンクの水位の調整方法

トイレのタンクの水は、レバーを回すことでフロートバルブの鎖がバルブを持ち上げ、便器内にタンクの水が流れていきます。タンク内の水が少なくなるとフロートバルブが閉まり、ボールタップの浮き玉が下がることにより、給水の弁が開いてタンク内に水が溜まるようになります。

そのため、タンク内の水位が標準水位(オーバーフロー管の2~3cm下)よりも高かったり、低かったりする場合はフロートバルブを調整することで水位も調整することができます。

必要な道具

タンクの水位の調整には、基本的に工具などは必要ありません。作業時は、衛生面を考えて、ゴム手袋やマスクなどを装着して作業をするようにしましょう。

注意点

作業前にトイレのタンクの給水管に取り付けられている止水栓を閉めて、水が出ないようにしておきましょう。また、陶器のフタを取り外す際は、割らないように慎重に取り外しましょう。

>>>トイレの止水栓・分岐水栓の水漏れ・止め方!修理方法や費用

手順(水位調整リングがある場合)

  • 1.水位調整リングの確認
  • 給水管と繋がっているボールタップの根元部分に、クルクル回る水位調整リングがあるか確認します。取り付けられているボールタップの種類によって異なりますが、よくあるタイプであれば、ボールタップの根元部分と浮き玉が付いているアーム部分の接合部分に取り付けられています。
  • 2.水位調整リングを回す
  • 水位が低い場合は、時計回りに回すことで水位を高くすることができます。水位が高い場合は、反時計回りに回すことで水位を低くすることができます。
  • 3.止水栓を開けて水位を確認
  • 調整ができたら、止水栓を開けて標準水位であるオーバーフロー管の2~3cm下に水位がくるか確認して完了です。

手順(水位調整リングがない場合)

  • 1.浮き玉があるか確認
  • 水位調整リングがない場合は、浮き玉があるかどうかを確認しましょう。
  • 2.浮き玉の棒を軽く曲げる
  • 水位調整リングはないけど、浮き玉があるという場合は、浮き玉と本体を繋いでいる棒を軽く曲げることで調整ができます。棒の真ん中部分を上に曲げることで水位を高くすることができ、下に曲げることで水位を低くすることができます。ただし、この棒は力を入れすぎると折れてしまうことがあるため、取り扱いには注意しましょう。
  • 3.止水栓を開けて水位を確認
  • 調整ができたら、止水栓を開けて標準水位であるオーバーフロー管の2~3cm下に水位がくるか確認して完了です。

手順(浮き玉が見当たらない場合)

  • 1.水位を調整している部品がないか確認
  • ボールタップに浮き玉が見当たらない場合は、水位を調整している部品がないか確認しましょう。例えば、本体部分から下に真っ直ぐ伸びている部品の途中に、リング状の水位調整をしている部品などがあります。
  • 2.部品の高さを調整する
  • 水位調整している部品が見つかったら、部品を上下させることで水位調整が可能です。部品によって、ネジを回して調整するものや、手で簡単に上下できるものなど色々ですので、都度確認しながら標準水位にくるように調整しましょう。
  • 3.止水栓を開けて水位を確認
  • 調整ができたら、止水栓を開けて標準水位であるオーバーフロー管の2~3cm下に水位がくるか確認して完了です。

部品の劣化などが見られたら

タンクの中の水位の調整をしている際に、ボールタップの破損・劣化などが見られた場合は新しい部品に交換することをおすすめいたします。ボールタップは、色々な種類がありますが、安い価格帯のものだと4,000~7,000円前後、高いものだと5万円以上のものなど様々あります。決して安い価格ではないと思いますので、自分で購入する際は買い間違えのないように、しっかりと確認されることをおすすめいたします。

よくある間違った水位調整方法

一時期、テレビの節約番組などで流行った「ペットボトルを使ったトイレの節水方法」で、トイレのタンク内にペットボトルを入れることで水位を上げて使用する水を少なくするといった方法を今も使っている人がいます。トイレタンクは、便器の洗浄を正常にするために必要な水の量を考えて設計されています。そのため、節水のために標準水位よりも少ない量の水で洗浄をしようとすると、便器の途中で汚物などが詰まってしまう可能性があります。修理になると、節水で節約できるお金よりも多くの費用がかかってしまうので、きちんと標準水位で使用するようにしましょう。

よくあるトイレ詰まりの原因

トイレを流した後に、トイレットペーパーが浮いてくる原因や解消方法などについてご紹介いたしましたが、予備知識として『よくあるトイレ詰まりの原因』についてもご紹介させていただきたいと思います。いくつかありますが、事前に知っておくと防げたというものもありますので、ご参考になればと思います。

大量にトイレットペーパーを流した

よくあるのが、『1度に大量のトイレットペーパーを流してしまった』です。便と一緒に流れなくなっていることがあり、業者に依頼をするのが恥ずかしいという人もいらっしゃいます。単にトイレットペーパーが詰まった場合は、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使うことで詰まりの解消ができますので、試してみてください。

>>>トイレつまりはラバーカップで楽に直る!

子供がボールなどのおもちゃを流した

小さいお子様が遊びに来たときに、トイレにボールなどのおもちゃを流してしまったために、トイレが詰まったということもよくあります。ボールなどの水に溶けないものの場合、ラバーカップなどを使うと物が奥に押し込められて取れなくなってしまうことがあります。最悪、排水管が破損して大きな工事が必要になることもあるので、すぐに業者に依頼しましょう。ただし、つまりが浅い場合は、自分で取り出すこともできます。

>>>子供がトイレをつまらせたときの対処法

ペット用のトイレ砂を流した

よく『トイレに流してOK』といったペット用のトイレ砂がありますが、できればあまり流さない方がいいでしょう。ペットの糞と一緒に流すと詰まってしまったり、砂だけでもたくさん流すと詰まるといったことがあります。賃貸マンションなどの場合、排水管の出口にペット砂が詰まってしまい、他の部屋に排水が逆流してしまうといった事故が起こる可能性もあります。そういった場合、修繕費や家財の弁償といった責任も出てきますのでできればゴミ袋に入れて捨てることをおすすめいたします。

>>>猫砂がトイレにつまった時の対処法「塩はNG」の理由とは?

