さらに条件を追加する
LIBRARY

玄関の鍵が抜けないときの対処法~修理料金や賃貸で自分で直す方法~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
玄関の鍵が抜けないときの対処法~修理料金や賃貸で自分で直す方法~

説明 玄関の鍵が抜けなくなってしまい、困っていませんか?そのまま力いっぱい引っ張ってしまうと、鍵が折れたり、シリンダー内部の部品が壊れるといったトラブルに発展することがあります。そこで今回は、玄関の鍵が抜けないときに自分でできる対処法や業者による修理料金がどれくらいかかるのかなどをご紹介いたします。

玄関の鍵が抜けなくなってしまい、困っていませんか?

鍵を差したら、鍵穴の中で何かが引っかかってしまい、鍵が抜けなくなることがあります。

そのまま力いっぱい引っ張ってしまうと、鍵が折れたり、鍵は抜けてもシリンダー内部の部品が壊れて使い物にならなくなるといったトラブルに発展することがあります。

そこで今回は、玄関の鍵が抜けないときに自分でできる対処法や業者に修理を依頼したときにどれくらい料金がかかるのかなどについてご紹介したいと思います。

玄関の鍵が抜けないときの対処法

ここでは、玄関の鍵が鍵穴に差さったまま全く鍵が抜けない、扉も開けられないというときでもできる対処法をご紹介します。


ゆっくり上下に動かして鍵が抜けないか試す

鍵が抜けなくなったときに一番最初にやって欲しいのですが、ゆっくり鍵を上下に動かしながら鍵を優しく引っ張って見てください。

力いっぱいガチャガチャ上下に動かしてしまうと、シリンダー内部で『ちょっと引っかかっていただけ』の部品が壊れて完全に鍵が抜けなくなることがあります。

そのため、鍵が抜けなくなったときは最初に「ゆっくり鍵を上下に動かしながら、鍵を優しく引っ張る」ことを試してみてください。

これで抜けないときは、次で紹介する潤滑油を挿す方法を試してみるといいでしょう。

潤滑剤を挿して鍵が抜けないか試す

鍵を差し込む部品のことを「シリンダー」と言います。このシリンダーの中には、最初に金属の部品同士がスムーズに動くように潤滑剤が入っています。

この潤滑剤は、時間経過と共に徐々に乾いて劣化したり、量が減っていくので定期的に補充が必要になります。

鍵が抜けないときはこの潤滑剤が足りていないということもあるので、鍵が抜けなくなったら潤滑剤を挿してゆっくり鍵を上下に動かしながら、鍵を引っ張ってみましょう。

潤滑剤はシリンダー・鍵穴専用を使う

潤滑剤を使うときは、シリンダー・鍵穴専用の潤滑剤を使うようにしましょう。

専用潤滑剤は、ホームセンターやネットショップなどで購入することができます。

食用油やクレ556などの油は、鍵穴に挿すと故障の原因に繋がるので使わないようにしましょう。

折れた鍵が抜けないときはピンセットでつまみ出す

鍵が折れて鍵が抜けないというときは、ピンセットを使って折れた鍵をつまみ出せないか試す方法もあります。

ピンセットは、ホームセンターだけでなく100円ショップにも売られていることがあるので、家の近くのお店にないか探してみるといいでしょう

注意点としては、「鍵穴の中に、ピンセットを無理やり突っ込まないようにする」ことです。ピンセットを無理やり突っ込んでしまうと、シリンダー内部の破損に繋がるので注意しましょう。

賃貸で玄関の鍵が抜けないときの対処法

賃貸物件で鍵が抜けなくなった場合、自分で鍵を抜くような作業をしていいのか、もしも状況が悪化したら修理費用は誰が支払うことになるのかなど心配なことが多いと思います。

そこでここでは、賃貸物件で鍵が抜けなくなったときに対応の流れや自分でできる修理方法についてご紹介します。

鍵が抜けないときは管理会社や大家さんに連絡する

賃貸物件で鍵が抜けないトラブルに遭遇した場合。一番いいのは、「管理会社や大家さんに連絡する」ことです。

「何を当たり前なことを」と思いますよね。

しかし、連絡をしないで自分で鍵を直そうとして失敗してしまい、本来であれば自分で支払わなくてもよかった鍵の交換費用を自費で負担することになる人はたくさんいます。

そのため、賃貸で鍵が抜けないトラブルに遭ったときは、よほどの理由がない限り管理会社や大家さんに連絡することをおすすめいたします。

自分で鍵が抜けないのを修理するときは潤滑油

賃貸で鍵が抜けない場合、管理会社や大家さんに連絡するのがおすすめと言いましたが、「最悪、自己負担になってもいいから自分で直してみたい」という人もいるかと思います。

