さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレの水が流れない時の原因と対処法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

トイレの水が流れない時の原因と対処法

説明 トイレの水が流れない時、原因や対処法がわかれば自分で直せることもあります。しかし、まったくはじめて修理をする人からするとトイレの水が流れない原因や対処法などはぜんぜんわかりませんよね。そこで今回はトイレの水が流れない時の原因や対処法について、はじめて修理をする人に向けて原因の調べ方や原因別の対処法についてご紹介したいと思います。

トイレの水が流れない時、原因や対処法がわかれば自分で直せることもあります。DIYが趣味で、修理に慣れている人は原因を調べてパッと直してしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、まったくはじめて修理をする人からするとトイレの水が流れない原因や対処法などはぜんぜんわかりませんよね。とはいえ、トイレの水が流れない状態が続くのは困りますよね。

そこで今回はトイレの水が流れない時の原因や対処法について、はじめて修理をする人に向けて原因の調べ方や原因別の対処法についてご紹介したいと思います。

トイレの水が流れない原因と症状

トイレの水が流れない原因がなにか、気になりますよね。また、修理をする際も水が流れない原因によって修理の仕方が違ってきます。

そこでまずは、トイレの水が流れない原因についてご紹介したいと思います。トイレの水が流れない時の原因には主に下記のようなものがありますが、それぞれについて詳しくご紹介いたします。


  • 【トイレの水が流れない原因】
  • 1.止水栓が閉まっている
  • 2.ボールタップが壊れている
  • 3.浮き球が壊れている
  • 4.フロートバルブと鎖が切れている
  • 5.レバーが壊れて空回りしている

止水栓が閉まってトイレの水が流れない

トイレの水が流れない時の原因の1つ目は、「止水栓が閉まっている」です。「止水栓なんて意図的に閉めるものだから、閉まっているのに気づかないわけがない」と思ってしまいますよね。

しかし、家族がトイレの修理や家の点検などで一時的に止水栓や元栓を閉めているのに気づかずに水道業者に電話をしてしまう人は一定数いらっしゃいます。もし、まだ止水栓を確認していないのであれば一度確認してみたほうがいいでしょう。

ボールタップが壊れてトイレの水が流れない

トイレの水が流れない時の原因2つ目は、「ボールタップが壊れている」です。ボールタップとは、トイレタンク内にある給水管からの給水を調整している部品のことです。

ボールタップが壊れてしまうと、給水管から水が給水されなくなる、もしくは給水が止まらなくなるといったトラブルに繋がります。ボールタップについては、新品の部品をホームセンターなどで購入して自分で交換する人もいます。

工具を使っての部品の取り外し・交換する部品の選定などでつまづく人が多いトラブルなので、そういった作業が苦手な場合は業者依頼がいいかもしれません。

ボールタップが壊れているときの症状

ボールタップが壊れてトイレの水が流れない場合は、下記のような症状が現れます。


  • ・レバーは回るけれど流れる水の量が少ない
  • ・タンク内に水はあるけれど量が少ない
  • ・タンク内に水が貯まるまでに時間がかかる

上記のような症状が出ているとボールタップが壊れている可能性が高いため、下記の修理方法を検討してみましょう。

>>>ボールタップの交換方法への内部リンク

浮き球が壊れてトイレの水が流れない

トイレの水が流れない時の原因3つ目は、「浮き球が壊れている」です。浮き球とは、ボールタップと連結している部品で水位の上昇・下降にあわせて一緒に上昇・下降して、ボールタップの給水弁を閉めたり・開けたりします。

浮き球が割れている場合や水位にあわせて上昇・下降しない場合は、ボールタップの給水弁が動かなくなるので水の給水・止水ができなくなるといったトラブルに繋がります。浮き球も新品の部品を自分で購入して交換する人はいます。

こちらも、工具を使っての部品の取り外し・交換する部品の選定でつまづく人が多いトラブルなので、そういった作業が苦手な場合は業者依頼がいいかもしれません。

浮き球が壊れているときの症状

浮き球が壊れてトイレの水が流れない場合は、下記のような症状が現れます。


  • ・レバーは回るけれど流れる水の量が少ない
  • ・タンクに水は貯まるけれど量が少ない
  • ・浮き球の半分以上が水に沈んでいる
  • ・浮き球にひびが入って水が溜まっている

