さらに条件を追加する
LIBRARY

お風呂・浴室の排水溝が臭い!悪臭の原因と直し方

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

お風呂・浴室の排水溝が臭い!悪臭の原因と直し方

説明 お風呂の排水口や浴槽から、変な臭いがしていませんか?お風呂場は、密閉された場所で水を多く使うため湿気がこもりやすく、臭いの元になる雑菌が繁殖しやすいのでこまめに掃除をしないと臭いが発生しやすくなります。また、掃除をきちんとしている場合でも、知らない内に汚れが溜まって悪臭が発生することもあります。今回は、そんなお風呂の排水口から発生する悪臭の原因と対策などについてご紹介したいと思います。

お風呂場・浴室の排水溝から悪臭がして、困っていませんか?

きちんと掃除をしていても、少しずつ臭いの原因が蓄積することで悪臭を放つことはあります。また、「こんなものが!」と思うものが臭いの原因になっていることもあります。

とはいえ、普段からそういったトラブルに慣れていない人にとっては何が原因でどうやって修理したらいいかわかりませんよね。

そこで今回は、お風呂の排水溝の悪臭の原因や直し方についてご紹介したいと思います。

お風呂の排水口悪臭の原因

お風呂の排水口には、髪の毛などの体毛、垢、油、石鹸カスなど、臭いの元になる雑菌の栄養分がたくさん流れています。また、髪の毛や体毛、垢などはたんぱく質ですので、時間が経つと腐って嫌な臭いを発するようになります。

これらの汚れが、排水口に留まることで悪臭が発生してしまうことがあります。しかし、「排水口と呼ばれる部分は一応掃除しているけど・・・」という人もいらっしゃるかと思います。実は、排水口はいくつかの部品に分かれており、多くの人は一番上にあるヘアキャッチャーと呼ばれる部分しか掃除ができていないことがあります。そこで、まずは悪臭の原因となる場所についてご紹介したいと思います。

関連記事:お風呂の水が流れないときに使える「お手軽な解消方法」一挙まとめ!

悪臭原因1.ヘアキャッチャーにゴミが溜まっている

排水口のカバーをあけると、髪の毛などを受け止めるヘアキャッチャーと呼ばれる部品があります。このヘアキャッチャーは目に見える部分なので掃除をしている人が多いかと思いますが、初めて一人暮らしをする人などは見落としていることもあります。

ヘアキャッチャーにはよく髪の毛や体毛などが絡まります。そのまま放置していると、石鹸カスや体の油が毛に付着してヌメリが発生し、最終的に悪臭が発生します。人によって抜ける毛の量などは違ってきますが、1週間に1回はヘアキャッチャーのゴミを取り除いた方がいいでしょう。

ヘアキャッチャーがない場合もある

お風呂の種類によっては、ヘアキャッチャーが着いていない場合もあります。ヘアキャッチャーがついていないと、排水管などに大量の毛が流れてひどい詰まりが発生してしまうことがあります。気になる場合は、ホームセンターやネットショップなどで、自分のお風呂の排水口にあったサイズのヘアキャッチャーを購入するといいでしょう。

悪臭原因2.排水トラップのヌメリ・汚れ

先ほどのヘアキャッチャーは、排水口のカバーを外すと一番上に見えるため掃除をしている人が多いのですが、実はヘアキャッチャーの下には排水トラップと呼ばれる部品がついていることがあります。

排水トラップは筒状になっており、水溜まりを作ることで排水管の奥の臭いなどが上に上がってこないようにしています。この排水トラップなのですが、石鹸カスや油などが固まっり、ゲル状の汚れになっていることがあります。

築年数が経過していて、悪臭が発生し、排水トラップの掃除をした記憶がない場合は、排水トラップに汚れが溜まっているのが原因かもしれません。排水トラップの掃除方法などについては、後述の「ヘアキャッチャーと排水トラップの掃除」をご参照ください。

悪臭原因3.排水管にこびりついたヌメリ・汚れ

ヘアキャッチャーも排水トラップも掃除しているのに、悪臭がするという場合は、排水管に蓄積されたヌメリ・汚れが原因の可能性があります。使用年数が長いと、排水トラップなどをきちんと掃除していても、排水管にヌメリ・汚れがこびりついてしまうことがあります。

