さらに条件を追加する
LIBRARY

賃貸で鍵が抜けないときの自分でできる修理法と対処法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
賃貸で鍵が抜けないときの自分でできる修理法と対処法

説明 賃貸で鍵が抜けなくて困っていませんか?賃貸物件の場合、持ち家と違って勝手に鍵の修理や交換ができないので、いざというときにどういう対応をとればいいのかわからなくて時間だけが過ぎるなんてこともあると思います。そこで今回は、賃貸物件で鍵が抜けなくなったときにできる修理方法や日頃からできる予防方法などについてご紹介いたします。

賃貸で鍵が抜けなくて困っていませんか?

賃貸物件の場合、持ち家と違って勝手に鍵の修理や交換ができないので、いざというときにどういう対応をとればいいのかわからなくて時間だけが過ぎるなんてこともあると思います。

一番最初に思いつくのは管理会社・大家さんへの連絡だと思いますが、夜遅い時間だと対応してもらえなかったり、自分で修理してしまえば時間も手間もかからないということもあります。

そこで今回は、賃貸物件で鍵が抜けなくなったときにできる修理方法や日頃からできる予防方法などについてご紹介いたします。

賃貸でもできる鍵が抜けないときの対処法

鍵が抜けなくなってしまうと、どうしても焦ってしまってカギを強く引っ張ったり、ガチャガチャと揺らすように動かしてしまいがちです。

最悪の場合、それが原因で鍵が折れたり、鍵穴の破損につながる可能性があります。

ここではまず、鍵が抜けないとき無理なく自分でできる対処法についてご紹介したいと思います。

鍵が抜けないときの対処法1.鍵をゆっくり動かす

まずは鍵をゆっくり上下左右に小刻みに動かして、抜けないかどうか試してみましょう。

このときの注意点としては、「力まかせに思い切りガチャガチャしない」様にしましょう。

力を入れずにゆっくりと引っ張りながら行うと、すんなり抜けることもありますので、落ち着いて試してみましょう。

鍵が抜けないときの対処法2.鍵穴の異物を取りのぞく

鍵穴の中にゴミやほこりなどの異物が入っていることが原因で、鍵が抜けなくなることがあります。

この場合、掃除機のノズルの先端を鍵穴に押し当て異物を吸い取ったり、エアダスターで鍵穴の中の汚れを吹き飛ばすことで、鍵が抜ける可能性がありますので、試してみましょう。

鍵が抜けないときの対処法3.鍵穴専用潤滑剤を使う

鍵穴の中にあるバネやピンなどの部品の動きが悪くて、鍵が抜けなくなっている可能性があります。この場合は、ささったままの鍵のすき間から、鍵穴専用の潤滑剤を鍵穴に流し込みます。

潤滑剤を流し込んだ後に、全体になじませるように鍵を持って左右に回したり抜き差しを行うと鍵が抜けることがあります。

鍵が抜けないときの対処法4.管理会社・大家さんに連絡

どうやっても抜けない場合は、鍵業者を呼んで鍵を抜いてもらうことになりますが、賃貸物件の場合は、まずは管理会社・大家さんに連絡しましょう。

物件によっては契約している専門の鍵業者があったりします。自分の判断で鍵業者に依頼して作業を行うと後々、トラブルの原因になるケースもありますので必ず連絡を行うようにしましょう。

鍵が抜けないときにやってはいけない対処法

何をやっても鍵が抜けないと、だんだんイライラしてきてつい力が入ってしまい「鍵を折ってしまった」「鍵穴が壊れてしまった」なんて事態になってしまう可能性があります。

鍵を抜くつもりが、余計な手間や出費がかかってしまうのは避けたいですよね。

ここでは、鍵が抜けないときに、絶対にやってはいけないことをご紹介します。

やってはいけない対処法1.力まかせに引き抜かない

急いでいて早く鍵を抜きたい気持ちはわかりますが、力まかせに鍵を引き抜くのはやってはいけません。

無理な力がかかってしまうと、鍵は意外と簡単に折れてしまいます。折れた鍵の先端が鍵穴の中に残ってしまうと、取り出すためには鍵業者を呼んで鍵穴を外して分解する作業が必要になり、手間も費用もかかります。

