さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレ水漏れの原因と自分でできる修理方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

トイレ水漏れの原因と自分でできる修理方法

説明 トイレの水漏れで困っていませんか?トイレの水漏れ修理というと自分でやるのは難しいと思っている人も多いかと思います。また、業者に修理依頼をしたいけど料金などが分からなくて不安という人も多いと思います。そこで今回は、トイレの水漏れの原因の調べ方や自分でできる修理方法、業者に依頼した場合の修理料金などについてご紹介したいと思います。

トイレの水漏れで困っていませんか?トイレの水漏れというと、タンク内や便器内にチョロチョロ水が漏れるものから便器と床の隙間や床下などから水がどんどん染み出してくるものまでさまざまですよね。トイレの水漏れ修理というと自分でやるのは難しいと思っている人も多いかと思います。

しかし、水漏れの原因によっては業者に修理を依頼しなくても自分で部品などを買ってきて修理することも可能です。とはいえ、はじめて水漏れ修理をする人からするとどうやって修理をしたらいいのか分からなかったり、最初から業者に依頼しておきたいという人も多いと思います。

そこで今回は、トイレの水漏れの原因の調べ方や自分でできる修理方法、業者に依頼した場合の修理料金などについてご紹介したいと思います。

トイレ水漏れの症状と原因

最初に、水漏れしているのかわからないという人に向けて「トイレが水漏れしているときの症状」と、その症状が起こっている原因をご紹介したいと思います。

症状および原因別に、修理・対処方法へのリンクも書いていますので、まずはあなたのトイレで起こっている症状を確認してみましょう。

症状1.ロータンク内で水漏れの音がする

トイレの「ロータンク」とは、水が溜まっているタンクのことです。ロータンク内には、給水・止水に関係する部品が複数入っているため、水漏れが起こったときはまずはロータンク内を調べるといいでしょう。

さて、ロータンク内部で「ポタポタ」「ピチョンピチョン」と水がずっと漏れるような音がす原因についてですが、下記2ヶ所の不具合を調べてみましょう。

  • 【調べる箇所】
  • ・ボールタップ
  • ・浮き球

ボールタップと浮き球は一体になって動きます。浮き球がタンク内の水位の上昇・下降で上下に動くことで、ボールタップの止水弁が閉まったり・開いたりして水が止まったり・出たりします。タンク内でずっと水が漏れる音がする場合は、給水を操作しているこの2つの部品に不具合が起きている可能性が高いのです。

さらに詳しく、どちらの部品が壊れているのか調べる方法などをご紹介したいと思います。

原因1.ボールタップの不具合

ボールタップとは、タンク内の水位の上昇・下降にともなって水を出したり、止めたりする部品のことです。便器内に水が流れると浮き球が下に下がって、浮き球と繋がったボールタップの止水弁が開いてタンク内に給水が始まります。そして、タンク内の水位が上昇するとともに浮き球が上に上がってボールタップの止水弁が閉まって水が止まります。

ボールタップが壊れているかどうか調べるには、浮き球を持ち上げて確認してみましょう。浮き球を持ち上げているのに水が止まらないときは、ボールタップの止水弁が壊れているとわかります。ボールタップの止水弁が壊れている場合は新しいボールタップに交換しましょう。

>>>ロータンク内部の水漏れ修理のやり方

原因2.浮き球の不具合

浮き球は名前の通り、タンク内の水面に浮いている球のことです。ボールタップの不具合か確認するときに浮き玉を上に持ち上げる動作確認がありましたよね。もしも、浮き球を持ち上げて水が止まるのであれば浮き球の一時的な不具合であることがわかります。この場合は、再度浮き玉を水面に浮かせておけば問題解決です。

ただし、浮き球が割れてしまっている場合は新しい部品への交換が必要です。使っているトイレメーカーの公式サイトなどから、規格に適した部品を取り寄せて交換してみましょう。

>>>ロータンク内部の水漏れ修理のやり方

症状2.便器内にもチョロチョロ水漏れが起きている

タンク内からも水が漏れる音が聞こえるけれど、便器内にもチョロチョロと水が漏れるトラブル。このような場合は、フロートバルブの不具合が問題で便器内に水が漏れている可能性があります。もしも便器内に水がチョロチョロ漏れているという場合は、フロートバルブ(黒いゴム栓)に問題がないか調べてみましょう。

原因1.フロートバルブの不具合

フロートバルブとはタンクの下部にある、黒いゴム栓のことです。トイレのレバーを回すとフロートバルブが持ち上がって、タンク内の水が便器内に流れていきます。レバーとフロートバルブは鎖で繋がっていますが、鎖が途中で絡まったりするとフロートバルブが中途半端に空いたままになるので解いておきましょう。

