さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレの配管詰まりは自分で直せる?道具で直せる詰まり・直せない詰…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレの配管詰まりは自分で直せる?道具で直せる詰まり・直せない詰まりの原因とは

説明 トイレの配管が詰まってお困りではありませんか?『トイレが流れにくい』といった詰まりの症状は、原因によっては一般的な道具などで直せる可能性があります。そこで今回は、トイレの配管詰まりを自分で直す方法・自分で直せる場合の原因などについてご紹介したいと思います。

目次

トイレの配管が詰まってお困りではありませんか?

『トイレが流れにくい』『止水栓の近くが水漏れしている』などの不具合が出ている場合、トイレの配管が詰まっているかもしれません。

配管詰まりは業者を呼んで修理する方法もありますが、詰まりの原因によっては一般的な道具などで直せる可能性があります。

そこで今回は、トイレの配管詰まりを自分で直す方法・自分で直せる場合の原因などについてご紹介したいと思います。


トイレ配管の構造を知って『詰まりの原因箇所』を確認

『トイレの配管詰まり』とひとことで言っても、詰まりの原因や詰まっている場所によって症状や対処法はさまざまです。

『自分で修理をする』『業者に修理を依頼する』いずれの場合でも、トイレの構造と詰まりの原因箇所の関係を知っておくと対応がスムーズになることが期待できます。

そこでまずは、トイレ配管の構造と詰まり原因についてご説明したいと思います。

トイレの配管詰まりトラブルは『給水管』か『排水管』で発生する

配管には、『給水管』と『排水管』の2種類があります。

『トイレの配管』というと『排水管』のことを指している場合がほとんどですが、トイレタンクに水を供給する『給水管』も配管に含まれます。


トイレの水が流れないときは『排水管』の配管が原因の可能性あり

排水管は、トイレの便器とつながっているほうの配管です。トイレットペーパーや排泄物が流れるのは排水管側の配管になります。

『トイレの水が流れない』『うっかり異物を落として詰まってしまった』などの症状は、トイレの『排水管』が詰まることによって発生します。

トイレの排水管が詰まっている場合の対処法は、下記でご紹介しております。

>>>トイレの配管詰まりを自分で修理する方法


タンクや止水栓に問題があるときは『給水管』の配管が原因の可能性あり

給水管は壁や床の水道管とつながっており、止水栓・分岐水栓を通ってタンクやウォシュレットに水を補給するための部品です。

『止水栓から水漏れしている』『タンクの水がたまるのが遅い』などの症状がある場合は給水管側の配管詰まりが起こっている可能性があります。

トイレの給水管が詰まっている場合の対処法は、下記でご紹介しております。

>>>トイレの給水管側の配管が詰まっているときの修理方法

トイレの配管(排水管)は『便器の配管』と『床下配管』に分かれている

一般的な洋式トイレは、便器の中に配管が通っています。

便器の配管は下水の臭いがのぼってこないように曲がった形をしていますが、その曲がった部分に流したものや異物が引っかかって詰まるケースもあります。

また、便器の配管は下水道へと続く『床下配管』とつながっています。

床下配管は建物の各水回りの床下配管と共通しており、洗面所やキッチンの排水はすべて床下配管を通って下水道に流れていく仕組みになっています。


トイレの配管詰まりが起こる原因を紹介

