さらに条件を追加する
LIBRARY

玄関引き戸の鍵の調整方法~ひっかかる・かかりにくいを修理~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

玄関引き戸の鍵の調整方法~ひっかかる・かかりにくいを修理~

説明 玄関引き戸の鍵がひっかかったり、かかりにくくなって困っていませんか?玄関の鍵は毎日使う部分なので、知らないうちに少しずつ摩耗、劣化していることがあります。今回は、玄関引き戸の鍵がかかりにくい人へ向けて、玄関引き戸の鍵を調整する方法をご紹介したいと思います。

玄関引き戸の鍵がひっかかったり、かかりにくくなって困っていませんか?

玄関の鍵は毎日使う部分なので、知らないうちに少しずつ摩耗、劣化していることがあります。

「ちょっと不便だけど、多少我慢していれば何とか使えるから・・・」と、劣化した状態を放っておくと、ある日急に回らなくなってしまう可能性もあります。

そうなる前に、調整や修理をしておいたほうが面倒が少ないですよね。

そこで今回は、玄関引き戸の鍵がかかりにくい人へ向けて、玄関引き戸の鍵を調整する方法をご紹介したいと思います。

玄関引き戸の鍵がかかりにくい原因

玄関引き戸の鍵がスムーズに回せないときは、鍵か錠前(あるいはその両方)に何らかの不具合が起こっている可能性があります。

鍵がかかりにくい状態を放置していると、劣化が進んで完全に動かなくなってしまうこともあります。自力で修理する場合は、まず原因を特定しておくと作業が比較的スムーズになります。

そこでまずは、玄関引き戸の鍵がかかりにくい原因をご紹介したいと思います。

鍵がかかりにくい原因1.錠とストライク(錠受け)がずれている

玄関引き戸の鍵には、2つの種類があります。引き戸と引き戸の外側の枠を施錠する「戸先錠」、2枚以上ある引き戸が重なる部分に施錠する「引き違い戸錠(召し合わせ錠)」です。

どちらの鍵も、錠とストライク(錠受け)がうまくかみ合っていないと、ひっかかる・鍵がかかりにくくなるといった不具合が起こります。

鍵がかかりにくい原因2.引き戸の戸車がずれている

引き戸の中には、引き戸を動かすための「戸車」という部品が入っています。

この戸車は、摩耗によって部品が磨り減ります。とくに、引き戸は片側だけを開けることが多く、よく開けている方の引き戸の戸車だけがもう片方よりも磨り減ります。

その結果、左右で戸車の高さに差が生じ、建てつけが悪くなって鍵がひっかかる・かけにくくなる、スムーズに回らなくなるといった不具合が起こります。

鍵がかかりにくい原因3.鍵が故障・破損している

鍵や鍵穴の中の部品が故障・破損していると、差し込んだ鍵が回りにくくなります。

長年使用したことにより鍵が削れて形が変わってしまうと、内部の部品とかみ合わなくなりうまく鍵が回せなくなることがあります。

また、鍵穴の中にほこりなどの汚れがたまっていたり、内部の部品が外れかかっていると、鍵が差し込みづらい、回しづらいといった不具合が起こることがあります。

玄関引き戸の鍵を調整する方法

引き戸の鍵がかかりにくい原因が判明すれば、原因が起こっている箇所を修理することで対処できる可能性があります。

業者でないと対応が難しい作業もありますが、原因によっては自分で対応できるものもあります。

そこで、ここからは、鍵がかかりにくい原因別の修理方法をご紹介いたします。

修理方法1.錠とストライク(錠受け)のずれが原因

錠とストライク(錠受け)がずれているため鍵がかかりにくくなっているときは、ストライクを動かして位置を合わせましょう。

戸先錠と引き違い戸錠で手順が異なるので、玄関の鍵の形状や位置はしっかり把握しておきましょう。

戸先錠のずれを修理する方法

戸先錠は、引き戸を開けた状態でストライク(錠受け)の位置を扉に合わせて修理します。


  • 1.ストライクの上下についている取り付けネジを、プラスドライバーでゆるめます(完全に取り外さないように注意しましょう)。
  • 2.ストライクを上下に動かして位置を調整します。
  • 3.取り付けネジを締め直します。

調整した後は引き戸を閉めて、鍵がひっかからずに回るかどうか確認しましょう。

引き違い戸錠のずれを修理する方法

引き違い戸錠を修理するときは、扉を閉めた状態で錠とストライク(錠受け)がずれない位置に調整します。

ネジを調整するドライバーのほかに、錠とストライクを仮止めしておくためのドライバー(ピン)が必要となります。


  • 1.室内側のカバーを固定しているネジをゆるめます(調整用の穴がないときはネジを外します)。
  • 2.ネジ穴や調整用の穴にドライバー(ピン)を差し込み、室外側にあるストライクの穴まで貫通させます。
  • 3.貫通させたドライバー(ピン)が水平になるように、ドライバー(ピン)を動かして錠前の位置を調整させます(なるべく上下には動かさない)。
  • 4.ネジを締めて、カバーを取り付けます。

