さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレタンクオーバーフロー管が折れたときの応急処置と修理費用につ…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
トイレタンクオーバーフロー管が折れたときの応急処置と修理費用について

説明 トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときの対処法を探していませんか?業者に修理を依頼するにしても、水を流しっぱなしにするわけにはいかないため、一旦応急処置が必要になります。そこで今回は、トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときの応急処置と修理費用をご紹介します。

トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときの対処法を探していませんか?

トイレタンクの『オーバーフロー管』が折れてしまうのはよくあるトラブルです。

これが折れてしまうと水漏れが起きる原因になるため、そのままにしておくのは危険です。

業者に修理を依頼するにしても、水を流しっぱなしにするわけにはいかないため、一旦応急処置が必要になります。

そこで今回は、トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときの応急処置と修理費用をご紹介します。



トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときの応急処置について

トイレタンクのオーバーフロー管が折れてしまうと、水の供給が止まらなくなり、水漏れが起きてしまいます。

この場合、修理を行えるまで応急処置をして対処する必要があります。ここでは、オーバーフロー管が折れてしまったときの応急処置方法をご紹介します。


トイレタンクのオーバーフロー管が折れたらどうなるの?

オーバーフロー管は、トイレのレバーやフロートバルブが壊れて過剰に水が供給されたときに「余分な水を便器内に排水する」役目を持った部品です。

余分な水を排水する役目を持っているので、オーバーフロー管が折れてしまったら「タンク内の水が折れた部分から流れてしまう」ようになります。

タンク内の水が常に便器内に流れていくので、タンク内への給水が止まらない、流すために必要な水の量が貯まらないというトラブルに発展します。


オーバーフロー管が折れたときにできる応急処置は1つ

DIYに慣れている人であれば、オーバーフロー管の代わりになる配管と防水コーキングをホームセンターで購入して応急処置してしまうことも可能ですが、慣れていない人からするとものすごく手間ですし、難易度が高いです。

また、業者に依頼すれば大体オーバーフロー管の在庫を持っているので、すぐ直してもらうことができます。

そのため、すぐ交換する前提で数時間~1日ほどの応急処置であれば「止水栓を閉めて、トイレを流すときはバケツで水を流す」という方法を取るのがおすすめです。


オーバーフロー管が折れたら自分で交換できる?

DIYに慣れている人であれば、それほど難しいとは感じられないかと思われます。

ただ、「工具とか使ったことない」「壁紙の張り替えとか棚の取り付けはやったことあるけど、部品交換とかはやったことない」というような場合は難しいかと思われます。

また、DIYに慣れていても「陶器のタンクを持ち上げたり、支えたりできる」くらいの力がなければ作業中にタンクそのものを壊してしまう可能性があるのでおすすめできません。


トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときの修理でやること

トイレのオーバーフロー管が折れてしまったら、以下の方法で修理が可能です。自分で修理をすることもできますが、DIYの経験がなく自信がない場合は業者に修理を依頼するほうがおすすめです。

修理方法と一緒によくある失敗例もご紹介しますので、作業前にどんな失敗が多いのかチェックしてみてください。


トイレタンクを取り外してオーバーフロー管の交換作業が必須

オーバーフロー管が壊れたら、「新しいオーバーフロー管への交換」をすることで修理します。ざっくりとですが、交換作業は下記のような流れで行います。


  • 【オーバーフロー管交換の流れをざっくり紹介】
  • 1.タンク内の給水を止めるために、止水栓を閉める。
  • 2.レバーを捻って、タンク内の水を全て抜く。
  • 3.給水管とタンクを接続しているナットを外す。
  • 4.タンク内の部品もオーバーフロー管以外、すべて取り外す。
  • 5.タンクと便器を固定しているボルトを取り外す。
  • 6.タンク底にオーバーフロー管を固定しているナットがあるので外す
  • 7.オーバーフロー管を交換して、全ての部品を取り付け直す。
  • 8.給水を再開したら、標準水位で水が止まるようにボールタップを調整する。
  • 9.水漏れがないかなど確認して完了。