また、鍵穴の内部にあるバネやピンなどの部品が破損してしまうと、鍵穴の交換が必要になりますので、力まかせに鍵を抜こうとするのはやめましょう。

やってはいけない対処法2.ペンチを使って引き抜く

鍵をペンチでつまんで、強引に引き抜くのもやめておきましょう。ペンチを使うと鍵が抜ける場合はありますが、鍵穴の中の部品が破損する可能性が高くなります。

鍵は抜けても、鍵穴が壊れて使えなくなってしまっては意味がありませんので、絶対にやらないようにしましょう。

やってはいけない対処法3.針金やつまようじを使う

針金やつまようじを使って、テコの原理で鍵を抜こうとするのもやめましょう。

針金やつまようじが中で折れてしまうと、状況が悪化してしまいますので、やらないようにしましょう。

やってはいけない対処法4.クレ556などを鍵穴に入れない

鍵と鍵穴のすべりをよくするために、クレ556や食用油などを鍵穴には絶対に入れないで下さい。

鍵穴専用潤滑剤以外の油を鍵穴に使用すると、中でゴミやホコリが油にくっついた状態で固まってしまい、鍵穴の故障の原因になります。サビの原因にもなりますので、注意しましょう。

>>>玄関鍵が固い!クレ556を使っても大丈夫?

鍵が抜けなくなる原因

そもそも、いきなり鍵が抜けなくなる原因は何なのか気になりますよね。鍵が抜けなくなる原因は主に「鍵穴のメンテナンス不足」です。

鍵穴の内部には意外とゴミやホコリ、異物が入り込んでいます。この異物が鍵が抜けなくなる原因のひとつとなります。

また、鍵穴には鍵の開け閉めや抜き差しをスムーズに行うために、あらかじめ潤滑剤がぬられています。しかし、長年の使用で潤滑剤が減ってしまい鍵の開け閉めや抜き差しがスムーズに行えなくなってしまいます。

鍵が抜けなくならないための予防方法

鍵穴のメンテナンス不足と言われても、メンテナンス方法がわからない方も多いのでは、ないでしょうか。そこで、ここではいくつかメンテナンス方法をご紹介します。

鍵穴の掃除をする

中に入っているゴミやホコリを掃除で吸い込みます。掃除機のノズルを鍵穴に当て、左右に動かしながら吸い込みましょう。掃除機以外だとパソコンのキーボードの掃除に使うエアダスターで、異物を吹き飛ばす方法があります。

鍵穴専用の潤滑剤をさす

鍵穴に専用の潤滑剤をさして滑りをよくしましょう。鍵穴専用の潤滑剤はホームセンターやネット通販で500円~1,000円前後で購入できますので、鍵の開け閉めや抜き差しがしづらいと感じたら、行うようにしましょう。

鍵の掃除をする

鍵の溝や凹凸を歯ブラシでこすって汚れを落とします。ブラシが細かいタイプを使用するとより細かい汚れを落とすことができます。

汚れを落とした後は、鍵の切り込みや凹凸に沿って鉛筆でなぞります。鉛筆に含まれる黒鉛が潤滑剤の代わりになりますので、鍵を抜き差しして滑りをよくすることができます。

鍵の業者にメンテナンスを依頼する

鍵の業者に依頼した場合、鍵を分解して自分ではできない内部の洗浄、メンテナンスを行ってもらうことができます。また、詳しく鍵穴や鍵の状態を確認してもらえますので、部品の寿命や鍵穴の交換などの提案などを行ってもらえるメリットがあります。気になる方は、まずは管理会社や大家さんに相談してみるといいでしょう。

賃貸で鍵が抜けないときの自分でできる修理法と対処法まとめ

今回は、賃貸で鍵が抜けないときの対処法とやってはいけない対処法、鍵が抜けなくなる原因と予防方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

普段のメンテナンスを行うことで、鍵が抜けなくなる事態を回避できる場合があります。しかし、残念ながら鍵が抜けなくなってしまったときは、慌てて力まかせに抜かないようにしましょう。

どうしても抜けない場合は、管理会社や大家さんに連絡して、鍵の業者に依頼してもらうのも一つの方法です。

生活救急車では、現地見積りを無料で対応しております。お困り際は、お気軽にお電話ください。