さらに条件を追加する
LIBRARY

中古マンションの鍵交換はした方がいい?費用や引き渡しでもらう鍵の…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
中古マンションの鍵交換はした方がいい?費用や引き渡しでもらう鍵の本数を解説

説明 中古マンションの鍵を交換するか迷っていませんか?「防犯のために交換したほうがいい」とよく耳にするけど、実際のところ必要なのか、費用はどのくらいかかるのかわからない人も多いと思います。そこで今回は、中古マンションの鍵交換についてご紹介します。

中古マンションの鍵を交換するか迷っていませんか?

「防犯のために交換したほうがいい」とよく耳にするけど、実際のところ必要なのか、費用はどのくらいかかるのかわからない人も多いと思います。

また、売主が鍵を紛失していたときでも交換費用は自分で支払わなければならないのかなど、さまざま疑問がありますよね。

そこで今回は、中古マンションの鍵交換についてご紹介します。


中古マンションの鍵交換はした方がいいのか

「中古マンションの鍵交換って、本当にやる必要あるのかな?」と思っている方もいると思います。

やるかどうかは購入された人の気持ち次第になるので正解はありませんが、参考例として「中古マンションの鍵を交換したい」という方からよく聞く理由をご紹介したいと思います。


中古マンションの鍵交換をする人から聞く理由

生活救急車では、鍵の修理や交換の作業を承っており、中古マンションの鍵交換依頼にも対応しております。

そのご依頼の中で、お電話や現場でよく聞く「鍵を交換する理由」を参考までにご紹介します。


  • 【鍵交換をする理由】
  • ・前の人が合鍵を作ってたら不安
  • ・引き渡された鍵が契約書の本数より少なかった
  • ・開け閉めしづらいから
  • ・防犯性の低い鍵だったから
  • ・電子錠にしたいから
  • ・新品の鍵がいいから

上記のように理由は色々ありますが、一番よく聞くのは「前の人が合鍵を作っていたら不安」というものです。

売主の方がきちんとされた方でも、賃貸に出されていた物件であれば、鍵の管理をしていたのは売買に全く関係のない人がしていたことになるので気持ち悪いと感じる人もいらっしゃいます。

鍵の交換については、リフォームと違って家具や家電を部屋に入れた後でも簡単に行えるので、入居してから「どうしても気になる」となるようであれば交換するというのもいいでしょう。


中古マンションの鍵交換にかかる費用について

中古マンションの鍵を交換しようと思うけど、費用が見当も付かないという人もいると思います。

鍵屋によって費用はさまざまですが、大体の料金がわかっていると依頼しやすいですよね。

そこでここでは、生活救急車が実際に対応した事例をいくつかご紹介したいと思います。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。


中古マンションの鍵交換の料金事例

ここでは、生活救急車が実際に対応した、中古マンションの鍵交換の料金事例をご紹介します。


※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


玄関の鍵交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 建物交換 シリンダー 11,000円
  • MIWA 部品代 12,100円
  • 合計 23,100円

>>>事例の詳細はこちら


中古マンションの鍵交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 交換 シリンダー/玉座/シャッター錠 10,800円
  • 部品代 21,600円
  • 部品代 数量2 6,480円
  • 合計 38,880円

>>>事例の詳細はこちら


玄関ドアシリンダー交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関ドアシリンダー交換 シリンダー 21,600円
  • MIWA社製品 部品代 38,880円
  • 合計 60,480円

>>>事例の詳細はこちら


中古マンションの鍵交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵交換 シリンダー 2箇所 21,600円
  • GOAL社製品 シリンダー×2 42,120円
  • 合計 63,720円

>>>事例の詳細はこちら


玄関シリンダー交換等

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関シリンダー交換 2箇所 21,600円
  • 錠前クリーニング中作業 2箇所 43,200円
  • KABA社製品 部品代 2個 10,800円
  • 合計 75,600円

>>>事例の詳細はこちら


中古マンションの鍵の引き渡しで本数が少ない場合

中古マンションの鍵の引き渡しでは、純正キーが3本渡されるのが一般的です。メーカーや種類によっては、最初から4~6本の純正キーがある場合もあります。

しかし、引き渡しで受け取った鍵の本数が少ない場合は、以下のようなことを確認しておきましょう。


中古マンションの鍵の引き渡しで本数が少ない時に確認すること

鍵の引き渡しの際に、鍵が少なかった場合には書類や売主への確認を行っておきましょう。


  • 【鍵が少ないときに確認する書類】
  • ・書類を確認する
  • ・売主に確認する
  • ・仲介業者に確認する
  • ・管理会社に確認する
  • ・管理組合に確認する

物件の売却契約締結時には、「重要事項説明書」、「付帯設備表」などが交付されます。まずは、これらの書類に鍵の本数について記載がないか確認してみましょう。

書類に記載がない場合、記載されている本数に疑問があるときは、売主や仲介業者、管理会社、管理組合などに連絡を取りましょう。

万が一の場合に備えて元住人の身内の方やマンションの管理組合、警備会社に鍵を預けている場合もあります。


鍵の本数ってもともと何本なの?

