さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレに異物を流した!ナプキンパンツおもちゃ携帯メガネ

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
トイレに異物を流した!ナプキン パンツ おもちゃ 携帯 メガネ

説明 トイレに異物を落とした、もしくは異物を流してしまってお困りではありませんか?ナプキン(生理用品)やスマホ(携帯電話)など、トイレに流してはいけない物を流してしまったときの対処方法をご紹介します。

トイレに流さず取り出した方が良いケース

トイレには流して良い物と流してはいけない物があります。取り出した方がよいケースを下記にまとめました。もし当てはまるようであれば取り出す事を考えるようにしましょう。

ナプキン(生理用品)やおむつを流した

ナプキン・タンポンといった生理用品やおむつを流してしまった場合には取り出すようにしましょう。

吸水性の高い製品は水を多く吸収する分、大きく膨れ上がります。放っておくと膨れ上がった生理用品やおむつが、トイレの奥の排水管で詰まり通り道を塞いでしまいます。

そうなると排泄物を流しても通らなくなりトイレの便器から汚水が溢れてしまいます。またナプキンやおむつが膨れすぎてしまうと排水管を圧迫してしまい、配管がひび割れてしまう場合もあります。

そうなるとトイレ詰まりの修理だけではなく配管の交換など大きな工事になり修理もプロの業者でないと直せない状況になってしまいます。

スマホなど携帯電話のような固形異物を流した

異物を落としてしまうケースとして良くあるのが、胸ポケットなどに入れておいたスマホやガラケーなど携帯電話を落としてしまうというケースです。

最近のスマホはサイズがコンパクトになっている機種もありますが、トイレの排水管と比べると大き過ぎる存在です。

当然排水の通り道の一部がふさがれてしまいますので、排水の詰まりに繋がる可能性が大きく高まります。汚いからもう使わない、取り出すのが面倒と思っていても、放置せずに取り出した方が良いケースになります。

ペットの糞を流した

ペットの糞も人間の便も同じ物では?と思うかもしれませんが詰まらせる危険があります。なぜかというと犬や猫の糞は人間の便の性質とは異なるからです。

犬や猫の糞は人間の便と比べて溶けにくい場合があること、そして毛も多く混じっているのです。排水管に絡まり排水口を塞いでしまう可能性があります。処理が簡単だからといってトイレに流すようなことはせずにゴミとして処理するようにしましょう。


トイレに異物を落とした(流した)ときにやってはいけないこと

トイレに流してはいけない異物を落としたときや流したときについしてしまいがちなことがあるかと思います。しかしその中にはやってはいけないNGがありますのでご紹介します。

ラバーカップ(スッポン)をすぐに使わない

トイレを修理する道具といえばラバーカップ(スッポン)がよく想像つきますが、つい異物を押し流そうとしてとりあえずラバーカップを使おうという考えはよくありません。

場合によってはラバーカップを使うことで詰まってしまったものを無理やり流すことはできるかもしれません。

しかしトイレの排水管は直線のようにまっすぐ続く物でもありません。

どちらかというと曲線のようにカーブしている場合が多いので、カーブの箇所で詰まらせてしまう可能性があります。また配管の長さによっては中途半端な位置に詰まってしまい、取り出すのが非常に困難になってしまう事になりかねません。

理由もなく、とりあえずという意味でのラバーカップの使用は危険ですのでやめましょう。

すぐに流そうとはしない

異物を流してしまったときに最初に思いつく改善方法として、水を更に流せば流れていくのではという考えが多いのではないでしょうか?しかしこの方法も危険です。

トイレットペーパーなど水に溶けるものや、流せるものを詰まらせた場合には有効手段になりえるかもしれませんが、排水管を塞ぐような水に溶けない異物では、排水管に引っかかっていて水を流しても流れていかないことが多いです。

もし水を更に流してしまうと便器から汚水が溢れ出てしまう場合があります。

便器の構造上1回ぐらいではギリギリ溢れることはない場合もありますが、水が流れていかず便器から汚水が溢れそうな状態なのに更に水量を増やせば解消するかもと考えてレバーを引いてしまうと悲惨な結果に繋がってしまいます。

またアパートやマンションなど集合住宅ですと階下漏水によるご近所トラブルにも繋がる可能性も十分にあります。水を流すのは諦めて別の解決方法にする必要があります。

トイレに異物を流してしまったときにやるべきこと

もしトイレに異物を流してしまったときにはご自分でもできる対処方法があります。予想していなかった出来事が起きてしまったので慌ててしまうかと思いますが、心を落ち着かせてまずは下記の方法を試してみましょう。