また、状況によっては排水管の合流地点である排水枡から悪臭が風呂場まで上がってくることもあります。台所などで、油や食材カスなどを意識せずに流していると排水枡で腐敗して夏場などに悪臭が発生することもあるため注意しましょう。

排水枡の洗浄などは業者に依頼することになりますが、排水管のヌメリ・汚れについては自分で対策できることもあります。対策方法については、後述の「お風呂の排水管掃除で悪臭対策」をご参照ください。

お風呂の排水口以外の悪臭原因

先ほど、排水口の悪臭原因についてご説明いたしましたが、それ以外にもお風呂が臭くなってしまう原因はあります。よくある原因について、2つご紹介したいと思います。

悪臭原因1.浴槽や壁・床の汚れ

浴槽や壁・床などの掃除をしていないと、悪臭が発生することがあります。浴槽などは掃除しているけれど、壁や床は掃除していないという場合は定期的に掃除をするようにしましょう。特に、床などは知らない内に汚れがこびりついて、元の色とは違った色になっていることもあります。一部分だけ茶色くなっていたり、黄色くなっている場合などは、その部分に塩素系洗剤を使って汚れが取れないか試してみるといいかもしれません。

悪臭原因2.カビの発生

マンションなどで窓がなく、換気扇も小さいもので空気の循環が上手くできないような場合。カビが大量発生して、カビ臭が発生することもあります。カビが発生してしまった場合は、カビキラーなどを使ってカビ掃除をするようにしましょう。また、換気が悪くてすぐにカビが発生する場合は入浴後に水気を取ったり、防カビ対策をしておくといいでしょう。

お風呂の排水口の悪臭対策

お風呂の排水口の悪臭は、自分で掃除などをすることによって解消・予防できることがあります。先ほど紹介した、排水トラップや排水管の汚れ・ヌメリの解消方法などについても、これから紹介いたしますので参考にしてください。

排水口の高圧洗浄は最終手段

今から紹介する悪臭解消方法を使っても、悪臭が完全に取れない・全く取れないといったことがあります。排水管の奥の方に悪臭の原因がある場合や、排水枡の悪臭が上がってくる場合、排水管などにびっしりと油汚れが取り付いている場合などです。そういった場合は、最終手段として高圧洗浄を検討してみるといいかもしれません。高圧洗浄は、専用の機械がないとできないため、業者に依頼することになりますが、その際は複数の業者で見積りを取ってから依頼するようにしましょう。

お風呂の排水口掃除で悪臭対策

お風呂の排水口の悪臭の原因を自分で掃除をすることによって、解消する方法をご紹介したいと思います。掃除方法については、ヘアキャッチャーと排水トラップなどの排水口の入り口部分と排水管などの奥の部分で方法が変わってきます。それぞれ、ご紹介いたします。

ヘアキャッチャーと排水トラップの掃除

ヘアキャッチャーと排水トラップは、一般の人でも簡単に取り外して掃除をすることができます。排水トラップについては、ずっと存在を知らなかったという人もいるかと思います。築年数がかなり経過している場合は、ひどく汚れがこびりついている場合もあり、水はねして口にゴミが入ると大変ですので、マスクをつけて作業しましょう。

注意点

お風呂のタイプによっては、ヘアキャッチャーや排水トラップが着いていないこともあります。また、基本的にはどちらも上に持ち上げるだけで取れるものが多いですが、違った構造のものもあるため、取り外しができない場合は作業を中止してください。

また、排水トラップを取り外す際は、スポンジやブラシなどを落として排水管に詰まらせないように注意して掃除をしましょう。

必要な道具

ゴム手袋、マスク、ハンガー、スポンジ、ブラシなど。

手順

1.排水口カバーを取り外す

ゴム手袋とマスクを装着して、排水口カバーを取り外します。使っているお風呂の種類によって違いますが、シャワーを流した後に水が流れていく場所にあるフタです。

2.ヘアキャッチャーを取り外す

排水口カバーを取り外すとヘアキャッチャーと呼ばれる、穴の空いた金属もしくはプラスチックの部品がでてきますので取り外します。(排水口のタイプによっては、ヘアキャッチャーがないタイプもあります。)

3.排水トラップを外す

ヘアキャッチャーを取り外すと、排水トラップ(封水筒)と呼ばれる”筒”を取り外すことができます。円筒状のものもあれば、楕円形の形のものもありますが、上に引き抜くと取れます。

