さらに条件を追加する
IDEA

原因不明のお風呂場つまりを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決原因不明のお風呂場つまりを修理する方法

説明 急にお風呂場がつまった、いつの間にはお風呂場の排水がつまっていた、つまりの原因が分からないなどの原因不明のお風呂場つまりを修理する方法です。つまりの発生している場所の確認方法、つまりの原因を除去する方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

水に溶けない固形物によるお風呂のつまりの修理方法の流れ

アクセサリー、指輪、おもちゃなどの固形物よるお風呂場のつまりを解決する手順は、大きく分けて2つです。
1:つまりの発生している場所を確認する
2:流したものを取り除く

【1:つまりの発生している場所を確認する】
まず、どこで、つまりが起きているかを確認します。
排水トラップのカバーを外し、アクセサリー、指輪、ヘアピン、おもちゃ、石鹸など、流してしまった固形物があるか確認します。
流した固形物がない場合、排水管でつまっている可能性があります。

【2:つまりの原因を除去する】
つまりの発生している箇所が、排水トラップだった場合、その原因の固形物を取り除きます。
排水トラップに原因がなければ、排水管でつまりが起きている可能性がありますので、トーラー(ワイヤー)で、つまりの原因を取り除きます。



お風呂場のつまり修理で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マスク
・ビニール袋
・マイナスドライバー:排水桝の点検口を開ける際に使用します。

ワイヤー式の道具
・パイプクリーナー(ワイヤー)
・ブラシつきパイプクリーナー(ワイヤー)
・回転式ワイヤーパイプクリーナー



アクセサリー、指輪、おもちゃなど固形物による浴室のつまりの修理手順

(1)排水トラップでのつまり
アクセサリー、指輪、おもちゃなどの固形物で、お風呂場、浴室、ユニットバスのつまりが発生した際は、排水トラップを確認します。

まず、お風呂場の排水トラップのカバーを外し、封水筒を回しながら外します。この時、ワッシャーやゴムパッキンを流さないように注意してください。
排水トラップにも、いくつか種類があり、外し方など、それぞれ異なりますので、お使いの排水トラップの仕様を確認してください。
封水筒を外すと、排水口が見えますので、そこにつまりの原因となる固形物が、滞留していないか確認します。
排水口に固形物が引っかかっている場合は、ゴム手袋をして、手で取り出します。手で取り出せない場合は、トングなどを使い、取り除くようにしましょう。
汚いからといって、そのまま流してしまうと、さらにトラブルが大きくなる可能性がありますので、避けましょう。
作業中は、鼻をつくような臭気や、汚れが出ますので、マスクや手袋、作業着など、養生をすることが必要です。

つまりの原因となっていた固形物を取り除いた後は、ゴムパッキン、ワッシャー、封水筒を元に戻し、トラップカバーをしましょう。
その後、少しずつ、水を流して、つまりが解消したか、確認することが必要です。

(2)排水管でのつまり
つまりの発生箇所が排水管だった場合、屋外の、水が溜まっている、かつ、道路に一番近い桝から、ワイヤーを入れていきます。
道路側に向かって、ワイヤーを送り込んでいきながら、ワイヤーを回転させたり、前後させたりして、排水管の詰まりを除去していきます。
この場合、流してしまった固形物を取り出せない場合があります。どうしても、取り出したい場合は、一度、水道業者に相談してみましょう。



お風呂場のつまり修理の作業をする際に注意すること

(1)お風呂場場でのつまりを除去する際の注意点
作業中に、汚れが付着したり、体内に入らないように、ゴム手袋や作業着などの準備が必要です。
排水トラップを掃除する際は、鼻をつくような臭気が出る可能性がありますので、マスクなども準備しておきましょう。
また、つまりの原因を、排水管へ再び流さないように注意しましょう。

(2)排水管でのつまりを除去する際の注意点
必ず、汚れてもよい服装で作業しましょう。ゴム手袋やマスク、作業着や長靴などを着衣し、汚れが付着してもよい状態で作業することが必要です。
また、作業中は、お風呂場、キッチン、洗面所の使用ができなくなることにも、注意が必要です。



水に溶けない固形物によるお風呂のつまりはどうして起こるのか・・・

固形物でのお風呂場のつまりは、その多くが、小さなアクセサリーやヘアピン、指輪、おもちゃなどです。
流したことに気付かずに、排水トラップや排水管の中で引っかかったまま、汚れが堆積して、つまりの原因となることがあります。
水の流れが悪くなってきた場合は、早めに対処しましょう。

※上記方法で、つまりが必ず解決するとは限りません。つまりの度合いによっては、水道業者に依頼することをお勧めいたします。