さらに条件を追加する
IDEA

鍵が入らないときの対処方法とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決鍵が入らないときの対処方法とは!

説明 玄関の鍵が急に入らなくなり、家に入れなくて困ったことはありませんか?鍵屋を呼んでもいいけど、急な出費は出来る限り抑えたいですよね。そこで今回は、自分でできる鍵が入らないときの一時的な対処方法についてご紹介したいと思います。

鍵が入らないときは潤滑油で応急処置

鍵穴に接着剤などの異物が詰められているわけではないのに、鍵が入らないときは「鍵穴専用の潤滑油」を使った応急処置を行うことで、直る可能性があります。道具があれば誰でも簡単に出来る方法です。

必要な道具

必要な道具は、鍵穴専用の潤滑油(カバクリーナーや「鍵穴専用」と書かれた潤滑油)、タオルや雑巾だけです。

注意点

潤滑油についてですが、よく間違って「CRC」などの鍵穴専用でない潤滑油や「サラダ油」などの食用油を使ってしまう人がいます。これらの油は、鍵穴の中でホコリなどと一緒に固まってしまい、状況が悪化してしまうため使わないようにしましょう。

また、メーカー純正品の潤滑油でも、全てのメーカーの鍵に対応しているわけではありません。鍵に詳しくない人は、自分の使っている鍵のメーカーの潤滑油を使うことをおすすめいたします。(例:カバ社の鍵なら、カバクリーナーを使う。)

手順

難しい作業はありません。鍵穴に専用の潤滑油を注して、中の汚れを取って、鍵のすべりをよくするだけです。

1.鍵穴専用の潤滑油を、鍵穴から液が漏れるくらいたっぷり入れる。

2.充分潤滑油を入れたら、手持ちの鍵をゆっくり差し込んでみる。

3.奥まで差し込むことができたら、数回手持ちの鍵を抜き差しして、鍵穴の中の汚れを書き出す。

4.鍵の抜き差しが終わったら、垂れてきた潤滑油を雑巾やタオルなどで拭き取っておく。

鍵が入らない場合

潤滑油を注しても鍵が入らない場合は、鍵穴の汚れや潤滑油切れではなく、錠前本体の故障や手持ちの鍵の破損の可能性があります。そういった場合は、潤滑油で改善することはできないため、業者に相談してみましょう。

また、純正キーではなく合鍵を作ったばかりなのに、鍵穴に入らないという場合は、合鍵の精度に問題がある可能性があります。この場合も、潤滑油で改善できないので注意しましょう。

「鍵が入らない」はメンテナンスで予防

鍵が入らないトラブルは、定期的にメンテナンスをすることで予防することができます。鍵のメーカー各社も、自社ホームページや説明書に専用の潤滑油を使って、定期的にメンテナンスすることを推奨しています。

特に、カバスターなどの防犯性の高い鍵は、鍵穴の中の構造が複雑になっているため、定期的なメンテナンスが欠かせません。防犯性の高い鍵は、開かなくなった際にピッキングではなく、破壊して新しい鍵に交換することが多いため、余計な出費にも繋がります。そういったことを防ぐためにも、定期的に専用の潤滑油でメンテナンスすることをおすすめいたします。

メンテナンスに使われる潤滑油

メンテナンスにどのような潤滑油を使ったらいいか迷っている、という場合は鍵メーカーの純正品の潤滑油を使うといいでしょう。例えば、カバ社のカバクリーナー、美和ロックの鍵穴専用潤滑剤などが純正品です。

メーカー純正品は、ホームセンターやネット通販で手に入れることができます。ただし、ホームセンターの場合は売っていないこともあるため、ネット通販で探すのがおすすめです。

鍵が入らないときのプロの対応とは

プロが対応をする場合は、単に潤滑油をスプレーして終わりではありません。まず、鍵が入らない原因の特定を行い、分解洗浄や鍵の交換といった作業をご提案します。

メンテナンスだけでも、細かく部品をばらして洗浄を行うため、今回紹介したメンテナンス方法では洗浄できないような細かい隙間までキレイにすることができます。自分で処置をしても改善されない場合は、プロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、鍵が入らないときの対処方法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。潤滑油を注す方法は、あくまで一時的な応急処置ですので、しばらく経つとまた同じ問題が起こります。自分で定期的なメンテナンスを行うことで、防げるトラブルですので、気づいたときにメンテナンスをすることをおすすめいたします。

ユーザー評価:  4.0 (1件)