手で取り出してみる

はじめにできる事として中を覗いてみて異物が見える状態であれば、手で取り出すようにしましょう。

直接手を入れるのではなく、ゴム手袋をはめるなど細菌が付かないよう十分に準備してから行います。

  • 【異物を手で取り出す手順】
  • 1.最初に、異物が手で取り出せる位置にあるか確認します。目視やゴム手袋をつけた手で、排水口入り口に異物がないか確認します。
  • 2.異物を取り出すときは、手や腕に汚水がつかないように必ずゴム手袋をつけます。
  • 3.ゴム手袋をつけた手で異物を直接、軽く引っ張ってみます。引っかかりがある場合は、無理に引っこ抜くと便器が壊れるので業者に依頼しましょう。
  • 4.引っかかりがなく、異物が簡単に動くようなときは、そのまま手で引っ張りだします。
  • 5.最後に異物の片付けと、手洗い・消毒をしたら完了です。

引っかかりを感じるようであれば、無理に引っ張らずに業者に依頼することもオススメします。

無理に引っ張ってしまうと排水口や便器の故障を招いたり、崩れた部品が残ってつまりを悪化させたりする恐れがあります。

汚水桝をガードする

中を覗きこんでみて異物が見当たらないようであれば次に汚水桝をガードします。

上記のやってはいけないことでご紹介した水を流すことをしていなければ、異物は比較的近い位置(便器内部の汚水路)にまだ詰まっている可能性があります。まずは汚水路より奥にある排水管に流れていかないようガードしておく必要があります。

トイレの近くにある汚水桝にスコップなどを差し込み、異物がそれ以上流れていかないようにしましょう。

あくまで異物が流れていかないようにするだけですので、配管の中を傷つけるような強く差し込んで固定させたり、穴を完全に防いでしまうような物は入れないようにしましょう。この方法は一戸建て住宅の場合に限り可能な方法です。

マンションなど集合住宅の場合は基本的には汚水桝を確認することはできません。集合住宅にお住まいの方は他の住民に迷惑をかけてしまう可能性もありますので、管理会社や水道業者に相談するようにしましょう。

異物による詰まりを確認するため排水テストをする

今度は異物による詰まりが起きていないどうかの簡単な排水テストを行います。用意するものはトイレットペーパーだけで大丈夫です。

トイレットペーパーをゴルフボールやピンポン玉と同じぐらいの大きさに丸めます。これを6~7個ぐらい作って一度に流しましょう。流したあとは先程スコップなどでガードした汚水桝を確認します。

排水テストをするときは、流す人と汚水桝の中を確認する人の2人で役割を分担して行えば見逃しづらくなると思います。排水テスト結果によって下記の3パターンのどれかになるかと思います。このテストは便器の中の水位に異常がない場合のみ行って下さい。

水が溢れてしまいそうな状況であれば、すでに詰まりが起きていますのでそれ以上水を流さないで下さい。

トイレットペーパーと一緒に異物が流れてきた

このパターンですと非常にラッキーです。問題箇所を見つけるどころか、問題を解決したことになります。あとは出てきた異物を取り出して問題解決です。

トイレットペーパーだけが流れてきた

トイレットペーパーのみが流れてきた場合は、その汚水桝よりも先の排水管に流れてしまった可能性があります。トイレが問題なく使用できた場合でも、後に大きなトラブルになりかねますので業者に相談されることをオススメします。

トイレットペーパーが流れてこない

トイレットペーパーも詰まってしまっている状態です。また、異物も汚水桝よりも手前に引っかかっていると考えられます。もしこの状態であればラバーカップやワイヤーブラシを使うことで解決できる場合があります。



自分で解決するための最終手段

上記の排水テストの中でご紹介したトイレットペーパーが流れてこない場合にはご自分でも解消できる場合があります。ただし、この方法はご自分でできる最終手段と思っていただき、解消しない場合は業者へ相談しましょう。

ラバーカップで異物を引き込む

先程ラバーカップをとりあえず使用する場合は危険だとご紹介しましたが、このような状況だと分かっていれば、使用しても問題ありません。しかしラバーカップの使用方法をしっかりと守る必要があります。ラバーカップは空気を送り込んで詰まりの原因を「押し出す」と思われることが多いですが、実際は詰まりの原因を「引き込む」ことが主な使い方です。そのため今回の状況のようにすぐ近くにある異物を引っ張り出すということであれば、ラバーカップを使うことは効果的なのです。

ラバーカップの使い方

ラバーカップを使うときは必ずと言ってよいほど水が飛び散ります。トイレの室内が汚水で汚れることを避けるために、便器に透明なゴミ袋をかぶせてゴミ袋にラバーカップの持ち手が通せるぐらいの穴を開けます。ゴミ袋の中でラバーカップが動くようにすれば、汚水が飛び散ることを防ぐことができますので始めに準備しておきましょう。

使い方はトイレの排水口を覆うようにゆっくりとラバーカップを押し込みます。押し込んだあとは勢いよく引っ張りましょう。詰まっていた異物が便器の排水口から出てきたら成功です。4~5回程やらないと出てこない場合もありますがそれ以上繰り返しても異物が出てこない場合は業者に依頼しましょう。