よくある自己修理での失敗例

ご自身でオーバーフロー管を交換しようとして、「失敗してしまったので、修理してほしい」というご相談でよく聞く「失敗例」もご紹介しておきたいと思います。


  • ・自分で買ったオーバーフロー管が取り付けられない
  • ・タンクと便器の隙間から水漏れがする
  • ・タンクや便器を割ってしまった

部品の交換や取り付け直しであれば修理レベルで対応ができますが、「タンクや便器を割った」となるとトイレ全体交換になる可能性があるので注意しましょう。


トイレタンクオーバーフロー管が折れる原因

トイレタンクのオーバーフロー管が折れるトラブルはよく耳にしますが、これがなぜ起きるのか原因を知っておくと、できるだけ長く使うことができますよね。

そこで、オーバーフロー管が折れる主な原因をご紹介します。


ゴム玉を交換しようとしてオーバーフロー管が折れる

オーバーフロー管が折れてしまう原因で多いのが、タンク内の他の部品を交換使用として誤って衝撃を加えてしまうことです。

特に、オーバーフロー管の横に設置してある『ゴム玉』が劣化した場合、自分で簡単に交換することができます。

オーバーフロー管が折れやすいということを知らないと、気づかないうちにあたってしまい、折れることがよくあります。

ゴム玉を交換するときは、オーバーフロー管に極力触れないように配慮しながら行うようにしましょう。


経年劣化でオーバーフロー管が折れることもある

オーバーフロー管は樹脂で作られた部品のため、人の力でも折ることが可能です。また、長く使っていると経年劣化でより折れやすくなります。

また、新品でも、タンク内の掃除をする時に「手が当たって折れてしまった」ということもあるため扱いには注意したほうがいいでしょう。


トイレタンクオーバーフロー管の修理・交換費用はいくら?

修理を行う際にいちばん気になるのが料金ですよね。大体どのくらいかかるのか知っていると修理・交換依頼もしやすいと思います。

そこで、生活救急車で実際に対応した事例をいくつかご紹介します。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。



生活救急車でオーバーフロー管の修理・交換をした場合の料金事例

生活救急車で実際に対応した事例をご紹介します。


※作業当時の料金のため、料金形態。税率が現在とは異なる場合がございます。


サイフォン管(オーバーフロー管)取換とタンク脱着

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • サイフォン管取換 2,484円
  • タンク脱着 12,960円
  • 部品代 3,996円
  • 合計 23,760円

>>>事例の詳細はこちら


サイフォン管(オーバーフロー管)交換とタンク脱着他 

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • サイフォン管交換 タンク脱着 12,960円
  • フレキ管 材工 3,240円
  • LIXIL社製品 部品代 3,132円
  • 部品代 2個 5,940円
  • 合計 29,529円

>>>事例の詳細はこちら


トイレタンクオーバーフロー管が折れたときに確認することまとめ

今回は、トイレタンクのオーバーフロー管が折れたときに確認することをご紹介しました。

オーバーフロー管は柔らかい樹脂製の素材のため壊れやすく、折れるトラブルが多いです。万が一折れてしまったときは、まずは止水栓を止めて、バケツに汲んだ水でトイレを流すようにしましょう。

交換作業は自分でも行うことができますが、DIYに慣れていない場合は交換に失敗する可能性もあります。トラブルを大きくしないためにも、プロに依頼するのがおすすめです。

生活救急車でも、オーバーフロー管の修理・交換作業を承っております。お困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。


ユーザー評価:  4.8 (10件)

電話帳や市に紹介された業者ホームセンターに連絡しましたが修理にかかる費用が見なきゃわからない…担当者が出払っていてわからない…オーバーフロー管が折れている様なのでと伝えても…本体価格だけでも教えてくださったのがホームセンターさんでした。業者さんは、忙しいの分かるのですが…この御時世高額請求する悪徳業者もあるので参考にさせて頂きました。

見積り無料とは言え、わざわざ来て頂いて値段だけ聞いて断るのは悪いと思い、相場が知りたかったので助かりました。

自分の払う金額が法外ではないことがわかりました。