また、フロートバルブも消耗品なので数年したら一度交換しなければなりません。フロートバルブを手で触ったときに、バルブのゴムの色が手につくようであれば素材が劣化しているので交換が必要です。フロートバルブはメーカーの部品通販やホームセンターなどで新品を購入することができます。取り付けは鎖の調整など少し細かい作業もありますが、自分でやることも可能です。

>>>便器内の水漏れ修理のやり方

症状3.パイプ接合部分(ナット)から水が漏れる

給水管パイプと分岐水栓やウォシュレット給水ホースとのつなぎ目にある「ナット」から水が漏れていませんか?そういう場合は、レンチなどを使ってナットを軽く締め直してみましょう。ナットを締め直して水漏れが止まれば、ナットの緩みが原因で水漏れしていたということです。

ただ、ナットを締めなおそうとしても空回りする、締め直しても水漏れが止まらないという場合はナットもしくはパイプの破損が考えられます。給水管・パイプの交換は水道屋に修理依頼をしますが、ナットが悪い場合は水道の元栓を閉めてからホームセンターに古いナットを持って行って代替品を探して自分で交換してみるといいでしょう。

>>>蛇口のメーカーや品番がわからない!見るべきポイントや調べ方

症状4.止水栓のあたりから水が漏れている

トイレの給水管には「止水栓」がついていることがあります。トイレの止水栓は、ハンドル型のものと溝型のものとがあり、どちらの止水栓の中にも部品の隙間から水が漏れないようにゴムパッキンが入っています。

このゴムパッキンが劣化して水漏れしている場合は、新しいゴムパッキンに交換すると水漏れを止めることができます。ホームセンターやメーカーからパッキンを取り寄せられることもありますが、パッキン単体で手に入らない場合は止水栓を丸ごと交換することもあります。10年以上前のものになると、トイレに限らず大体の水道設備はメーカーで部品の製造がされなくなっているのでそういったときは部品全体の交換を検討しましょう。

>>>業者の水漏れ修理の費用・料金相場

症状5.便器本体のひび割れによる水漏れ

トイレの便器本体は、劣化しにくい丈夫な陶器でできていますが物がぶつかったりすることでひび割れが起こることもあります。このひび割れを放置しておくと、時間が経つに連れてどんどんひびが大きくなって水が漏れてくることがあります。

便器のひび割れの修理というのは、基本的に自己修理になります。というのも、トイレメーカーが安全面を考慮して便器のひび割れが起こった際は修理ではなく交換をするように推奨しているからです。

一時的に便器内からの水漏れを防ぐ方方として防水パテやコーキングでひびを補修するという方法もありますが、メーカーが推奨していない方法になるので自己責任でやるかどうか決めましょう。水道業者ではこういったひび割れ修理はやっておらず、作業を依頼する場合は便器交換になります。

>>>便器のひび割れ修理(一時的な応急処置)のやり方

症状6.床下配管・便器接地面から水が染みでている

便器などから水漏れがしていないのに、床に水が漏れている場合は床下配管または便器接地面から水漏れが起こっている可能性があります。床下の排水管から水漏れしている場合は業者が床材を剥がして漏水調査や配管修理をしなければなりませんが、便器接地面からの水漏れかどうかは自分で調べることができます。

便器接地面からの水漏れ確認

便器接地面からの水漏れかどうかを調べるときは、便器の中に墨汁を垂らしてしばらく待ってみましょう。便器と床の接地面から黒い水が漏れてきたら、便器接地面の不具合が原因で水漏れが起こっていることがわかります。

便器接地面から水が漏れている場合、シーリングなどで隙間を埋めればいいと思ってしまいますが排水管以外に便器の水が漏れてしまうと床下にカビが大量に発生したり、床材が濡れて腐ったり、湿気が好きなシロアリが寄ってくるなどの二次被害が考えられます。便器接地面から水が漏れているときも、業者に修理を依頼しましょう。

>>>便器接地面の水漏れ修理のやり方(大まかな流れのみ)

症状7.温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)で水漏れが起こっている

温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)から水漏れしている場合、ウォシュレットノズルの故障や給水ホースとの接続部分(ナットなど)の緩みやパッキンの劣化が原因で水漏れが起こっていることがあります。また、ウォシュレットの給水フィルターの目詰まりが原因で水漏れが起こることもあります。

原因1.フィルターの目詰まり

ウォシュレットの給水管には、水道水に含まれている不純物を取り除くためにフィルターが取り付けられていますが長く使っているとこのフィルターにゴミが溜まって目詰まりを起こすことがあります。実は給水フィルターは分解して、歯ブラシなどで掃除することができます。