上記のような症状が出ていると浮き球が壊れている可能性が高いため、下記の修理方法を検討してみましょう。

>>>浮き球の交換方法への内部リンク

フロートバルブと鎖が切れてトイレの水が流れない

トイレの水が流れない時の原因4つ目は、「フロートバルブと鎖が切れている」です。フロートバルブとは、タンク内の水が便器側に流れないようにタンク内の穴に取り付けられているゴム栓のことです。そして、そのフロートバルブとタンクのレバーハンドルをつなげているのが鎖です。

ずっと借りてがいなかった借家のトイレだと、フロートバルブに水垢などがついて固着してレバーを回しても動かなくなっていたり、鎖が劣化して切れてしまいレバーを回しても空回りしてトイレの水が流れないといったトラブルに繋がることがあります。

フロートバルブと鎖も、ホームセンターなどで新品を購入して自分で取り付け直しができます。部品の選定はボールタップや浮き球よりも簡単ですが、鎖の長さ調節でつまづく人が多いトラブルです。鎖を交換する際はもとの鎖の長さがどれくらいだったかわかるように、現物を保存しておくのがおすすめです。

フロートバルブが壊れているときの症状

フロートバルブが壊れてトイレの水が流れない場合は、下記のような症状が現れます。


  • ・トイレのタンク内に水が貯まらない
  • ・便器内にずっと水がチョロチョロ流れ続ける
  • ・レバーを回しても水が流れない(空回りする)

上記のような症状が出ているとフロートバルブが壊れている可能性が高いため、下記の修理方法を検討してみましょう。

>>>フロートバルブと鎖の交換方法への内部リンク

レバーが壊れて空回りしてトイレの水が流れない

トイレの水が流れない時の原因5つ目は、「レバーが壊れて空回りしている」です。トイレのレバーには、フロートバルブを動かすための鎖がついていましたがその鎖をひっかけておく「軸」がレバーにはついています。

この軸が折れてしまっていると、レバーを回しても空回りして水が便器内に流れないようになります。トイレのレバーについては、ホームセンターもしくはメーカーの部品販売公式サイトから交換する部品を購入することができます。

トイレのメーカー・型番などが分かっていないと部品の選定難易度が高くなりますが、分かっていれば非常に簡単になります。

レバーが壊れているときの症状

レバーが壊れてトイレの水が流れない場合は、下記のような症状が現れます。


  • ・レバーを回しても空回りする
  • ・途中で引っかかる感触がある

上記のような症状が出ているとレバー本体が壊れている可能性があります。レバー本体の修理方法などについては、下記ページで紹介していますのでチェックしてみてください。

>>>トイレのレバーが戻らない・空回りする原因と交換方法を徹底解説!

トイレがつまって水が流れない場合

トイレのタンクから水が流れないのではなく、「トイレがつまっていて水が流れていかない」という場合。

そういったときは、自分でつまり解消道具や家にあるものを使って修理をすることも可能です。

トイレつまりのやり方については、下記ページで紹介していますのでチェックしてみてください。

>>>トイレがつまったときの修理方法の記事

タンクレストイレの水が流れない原因について

ここまでは、一般的なタンク付きトイレの水が流れない原因や症状について紹介しました。しかし、現在は一般家庭でも「タンクレストイレ」を設置していることがありますよね。

タンクレストイレについては、タンク付きトイレと構造が違うため水が流れない原因や症状、対処法がまったく異なります。

そのため、下記ページにてタンクレストイレで水が流れない原因や症状については別の記事で説明をしています。タンクレストイレを使っていて水が流れないという人は下記ページをチェックしてみてください。