4.スポンジやブラシを使って掃除

カバー、ヘアキャッチャー、排水トラップを取り外すことができたら、スポンジやブラシを使って掃除をします。排水トラップなどには、油や石鹸カスなどが固まってできたヌメリがついていることがありますが、そのヌメリが詰まりの原因になるのできれいに拭き取るようにします。

6.水を流して完了

掃除が終わった後は、部品を取り付け直して水を流して完了です。排水トラップなどや、排水口の手前に近い部分で汚れが詰まっている場合は、この方法で詰まりを解消することができますので、試してみてください。

お風呂の排水管掃除で悪臭対策

お風呂の排水口のヘアキャッチャーや排水トラップを綺麗に掃除しても臭いが取れない場合、排水管で悪臭が発生している可能性があります。排水管で悪臭が発生している場合は、スポンジなどを使って掃除することができません。

ワイヤーブラシなどの先端にブラシがついたワイヤーを使うこともできますが、何mも長い排水管をブラシでゴシゴシ洗うのは、重労働です。そこで、もっとも簡単で誰でもできる排水管掃除の方法をご紹介したいと思います。

排水管掃除って自分でできるの?

排水管掃除といっても、今回紹介する方法は薬剤を流すだけですので、一般の方でも可能です。特殊な技術などは必要ありませんので、ご安心ください。

関連記事:排水管高圧洗浄業者の料金相場!一戸建てマンショントイレ

必要な道具

液体パイプクリーナー、ゴム手袋。

注意点

液体パイプクリーナーを使う際は、しっかりと換気をするようにしましょう。また、酸性の洗剤と混ざると有毒なガスが発生してしまいますので注意しましょう。液体パイプクリーナーを使用する際は、必ず使用する液体パイプクリーナーの注意書きを呼んでから使用しましょう。

関連記事:排水管つまり解消にパイプクリーナー!使い方と効果おすすめ

手順

1.排水口カバーを取る

排水口のカバーを取りましょう。ヘアキャッチャーにゴミがついている場合は、先に取り除いておきましょう。

2.液体パイプクリーナーを流す

液体パイプクリーナーを排水口に流しましょう。流す量は、液体パイプクリーナーの種類によって異なるため、使用方法を呼んで適量を流します。

3.所定時間待ってから水を流す

液体パイプクリーナーの使用方法などに書いてある所定の時間待った後で、水で薬剤を洗い流して完了です。

ピーピースルーは慎重に

ピーピースルーなどの業務用洗浄剤の一部は、実はネットショップなどで売られていることがあります。業務用洗剤は一般の人でも使用できるようなものがありますが、中には登録書などがないと購入できないようなものがあります。薬剤によっては発熱して、排水管にダメージを与えるものもあるため、業務用洗浄剤を使う際は、よく調べてから使用するようにしましょう。

お風呂の排水口以外の悪臭対策

お風呂の排水口や排水管の悪臭対策についてご紹介いたしましたが、今度は、浴槽や壁・床に着いた皮脂汚れが原因で発生する悪臭対策についてご紹介したいと思います。この悪臭は原因となる、皮脂汚れを取ればいいのですが、長年汚れが蓄積されて普通の洗剤では取れなくなっていることもあります。

浴槽や壁・床の皮脂汚れは取りにくい

ある一部分だけ、他の部分と色が違っていて茶色だったり、黄色だったりしている場合は、皮脂汚れが固まっている可能性があります。そういった場合は、塩素系洗剤を使ってもいいのですが、素材によっては変色してしまう可能性などがあります。

また、できれば塩素系洗剤を使いたくないという人もいるかと思いますので、今回は重曹と片栗粉とお湯を使った皮脂汚れ対策をご紹介いたします。

重曹と片栗粉とお湯で皮脂汚れ対策

頑固な皮脂汚れには、重曹を使ったお掃除方法が有効です。重曹を気になる箇所にかけてスポンジでこするだけでもいいですが、もっと効果を高める方法があります。重曹と片栗粉とお湯を混ぜてペースト状にして、気になるところに塗って少し待ってからスポンジでこするとより汚れが落ちやすくなります。目安の配分は、重曹30g、片栗粉15~20g、お湯300cc程です。片栗粉が多すぎると、トロミが強すぎて詰まりの原因になってしまうため、排水口がつまらない程度になるべく水に近い状態にしておくといいでしょう。

