さらに条件を追加する
LIBRARY

マンションエントランスの鍵を紛失したときの対処法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
マンションエントランスの鍵を紛失したときの対処法

説明 マンションのエントランスの鍵を紛失して、どうやって自分の部屋に帰ろうか分からなくて困っていませんか?エントランスは共用部分なので自分で鍵屋を呼んで開けることができません。しかし、エントランスを通れないと自分の部屋まで行くことができません。そこで今回は、マンションのエントランスの鍵を紛失したときの対処法についてご紹介します。

マンションのエントランスの鍵を紛失して、どうやって自分の部屋に帰ろうか分からなくて困っていませんか?

マンションのエントランスだと、共用部分なので自分で鍵屋を呼んで開けたりといったことができませんよね。

とはいえ、エントランスを通過しなければ自分の部屋の玄関まで辿りつくこともできません。

そこで今回は、マンションのエントランスの鍵を紛失したときの対処法についてご紹介したいと思います。

エントランスの鍵を紛失した緊急時の対処法

鍵屋では、入居者個人からの依頼でマンションのエントランスの鍵を開錠したり、修理したりといった作業をすることはできません。

必ず、大家さんや管理会社などの建物の所有者・管理者からのご依頼でなければ、作業ができません。

そのため、マンションのエントランスは自力で通過しなければなりませんが、鍵を使う以外の方法が思いつかない人もいるかと思います。

そこでまずは、マンションのエントランスの鍵を紛失したときに、鍵を使わずにエントランスを通過する方法についてご紹介したいと思います。

家族やほかの住人と一緒に通過する

家族や友達、知り合いが同じマンション内にいる場合は、電話をして一緒にエントランスを通過するのが早くてストレスもない方法です。

ただ、平日の昼間などで誰も連絡がとれないなんてこともありますよね。そういった際は、他の住人がエントランスを通過するときに事情を話して一緒に通過するという方法があります。

ただ、防犯面から一緒に通過することを拒否される場合もあります。そういったときは、別の人が来るまで待った方がいいでしょう。

暗証番号で開錠する

エントランスの鍵の種類によっては、暗証番号を入力することで鍵を使わずに開錠することができるものもあります。

ただし、最近は防犯面を考えて暗証番号を入居者に教えない方針の大家さん・管理会社が多くなっています(退去した人でも開けられてしまうため)。

念のため、大家さんや管理会社に連絡して暗証番号などを教えてもらえなかった場合は別の方法を試しましょう。

マンションの大家さん・管理会社に連絡する

マンションの大家さんや管理会社に連絡をすると、対応時間内であれば管理しているエントランスの鍵などを使ってエントランスを開けにきてくれることもあります。

ただし、大家さんや管理会社で管理しているのは主にエントランスなどの共有部分の鍵なのであなたの部屋の鍵までは開けることができません。

また、鍵を持ってくる際に出張費や対応諸経費として料金が発生することもあるのでお金の準備が必要かどうか聞いておくと安心です。

管理会社の連絡先が分からないときは

携帯電話に管理会社の電話番号を登録していないときは、看板などに管理会社の電話番号が書いてあることあるので確認してみましょう。

ほかにも、契約した不動産会社に問い合わせる、マンション名をインターネットで検索する、などの方法で調べることができます。

自室の鍵は鍵屋に開錠依頼

マンションのエントランスの鍵は、大家さんや管理会社からの依頼でなければ開錠や作業をすることはできません。また、作業をする際は大家さんや管理会社の責任者の立会いが必須になります。

ただし、自室の鍵については、入居者からの依頼で鍵開けをすることができます。

自室の鍵も紛失して部屋の中に入れないときは、エントランスを通過した後に鍵屋に開錠依頼をしましょう。

エントランスの鍵を紛失したときの連絡先と手順

鍵を紛失したというだけでもかなりの面倒ごとですが、鍵を紛失したときは連絡しておくべき相手や、やっておいたほうがいい手続きがいくつかあります。

トラブルの事後処理というのはなかなか大変ですが、その後を安心して過ごすためにも、必要な手続きは行っておきましょう。

連絡先1.最寄りの警察や交番

まずは、警察に電話で連絡し、紛失した鍵が落し物として届いていないかを確認しましょう。

もしかしたら、鍵を拾った誰かが届けてくれているかもしれません。警察や交番がマンションから近ければ、直接行って問い合わせると早いでしょう。

鍵が届いていない場合は、その場で遺失物届を出しておきましょう。地域によっては、電話でも受け付けてくれています。

その日中に連絡がくることもあれば、翌日以降に連絡がくることもあります。ただ、鍵を紛失している場合は自室の鍵交換は念のため行っておいた方がいいでしょう。

鍵を紛失したと思っていたら盗まれていた

外出中に鍵を紛失してしまったとき、大抵は「自分がどこかに落としてしまった」と思いますよね。しかし、場合によっては「誰かに盗まれている」なんてこともあります。

ストーカーがテーブルなどに置いた財布やキーケースの中から鍵だけを抜き取る、別れた交際相手に近づいて鍵を盗むといった可能性はあります。

落し物として警察から鍵が返って来たときも、一度盗まれて合鍵を作られた後の可能性もあります。心当たりがある場合は、鍵の交換をしておいた方が安心です。

連絡先2.管理会社・大家さん

鍵の紛失を警察に届け出たら、次は管理会社や大家さんに、鍵を紛失したことを報告します。防犯上の理由で、マンションのエントランスといった共用部分の鍵を紛失した場合は、分譲・賃貸にかかわらず報告をする必要があります。