>>>タンクレストイレの水が流れない時の原因や対処法はこちら

トイレの水が流れない時の修理・対処方法

ここまで、トイレの水が流れない時の原因についてご紹介してきました。今度は、トイレの水が流れない時の対処法についてご紹介したいと思います。


  • 【対処法一覧】
  • 1.ボールタップ・浮き球の交換
  • 2.フロートバルブと鎖の交換
  • 3.レバーの交換

トイレの水が流れない時の対処法は、基本的に部品の交換になります。部品の選定などは、トイレのメーカー・型番などがわかるのであればメーカーの公式サイトなどから正規品・代替品を購入できます(廃盤になっていなければ)。

トイレの水が流れない時の対処法1.ボールタップ・浮き球の交換

トイレの水が流れない時の対処法の1つ目、「ボールタッ                 

1.止水栓を閉める

作業中に水が出てこないように、トイレの給水管に取り付けられている止水栓を、ドライバーを使って閉めておきましょう。

2.フタとカバーを取り外す

トイレのフタとカバーは、上に持ち上げると簡単に取り外すことができるタイプと、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないといけないタイプがあります。どちらの場合でも、トイレのフタを割らないように注意して取り外しをしましょう。手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分は、ナットで接合されていることが多いので、取り外す際はナットを回して取り外しましょう。

3.水を抜く

部品を取り外す前に、レバーを回してタンク内の水を抜いて作業をしやすくしておきましょう。

4.部品を取り外す

ボールタップの交換の際に取り外す部品は、主に2つのナットです。タンク外の給水管に取り付けられている、小さいナットとツバ付きの少し大きなナットをモンキーレンチを使って取り外します。ツバ付きのナットを取り外して、タンク内からボールタップを引き抜くと、ボールタップを取り外すことができます。

5.新しいボールタップを取り付ける

古いボールタップを取り外したら、新しいボールタップを逆の手順で取り付けていきます。もしも、ボールタップの本体のみ、浮玉のみなど部分的に交換したい場合は、本体部分を取り外した状態で各部品を交換してから取り付けていきましょう。

6.確認

取り付けが全て完了したら、止水栓を開いて標準水位(オーバーフロー管の2~3cm下あたり)で水が止まるか確認します。もしも、標準水位よりも上にいってしまったり、下に行くことがあれば、浮玉を回して水位を調整して完了です。

トイレの水が流れない時の対処法2.フロートバルブと鎖の交換

トイレの水が流れない時の対処法の2つ目、「フロートバルブと鎖の交換」のやり方についてご紹介したいと思います。

1.止水栓を閉める

作業中に水が出てこないように、トイレの給水管に取り付けられている止水栓を、ドライバーを使って閉めておきましょう。

2.フタとカバーを取り外す

トイレのフタとカバーは、上に持ち上げると簡単に取り外すことができるタイプと、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないといけないタイプがあります。どちらの場合でも、トイレのフタを割らないように注意して取り外しをしましょう。手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分は、ナットで接合されていることが多いので、取り外す際はナットを回して取り外しましょう。

3.水を抜く

部品を取り外す前に、レバーを回してタンク内の水を抜いて作業をしやすくしておきましょう。

4.部品を取り外す

フロートバルブと鎖は、鎖をレバーの軸から外して持ち上げると簡単に外せます。ただし、鎖がもろくなっていると切れてしまうので念のためにフロートバルブ本体を手で外すようにしましょう。

5.新しい部品と交換する

フロートバルブと鎖を新品に交換するだけですが、鎖の長さを交換する前の鎖の長さと同じになるように調整してから交換します。短いとフロートバルブが閉じなくなり、長いとレバーを回してもフロートバルブが開かなくなるので注意しましょう。

6.確認

取り付けが全て完了したら、止水栓を開いて水を溜めた状態できちんと動くか確認して完了です。

トイレの水が流れない時の対処法3.レバーの交換

トイレの水が流れない時の対処法の3つ目、「レバーの交換」のやり方についてご紹介したいと思います。

1.止水栓を閉める

作業中に水が出てこないように、トイレの給水管に取り付けられている止水栓を、ドライバーを使って閉めておきましょう。

2.フタとカバーを取り外す

トイレのフタとカバーは、上に持ち上げると簡単に取り外すことができるタイプと、手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分を取り外さないといけないタイプがあります。どちらの場合でも、トイレのフタを割らないように注意して取り外しをしましょう。手洗い部分の金具とじゃばら管の接合部分は、ナットで接合されていることが多いので、取り外す際はナットを回して取り外しましょう。

