さらに条件を追加する
IDEA

勝手口のドアノブ交換方法を解説!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決勝手口のドアノブ交換方法を解説!

説明 勝手口のドアノブを交換しようと思ったけど、やり方が分からなくて困っていませんか?部品はなんとか購入できたけど、mmやΦなどの細かい数値ばかりで手順が分からないという人もいるかと思います。そこで今回は、勝手口のドアノブを初めて交換する人に向けて、その交換方法をご紹介したいと思います。

勝手口のドアノブ交換方法

勝手口のドアノブ交換は、古いドアノブを取り外して、新しいドアノブを取り付ける作業があります。ドアノブには、チューブラ錠や円筒錠、インテグラル錠など色々な種類がありますが、今回は勝手口でよく見られるインテグラル錠の交換方法についてご紹介いたします。

インテグラル錠の交換は、円筒錠よりも手順が少ないので、初心者の方でも比較的簡単に交換ができるかと思います。

勝手口のドアノブ交換に必要な道具

勝手口のドアノブ交換に必要な道具は、交換用のドアノブとドライバー(プラスとマイナス)とプライヤーです。丸座が素手で回して取り外せる場合は、プライヤーは必要ありません。

注意点

交換用のドアノブは、ドアの厚み、フロントプレート幅、ビスピッチ、バックセット、メーカー名を確認して、現在取り付けられているものと交換できるモノを購入しましょう。ドアノブの種類が違ったり、寸法があっていない場合は、ドアの穴空け加工などが必要になります。初心者の方や自信がない方は、取り付けられているものと全く同じ部品を購入することをおすすめいたします。

手順

インテグラル錠は、ノブと丸座が一体型になっているため、取り外しや取り付けの工程が少ないので初心者の方でも交換しやすいかと思います。

1.丸座とドアノブを外す

インテグラル錠は、ノブと丸座が一体型になっているため、室内側の丸座部分をプライヤーまたは素手で掴み、反時計回りに回してドアノブと丸座を取り外します。

2.内側のビスを外す

ドアノブと丸座を取り外すと外側のドアノブを固定しているビスが見えるようになります。ドライバーを使って、それらを取り外します。

3.ノブと錠ケースを外す

ビスを外して、ドアノブを取り外せたら、今度は扉側面にある錠ケースを固定しているビスを取り外し、錠ケースを引き抜きます。

4.逆の手順で取り付ける

取り付けられた部品を全て取り外すことができたら、今度は逆の手順で新しいインテグラル錠を取り付けます。

5.完了

新しいインテグラル錠を取り付けたら、扉が開いた状態で、サムターンやシリンダーで鍵の開け閉めができるか、ラッチがちゃんと動くかを確認して完了です。

ドアノブ交換が上手くいかない場合

インテグラル錠からシリンダー箱錠への交換、ビス山がつぶれている、ノブが錆びていて取り外せないといった場合は、今回紹介した方法では交換ができません。専用の道具や、ドアの穴空け加工といった作業が必要になってきます。

よくある失敗

初めてドアノブ交換をする場合、購入する部品を間違えてしまった、ビス山が潰れてしまったという失敗がよくあります。部品は購入する前に採寸をしっかりして、同じメーカーのものを購入すると失敗を防ぐことができます。また、ドライバーなどはビス山のサイズに適したものを使うことで、潰れてしまうことを防ぐことができます。初めて交換する人は、こういった失敗に注意しましょう。

勝手口のドアノブを交換するときのプロの対応とは

プロが勝手口のドアノブを交換する場合は、お客様のお悩みや防犯面・利便性を考慮した部品選びから始まります。場合によっては、ドアノブではなくシリンダー箱錠への交換や補助錠の取り付けといった、ドアの穴空け加工や受け側の建物への穴空け加工といった作業を行います。

自分で買った部品が実はドアに穴を空けないと取り付けられないものだった、説明書のmmやΦなどの細かい数値を見るのが苦手、細かい作業手順が分からないといった場合は、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、勝手口のドアノブ交換方法のなかでも、「インテグラル錠」の交換方法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。インテグラル錠は、円筒錠やシリンダー箱錠に比べて、部品の取り外しや取り付けの工程が少ないので、初心者の方でも比較的簡単にできるかと思います。初めてドアノブを交換しようと思っている人は、今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。