さらに条件を追加する
LIBRARY

玄関ドアの鍵交換!業者の料金相場はいくら?ディンプルキー等

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

玄関ドアの鍵交換!業者の料金相場はいくら?ディンプルキー等

説明 日々の暮らしの中で必ず使用する鍵。特に玄関の鍵は防犯上非常に重要なため、鍵が壊れて掛からなくなってしまったら大変ですよね。また、鍵をなくしてしまった時は合鍵を持っていたとしても、鍵を拾われている可能性もあるのでそのまま同じ鍵を使い続けるのは不安です。また、鍵が壊れたり失くしたりはしていないけれど、防犯性の低い鍵を使用しているので防犯性の高い鍵に変えたいという方もいると思います。しかし、鍵交換は日常の生活の中で頻繁に起きるものではないので費用感がわからなくて心配ですよね。そこで今回は、鍵屋に玄関の鍵交換を依頼した場合の料金などについてご紹介したいと思います。

鍵交換を行うとき

日々の暮らしの中で必ず使用する鍵。特に玄関の鍵は防犯上非常に重要なため、鍵が壊れて掛からなくなってしまったら大変ですよね。また、鍵をなくしてしまった時は合鍵を持っていたとしても、鍵を拾われている可能性もあるのでそのまま同じ鍵を使い続けるのは不安です。

また、鍵が壊れたり失くしたりはしていないけれど、防犯性の低い鍵を使用しているので防犯性の高い鍵に変えたいという方もいると思います。しかし、鍵交換は日常の生活の中で頻繁に起きるものではないので費用感がわからなくて心配ですよね。そこで今回は、鍵屋に玄関の鍵交換を依頼した場合の料金などについてご紹介したいと思います。

※相場に載せているのは、部品代のなかでも「よく使われている部品」の相場を掲載しております。料金を確定・保証するものではなく、正確な料金は必ず現地見積りなどで確認しましょう。

鍵をなくしてしまった場合

「鍵をなくしてしまった」と気付いた時、多くの方が突然の出来事で慌ててしまいます。また、鍵を見つけるために自分の行動を思い返し、記憶を辿って探すことになると思います。鍵が見つかれば問題解決ですが、見つからなかった場合はどこかに依頼して鍵開けを依頼することになります。

そんな時慌てていることもあり、つい鍵開けだけを依頼してしまわれるかと思いますが、鍵開けと一緒に鍵交換もしておいたほうがいいでしょう。一度鍵をなくしてしまったということは、なくした鍵を誰かが持っている可能性があるからです。また、鍵は警察に届けられて戻ってきたけど、すでに誰かがスペアキーを作っていたということもあります。日々の暮らしを安全に過ごすために、防犯上、鍵開けと一緒に鍵交換も行っておくと安心です。

防犯性を高めたい場合

空き巣被害を未然に防ぐために鍵交換をご検討されている方、鍵交換を10年以上行っていないので鍵交換を検討されている方、実際に空き巣被害に遭われてすぐに鍵交換をされたい方、防犯上の理由で鍵交換を検討されている方も多くいるかと思います。防犯性の高い鍵にはディンプルキーシリンダーやワンドア・ツーロックなどがあり、取り扱いメーカーも多数あり、料金も様々です。種類によっては高額な鍵もありますので、各料金相場をちゃんと確認し、条件にあった鍵を適正料金で交換するようにしましょう。

>>>防犯性の高い鍵比較!玄関ドア鍵交換おすすめはディンプルキー!