鍵交換を依頼される方の中には、「鍵が3本欲しいんですけど・・」「いろんな人が出入りするので、5本は鍵が欲しいんですけど・・」と鍵の本数を心配される方もいらっしゃいます。

新品の鍵(錠前)は、最低3本は鍵がついており、製品によっては4~6本ついているものもあるので、事前に要望を業者側に伝えておけば合鍵作成なしに純正キーが複数本ついた錠前に交換することもできます。

反面、鍵によっては4本以上鍵が存在する錠前もあるため、引き渡される鍵の本数が3本以下だと「本当に元から3本しかないの?」と心配になります。

引き渡される前の状況については、売主でも賃貸に出していた物件なら状況を把握しきれないので、不安であれば鍵交換をしてスッキリした気分でマンションを購入されたほうがいいでしょう。


中古マンションの鍵が少ない場合の対応

中古マンションの鍵の引き渡しの際に、元住人が鍵を紛失しているとき、買い手の同意があればそのまま鍵の引き渡しをすることがあります。

買い手の同意を得るときは、書面が交わされるのが一般的です。

しかし、同意を得られなかった場合、鍵が足りない状態で引き渡しを行う行為は債務不履行となり、相談の上で新しい鍵に交換してもらえる可能性があります。


※ここでご紹介する内容は、あくまで一般的な対応例になります。必ずしもこのような対応になるということを保証するものではありません。


鍵の交換を自分で行いたい場合

売主の不注意で鍵が足りない場合は、引き渡しの際に鍵の交換を行ってもらえる可能性があります。

このような場、鍵交換自体は自分で手配して行い、かかった費用を売り主に負担してもらえるケースもあるので相談してみましょう。


中古マンション鍵引き渡し後の鍵交換について

鍵がきちんとそろっている状態で引き渡しが行われても、防犯上不安だから鍵を交換したいと思う方もいると思います。

しかし、中古マンションの鍵を勝手に交換していいのか、何か申し出は必要なのかなど疑問に思うことが多いですよね。

そこでここでは、中古マンションの鍵交換についてご紹介したいと思います。


エントランスにオートロックがない中古マンションの鍵交換

エントランスにオートロックがついていないマンションの鍵交換を行うときは、自室の鍵のみ交換しましょう。

交換するときは必ず管理会社・管理組合への連絡、許可が必要です。

自室の玄関扉の鍵は、マンションの共用部分扱いになります。無断で鍵を交換してしまうと、管理会社(組合)とトラブルになる可能性もあります。

マンションによっては、外観を損なわないように制限が設けられていることがあるため、管理会社や管理組合に確認してから行いましょう。


エントランスにオートロックがついている中古マンションの鍵交換

エントランスにオートロックがついている場合も同様に、管理組合や管理会社へ連絡し、許可をもらうことが必要です。

オートロックがついている場合は、これと連動する鍵をメーカーに注文することになります。連動させれば1本の鍵で玄関・エントランスの鍵を開け閉めすることができるので便利ですが、交換費用が高くなってしまいます。

また、メーカー・製品によって異なりますが、鍵の納期に3~4週間前後の時間がかかることがあるので覚えておきましょう。


※鍵のメーカーや種類の確認、玄関のシリンダー交換作業を行う際は居住者の立ち会いが必要です。


すぐに交換したいときは

鍵の交換をすぐに済ませたいときは、オートロックと連動させずに玄関の鍵のみ交換する方法があります。業者に部品の在庫があるときは、即日で交換できることがあるので相談してみましょう。

この場合のデメリットとしては、鍵を常に2本持ち歩かなくてはいけないことです。鍵が増えると紛失のリスクも上がるため、常に気を付けなければなりません。

連動キーと比べて安価で早く交換が可能ですが、このようなデメリットも踏まえて検討することをおすすめします。


中古マンションの鍵交換についてまとめ

今回は、中古マンションの鍵交換についてご紹介しました。

鍵の引き渡しは生活するうえで重要な物なので、本来の鍵の本数が足りず、納得がいかないときはきちんと話し合い、対応してもらうようにしましょう。

完全に引き渡しが済んでいた場合も、交換を行っておくと安心して過ごすことができるので、防犯上不安な方は検討してみてください。

生活救急車でも中古マンションの鍵交換作業を承っております。出張・見積もり無料で対応しておりますので、交換をお考えの方はお気軽にご相談ください。

ユーザー評価:  5.0 (2件)