さらに条件を追加する
IDEA

水が止まらないトイレのハンドルつき止水栓を操作する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決水が止まらないトイレのハンドルつき止水栓を操作する方法

説明 トイレの水が止まらない、止水栓で水を止めたい、止水栓のハンドルの使い方が分からないなどの水が止まらないトイレのハンドルつき止水栓を操作する方法です。止水栓の場所・状態を確認する方法、ハンドルを回して水を止める方法などを紹介しています。

水が止まらないトイレのハンドルつき止水栓の操作方法の流れ

トイレの水が止まらないときは、トイレ内の止水栓で水を止めることができます。
今回は、蛇口のようなハンドルが付いている止水栓の止め方をご紹介します。
ハンドルがついている止水栓で水を止める場合は、下記の手順で作業を行いましょう。

1:止水栓の場所・状態を確認する
2:ハンドルを回して、水を止める

【1:止水栓の場所・状態を確認する】
止水栓が設置されている場所はタイプによって様々です。壁付の止水栓や、床から立ち上がっている止水栓などがあります。
また、その止水栓が錆びていたり、劣化している場合は、大きなトラブルにつながりますので、止水栓の状態を確認しましょう。

【2:ハンドルを回して、水を止める】
止水栓についているハンドルを向かって時計回りに回すと、水を止めることができます。
この際に、止水栓に大きな衝撃を与えてしまうと、トラブルにつながりますので注意して操作しましょう。



トイレの止水栓操作で使用する道具

・雑巾



ハンドルが付いている止水栓の操作手順

【1:止水栓の場所・状態を確認する】
止水栓はトイレのタンクの横の壁付近に設置されていることが多いです。
壁に設置しているタイプ、床からパイプを立上げているタイプ、床に直接設置しているタイプなどがあります。
ハンドルがついている止水栓は、壁に設置しているアングル形止水栓か、床からパイプを立ち上げているストレート形止水栓がほとんどです。
場所の確認ができたら、止水栓の状態を確認しましょう。
止水栓に緑のような腐食、または、白っぽい腐食が見られる場合は、不用意に触ることは避けましょう。
腐食が見られる場合、止水栓が折れやすくなっていることがあります。
止水栓のハンドルを回す際に、止水栓が根元から折れてしまい、大きなトラブルになることがあります。
止水栓に腐食がない場合は、慎重にハンドルを操作しましょう。

【2:ハンドルを回して、水を止める】
止水栓の操作方法は、蛇口のハンドル操作と同じですが、ハンドルをゆっくり、慎重に操作することがポイントです。
ハンドルを回す時は、手や工具を使って、止水栓の根本をしっかりと支えましょう。
支えがないと、ハンドルを操作した際に、止水栓の根本に力が加わり折れてしまうことがあります。
支えたら、ハンドルを向かって時計回りに、ゆっくりと回します。
硬く締めすぎないように気をつけながら、適度に締めるようにしましょう。
ハンドルが固くて回せない時は、無理に回すことは避けましょう。
止水栓のハンドルが回せない場合は、水道メーターの元栓を締めるなど、他の方法を考えましょう。



トイレの止水栓操作の作業をする際に注意すること

止水栓が錆びているときや劣化しているときは、要注意です。
腐食している止水栓は、根本から折れやすくなっています。
そのような状態のときは、無理に作業することは避けましょう。
また、腐食していない状態でも、必ず、止水栓の根本を手や工具でしっかりと支えるようにしましょう。
ハンドルを操作する際に、止水栓の根本に大きな負荷がかかりますので、気をつけましょう。



トイレの水が止まらないトラブルはどうして起こるのか・・・

トイレの水が止まらない原因は、部品の劣化や損傷が考えられます。
長年使用すると、経年劣化によって、水を溜めることができにくくなります。
また、大きな衝撃を加えてしまうと、トイレのタンクの部品が故障することがあります。
タンクの中の部品の故障の場合、まずは、トイレの止水栓で水を止めることが必要です。



トイレの水が止まらないトラブルにはこんな解決方法も・・・

水道メーターの元栓で止める方法があります。
トイレの止水栓で水を止めることが難しい場合、その世帯の水道メーター近くの水道の元栓で水を止めましょう。
この場合、その世帯全体の水が止まってしまい、キッチンや洗面所、お風呂場の水道が使えなくなるため、注意が必要です。