パッドやオムツを流した

生理用パッドや、介護用のオムツなどを間違ってトイレに流してしまった場合、使用されている薬剤が水を吸って排水管内で詰まるといったことがあります。もしも詰まってしまった場合は、おもちゃの時と同様に業者に依頼するか、自分で取り出せないか試してみましょう。

>>>紙おむつがトイレにつまった時の対処法

トイレの便器の詰まり解消方法

もしも、トイレの便器が詰まってしまった場合でも、自分で詰まりを解消できる場合もあります。市販の詰まり解消アイテムとしてよく知られているスッポンこと「ラバーカップ」を使った方法と、ネットショップなどで買える真空式パイプクリーナーを使った方法について簡単にご紹介したいと思います。

ラバーカップを使った方法

スッポンと呼ばれる、トイレの便器に当ててキュポキュポして詰まりを解消するアイテムの正式名称は「ラバーカップ」といいます。昔からよく知られているアイテムですが、実は間違った使い方をしている人が結構多くいます。

ラバーカップの正しい使い方は、「詰まりを引っ張りだす」ことです。効果を最大限に出すためにも、正しい使い方についてご説明いたします。

必要な道具

ラバーカップ、給油ポンプまたは水を汲みだせるもの、ビニール袋(ゴミ袋など)、バケツ、雑巾、ゴム手袋。

注意点

トイレットペーパー以外のもの、例えばペット用のトイレ砂や歯ブラシなどの固形物などを落としてしまった場合はラバーカップは使わないようにしましょう。排水管を傷つけてしまい、大規模な工事が必要になることがあります。そういった場合は、業者に取ってもらうようにしましょう。

手順

  • 1.汚水を汲みだす
  • 汚水が便器の上の方まで上がってきている場合は、給油ポンプやひしゃくなどを使って、水をくみ出しておきましょう。
  • 2.ビニールでカバーする
  • ラバーカップを使っている時に、便器の水が飛び散らないように、ゴミ袋などのビニール袋の真ん中に穴を開けてラバーカップを通しておきます。
  • 3.ラバーカップをゆっくり押しつける
  • ラバーカップを便器の排水口に密着させて、ゆっくりと押し付けていきます。
  • 4.勢いよく引っ張る
  • ラバーカップがそれ以上押し付けられなくなったら、勢いよく引っ張ります。これを複数回繰り返すことで、詰まりが解消します。
  • 5.バケツの水を流す
  • 詰まりが解消できたと思ったら、バケツに水を汲んで便器に流してみましょう。きちんと流れるようになったら、完了です。

真空式パイプクリーナーを使った方法

便器内に水がたまっていない状態ですと、ラバーカップを使っても効果がありません。そういった場合は、真空式パイプクリーナーの出番です。真空式パイプクリーナーは水が少ない状態でも、レバーを上げ下げすることで詰まりを引っ張りだすことができます。

必要な道具

真空式パイプクリーナー、ゴム手袋。

注意点

真空式パイプクリーナーを購入する際は、使用する排水口のサイズにあったものを購入しましょう。洗面台やキッチンなどのように小さい排水場所でしか使用できないものや、どこでも使えるようにラバー部分を取り替えられるものなど種類が様々あります。料金だけでなく、サイズもしっかりと確認するようにしましょう。

手順

  • 1.真空式パイプクリーナーを排水口に押し付ける
  • 隙間ができないように、しっかりと排水口に押し付けましょう。
  • 2.レバーを上げ下げする
  • 真空式パイプクリーナーのレバーを上下させることで、吸引力が高まります。
  • 3. 引き上げる
  • レバーを上下させた後は、本体を排水口から引き上げましょう。1回で改善することもあれば、複数回必要な場合もあります。
  • 4.バケツの水を流す
  • 詰まりが解消できたと思ったら、バケツに水を汲んで便器に流してみましょう。きちんと流れるようになったら、完了です。

トイレつまりの解消道具がないときの解消法

ラバーカップや真空式パイプクリーナーのような、トイレつまり専用の解消道具が家にない人もいますよね。むしろ、家にある人の方が少ないと思います。

そういったときは、家にあるものを使ってつまりを解消する方法があります。軽度なつまりに限られますが、夜中でお店が閉まっている・近くにホームセンターがない・離島などでネットショッピングの配送も届かないというときは下記記事に書かれている方法を試してみてください。

>>>トイレつまりで道具なしならペットボトルやハンガーで直してみよう!

トイレ流しても紙・ペーパーや便が戻ってくる!細かいカスが残るまとめ

今回は、トイレを流した後にトイレットペーパーや便が戻ってくる原因などについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。トイレの水量が少なくなっていたり、排水路内でつまりが起こっているなど原因はさまざまでしたよね。

軽度のつまりや排水路手前でつまっている異物のつまりなどは、自分でも修理が可能です。しかし、重度のつまりや排水路の奥・排水管内でつまりが起こっている場合は便器の脱着作業などが必要になってくるので業者依頼が必要です。

生活救急車では、漏水調査などの”調査”が含まれない見積りは無料で対応しております。他社との見積り比較も承っておりますので、お困りの際は現地無料見積りをご依頼ください。