鍵屋さんでの鍵交換費用・料金相場

鍵交換を検討される中で特に気になるのが鍵交換の料金相場かと思います。鍵交換費用は鍵の種類や様々な要因によって変わってきますので、それぞれ鍵のタイプごとに鍵交換の料金相場を紹介します。

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合、作業費+部品代+(出張料金・早朝夜間対応料金)がかかります。作業費については、シリンダーのみの交換が10,000~15,000円、開きドアの錠前交換が15,000~20,000円、引き戸の錠前交換が15,000~20,000円前後くらいが相場になります。最近は出張料金を無料にしている業者もありますが、必ずしも無料というわけではなくこちらは出張する地域によって料金が変わるようです。また、作業料金や出張料金よりも複雑なのが錠前・シリンダーなどの部品代金です。

>>>ディンプルキーシリンダー鍵交換料金費用!賃貸マンションも対応

鍵前本体の費用

鍵交換を依頼する場合、作業費・出張費とは別に鍵前本体・シリンダーなどの部品代がかかります。錠前本体丸ごとの交換とシリンダーのみの交換によって、

※相場に載せているのは、部品代のなかでも「よく使われている部品」の相場を掲載しております。料金を確定・保証するものではなく、正確な料金は必ず現地見積りなどで確認しましょう。


シリンダータイプ【TOSTEM(トステム)、LIXIL(リクシル)、MIWA(ミワ)など】

日本の住宅の多くで使用されているタイプの鍵です。

料金の相場 (ノーマルキー 10,000円~15,000円)
      (ディンプルキー 15,000円~30,000円)


インテグラル錠・ドアノブ

主に玄関・勝手口に使われている錠タイプのものです。

料金の相場 (ノーマルキー 10,000円~15,000円)
      (ディンプルキー 15,000円~22,000円)


引き違い戸錠

横に開閉する和式の扉の中央(扉が重なる部分)に装着されています。

料金の相場 (ノーマルキー 15,000円~20,000円)
      (ディンプルキー20,000円~25,000円)


レバーハンドル錠

マンションやアパートによく使用されているタイプで、横向きの棒状のレバーの上に、突起した鍵シリンダーがあります。

料金の相場 (ノーマルキー  10,000円~15,000円)
      (ディンプルキー 15,000円~25,000円)


プッシュプル錠

扉を開け閉めする時にハンドルを押したり引いていくことで開閉を行うことができる錠前。取っ手から離れた位置の上下に鍵穴が2箇所付いているタイプもあります。

料金の相場(鍵穴1ヶ所交換)
     (ノーマルキー  18,000円~22,000円)
     (ディンプルキー 26,000円~38,000円)


装飾錠(アンティーク錠)

大抵の場合、鍵穴部品のみの取替えで済むが、一部の古いタイプや、錠前故障の場合は取っ手そのものや、扉の中に埋め込まれている錠ケース一式を交換しなけばならない場合があります。

料金の相場(ノーマルキー  12,000円~15,000円)
     (ディンプルキー 15,000円~22,000円)
     (錠前全体の交換 27,000円~54,000円)


電子錠( カードキー・生体認証錠)

カードをかざすタイプや指紋を認証するタイプ、暗証番号を入力するタイプなどいろいろなタイプがあります。電気工事が必要なものと、電気工事が不要で電池のみで動くタイプがあります。電子錠は、室内で使うものと玄関などの出入り口で使うもの、企業などのハイセキュリティを重視する場所に使うもので大きく金額が異なります。

料金の相場 (電池式タイプ  20,000円~100,000円)

そもそも鍵交換とは

鍵交換を行う際の費用に深く関連してくるのが錠前になります。錠前は玄関の扉には必ず装着してあるもので扉の中に埋め込まれた状態で取り付けられています。この埋め込まれた錠前に取り付けてあるのがシリンダーという部品で、鍵交換の際にはシリンダーを交換します。(大抵の場合、錠前はそのまま使用します)シリンダーは錠前の種類によって交換できるできないが決まってきます。鍵の国内メーカーで主流なMIWAの錠前がついている場合、交換できるシリンダーは幅広くあります。一方でSHOWAやWESTといったメーカーの錠前がついている場合、交換できる錠前は限定されます。仮にシリンダーを自分で購入することができ、鍵交換の手順や方法がおわかりになる場合、自分で鍵交換をすると業者に依頼した際の作業費・出張費がかからないため料金的には一番安く済みます。

