さらに条件を追加する
LIBRARY

男性用小便器の水漏れ原因と修理方法とかかる費用について

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
男性用小便器の水漏れ原因と修理方法とかかる費用について

説明 男性用小便器の水漏れでお困りではありませんか?「自分で修理したいけれど、原因箇所や修理方法がよくわからない」「業者に頼んだときに、料金がいくらくらいかかるか不安」など疑問を持つ人も多いと思います。そこで今回は、男性用小便器の水漏れ原因と修理方法、修理に必要な費用についてご紹介いたします。

男性用小便器から水漏れしていて、お困りではありませんか?

小便器では、水洗ボタンの部分や便器と床の間などから水漏れすることがあります。

故障が見つかったときはなるべく早めに修理することが望ましいですが、「自分で修理したいけれど、原因箇所や修理方法がよくわからない」「業者に頼んだときに、料金がいくらくらいかかるか不安」など疑問を持つ人も多いと思います。

そこで今回は、男性用小便器の水漏れ原因と修理方法、修理に必要な費用についてご紹介いたします。

男性用小便器の水漏れ原因とは

小便器からの水漏れを発見したら、まず水漏れの原因箇所を調べてみましょう。

自分で直す、業者に依頼する、いずれの場合でも原因がわかっていると流れがスムーズになります。

そこでまずは、男性用小便器の水漏れ原因についてご紹介したいと思います。

水漏れ原因1.フラッシュバルブの故障

フラッシュバルブとは、小便器の上部についている「ボタンを押すと水が流れる部分」のことです。水を流すだけではなく、水の流れる量を調節する役割もしています。

フラッシュバルブの排水管がつまったり、フラッシュバルブ内部にあるゴムパッキンなどの部品が劣化・破損すると、フラッシュバルブの接続部分から水漏れが発生する可能性があります。

水漏れ箇所を間違えやすいケースとは

フラッシュバルブから漏れてきた水が便器を伝って床まで流れていくことで、水漏れの原因箇所が便器と床の間からであると勘違いするケースがたまにあります。

小便器の水漏れ原因を調べるときは、水が出ている箇所だけではなく排水管や接続部分など全体的にチェックしていくことで、より原因を特定しやすくなります。

水漏れ原因2.小便器や排水管のパッキン劣化・破損

床置き型(便器と床がくっついているタイプ)の小便器には、小便器と排水管を接続するための「フランジ」という部品が取り付けてあります。

フランジの中には水漏れを防ぐためのパッキンがはめ込まれていますが、経年劣化などでパッキンが破れて隙間ができると小便器と床の間から水漏れが発生する可能性があります。

この箇所を修理するには、小便器を外す必要があります。床置き型の小便器は大きく、また便器の素材に多い陶器は重たいため作業に慣れていない人が取り扱うと便器を破損するおそれがあります。

フランジの故障が水漏れの原因だったときは、水道業者に連絡して修理を依頼することをおすすめいたします。

水漏れ原因3.尿石つまり

床置き型小便器の排水管に尿石がつまってしまうと流れが悪くなり、便器と床の間から水漏れすることがあります。

普通の便器と比べて小便器の排水口は小さいため、その分排水管も細くなります。排水管が細いとつまりが起こりやすくなるため、こまめに掃除をして尿石を予防することが大切です。

尿石以外の異物がつまるケースも

男性用小便器の場合、基本的に液体(水や尿)だけが流れることを前提としているため、固形物を流すとつまってしまう可能性が高いです。

トイレットペーパーなどもつまりの原因になってしまうため、小便器には固形物を流さないよう注意しましょう。

男性用小便器の水漏れを修理する方法

男性用小便器の水漏れは、清掃や部品交換をすることで直せるケースがあります。

作業をするときはフラッシュバルブなどの部品を分解する必要があるので、マイナスドライバーやモンキーレンチを用意しておきましょう。

ここからは、男性用小便器の水漏れを修理する方法についてご紹介いたします。

修理方法1.フラッシュバルブを分解洗浄する

フラッシュバルブの内部にゴミなどがつまっていて水漏れしているときは、フラッシュバルブを分解洗浄してみましょう。

全体的な汚れを取るための歯ブラシや雑巾と、部品の細かい穴に入った汚れを取るための針金を用意しておきましょう。

フラッシュバルブを分解洗浄する手順

1.止水栓を閉めます。小便器の止水栓はフラッシュバルブにあるため、交換するときは水道の元栓を閉めておきましょう(建物全体の水が使えなくなる点に注意しましょう)。

2.モンキーレンチを使って、フラッシュバルブ本体のカバーを取り外します。

3.本体のナットをモンキーレンチで緩めて、ピストンバルブ(コマのような形の部品)を取り出します。

4.ボタン(またはレバー)部分も分解します。ボタン部分のナットを緩めると、ボタン、パッキン、フィルターなどのパーツごとに分解できます。

5.ピストンバルブとフィルターを掃除します。歯ブラシでフィルター部分をこすったり、ピストンバルブの小さな穴につまっている汚れを針金で取り除きましょう。

6.(1)~(4)と逆の手順で部品を取り付け直したら、止水栓を開けて水が流れるかどうかや水漏れがないかを確認して完了です。

フラッシュバルブを分解するときは、取り付け直すときに構造がわかるように分解前にスマホなどでバルブの写真を撮っておくと安心です。

修理方法2.フラッシュバルブを交換する

フラッシュバルブの清掃で水漏れが改善しないときは、パッキンやピストンバルブなどの部品交換かフラッシュバルブの全体的な交換で修理してみましょう。交換用の部品は、ホームセンターやネットショップで購入できます。