給水フィルターの取り外し方などは製品によって異なるので、ウォシュレット購入時にもらった説明書を確認しながら給水フィルターを掃除してみるといいでしょう。それでも直らないときは、ノズル交換という方法もあります。

>>>温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の水漏れ修理のやり方

自分でできるトイレの水漏れ修理方法

ここまで、トイレの水漏れ原因などについてご紹介してきましたが具体的な修理方法などが知りたい人もいますよね。そこでここからは、先ほどの原因別に具体的なトイレ水漏れの修理方法をご紹介したいと思います。

ロータンク内部の水漏れ修理のやり方

トイレのロータンク内の水漏れは、ボールタップまたは浮き玉の不具合が原因で起こりましたよね。ボールタップの故障や浮き球の破損は新品への部品交換が必要ですが、浮き球の一時的な不具合であれば修理が可能です。ここでは、その浮き球の一時的な不具合の修理方法をご紹介します。

浮き球の修理・調整手順

浮き球の修理・調整は、とくに特別な道具は必要ありません。タンクのフタに手洗い管がついている場合は、タンク内部のボールタップから伸びた給水ホースと手洗い管がナットで繋がっているのでレンチなどを使って取り外しが必要になります。

  • 1.タンクのフタを外す
  • 2.浮き球が水に沈んでいる場合は持ち上げて再度水面に置いてみる
  • 3.浮き球が水面に浮いた状態でオーバーフロー管についた標準水位に水面が位置しているか確認する
  • 4.標準水位よりも水位が上もしくは下に来ているときはボールタップについている水位調節リングを回して水位を調整する
  • 5.水位調節リングは右回りで水位が上昇、左回りで水位が下降するので標準水位に水位がくるよう調節する
  • 6.調整がすんだら水を流してみてきちんと浮き球が動くか、標準水位に水位がくるか確認して完了

便器内の水漏れ修理のやり方

便器内の水漏れは、タンクの底にあるフロートバルブの劣化や鎖の絡まりなどの不具合が原因でしたよね。鎖の絡まりは解くだけですが、解いている途中で鎖が切れてしまうこともあります。そこで、ここではフロートバルブと鎖の交換による修理方法をご紹介したいと思います。

フロートバルブ・鎖の交換・修理手順

フロートバルブと鎖の交換で難しいのは、「鎖の長さの調整」だと思います。この長さの調整をきちんとしておかないと、レバーを引いても水が流れない・フロートバルブが元の位置に戻らないといった不具合に繋がるので注意しましょう。

  • 1.止水栓を閉めて水が流れないようにする
  • 2.タンクのフタを外す
  • 3.古いフロートバルブと鎖を取り外す
  • 4.新品の鎖の長さを取り外した古い鎖の長さと同じになるようにペンチなどで切って調整する
  • 5.新しいフロートバルブと鎖を取り付けてレバーを回したときにちゃんと動くか確認する
  • 6.止水栓を開けて実際に水が流れる状態で動作確認をして完了

便器のひび割れ修理(一時的な応急処置)のやり方

便器のひび割れの修理はメーカーが推奨していないため、新しい便器に交換するまでの間水が漏れてこないようにするためだけの一時的な応急処置になります。使用時の安全性の問題もあるので、ひび割れを補修した状態での便器使用はやめましょう。

ひび割れの応急処置手順

ひび割れの応急処置には、防水パテやコーキングを使ってひびを埋める方法があります。防水パテやコーキングは、ホームセンターで購入することができます。あくまで応急処置なので、応急処置状態での便器使用はできません。早めに新しい便器に交換しましょう。

  • 1.防水パテをちぎってよくこねる
  • 2.ひび割れ部分をタオルなどで拭いてから防水パテを練りこむ
  • 3.ドライヤーなどは当てずに自然に乾くまで待って完了
  • 4.新しい便器と交換する

便器接地面の水漏れ修理のやり方

便器接地面からの水漏れは、フランジパテと呼ばれる便器と排水管の間に取り付ける部品を交換することで修理が可能です。しかし、便器脱着作業が必要になるだけでなくフランジパテの取り付けの難易度が高いこと、設置不良がある場合は床下への水漏れトラブルに発展するため個人での修理はおすすめしません。

参考までに業者がどのような手順でフランジパテを交換するかというと、最初に水を止めて便器内の水を汲み取り、給水管や便器を固定しているボルトやナットを全部取り外します。その後、便器を持ち上げて取り外し、古いフランジパテを取り外して新しいフランジパテの設置を行い取り外しのときと逆の手順で取り付け直しを行います。

便器脱着だけでも大変重労働になるため、トイレの設置施工などをやったことがある人以外はやらないことをおすすめします。

温水便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の水漏れ修理のやり方

ウォシュレットの故障などはメーカー修理もしくは新品への交換になりますが、ウォシュレットノズルからの水漏れであればノズルを新品に交換することで直ることもあります。製品にもよりますが、ノズル交換は簡単にできる製品も多いのでご紹介したいと思います。