>>>玄関ドアの鍵交換!鍵穴シリンダー変更方法 自分でDIYやり方

自分で鍵交換を行う方法

シリンダー錠の取替え方法をご紹介します。

  1. 手順1.錠前の製品確認を行う
  2. 手順2.扉側面の板を外す(ビス止めしてあるのでドライバーで緩める)
  3. 手順3.上と下のビスが外れたら板を取り外す
  4. 手順4.シリンダー側の上と下のピン2本のみを外す
  5. 手順5.ピンを2本外すと装着していたシリンダーが抜けて、取り付け穴が確認できる
  6. 手順6.交換用シリンダーを取り出し外した逆の手順で取り付けていく
  7. 手順7.シリンダー取付穴にシリンダー面がリング上面とほぼ均一になる程度まで押す
  8. 手順8.シリンダーを押したまま先ほど抜いた上下2本のピンを差し込む
  9. 手順9.最後にドアの側面に外した板を取り付ける、板を取り外した部分にあてがい、ビスを時計回しに締める

自分で鍵交換を行う際の注意点

まず、交換するシリンダーの製品を間違えないようにしましょう。製品を間違えてしまうとうまくはまらなかったり最悪の場合ドアが閉まらなくなってしまいます。部品を取り外した際は、小さなビスやネジを紛失しないように箱などにいれましょう。鍵交換の際はドライバーを使用しますが、無理やり取り付けると鍵以外の部品が壊れてしまう場合があるので注意しましょう。また、ビスの締め付けが緩いと、鍵がグラグラになってしまいその状態で鍵をかけると開かなくなる場合があるのでビスの締め付けはしっかりと行いましょう。

ポイント

こちらで紹介した方法でシリンダー交換を自分で行うことは可能ですが、作業の中で手順がわからなくなったり、想定外の部品があったりと自力では完成できない場合も多々あります。また、交換作業を行う人によって仕上がりも異なってくるため、難しいと感じた場合は無理をせずに鍵屋さんに相談してみましょう。

鍵交換はどこに依頼すればいいのか

1.不動産屋さんに依頼する

賃貸物件やマンション・アパートにお住まいの方で、管理してもらっている不動産屋さんに連絡を考えている方もおられると思います。不動産屋さんで管理会社を所有しているところは多くありますが、鍵屋さんを自社で所有しているところはほとんどなく、実際は不動産屋さん経由で鍵屋さんに依頼しているケースがほとんどです。

不動産屋さんとの契約の中で鍵交換の際は連絡するという内容になっている場合や、費用を不動産屋さんが負担してくれるということになっている場合は一度不動産屋さんに連絡してみましょう。

2.便利屋さんに依頼する

空き巣被害に遭って家の中の片付けや他の箇所の修理などもまとめて依頼したい場合などは生活関連サービスを複合的に行っている便利屋さんに依頼すればまとめてお困りごとが 解決できます。また、防犯対策として防犯カメラやセンサーライトの設置を同時にお願いしたいという方も、便利屋さんがおすすめです。鍵交換のみの依頼については、対応してくれる便利屋さんもありますがディンプルキーやカードキーなど専門性が求められる用途になると便利屋さんも鍵屋さんを呼ぶケースがあります。

3.鍵屋さんに依頼する

鍵屋さんに依頼する最大のメリットは、いろんなタイプの鍵、錠前をたくさん在庫として持っていることや、土日も営業している鍵屋さんが多く、緊急駆けつけも対応してくれることです。また、各社のネットワークで最短10~20分で駆けつけてくれる鍵屋さんも多くあります。ただ注意点としては、作業費・出張費がバラバラで鍵屋さんによって費用が大きく変わってしまう点です。鍵屋さんの中でも、“出張・見積料無料”の鍵屋さんを選び、作業前に必ず見積りを取るようにし金額が納得できない場合はキャンセルするようにしましょう。