パッキンは数百円程度、ピストンバルブは2,000円前後で購入できます。

交換用バルブは、一般的なものだと2,000円~10,000円程度で購入できます。センサーで自動洗浄する高機能なバルブの場合、30,000円を超えることもあります。

フラッシュバルブのパッキン・ピストンバルブを交換する手順

1.フラッシュバルブの止水栓を閉めます。小便器の止水栓はフラッシュバルブ給水管の、水洗ボタンがついていない方の給水管に取り付けてあります。カバーがある場合は外してから、溝にマイナスドライバーを差し込んで回し、水を止めます。

2.フラッシュバルブ本体のカバーを外し、本体のナットを緩めるとフラッシュバルブを分解できます。

3.パッキンやピストンバルブなどの部品を新品に交換したら、分解したときと逆の手順で部品を取り付け直します。

4.止水栓を開け、水を流して動作確認をします。

フラッシュバルブ本体を交換する手順

1.水道の元栓を閉めておきます。

2.モンキーレンチを使って、フラッシュバルブ本体のカバーを取り外します。カバーを外したら、上下2か所のナットをモンキーレンチで緩めて取り外します。

3.ナットを外すと給水管が取り外せるようになります。まず壁につながっている方の給水管から取り外し、次に小便器につながっている給水管(水道管)を取り外しましょう。

4.交換用のフラッシュバルブを、(1)~(3)とは逆の手順で取り付けます。完了したら止水栓を開けて水を流し、きちんと動作するかや水漏れがないかを確認しましょう。

修理方法3.尿石を除去する

尿石がつまっていて水漏れしているときは、清掃で尿石を除去することで水漏れを解消できる可能性があります。

尿石汚れはアルカリ性の性質があるので、反対の性質である酸性の洗剤で掃除をすると効果的です。サンポールなどの酸性洗剤や、尿石除去剤(尿石専用の洗剤)などを使ってみましょう。

また、洋式トイレと同様、男性用小便器のつまりにもラバーカップを使用することができます。排水口カバーやトラップを外した状態で、排水口にカップを押し付けて引っ張る動作を繰り返してみましょう。

洗剤や掃除道具の詳しい使い方や尿石の予防方法などを知りたいときは、下記のページを参考にしましょう。

>>>トイレ小便器の尿石つまりを直す方法まとめ

男性用小便器の水漏れ修理を業者に依頼したときの料金相場

「部品の構造が複雑で自力での修理が難しそう」「床が水漏れしていて、小便器を丸ごと取り外す必要がある」などの場合は、水道業者に連絡して修理を依頼することをおすすめいたします。

しかし、業者に頼む場合は料金がいくらかかるのかが気になりますよね。

そこでここからは、男性用小便器の水漏れ修理を業者に依頼したときの料金相場をご紹介いたします。

生活救急車で行った作業事例を紹介

生活救急車では、男性用小便器の水漏れ修理に対応しております。そこで、費用をイメージしやすいように生活救急車で行った作業事例をご紹介したいと思います。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

事例1.小便器つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 小便器詰まり除去 薬品洗浄 4,400円
  • トラップ解体清掃 4,400円
  • 合計 13,200円

>>>この事例の詳細を見る

事例2.男性用トイレの水つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレ詰まり 高圧洗浄 3mまで 27,500円
  • 高圧洗浄 追加1m 3,300円
  • 小便器の脱着 25,300円
  • 合計 60,500円

>>>この事例の詳細を見る

事例3.小便器フラッシュバルブ交換など

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 小便器フラッシュバルブ交換費 13,200円
  • 小便器 フラッシュバルブ 部品代 14,399円
  • スピンドル交換費 数量2 8,800円
  • SANEI 水栓ハンドル上部 部品代 数量2 3,234円
  • 合計 44,033円

>>>この事例の詳細を見る

男性用小便器の水漏れ原因と修理方法とかかる費用についてまとめ

今回は、男性用小便器の水漏れ原因と修理方法とかかる費用についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

男性用小便器からの水漏れは、フラッシュバルブの故障や尿石のつまりなどが原因となっている可能性があります。自分で修理する場合は、清掃や部品交換で対応してみましょう。

業者に修理を頼んだ場合は、作業料や部品代などの費用がかかります。料金の詳しい内容については業者が出した見積もりをよく確認して、わからないことは作業前に聞いておくと安心です。

生活救急車ではトイレのトラブルに対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。

ユーザー評価:  4.0 (3件)

小便器フランジ内パッキンの状況が分かる画面か構造図が あればさらに良かったと思いました。