さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレの止水栓・分岐水栓の水漏れ・止め方!修理方法や費用

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
トイレの止水栓・分岐水栓の水漏れ・止め方!修理方法や費用

説明 トイレ止水栓の水漏れでお困りではありませんか?止水栓は、普段はあまり確認しない場所なので対処に戸惑うかもしれませんが、原因がわかれば自分で修理できる可能性があります。そこで今回は、止水栓から水漏れする原因と止め方、修理方法をご紹介します。

「トイレの止水栓から水が漏れている」 「止水栓を閉めて水を止めたいけれど止められない」 「給水管の辺りでポタポタと水が漏れている」 このようなトイレの水漏れでお困りではありませんか?

止水栓は、水量の調節や点検などの目的で取り付けられている部品ですが、突然機能しなくなり水漏れを起こしてしまうことがあります。

水を止めるための止水栓から水が漏れてきたら驚いてしまうかもしれませんが、原因がわかれば自分で修理できる可能性があります。

そこで今回は、止水栓から水漏れする原因と止め方、修理方法をご紹介します。



トイレの止水栓から水漏れする原因

まずは、トイレの止水栓が水漏れする原因についてご紹介したいと思います。

元栓・止水栓の位置がわからない、修理は業者に依頼するので応急処置だけ知りたいという方は下記記事をチェックしてみてください。

>>>元栓・止水栓からの水漏れ原因と応急処置について

パッキンの劣化が原因での水漏れ

トイレの止水栓から水漏れする原因はいくつかありますが、その中でも比較的多い水漏れ原因は「パッキンの劣化」です。

蛇口など設備の接続部分には、隙間からの水漏れを防ぐためのゴムパッキンが入っています。トイレの止水栓にも同様に、「三角パッキン」「コマパッキン」といった部品が取り付けられています。

また、ウォシュレットなどの温水洗浄便座を設置するときに取り付けた分岐金具のパッキンから水漏れするケースもあります。

パッキンの寿命は10年が目安

パッキンは10年を目安に劣化すると言われており、使い始めて10年程すると水漏れを起こす場合があります。

劣化したパッキンは、ゴムが固くなって隙間ができやすくなったり、ひび割れるなどの不具合を起こす可能性があるため、トイレの設置から10年前後経過しているときはパッキンを交換しておくと安心です。

接続部分のナット・止水栓の金具が原因での水漏れ

パッキンの劣化以外では、接続部分のナットが水漏れの原因になっている可能性もあります。

トイレの配管の接続部分にあるナットがゆるんでいると、隙間ができてそこから水漏れすることがあります。

また、止水栓の金具が破損して水漏れしている可能性も考えられます。止水栓本体が破損しているときは、止水栓の全体交換が必要になる場合もあります。

>>>トイレ止水栓の水漏れ修理・交換費用と料金相場

トイレの止水栓の種類

トイレの止水栓は数種類のタイプに分かれており、種類によって対処法が異なる場合があります。

そこでここでは、代表的な止水栓の種類をご紹介します。

また、トイレによっては止水栓がない種類もあります。その場合、水漏れ原因は止水栓ではなく温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の分岐金具である可能性も考えられます。

>>>温水洗浄便座の分岐栓の水漏れを修理する方法

マイナス溝タイプのトイレ止水栓

マイナス溝タイプは、トイレの止水栓で最も多いタイプです。

配管から突き出している部分の溝にマイナスドライバーを差し込んで、止水栓の開閉を行います。

右に回すと「水を止める」、左に回すと「水を出す」動作ができます。

突起の無いマイナス溝タイプのトイレ止水栓

マイナス溝タイプとは逆の、接続部分に溝の入ったくぼみがあるタイプのトイレ止水栓です。

先ほどご紹介したマイナス溝タイプと同様に、溝にマイナスドライバーを差し込んで止水栓の開閉を行います。

ハンドルタイプのトイレ止水栓

ハンドルタイプは、蛇口のハンドルと同じ形をした止水栓です。

手で回せば止水栓を閉められるので操作は楽ですが、掃除をしたときなどちょっとしたことでも回りやすいというデメリットもあります。

「止水栓がいつの間にか閉まっていた、開いていた」ということにならないように、普段の取扱いには注意しましょう。

水漏れした止水栓の修理方法

止水栓の水漏れ箇所や劣化している部品がわかれば、DIYでも修理できる可能性があります。

そこでここからは、止水栓が水漏れした場合の修理方法をご紹介したいと思います。

止水栓の水漏れ修理に必要な道具

止水栓の水漏れを修理するときは、下記の道具を用意しておきましょう。


  • 【必要な道具】
  • ・マイナスドライバー
  • ・ウォーターポンププライヤー
  • ・モンキーレンチ
  • ・タオル
  • ・バケツ
  • ・ゴム手袋
  • ・ゴムハンマーか木槌