塩素系洗剤は強力だが注意が必要

壁や床が黄色くなるほど、皮脂汚れがこびりついている場合は、塩素系洗剤を使って掃除をすると皮脂が溶けて簡単に洗い流すことができます。ただし、塩素系洗剤は酸性の洗剤と混ざると有毒なガスを発生させてしまうため使用前に水でお風呂場全体をしっかりと流し、お風呂場に置いてある洗剤などを全て脱衣所などに出し、換気を万全にした状態で使用するようにしましょう。

また、お風呂場の壁や床に使われている素材によっては、塩素系洗剤を使うことで変色する場合もあるため、目立たないところで確認してから使用するようにしましょう。他にも洗剤によって使用上の注意点が多数あるため、使用する際は注意しましょう。

カビ対策は掃除と予防策が重要

皮脂汚れ以外にも、カビが発生してカビ臭が出ることもありましたよね。カビは普通の洗剤で掃除して表面だけ汚れを掃除しても、パッキンの隙間などにカビの菌が残っている場合があります。そのため、塩素系洗剤を使って根元から殺菌するのが効果的です。

また、天井などにカビが発生してしまう場合は、毎回上を見ながら掃除するのは大変かと思います。そういった場合は、お風呂場専用のくん煙タイプの防カビ剤などがドラッグストアに売られていますので、それを使ってみるといいでしょう。

お風呂の排水口の高圧洗浄を業者に依頼した場合

お風呂の排水口の悪臭対策をやったけど、全く悪臭が取れない・解消されないという場合は、高圧洗浄を検討してみるといいかもしれません。高圧洗浄は、排水管の長さや状況によって料金が変わってきます。また、業者ごとによって料金が変わってくるため事前に見積りを取って比較してみるといいでしょう。

排水口の高圧洗浄の費用はいくら位かかるのか

排水口の高圧洗浄の費用は、排水管の長さや高圧洗浄を行う場所、状況などによって異なってきます。また、業者によっても様々です。とはいえ、どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。そこで、このサイトの運営者である「生活救急車」に実際あった依頼の実費をご紹介したいと思います。

  • ・台所の排水管詰まりの高圧洗浄→31,320円
  • ・トイレの配管の高圧洗浄→46,440円
  • ・台所の排水口詰まりの排水管高圧洗浄&真空ポンプによる詰まり除去→34,560円
  • ・下水詰まりによるトイレ詰まりの高圧洗浄→25,920円
  • ・屋外排水枡の高圧洗浄→24,840円
  • ・下水の詰まりの高圧洗浄→34,560円

上記は一例ですが、大体2万4,000円~3万5,000円前後が多いです。ただし高圧洗浄以外の追加作業があるなど、状況によっては4万円を超えることもあります。電話では、排水管の長さや状態が分からないため、現地で見積りをすることになりますが、複数の業者で見積りを取って値段や対応などを確認してから依頼されることをおすすめいたします。

関連記事:水道屋さん選び方!口コミ評判比較で悪質ぼったくり激安業者を回避

生活救急車の見積りは基本無料

生活救急車の場合、お電話では正確な見積り金額を出すのが難しいため、現地にて無料でお見積りをお出しさせていただいております。「基本的に無料」としているのは、「高速道路などの有料道路を通る必要がある」場所への出張や、「見積りをするのに、便器の取り外し作業が必要」といった見積り時に作業が発生する場合に実費がかかるためです。

見積りが有料になってしまう場合でも、その前に費用がいくらかかるのかを必ずお客様にご説明して、了承が得られたら見積もりを行うようにしておりますので、急に作業や見積りを進めて後から金額を請求することはありません。

他社と比較されたい場合も、現地で見積りをお出しした後に断っていただいても費用が発生することはありませんので、お気軽にご利用ください。

まとめ

今回は、お風呂の浴槽や排水口からの悪臭の原因と、その解消方法などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。排水トラップや排水管の掃除は、初めての人でも簡単にできるので、定期的に掃除をして悪臭が発生しないようにしましょう。また、高圧洗浄を水のトラブル業者に依頼される場合は、見積りを確認してから依頼されることをおすすめいたします。