3.水を抜く

部品を取り外す前に、レバーを回してタンク内の水を抜いて作業をしやすくしておきましょう。

4.部品を取り外す

レバーハンドルは、取り付ける向きが決まっています。部品を取り外す前に位置の確認や、写真などを撮っておくと後の作業が楽になります。

トイレタンク内のレバーハンドルの軸についている、フロートバルブの鎖を外します。レバーハンドルは、ボールタップと同じように根元がナットで固定されているかと思います。そのナットを、モンキーレンチを使って取り外し、レバーハンドルを引き抜きましょう。

レバーハンドルとナットの間に水漏れ防止のパッキンが取り付けられていますが、手で触った際に手が黒くなったらパッキンが劣化していますので、新しいパッキンに交換した方がいいかもしれません。

5.新しいレバーハンドルを取り付ける

古い部品を取り外せたら、新しい部品を逆の手順で取り付け直します。取り付ける際は、レバーハンドルの向きなどに注意して取り付け直しましょう。パッキンとナットを取り付けられたら、逆の手順で全ての部品を取り付け直します。念のため、トイレのフタはまだ閉めないようにしましょう。

6.確認

フタが開いた状態で、止水栓を開けて水を溜め、レバーがきちんと回るか確認しましょう。レバーがきちんと回って、フロートバルブも問題なく閉じてタンクに水が溜まっていれば完了です。

トイレの水が流れない修理を業者依頼した場合の料金

トイレの水が流れない修理を業者に依頼する場合、修理にどれくらいの料金がかかるのかが心配ですよね。

業者によって料金体系が大きく異なるだけでなく、正確な見積りは現地見積りになるためどれくらい料金がかかるのかわからなくて不安だと思います。

そこで今回は、ネット上での比較の基準になるように生活救急車にトイレの修理を依頼した場合の料金表をご紹介したいと思います。生活救急車でも正確な料金は現地見積りになりますので、あくまでネット上での比較程度にお使いください。

トイレ修理料金表 基本料金 作業費 合計
調整作業

4,000円

4,000円

8,000円

専用器具使用

4,000円

7,000円

11,000円

専用器具/ハイスバット使用

4,000円

11,000円

15,000円

便器脱着作業

4,000円

19,000円

23,000円

トーラー機使用(3mまで)

4,000円

11,000円

15,000円

トーラー機使用時追加費用(3m超え1mにつき)

-

2,000円

-

高圧洗浄機使用(3mまで)

4,000円

15,000円

19,000円

高圧洗浄機使用時追加費用(3m超え1mにつき)

-

2,000円

-

調整作業・パッキン交換など

4,000円

4,000円

8,000円

タンク内部品交換(脱着なし)

4,000円

8,000円

12,000円

タンク内部品交換(脱着あり)

4,000円

12,000円

16,000円

追加修理作業

-

2,000円

-

シャワートイレ交換(当社で購入)

4,000円

4,000円

8,000円

シャワートイレ交換(当社以外で購入)

4,000円

7,000円

11,000円

洋便器・タンク交換

4,000円

23,000円

27,000円

取り外し処分費用

-

3,000円~

-

※料金合計=基本料金+作業費+部品代+(追加作業+時間外料金)
※夜間(22:00~23:00)は、別途3,000円。深夜・早朝(23:00~25:00と6:00~8:00)は、別途6,000円がかかります。
※価格は税抜きです。

生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。

また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

トイレの水が流れない時の原因と対処法まとめ

今回は、トイレの水が流れない時の原因や原因別の対処法、業者に依頼した場合の修理料金などについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。DIYなどに慣れている人であれば自分で部品を探して交換することもできますが、まったくはじめての人の場合どこかで諦めて業者に依頼されることが多いと思います。

しかし、業者によって料金体系などは大きく異なるため業者を選ぶ際は複数業者に見積りをとって十分比較してから正式に依頼するのが損をしない方法です。生活救急車でも、見積りは無料で対応しておりますので相見積りなどお気軽にご依頼ください。