ウォシュレットノズルの交換手順

ウォシュレットノズルはホームセンターではなく、メーカーの公式通販サイトで正規品を購入することができます。自分が使っている製品番号などを調べて、同じ部品を購入するようにしましょう。

  • 1.止水栓を止める。
  • 2.ノズルを手動で引き出すか「お掃除モード」を使ってノズルを引き出した状態にする。
  • 3.ノズルを反時計回りに回して取り外す。ただし、製品によって取り外し方が異なるので取り外せそうにない場合は説明書を確認。
  • 4.ノズルを取り外せたら新品のノズルと交換する。
  • 5.止水栓を開けてきちんと水が出るかなど確認して完了

トイレ水漏れ修理の費用・料金相場

トイレの水漏れ原因や各修理方法などについてご紹介しましたが、最初から業者に依頼したいという人もいますよね。しかし、ネットで水道屋などを探していると料金体系が業者によって大きく異なるだけでなく、現地見積りが基本になるので料金がどれくらいかかるのかわからなくて不安になると思います。

そこで今回は、ネット上である程度比較できるように生活救急車のトイレ水漏れ修理の料金表をご紹介したいと思います。生活救急車でも正確な見積りは現地見積りになりますので、あくまでネット上での比較程度にお使いください。

トイレ修理料金表 基本料金 作業費 合計
調整作業

4,000円

4,000円

8,000円

専用器具使用

4,000円

7,000円

11,000円

専用器具/ハイスバット使用

4,000円

11,000円

15,000円

便器脱着作業

4,000円

19,000円

23,000円

トーラー機使用(3mまで)

4,000円

11,000円

15,000円

トーラー機使用時追加費用(3m超え1mにつき)

-

2,000円

-

高圧洗浄機使用(3mまで)

4,000円

15,000円

19,000円

高圧洗浄機使用時追加費用(3m超え1mにつき)

-

2,000円

-

調整作業・パッキン交換など

4,000円

4,000円

8,000円

タンク内部品交換(脱着なし)

4,000円

8,000円

12,000円

タンク内部品交換(脱着あり)

4,000円

12,000円

16,000円

追加修理作業

-

2,000円

-

シャワートイレ交換(当社で購入)

4,000円

4,000円

8,000円

シャワートイレ交換(当社以外で購入)

4,000円

7,000円

11,000円

洋便器・タンク交換

4,000円

23,000円

27,000円

取り外し処分費用

-

3,000円~

-

※料金合計=基本料金+作業費+部品代+(追加作業+時間外料金)
※夜間(22:00~23:00)は、別途3,000円。深夜・早朝(23:00~25:00と6:00~8:00)は、別途6,000円がかかります。
※価格は税抜きです。

トイレの水漏れ修理の料金事例

トイレの水漏れ修理の料金表をご紹介しましたが、実際の事例と料金もご紹介したいと思います。作業内容や水漏れの状況によって料金は変わり、正確な料金は現地見積りのみの対応となります。料金を確定・保証するものではありませんので、ご参考程度にお使いください。

トイレのタンクからの水漏れ修理の料金事例

トイレのタンクの中から水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。


  • 【料金内訳】
  • 修理作業 4,320円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 8,640円

>>>トイレ水漏れの事例詳細ページ

トイレと床の間からの水漏れ修理の料金事例

トイレと床の間からジワ~っと水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。


  • 【料金内訳】
  • シャワートイレオーリング交換 ストレーナー洗浄 4,320円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 8,640円

>>>トイレ水漏れの事例詳細ページ

トイレの配管(止水栓)からの水漏れ修理の料金事例

トイレの配管(止水栓)から水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。


  • 【料金内訳】
  • 止水栓交換 14,040円
  • 部品代 972円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 19,332円

>>>トイレ水漏れの事例詳細ページ

トイレの蓋からの水漏れと水槽のキャップ不具合修理の料金事例

トイレの蓋からの水漏れとトイレの水槽のキャップの不具合があるということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。


  • 【料金内訳】
  • タンク脱着作業 解体 16,200円
  • 部品代 3個 10,334円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 30,854円

>>>トイレ水漏れの事例詳細ページ

トイレの小便器のフラッシュバルブからの水漏れ修理の料金事例

トイレ小便器のフラッシュバルブのボタンから水漏れしているということで、ご依頼をいただき修理させていただきました。


  • 【料金内訳】
  • フラッシュバルブ交換 8,640円
  • 部品代 9,558円
  • 廃材諸経費 2,160円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 24,678円

>>>トイレ水漏れの事例詳細ページ

生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。

また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。