さらに条件を追加する
IDEA

原因不明のトイレつまりを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決原因不明のトイレつまりを修理する方法

説明 急にトイレがつまった、いつの間にはトイレがつまっていた、つまりの原因が分からないなどの、原因不明のトイレのつまりを解決する方法です。つまりの発生している場所の確認方法や、つまりの原因を除去する方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

原因不明のトイレつまりの修理方法の流れ

原因不明のトイレのつまりを解決する手順は、大きく分けて2つです。
1:つまりの発生している場所を確認する
2:つまりの原因を除去する

【1:つまりの発生している場所を確認する】
まず、どこで、つまりが起きているかを確認します。
トイレのつまりと一口に言っても、排水管でつまっている場合と、便器の中でつまっている場合の2通りがあります。

【2:つまりの原因を除去する】
つまりの発生している箇所が、便器の中だった場合、空気圧で押し流せるか確認します。
排水管でつまっている場合は、トーラー(ワイヤー)でつまりの原因を除去します。



トイレのつまり修理で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マスク
・マイナスドライバー:汚水桝の点検口を開ける際に使用します。

空気圧式の道具
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ローポンプ

ワイヤー式の道具
・パイプクリーナー(ワイヤー)
・ブラシつきパイプクリーナー(ワイヤー)
・回転式ワイヤーパイプクリーナー

その他
・パイプ洗浄剤
※洗浄剤によっては、排水管を痛めてしまう薬剤もあります。また、洗浄時に、臭気が発生することもありますので、取扱いには注意が必要です。



原因が分からないトイレのつまりの修理手順

【1:つまりの発生している場所を確認する】
まず、トイレから一番近い点検桝を開けてみます。そこに汚水が溜まっていなければ、便器でつまっている可能性が高いです。
しかし、その桝に汚水が溜まっている場合は、その先の排水管でつまりが発生しています。

【2:つまりの原因を除去する】
(1)便器でのつまり
つまりの発生している箇所が、便器だった場合、空気圧で押し流せるか試みます。
この時、つまりの原因が、固形物やタオルなど、排水管でつまる可能性のある物の場合は、押し流すことは避けましょう。
ラバーカップやローポンプを使用する際は、便器内に水が溜まっている状態であることと、ラバーカップの接地面に隙間がないことを確認しましょう。
隙間があると、空気圧が、排水管外に逃げてしまい、空気圧が弱まってしまいますので、注意が必要です。

(2)排水管でのつまり
つまりの発生箇所が排水管だった場合、屋外の、汚水が溜まっている、かつ、道路に一番近い点検桝から、ワイヤーを入れていきます。
道路側に向かって、ワイヤーを送り込んでいきながら、ワイヤーを回転させたり、前後させたりして、排水管の汚れを除去していきます。



トイレのつまり修理の作業をする際に注意すること

(1)便器でのつまりを除去する際の注意点
空気圧で除去する場合、便器周りに汚水が溢れないように、十分に養生しましょう。
特に、ラバーカップやローポンプを便器内に入れる際に、その体積で、便器内の水位が上がってくることに注意しましょう。
また、作業中に、汚水が付着したり、体内に入らないように、ゴム手袋やマスク、作業着や雑巾などの準備が必要です。

(2)排水管でのつまりを除去する際の注意点
必ず、汚れてもよい服装で作業しましょう。ゴム手袋やマスク、作業着や長靴などを着衣し、汚水が付着してもよい状態で作業することが必要です。
また、作業中は、トイレの使用できなくなることにも、注意が必要です。



原因不明のトイレつまりはどうして起こるのか・・・

原因不明のトイレのつまりは、様々な原因が考えられます。
ボールペンやアクセサリー、雑巾やハンカチ、ディッシュやおもちゃなど、予期しないもので、つまりが発生することもあります。
予期しない原因の中には、木の根や、昆虫、土壌など、排水管の破損部分から、入り込むものもあります。
古い排水管や、汚水桝などは、定期的に点検することをお勧めいたします。

※上記方法で、つまりが必ず解決するとは限りません。つまりの度合いによっては、水道業者に依頼することをお勧めいたします。



原因が分からないトイレのつまりにはこんな解決方法も・・・

空気圧やワイヤーなどで、つまりが除去できない場合は、専門の水道業者に、相談することをお勧めいたします。
特に、頻繁につまりが発生する場合や、つまりが全く改善する様子がない場合は、早めに相談しましょう。
トイレットペーパーは、水に溶けるため、時間が経つと、解消することもありますが、その他の原因の場合は、自然に解決することは、ほとんどありません。
放置しておくと、症状が悪化することもありますので、自分で解決できない場合は、信用できる水道業者に相談しましょう。