トイレの配管詰まりを自分で修理する場合は、詰まりの原因に合わせた方法で対応するとより効果的です。

また、詰まりの原因を知っておくことで詰まり発生の予防・対策に役立てることもできると思います。

そこでここからは、トイレの配管詰まりが起こる原因についてご紹介いたします。

『トイレに紙や排泄物をたくさん流した』ことが原因の配管詰まり

『トイレットペーパーや排泄物が原因で詰まる』症状は、トイレの配管詰まりで比較的多い原因の1つです。

紙や便など日常的に流しているものであっても、量によっては詰まりの原因になることがあるので注意しましょう。

トイレットペーパーの使用量が多くなりそうなときは、数回に分けて流すなどの工夫を行うと詰まりを防止しやすくできます。


『流せるトイレシート』なのに詰まりの原因になる理由とは

トイレ掃除のときに使う『流せるトイレシート』も、使い方によっては詰まりの原因になることがあるので注意が必要です。

トイレシートはトイレットペーパーより硬めに作られているため、メーカーで想定した以上の枚数を流すと詰まりの原因になる可能性があります。

トイレシート以外では『ペットの砂』なども流せるタイプがありますが、パッケージに書いてある『1回に流す量』以上は流さないように心がけましょう。

『トイレに流してはいけないものを流した』ことが原因の配管詰まり

トイレは基本的にトイレットペーパーと排泄物以外を流すことは想定されていないつくりになっています。

下記のようなものはついトイレに流して処理をしてしまう人もいるかもしれませんが、詰まりの原因になるので通常のゴミとして処分しましょう。

  • 【トイレに流してはいけないもの(一例)】
  • ・ティッシュペーパー、ウェットティッシュ
  • ・生ごみ、食べ残し
  • ・生理用品、紙おむつ、尿パッドなど
  • ・使い捨てのマスク(不織布マスク)

『トイレに固形物を落とした』ことが原因の配管詰まり

誤って便器の中に固形物を落としたことに気づかずにそのまま水を流してしまうと、配管まで流れて途中で引っ掛かり、詰まりの原因になる可能性があります。

  • 【トイレの配管詰まり原因になる固形物(一例)】
  • ・スマートフォン
  • ・洗剤のキャップ
  • ・棚やタンクの上に置いている飾り小物
  • ・子供のおもちゃ

トイレの中に物を置いていると、地震やドアを閉めたときなどの衝撃で知らないうちに便器に落ちてしまうことがあります。

小物や洗剤をトイレ室内に置いておくときは、倒れたり転がっても便器に落ちないように位置を調整しておきましょう。

トイレの『給水管側』の配管詰まりの原因

トイレの給水管が詰まっているケースでは、たとえば下記のような原因が考えられます。

  • 【トイレの給水管詰まりの原因(一例)】
  • ・サビによる詰まり(金属製の配管の場合)
  • ・配管用の接着剤がはがれて詰まっている
  • ・止水栓の給水フィルターの目詰まり

給水管詰まりは壁や床に埋まっている部分が原因箇所になっていることも多いため、目に見える範囲での不具合が確認できなかったときは業者に相談されることをおすすめいたします。

>>>トイレの給水管側の配管が詰まっているときの修理方法


『リモデル便器』の設置でトイレの配管詰まりが起こりやすくなる理由とは

『リモデル便器』とは、配管の位置が違う古いタイプのトイレに、新しいタイプの便器を取り付けられるようにした便器のことです。

配管工事を行わずに便器を新しくできるので工事費が抑えらえるメリットがありますが、設置したときの状況によっては詰まりが起こりやすくなることがあるので注意が必要です。