そういったときは、このページ前半でご紹介した「ゆっくり鍵を上下に動かしながら引っ張る」「潤滑油を挿して、ゆっくり引っ張る」といった方法はあります。

しかし、自分で何かしらの作業をしてしまうと、管理会社や大家さんに連絡した際に修理・交換費用を自己負担扱いにされることがあるので、おすすめはしません。

玄関の鍵が抜けないときの修理料金

玄関の鍵が抜けないときに業者に依頼しようと思っても、料金がどれくらいいかかるのかわからなくて心配になるかと思います。

そこでここでは、玄関の鍵の修理を業者に依頼した場合にかかる修理料金についてご紹介いたします。

玄関の鍵が抜けないトラブルの修理料金事例

生活救急車に実際にいただいたご依頼の実例を元に、玄関の鍵が抜けないトラブルの修理をした際にかかる料金事例をご紹介いたします。

玄関引き戸の鍵が抜けないトラブルの修理料金事例

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵抜き 軽作業 8,640円
  • 合計 8,640円
  • ※表示価格は施工当時の税率が含まれています。

>>>この事例の詳細を見る

夜間の玄関の鍵が抜けないトラブルの修理料金事例

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵抜き 軽作業 8,640円
  • 夜間料金 8,640円
  • 合計 17,280円
  • ※表示価格は施工当時の税率が含まれています。

>>>この事例の詳細を見る

玄関の鍵が抜けない(分解作業あり)の修理料金事例

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関ドア鍵抜き 8,640円
  • 玄関ドア鍵分解 軽作業 8,640円
  • 合計 17,280円
  • ※表示価格は施工当時の税率が含まれています。

>>>この事例の詳細を見る

玄関の鍵が外から回せない(分解作業あり)の修理料金事例

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関シリンダー分解修理 中作業 21,600円
  • 合計 21,600円
  • ※表示価格は施工当時の税率が含まれています。

>>>この事例の詳細を見る

玄関の鍵が抜けないときにやってはいけない対処法

何をやっても鍵が抜けないと、だんだんイライラしてきてつい力が入ってしまい「鍵を折ってしまった」「鍵穴が壊れてしまった」なんて事態になってしまう可能性があります。

鍵を抜くつもりが、余計な手間や出費がかかってしまうのは避けたいですよね。

ここでは、鍵が抜けないときに、絶対にやってはいけないことをご紹介します。

抜けない鍵を力まかせに引っ張らない

鍵を力まかせに引っ張ると、鍵折れやシリンダー破損のトラブルに繋がることがあります。

鍵を無理に引き抜いた際に、鍵穴内部で差し込んだ鍵に引っかかっていた部品(ピンやディスクなど)を壊してしまうと、シリンダー交換でしか対応ができなくなります。

鍵が抜けない時点でシリンダー交換をするのがおすすめではありますが、無理に引っ張って鍵が壊れてしまったら選択肢は交換のみになってしまいます。

針金やつまようじで鍵穴を傷つけない

鍵穴と鍵の隙間に針金やつまようじを差し込み、抜けない鍵を引きずり出すのもおすすめできません。

鍵が折れて抜けなくなったときにピンセットを使う方法を紹介しましたが、あくまで「鍵穴の外にピンセットでつまめる程の鍵が残っている」場合の対処法です。

シリンダー内部に針金や工具などをつっこんでピンやディスクが傷つくと、そのシリンダーは使えなくなり、交換でしか対応ができなくなります。

食用油やクレ556のような専用潤滑剤以外を使わない

鍵穴の潤滑剤切れによって、鍵が抜けなくなっているときはシリンダー専用の潤滑剤を使うことで鍵を抜くことも可能です。

ただし、「食用油」や「クレ556」などの潤滑剤はシリンダーに使うと、一時的に動きがよくなっても、しばらくするとシリンダー内の部品の隙間で固まり、シリンダー故障の原因になりますので使わないようにしましょう。

>>>玄関鍵が固い!クレ556を使っても大丈夫?

玄関の鍵が抜けないときの対処法まとめ

今回は、玄関の鍵が抜けないときに自分でできる対処法や業者に修理を依頼した場合にかかる料金などについてご紹介しました。

潤滑油切れやシリンダーの軽度の劣化であれば、自分で直すことも可能です。しかし、重度の劣化や部品の破損が起こっている場合は新しいシリンダーへの交換が必要になります。

生活救急車では、鍵抜きの修理作業やシリンダー交換作業を承っております。現地でのお見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問合せください。