引き違い戸錠は、メーカーや製品によって部品の位置や修理方法が異なります。

調整ネジを外していいかどうかや、仮止めをするための穴の位置など調整の工程にかかわることも多いので、作業の前に取扱説明書やメーカーのホームページなどを確認しておきましょう。

修理方法2.戸車のずれが原因

戸車は、引き戸の下部に左右一つずつ取り付けられています。引き戸が傾いているときは、戸車の高さを調整することで修理できる可能性があります。

引き戸側面の下部に、戸車を調整するためのネジ穴があります。ネジ穴にプラスドライバーを差し込んで中のネジを回すと、上下方向に調整することができます。

ネジを完全に外してしまうと元に戻せなくなることがあるため、ネジの回し過ぎには注意しましょう。

また、ネジ穴がパッキンでふさいである製品もあるので、ネジ穴が見つからないときはパッキンを少し外して探してみましょう。

修理方法3.鍵の汚れ・故障が原因

鍵や鍵穴のメンテナンスをすることで、鍵がかかりやすくなる可能性があります。

汚れている場合は清掃をし、部品が劣化している場合は修理交換を行いましょう。

鍵に不具合があるとき

鍵に汚れがたまっているときは、鍵を清掃することで差し込みやすくなることがあります。歯ブラシなどで、溝の部分を磨いて汚れをかき出しましょう。

削れている、曲がっているなど鍵が変形してしまっている場合は、スペアキーを使うようにしましょう。変形した鍵を無理に差し込んで回し続けると、中で折れてしまうことがあります。

もちろん、スペアキーも使い続けていると劣化します。鍵を新しくするときは、念のため合鍵を作製しておくと安心です。

鍵穴に不具合があるとき

鍵穴に汚れがたまっている場合は、鍵穴を清掃しましょう。エアーダスターでほこりを吹き飛ばす、鍵穴用の潤滑剤で汚れを洗い流す、などの方法で洗浄することができます。

鍵穴の内部にある部品が破損している場合は、破損している部品を交換するか、鍵ごと取り換える必要があります。

しかし、鍵の内部にある部品一つだけを販売していることはあまりありません。さらに、経年劣化による破損の場合、ほかの部品も同じように状態が悪くなっていることがあるため、鍵ごと交換したほうが楽なケースもあります。

玄関引き戸の鍵の修理を業者に依頼したときの料金相場

ここまで、玄関引き戸の鍵を修理する方法をご紹介いたしました。しかし、DIYに慣れていないと作業が難しいと感じるかもしれません。

また、修理のときに、誤って部品を紛失・破損してしまうリスクを考えると、専門の業者に依頼して確実に修理してもらいたい、という人もいると思います。

そこでここからは、玄関引き戸の鍵の修理を業者に依頼したときの料金相場をご紹介したいと思います。

生活救急車で実際に行った作業事例の紹介

鍵の調整や修理を業者に依頼するときは、施工内容や部品代によって料金が異なります。

ここでは相場をイメージしやすいように、生活救急車で実際に行った作業事例をご紹介いたします。

作業事例1.木製引き戸の戸車を交換【作業費用:14,580円】

店舗の出入り口となっている引き戸の戸車の調子が悪くなったので、取り換えてほしいとのご依頼でした。

ご相談後に現場にお伺いして、戸車(2個セット)を交換してご対応させていただきました。

>>>この事例の詳細を見る

作業事例2.玄関引き戸の鍵交換【作業費用:27,000円】

玄関引き戸の鍵が外側からかからなくなったとのご相談をお受けいたしました。

ご依頼をいただいたので現場へお伺いして、鍵の交換をしてご対応させていただきました。

>>>この事例の詳細を見る

作業事例3.玄関引き戸の鍵修理【作業費用:16,200円】

玄関引き戸の戸先錠がかからないとのご相談をお受けいたしました。

引き戸の傾きが原因でしたが、扉本体の調整が難しかったためストライク(錠受け)を調整してご対応させていただきました。

>>>この事例の詳細を見る

玄関引き戸の鍵の調整方法まとめ

今回は、玄関引き戸の鍵の調整方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

引き戸の鍵がひっかかる・かかりにくいといったときは、原因に合わせた修理を行うことで、症状が改善する可能性があります。しかし、原因によっては業者でないと対応できないこともあります。

生活救急車では、鍵の修理や交換のご依頼を承っております。お困りの際は、お気軽にご相談ください。まずは、現地にて無料のお見積もりからご対応させていただきます。