ここでは、リモデル便器への交換で詰まりが発生しやすくなる原因についてご説明したいと思います。

リモデル便器とトイレの配管詰まりの関係

リモデル便器では、古い便器と新しい便器で配管(排水管)の位置が異なる場合に、調整用の配管(排水アジャスター)を付け足して設置を行います。

この調整用の配管を設置した場合、トイレの配管が本来とは異なる構造に変わるため詰まりが起こりやすくなることがあります。

【調整用の配管で詰まりやすくなるケース】

・配管を追加することで床下配管までの距離が遠くなったり、曲がり角が増えて詰まりやすくなる。

・調整用の配管が横向きに取り付けられた場合、配管に傾斜が足りないと排水がうまく流れなくなる。

・調整用の配管は便器で隠れるように設置するので、通常の配管より細めに作られていて排水の通り道が狭くなる。

リモデル便器が詰まりやすいと感じる場合の対処法

『トイレットペーパーの使用量を少なめにする』『2回レバーを引いてしっかり流す』など、使い方を工夫すればリモデル便器でも詰まらせないようにすることはできます。

しかし、不便を感じたりどうしても詰まってしまうという場合は、配管工事を行って通常の便器に交換することも検討したほうがいいでしょう。


トイレの配管詰まりを自分で修理する方法

トイレの配管詰まりは、原因によっては自分で解消できる可能性があります。

特別な道具を使わずに試せる方法もあるので、『まずは自分で何とかしてみたい』といった場合はこれからご紹介する内容を参考にしてみてください。

トイレの配管詰まりの直し方1.自然に流れるのを待つ

トイレットペーパーや排泄物など水で細かくなるものが原因で詰まっている場合は、数時間程度放置して様子を見てみるのもいいでしょう。

詰まりの状態によっては、時間を置くだけでも詰まり原因が水でふやけて細かくなり、やがて自然に流れていく可能性があります。

詰まりの原因が手に届きそうな場所にあるときは、割りばしなどで詰まりを細かくしておくと自然解消の助けになります。

トイレの配管詰まりの直し方2.お湯を流す

しばらく様子を見ても詰まりが解消しないときは、『少し高い位置からお湯を流す』ことで詰まりをふやけさせて流れやすくする方法があります。

詳しいやり方については、下記でご紹介しております。

>>>お湯とバケツでトイレつまり解消

ただし、完全に詰まっている状態でお湯を流すと便器からあふれてしまう可能性があるため、便器の水が引かないときは作業を中止しましょう。

トイレの配管詰まりの直し方3.身近な道具で詰まりを解消する

急なトイレ詰まりでラバーカップなど専用の道具がないときは、身近な道具を代用したり加工して使う方法があります。

使用する道具や使い方は、下記の内容を参考にしてみてください。

道具 使い方・期待できる効果
ペットボトル

ペットボトルの底を切って、ラバーカップの代わりとして使う。

ビニール袋

ゴム手袋の上にビニール袋を重ねて排水口に入れ、押したり引いたりして圧力をかける。

食品用ラップ(サランラップなど)

便器をラップで覆って密閉し、上から押して圧力をかける。

針金ハンガー

ペンチで切って伸ばしたハンガーを排水管に差し込み、詰まりの原因を削ったり細かくする。

※リンクをタップすると作り方・使い方の説明ページにジャンプします。

『水に溶ける・軽度の詰まり症状』であれば、身近な道具でも解消する可能性があります。

トイレの配管詰まりの直し方4.詰まり解消道具を使う

配管詰まりの解消を目的とした専用の道具を使うことで、より効果的に詰まりの原因を取り除く効果が期待できます。

詰まり解消道具はホームセンターやネットショップで販売されているので、トイレの配管メンテナンス用に常備しておくと詰まりが発生したときに自分で対応しやすくなると思います。

道具 使い方・期待できる効果
ラバーカップ(すっぽん)

排水口に密着させて引っ張り、詰まりの原因を吸い取る。

真空式パイプクリーナー

レバーを動かして詰まりを吸引する。ラバーカップより強力な吸引効果がある。

ワイヤーブラシ

先端にコイルやブラシがついた掃除用の工具。排水管に差し込んで詰まりの原因を直接削る。

※リンクをタップすると使い方の説明ページにジャンプします。





トイレの配管に固形物が詰まったときは『直接取り出す』方法が安全

スマートフォンなどの固形物が配管で詰まっている症状を自分で解消する場合は、基本的に『直接取り出す』方法が効果的です。

配管の奥に入り込んでいて見えない場合でも手探りで見つけられる可能性はあるので、下記の方法などを試してみましょう。

  • 【トイレ配管に固形物が詰まったときの取り出し方】
  • ・ゴム手袋をはめて直接手で取りだす
  • ・針金ハンガーを曲げて固形物に引っ掛ける

固形物の詰まりに『吸引する道具』を使うと悪化することがある

ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどの詰まりを吸引する道具を使用すると、反対に固形物を押し込んでしまうおそれがあるので使用は避けたほうがいいでしょう。

固形物が床下配管など奥のほうで詰まると、便器を取り外すなど業者による大がかりな作業が必要になって費用が余計にかかってしまうこともあるので、詰まりが悪化しそうなときは作業を中止して業者に相談されることをおすすめします。