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合にかかる費用

鍵屋さんや鍵の種類によっても異なってきますが、作業・出張費が10,000円~20,000円かかり、そこに交換する部品代がかかります。全国展開している企業が運営している鍵屋さんや個人で経営されている鍵屋さんなどでは料金設定がバラバラになっていますので、作業を依頼する前に鍵屋さんに事前確認するようにしましょう。

防犯性の高い鍵や特殊な鍵を使用している場合は費用が割高になることもあります。また、部品によってもかわりますが部品代がシリンダーのみで別途15,000円~30,000円かかりますので、鍵屋さんに鍵交換を依頼する場合は、【作業・出張費+部品代=鍵交換の料金】という形で覚えておくのがいいでしょう。

鍵交換費用は誰が負担するのか

持ち家や購入したアパート・マンションにお住まいの方は全て実費での交換になります。賃貸物件にお住まいの方は、借りていた物件を退去するときと、新しく物件を借りて入居するときに鍵交換費用が発生します。 昨今、防犯意識が上がっていることから貸主も鍵の交換を行うようになってきました。

この場合、退去者が鍵交換の費用を負担する場合と、入居者が鍵交換の費用を負担する場合があります。入居者が負担する場合ですと、入居者はいつ鍵交換が行われたかわかりません。実際に鍵交換を行っていなくても、悪意のある貸主に鍵交換を行ったことにされてしまっても知ることができません。退去者が負担する場合は、退去時に鍵交換の現場に立ち会うことができるので安心です。

鍵交換費用の賃貸トラブルとガイドライン

入居、退去時の鍵交換費用を、貸主と借主のどちらが負担するのかという賃貸トラブルがよくあります。国土交通省では問題が広がっていかないように、「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」でルールを定めています。ガイドラインの中では、鍵の取り替えは物件管理上の問題のため、「賃貸人が負担することが妥当」と書かれています。しかし、実際に借主が負担する場合が多くあります。ガイドラインの”妥当”という言葉が曖昧な状況を生んでいるとも言えます。ポイントとしては、ガイドラインには強制力はないので貸主さんとの事前の話し合い、確認が重要になります。

鍵交換費用をできるだけ安く抑えるためには

ご自身で、ホームセンターや鍵屋さんで部品を購入して鍵交換を行う方法が費用的に一番安く抑えられます。技術に自信がなく、鍵屋さんに依頼する場合は、まず作業・出張費を確認するようにしましょう。鍵屋によって、出張・見積り料が無料のところと有料のところがあるなど料金体系が大きく異なるのでしっかりと比較したほうが安心です。

部品代に関しては、ホームセンターで売られている大量生産・大量入荷品と比べると鍵屋さんの方が高くなる傾向があります。また、大手と個人など規模によって部品の仕入れの量が変わり仕入れの金額も異なる場合があります。そのため、なるべく安く済ませたいのであれば複数の鍵屋さんに見積りを依頼して金額を確認したほうがいいでしょう。

まとめ

鍵交換の料金相場を中心にご紹介しましたが、参考になったでしょうか。鍵交換は、不動産屋さん・便利屋さん・鍵屋さんと依頼先が複数あり対応できる内容や料金もそれぞれ違います。また、鍵屋さんに依頼する際には作業・出張費が部品代とは別に掛かってきます。鍵屋さんによって料金設定もバラバラですので、依頼を検討されている方は、まずは電話で詳細を確認してみて下さい。また、悪徳鍵屋さんに依頼しないためにも、実績数の多い安心できる鍵屋さんを選択することをおすすめします。

※相場に載せているのは、部品代のなかでも「よく使われている部品」の相場を掲載しております。料金を確定・保証するものではなく、正確な料金は必ず現地見積りなどで確認しましょう。