さらに条件を追加する
IDEA

鍵が回らないときの対処方法とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決鍵が回らないときの対処方法とは!

説明 鍵が回らなくて、困っていませんか?鍵が回らなくて家に入れない、何とか家に入れたけど鍵が回らないなど状況は様々だと思います。できれば業者を呼んで修理や交換をした方がいいですが、自分で対処できるなら自分でやってみたいですよね。そこで今回は、鍵が回らないときに自分で試せる対処方法についてご紹介したいと思います。

鍵が回らないときは潤滑油を試す

鍵が折れ曲がっている、錠前が故障しているなどの症状が見られず、鍵が回らないときは、鍵穴専用の潤滑油を使うことで回るようになる可能性があります。難しい作業はなく、道具があれば誰でもできる方法をご紹介いたします。

必要な道具

必要な道具は、鍵穴専用の潤滑油(カバクリーナーや「鍵穴専用」と書かれた潤滑油)、タオルや雑巾だけです。

注意点

潤滑油についてですが、よく間違って「CRC」などの鍵穴専用でない潤滑油や「サラダ油」などの食用油を使ってしまう人がいます。これらの油は、鍵穴の中でホコリなどと一緒に固まってしまい、状況が悪化してしまうため使わないようにしましょう。

また、メーカー純正品の潤滑油でも、全てのメーカーの鍵に対応しているわけではありません。鍵に詳しくない人は、自分の使っている鍵のメーカーの潤滑油を使うことをおすすめいたします。(例:カバ社の鍵なら、カバクリーナーを使う。)

手順

難しい操作などがなく、潤滑油を注して鍵穴の中のゴミを取り除くだけですので、簡単かと思います。

1.鍵穴に鍵穴専用の潤滑油を、鍵穴から液が漏れるくらいたっぷり入れる。

2.手持ちの鍵を鍵穴に入れて、数回抜き差しして、鍵穴の汚れをかきだす。

3.最後に、鍵穴から漏れた潤滑油を雑巾やタオルで拭いて完了。

鍵が回らない場合

今回紹介した方法でも、鍵が回らない場合があります。例えば、手持ちの鍵が曲がったり折れたりしている場合、錠前が故障している場合、取り付けに不備がある場合、建物の経年劣化などの場合は、今回紹介した方法では改善されません。錠前の交換や、取り付け直しといった作業が必要になります。

建物の経年劣化が原因?

錠前が故障していなくても、建物の経年劣化や地震によってデッドボルト(かんぬき)がストライク(建物側のデッドボルトが入る穴)にきちんと入らなくなって、鍵が回らなくなることがあります。こういった場合は、錠前の取り付け直しやストライクの調整などが必要になります。

鍵が回らないときのプロの対応とは

プロが対応する場合は、潤滑油をスプレーして終わりではありません。まず、きちんと回らない原因を特定してから、分解洗浄、取り付け直し、交換、ストライクの調整といった作業を行います。

経年劣化でストライクの位置がずれてしまった場合などは、寸法を計算して、電動工具で穴の大きさを調整するといったことも行います。鍵が回らなくて、今回紹介した方法で症状が改善しなかった場合は、プロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、鍵が回らないときの対処方法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。潤滑油をスプレーするだけで直ることもあるため、時間がある人は一度試してみるといいかもしれません。ただし、錠前本体の故障や鍵が曲がってしまった、建物の経年劣化による歪みなどが原因の場合は、この対処方法では改善できません。そういった場合は、プロに相談することをおすすめいたします。