トイレの給水管側の配管が詰まっているときの修理方法

トイレの給水管側の配管詰まりはサビなどの劣化が原因のケースが多いため、『劣化した給水管を新品に交換する』ことがおもな修理方法になります。

給水管はDIYで交換することもできますが、作業ができるのは『壁(または床)からタンクまでの見えている部分』に限られます。

詰まりの原因箇所が壁や床に埋まっている部分の給水管だった場合は交換しても症状が改善しないため、原因箇所がわからないときは業者による漏水調査や交換作業の依頼を行うことをおすすめします。


個人で修理するのが難しいトイレ配管詰まりの原因とは?

トイレの配管詰まりは、症状が軽い場合は個人で修理することも可能です。

しかし、つまりの原因や発生箇所によっては状態のひどい『重度の詰まり』となり、業者による本格的な詰まり解消作業が必要になる可能性があります。

ここでは、個人で修理するのが難しいトイレ配管詰まりのケースをご紹介したいと思います。

また、業者に依頼した場合の費用については下記でご紹介しております。

>>>トイレ配管詰まりの修理を業者に依頼した場合の費用

トイレの床下にある配管で詰まりが発生している

トイレに流したものが便器の配管は問題なく通った場合でも、床下の配管を通るときに詰まることがあります。

床下配管は便器を取り外さないと確認できず、便器の取り外しには専門の工具などが必要になるため、個人で修理するのが難しい部分になります。

また、床下配管のさらに奥のほうで詰まりが発生している場合は、トイレの床材を一度はがすことになる可能性もあります。

トイレではなく『排水桝付近の配管』が原因で詰まりが発生している

トイレの配管の排水は、床下配管を通って排水桝に流れ込みます。

排水桝は、生活排水の汚れやごみを分離してから下水に流す役割をしていますが、分離した汚れが排水桝の入り口付近に蓄積すると水をせき止めてしまうことがあります。

排水桝に水が流れなくなって床下配管を通って建物内の水回りに逆流した場合、トイレに配管詰まりの症状が現れるケースもあります。

排水桝が詰まった場合の対処法については、下記でご紹介しております。

>>>排水桝(汚水桝)の掃除方法とは?基本のやり方を紹介


トイレ配管詰まりの修理を業者に依頼した場合の費用

重度の配管詰まりや、詰まりの原因がわからない場合は専門の業者に詰まり解消作業を依頼することをおすすめしております。

しかし、業者に作業を依頼する場合は費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこでここからは、トイレ配管詰まりの修理を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車トイレ配管詰まりの修理を行った場合の料金事例

配管詰まりの修理を業者に依頼した場合の費用は、詰まりの原因や場所など作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは現地見積もりをするのがおすすめですが、見積もりを行う場合は最低3社に連絡して見積内容を比較すると大体の相場がわかるので安心です。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でトイレの配管詰まり修理を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

トイレ給水管補修


下水つまり除去


トイレ詰まり除去 高圧ポンプ使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレ詰まり除去 高圧ポンプ使用 11,000円
  • タンク脱着 19,800円
  • 便器脱着 19,800円
  • 合計 55,000円
  • >>>この事例の詳細を見る

屋外詰まり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 屋外詰まり除去 高圧洗浄機使用 3mまで 50,600円
  • 屋外詰まり除去 高圧洗浄機使用 追加2m 6,200円
  • 薬剤洗浄 8,800円
  • 合計 70,000円
  • >>>この事例の詳細を見る

トイレの配管詰まりの直し方まとめ

今回は、トイレの配管詰まりの直し方などについてご紹介させていただきました。

トイレの配管詰まりは給水管・排水管の両方で起こる場合がありますが、原因や詰まりの場所によっては自分で修理できる可能性があります。

しかし、詰まりの症状がひどかったり、原因がわからない場合は業者に相談して詰まり解消作業を依頼する方法もあります。

生活救急車でも、トイレ配管詰まりの修理作業を承っております。「他社の見積りと比較したい」といったご依頼でも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地見積もりをご利用ください。