「合鍵があるから1本くらいなくしても困らない」と報告を怠っていると、入居者側の義務違反となる可能性があるので、問題が起こる前に管理会社に連絡を取ったほうが、あとあと面倒にならずにすみます。

適切な指示をもらえたり、鍵の交換の手配をしてくれたりと、助けになってくれることも多いので、鍵を紛失したときは管理会社・大家さんに連絡をしておきましょう。

連絡先3.鍵の業者

深夜や早朝のため管理会社や大家さんと連絡がつかなかったときや、管理者側から自分で鍵屋を手配してほしいと言われたときは、鍵を開けてもらうために鍵の業者に連絡をします。

ただし、エントランスの鍵については鍵屋でも触れない部分になります。エントランスの内側に入って、鍵屋を自室まで移動できるような状態にしておかないと鍵屋も対応ができないので注意しましょう。

火災保険の緊急サービスも確認

火災保険の中には、鍵を紛失したときに、保険会社が提携している鍵業者の鍵開けや交換サービスが契約内容に含まれたものがあります。

費用がかかったり、対応できない鍵の種類があったりなど制限がかけられていることもありますが、作業費を安く抑えることができるので確認しておくといいでしょう。

連絡先4.マンション自治会・管理組合

無事に部屋に入ることができて、いったん落ち着いたら、マンション自治会や管理組合に、鍵を紛失したことを報告しておきましょう。鍵の交換をするかどうかなど、今後の対応についての話をすることになるでしょう。

マンションのエントランスの鍵を紛失したら交換は必要?

マンションのエントランスの鍵を紛失したことを管理会社や管理組合などに連絡すると、「エントランスの鍵交換の必要がある」と言われて困っていませんか?

必ずではありませんが、エントランスの鍵を紛失すると管理会社や管理組合でエントランスの鍵交換を行うことがあります。

そういったとき、その鍵交換の費用を誰が負担するのか、そもそも交換しなければならないのかと疑問がいくつもでてきてしまいますよね。

そこでここでは、マンションのエントランスの鍵を紛失した後の鍵交換の必要性や費用負担は誰がするのかなどについてご紹介したいと思います。

エントランスの鍵紛失後の鍵交換はなんでするの?

「エントランスの鍵を紛失しても、他の部屋には侵入できないんだから別にしなくてもいいんじゃない?」と思っていませんか?

確かに誰かが紛失した鍵を拾ってエントランスを突破できたとしても、他人の部屋には侵入することができません。

しかし、エントランスを突破して他の施錠を忘れている部屋に侵入したり、共有部分に嫌がらせやイタズラをするということは可能です。

防犯面のことを考えると、鍵を紛失していない住人からしたら「変な人が入ってきたらどう責任を取ってくれるの?」と思ってしまいます。そういった不安面を払拭するためにも、管理会社や管理組合などで鍵交換の実施が検討されることがあります。

鍵を紛失しての鍵交換になった場合は、紛失した人が負担する可能性があります。これは、契約内容や管理組合などで決められることなので、しっかりと確認しておきましょう。

マンションのエントランス以外の鍵交換費用も負担する?

エントランスの鍵を交換する場合、同じエントランスの鍵で出入りする、同じマンションの全部屋の鍵交換が必要になることもあります(必ずではありません)。

そうなると、交換の費用は数十万円以上と高額になることもあります。鍵を紛失した過失があるとはいえ、本当にこれだけの費用を請求されてしまうのか、不安になりますよね。

その点について、本当に全部屋の鍵交換が行われるのかについてお話したいと思います。

全室の鍵交換までは行わないこともある

賃貸マンションの場合は、契約書などに「鍵紛失時の費用負担」に関する記載があるかと思います。これは、名前の通り、鍵を紛失したときに入居者が負担すべき金額を記載した項目です。

基本的に、契約書にそういった費用負担に関する説明があれば、契約書に記載された金額のみ負担するだけで済むことが多いようです。

ただし、契約内容によっては全室の鍵を交換することもあります。費用がすぐに払えないときは、分割払いにするなど、管理会社や管理組合と支払い方法について話合わなければならないので注意しましょう。

マンションエントランスの鍵を紛失したときの対処法まとめ

今回は、マンションエントランスの鍵を紛失したときの対処法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

鍵を紛失してしまうと、マンションに入れなくて困ってしまうだけではなく、防犯上の不安や鍵の交換の費用のことなど、いろいろと不安に思うことも多いですよね。

鍵の紛失は、日常に潜みがちなトラブルのうちの一つです。いざ自分がそんな事態に遭遇したときに慌てないように、必要なことはしっかり把握しておきましょう。