作業に必要な工具類のほかに、作業中に漏れてきた水を受け止めるバケツやタオルがあると便利です。

また、ナットが固いときはゴムハンマーや木槌で軽く叩くと動かしやすくなります(強く叩きすぎて部品を破損しないよう注意)。

修理作業の前に水漏れ箇所を確認

修理する前に、まず水漏れ箇所を正確に把握しましょう。

噴き出すような水漏れの場合は簡単に水漏れ箇所を特定できますが、ポタポタと少しだけ水漏れしている場合は、正確な箇所を特定しづらいことがあります。

「止水栓からポタポタ水が垂れていたので止水栓からの水漏れだと思ったら、その上の給水管からの水漏れが伝ってきていた」という場合もあるので、あらかじめ原因箇所を詳しく調べておくとスムーズに修理ができます。

自分で水漏れ箇所をチェックするときは、配管の水気をすべてタオルで拭き取りましょう。その状態から水で濡れている箇所を探すことで、正確な原因箇所を特定しやすくなります。

作業前に水道の元栓を閉める

水漏れの原因箇所を確認した後は、水道の元栓を閉めます。

本来はトイレの止水栓を閉めれば水を止めることができますが、止水栓から水漏れしているときは止水栓を閉めても水が止まらない可能性があります。

止水栓の水漏れ修理のときは、元栓を閉めるようにしましょう。

水道の元栓の場所

水道の元栓は、一戸建ての場合は建物の外にあることが多いです。

アパートやマンションなどの集合住宅は、玄関を出て隣にあるメーターボックスの付近を確認してみましょう。集合住宅の止水栓を操作するときは、間違って隣の住人の元栓を閉めてしまわないように注意しましょう。

また、元栓を閉めると建物全体の水が止まってしまうので、修理をする際は事前に家族などに伝えておくといいでしょう。

交換用の部品の選び方

コマパッキンなど交換用の部品は、対応する「メーカー」と「品番(型番)」が決まっています。

部品を購入する際は設置してあるトイレのメーカー・品番を確認しておいて、同じものを購入しましょう。

また、パッキンはいろいろな種類やサイズがあるので、取り外した実物をホームセンターに持っていって見比べると購入間違いを防止できます。

止水栓のパッキンを交換する手順

止水栓の給水管の接続部分から水漏れしている場合は、パッキンが劣化している可能性があります。

パッキン交換は、簡単な工具があれば比較的簡単に行うことができます。自分で修理するときは、下記の手順を参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.水道の元栓を閉めたら、接続部分のナットをモンキーレンチでゆるめて取り外します。 ナットが固いときは、接続部分にしっかりとタオルを巻いてからモンキーレンチでナットをつかみ、ハンマーや木槌でレンチを叩いてみましょう。

2.ナットを外すと、三角パッキンが確認できます。三角パッキンが劣化しているときは、交換を行いましょう。

3.三角パッキンを取り外すと、スピンドルが確認できます。スピンドルの突起部分を手でつまんで左に回すと、外すことができます。

4.スピンドルの奥にコマパッキンがあるので、劣化している場合は交換を行いましょう。また、金具の内側が汚れているときは清掃をしておくことをおすすめします。

5.スピンドルを取り付けてナットを締め直し、水道の元栓を開けてから水を流します。水漏れがないことが確認できたら完了です。

ハンドルタイプの止水栓でパッキン交換するときの手順

止水栓がハンドルタイプの場合、上記でご紹介した方法とは取り外す手順が異なるため、次でご紹介いたします。

1.カラービス(ハンドル中央のキャップ)を、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーで取り外します。