業者に依頼

ご自分で解決する最終手段であったラバーカップでも解決できなかった場合は、業者に依頼して異物を取り出してもらうことをオススメします。異物の中にはスマホなど大切な物もあるかと思います。業者に依頼する場合でも実際に無事に拾い出せる場合とそうではない場合があります。(関連記事=>『水道屋さん選び方!口コミ評判比較で悪質ぼったくり激安業者を回避』)

無事に拾い出せる場合

無事に拾い出せるかもしれない状況として、比較的浅い場所であれば便器を取り外すことで無事に取り出せる事があります。

無事に拾い出せない場合

無事に拾い出せない可能性がある場合としては排水管の奥の方にある場合です。手段としては高圧洗浄やワイヤーブラシなどで押し出す必要があるため、その途中でバラバラになってしまう可能性があります。他にも防水ではない機種や便器に落とした際の衝撃などで無事ではない場合があります。

拾い出してもらう費用

業者に拾い出してもらうのであれば気になるのは料金ですよね。水道業者の各ホームページの料金表のどこを見ればよいか分かりづらい場合があると思いますが、基本的には詰まりの修理ですので詰まりの料金を参考にするのが良いと思います。

関連記事:『トイレつまりの直し方『だれでもできる8つの修理法』』)

便器の取り外しや高圧洗浄が必要であれば、詰まりの基本料金に別途追加料金が発生する料金システムの業者が多いと思われます。他にも高圧洗浄などで洗浄する対象である配管の長さによっても料金が異なる場合があります。そのため、簡単な作業であれば8,000円~15,000円前後で解決する場合もありますが、大きな作業になると20,000円を超えるケースもあります。

現場の状況によって料金は大きく変化することがありますので、急いでいるからといって業者にすぐに作業に入ってもらうのではなく、事前に必ず正確な見積りを提示してもらい内容を確認しておきましょう。このとき相見積もりとして出張見積り無料の業者にも依頼しておくのも良いかもしれません。

トイレに流してはいけないもの

ご自分で解消できた場合や業者に依頼したことで解決できれば一安心ですが、今後大切な事としてトイレを詰まらせないためのケアです。今回スマホを便器の中に落とすといった思いがけない出来事、もしくは流せるかもしれないと思っていた物が詰まる要因だったということに焦点を当てたトイレ詰まりのケースをご紹介しましたが、他にも流してしまいがちな異物はいくつかあります。その中でもよく間違えやすい異物をご紹介します。

ティッシュペーパー

同じ紙だから大丈夫と誤解されやすいのがティッシュペーパーです。トイレットペーパーと異なるのは繊維の編み込み方です。トイレットペーパーは短い繊維での編み込みの為すぐにほどけるようになっていますが、ティッシュペーパーは長い繊維での編み込みのためほどけにくいです。その結果トイレットペーパーは水に溶けやすいですが、ティッシュペーパーは水に溶けず塊となって残りやすい異物となってしまうのです。

おしりふき

赤ちゃんのおしりふきなどもティッシュペーパーと同様で、トイレットペーパーよりも溶けにくい製品です。トイレに流せると記載されていてもトイレットペーパーのように一度に大量に流すのではなく、少量ずつ流しましょう。一番安心できるのは、燃えるゴミとして処分することです。

食べ物や嘔吐物

食べ残しや嘔吐物はトイレに流してはいけません。食べ物の中に含まれる油が配管を詰まらせる原因となります。キッチンの詰まり等で業者に依頼された方は経験あるかもしれませんが、油を流すことが多いキッチンの配管を覗いてみると、白い塊が配管にこびりついて通り道を塞いでいます。同じような現象がトイレの排水管でも起こってしまいます。また、トイレットペーパーのように簡単に溶けていくものではありませんので、一度に大量に流す事でも簡単に詰まらせてしまう可能性がありますので注意しましょう。

ペット用のトイレ砂

犬や猫などペット用のトイレ砂も流さないようにしましょう。トイレ砂を流してしまうと大きな塊となり、配管を詰まらせる恐れがあります。中にはトイレに流せると記載されている製品もありますが、燃えるゴミとして処理をする事をオススメします。

関連記事:『トイレ猫の砂詰まり!犬、ペットの糞や汚物、シートを流した!』)

まとめ

便器に流してはいけない異物を落としたときは、慌てて流してしまおうとするかもしれませんがそれは大きな間違いです。水は流さないよう注意しましょう。便器の中の排水口を覗いてみて、取り出せるようであれば必ず取り出すようにしましょう。もちろん異物が奥の方へ流れてしまった場合でも取り出す必要があります。ご自分でも取り出せる場合はありますが、あまり無理をせずプロである業者に依頼して取り出してもらうことをオススメします。集合住宅ではその異物が原因となって、他の住民に被害が出てしまうなど大きな水のトラブルになりかねません。異物を詰まらせたときは、まずは落ち着いて取り出すことを考えるようにしましょう。


ユーザー評価:  4.7 (5件)

目視できませんでしたが、手を突っ込んでみたら異物がひっかかっており、取り出すことができました

ラバーカップで取れない所まで行ってしまってます…