さらに条件を追加する
LIBRARY

庭木の病気の種類について

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
庭木の病気の種類について

説明 庭木を育てていると、何だかいつもと様子が違っているなんて違和感を感じることがあるかと思います。よくよく調べてみると、病気にかかっていたなんてこともよくあります。初めて庭木を育てる人は、庭木の病気にあまり詳しくないのでサインが出ていたのに逃してしまって枯れてしまうことも多いでしょう。そこで、今回は庭木の病気の種類についてご紹介したいと思います。

病気の種類

庭木の病気は色々あります。品種によってかかりやすいものや、樹木全般にかかるものなど様々です。そこで、今回は葉っぱや果実にかかる病気、幹や枝などにかかる病気、根っこにかかる病気に分けてそれぞれ一例をご紹介したいと思います。

葉っぱや果実にかかる病気

葉っぱにかかる主な病気には、うどんこ病や褐斑病、モザイク病があります。果実の場合は、うどんこ病などにかかります。

うどんこ病

果実や葉っぱなどに、うどんの粉のようなものが生える病気です。春から秋にかけて発生します。よく湿度が高くなると発生すると思われていますが、乾燥した状態でも発生します。うどんこ病にかかってしまうと、葉っぱが徐々に白くなっていき光合成が阻害されて生育不良や枯死を招きます。殺虫殺菌スプレーなどを使うことで、防除するようにしましょう。

褐斑病

葉っぱに、褐色の斑が生じる病気です。糸状菌によって起こる病気で、病気が進行すると葉っぱが枯れ落ちてしまいます。葉っぱが黄色になっている場合などは、褐斑病の可能性が高いので注意しましょう。糸状菌はカビの仲間なので、湿度が高くなると活発になります。そのため、風通しをよくして湿度が高くならないように工夫して防除しましょう。薬剤による防除も効果的です。

モザイク病

葉っぱなどに、モザイク模様ができる病気です。病気が進行すると、葉っぱが変形して萎縮します。モザイク病自体を防除することはできないため、菌を持ってくるアブラムシを防除するといいでしょう。モザイク病にかかると治すことができないので、注意が必要です。

幹や枝などにかかる病気

幹や枝などがかかる病気には、「てんぐ巣病」という細い枝がたくさんできる病気があります。

てんぐ巣病

細い枝がたくさんできる病気です。てんぐ巣病にかかると、細い枝がたくさん伸びますが花が付かず、葉っぱも小さいものができるため生育が悪くなってしまいます。原因となるのは、糸状菌とファイトプラズマです。糸状菌は風で胞子が飛んでくる、ファイトプラズマは虫が運んでくるという違いを覚えておくといいでしょう。病気にかかっている樹木を見つけた場合は、発症した部分を切り落とすようにしましょう。てんぐ巣病は近くの株に病気が移ることがあるため、早めの対応が重要です

根っこにかかる病気

根っこがかかる病気には、「根頭がん腫病」というこぶのようなものができる病気があります。

根頭がん腫病とは

根頭がん腫病とは、バラ科など樹の根っこや接ぎ木部分にごつごつしたこぶのようなものが生じる病気です。最初は白色のコブですが、病気が進行するに連れて黒褐色になり、最後はボロボロに崩れてしまいます。発病するとすぐに枯れるわけではありませんが、根っこから栄養が吸収しにくくなるため、周りの植物に負けて徐々に枯れてしまいます。発病してしまった場合は、他の植物に移らないように除去をしたほうがいいでしょう。また、除去の際に使った道具に菌がついて他の植物に感染することもあるため、道具を使ったらきちんと消毒した方がいいでしょう。

まとめ

今回は、庭木の病気の種類や症状などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。庭木も人間と同じように病気にかかることがあるため、定期的に病気にかかっていないかチェックしてあげることが大切です。病気によっては治すことができず、処分するしかない場合もあります。残念ですが、そのまま放置しておくと他の植物に伝染する病気もあるため、早めに対応することをおすすめいたします。