2.ハンドルを手前に引き抜きます。固いときは裏側から木槌やゴムハンマーで軽く叩いてみましょう。

3.ハンドル下のナット(パッキン押さえ)をレンチでゆるめて取り外します。このとき、タオルを被せてからレンチではさむとナットが傷つきにくくなります。

4.ナットの下にある三角パッキンを交換します(ナットの内側にくっついている場合もあります)。

5.ナット、ハンドル、カラービスを(1)~(3)と逆の手順で取り付け直してから、水道の元栓を開けて水を流します。水漏れが解消されていたら完了です。

止水栓の開閉部(バルブ)を交換する手順

止水栓の開閉部(バルブ)から水漏れしているときは、バルブを新品に交換してみましょう。

バルブ交換の際は、先ほどご紹介した道具に加えて、接続部分の水漏れを防ぐ「シールテープ」が必要になります。ホームセンターなどで用意しておきましょう。

1.水道の元栓を閉めてから、止水栓本体をウォーターポンププライヤーで固定します。

2.バルブを固定しているナットをモンキーレンチでゆるめて取り外します。

3.給水管に残っている古いシールテープをすべて剥がしてから、給水管に新しいシールテープを巻きます。たるみができないようにテープを少し引っ張りながら、7~9周程度時計回りに巻いていきます。

4.交換用のバルブを時計回りに回して取り付けます。

5.内側に三角パッキンが入っているのを確認してから、ナットを締め直して止水栓を固定します。

6.水道の元栓を開けて水を流し、動作確認を行ったら完了です。

温水洗浄便座の分岐栓の水漏れを修理する方法

温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の分岐栓は止水栓とトイレタンクの給水管の間に取り付けられているので間違われやすいですが、この箇所から水漏れするケースもあります。

分岐栓からの水漏れ原因は、温水洗浄便座を取付ける際の施工不良や、接続部分にあるパッキンの劣化などが考えられます。

施工不良の場合は施工を依頼した業者に連絡しましょう。また、パッキンが劣化している場合はパッキン交換で対応することができます。

温水洗浄便座の分岐栓のパッキン交換手順

1.水道の元栓を閉めてから、分岐栓のナットをモンキーレンチなどでゆるめて外します。

2.ナットの下にあるパッキンを交換します。このとき、ナットや分岐栓の内側が汚れていたら清掃しておきましょう。

3.ナットを締め直したら水道の元栓を開けて、水漏れの解消を確認したら完了です。

ノズルなど、分岐栓以外の箇所で水漏れがあるときは、下記のページを参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>>ウォシュレット水漏れノズルからポタポタする原因と修理方法

止水栓・分岐水栓の水漏れ修理に必要な費用について

止水栓の水漏れ修理を業者に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのかわからなくて心配になると思います。

そこでここでは、止水栓・分岐水栓の水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用についてご紹介します。

生活救急車でトイレの止水栓・分岐水栓の水漏れを修理した場合の料金事例

自分で道具を揃えたり、修理作業を行うのが大変なときは、無理をせず水道業者に修理作業を依頼すると安心です。

また、作業料金がいくらかかるのか正確に確認したいときは、業者に現地見積もりを依頼することをおすすめいたします。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でトイレの止水栓水漏れを修理した場合の料金事例をご紹介したいと思います。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

トイレ止水栓付近の水漏れ修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • トイレの水漏れ修理 4,320円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 8,640円

>>>この事例の詳細を見る

トイレ止水栓からの水漏れ修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • トイレの水漏れ修理 8,640円
  • 部品代(止水栓) 1,290円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 14,250円

>>>この事例の詳細を見る

水漏れしている止水栓を修理交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 止水栓交換 16,200円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 20,520円

>>>この事例の詳細を見る

トイレ止水栓・分岐水栓の水漏れ修理方法まとめ

今回は、トイレの止水栓に関する水漏れの原因と修理方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

トイレ止水栓からの水漏れは、「パッキンの劣化」「金具の破損」など原因がわかれば自分で修理できる可能性があります。

しかし、原因がわからない、修理作業が難しいと感じた場合は無理をせず専門の業者に相談することをおすすめいたします。

生活救急車ではトイレ止水栓の修理や交換作業を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。

ユーザー評価:  5.0 (3件)

とても参考になりました。