さらに条件を追加する
LIBRARY

鍵穴異物除去!詰まり!接着剤で悪戯!木の枝や針金が抜けない!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

鍵穴異物除去!詰まり!接着剤で悪戯!木の枝や針金が抜けない!

説明 家に帰ってきて鍵を開けようとしたら、鍵穴に異物が入っていて鍵が開けられなくて困っていませんか?もしくは、窓などから家に入れたけれど鍵が使えなくなって困っていませんか?お子さんがイタズラでゴミを詰めてしまったり、不審者のいたずら・嫌がらせで接着剤が鍵穴につめられるというトラブルはよくあることです。しかし、いざ自分が被害に遭ってみるとどう対処したらいいのかわかりませんよね。そこで今回は、鍵穴にゴミや接着剤などの異物をつめられて鍵が開けられない・使えないときの対処方法などをご紹介したいと思います。

鍵穴に異物が入って鍵が開かない

家に帰ってきて鍵を開けようとしたら、鍵穴に異物が入っていて鍵が開けられなくて困っていませんか?もしくは、窓などから家に入れたけれど鍵が使えなくなって困っていませんか?お子さんがイタズラでゴミを詰めてしまったり、不審者のいたずら・嫌がらせで接着剤が鍵穴につめられるというトラブルはよくあることです。

しかし、いざ自分が被害に遭ってみるとどう対処したらいいのかわかりませんよね。そこで今回は、鍵穴にゴミや接着剤などの異物をつめられて鍵が開けられない・使えないときの対処方法などをご紹介したいと思います。

子供が木の枝や小石・砂を詰めたときの対処法

子供が木の枝や小石・砂などをつめてしまったとき、そのまま鍵を鍵穴に差して開けようとしたら鍵が抜けなくなって状況が悪化するというトラブルがよくあります。もしも、木の枝や小石・砂などが鍵穴につめられていた場合は玄関以外の場所、たとえば掃き出し窓の鍵が開いていないか確認しましょう。

別の場所から家の中に入ることができれば、家の内側からサムターン(つまみ)を回して鍵を開けることができる可能性があります。もしも、鍵を開けることができたらホームセンターやネットショップなどで新しいシリンダーを購入して自分で取りつけるか業者に見積りを取って鍵交換をするといいでしょう。

鍵屋に作業を依頼する場合でも、鍵が開いているかいないかで料金が大きく異なるのでとりあえず家の内側から鍵が開けられるなら開けた状態にしておくのがおすすめです。

接着剤を詰められたときの対処法

不審者のいたずらや嫌がらせで鍵穴に接着剤をつめられてしまったときも、ひとまず玄関以外の場所から家の中に入れないか試してみましょう。もしも、家の中に入れたら鍵を内側から開けて自分でシリンダーを交換するか、鍵屋に鍵交換の作業を依頼しましょう。

よくあるイタズラですが、器物損壊の被害届を警察にだしておくといいでしょう。何度もイタズラされるようであれば、きちんと録画できる監視カメラや鍵穴のない電子錠への交換・セキュリティーサービスへの加入・防犯アラームの設置などの防犯対策をしておくと安心です。何も対策をしていないと何度も接着剤を入れてくる不審者もいるので、やられたらすぐにきっちり対策をとることをおすすめします。

>>>関連記事:電子錠後付け!玄関ドアの鍵 キーレス タッチキー 料金相場

実際にあった事件!鍵穴に接着剤を詰めた嫌がらせ!

別れ話しのトラブルから元交際相手の自宅玄関ドアの鍵穴に接着剤を流し込んだとして、建造物破壊の容疑で男が逮捕されるという事件が過去に起こりました。逮捕された男は、20代女性宅の玄関ドア2ヶ所とガレージのシャッター、計3ヶ所の鍵穴に接着剤を流し込んだとのこと。元交際相手から別れを切り出されトラブルとなり、彼女を困らせることが目的で鍵穴に接着剤を流し込んだという。また、女性宅には同様の被害が計5回あり、そのたびに鍵交換を行っていたとのこと。交際関係のもつれから玄関ドアに嫌がらせをすることはあまり聞きませんが、さまざまトラブルが原因で、鍵穴に接着剤を入れられる嫌がらせはあるようです。

鍵穴に異物がつまったときは鍵交換が基本

イタズラでも嫌がらせにしても、鍵穴に異物がきっちりつまってしまったときは基本的に鍵交換で対応するのが一般的です。鍵穴の外側は非常にシンプルな見た目になっていますが、鍵を分解するとシリンダーがでてきてシリンダーの中にはディスク・ピン・バネその他細かい部品がきっちり計算された状態で組み合わさっています。

このシリンダーの中に細かい砂やゴミ・接着剤などが入ってしまうと、シリンダーを分解洗浄しても完全にゴミが取れていなかったり、部品が削れてかみ合わせが悪くなってしまい急に鍵が開かなくなるというトラブルに発展します。シリンダーや錠前はホームセンターやネットショップでも購入することができるので、修理費用を抑えたいという人は自分でやってみてはいかがでしょうか。

>>>関連記事:玄関ドアの鍵交換!鍵穴シリンダー変更方法 自分でDIYやり方

玄関のドアの鍵が中折れ!鍵の取り出し方を解説

玄関の鍵を開けようとしたら、鍵が鍵穴の中で折れてしまったというトラブルもあります。これも、異物と同じで折れた鍵を取り出して別の鍵で開けるか窓などから家の中に入って内側から鍵を開けたあとに鍵交換をするかといった対処方法があります。

鍵折れの場合は砂や接着剤と違って、持っている鍵の劣化が原因で折れてしまうことがあり折れた破片さえ抜き取れば別の鍵で開けられることもあります(シリンダーが壊れている場合は鍵屋へ)。

折れた鍵をシリンダーから除去する方法

折れた鍵がシリンダーの中に残っている場合は、工作用のしっかりしたピンセットで折れた鍵を少しずつつまみ出す方法がおすすめです。ピンセットは、100円ショップやホームセンターなどで購入できます。折れた鍵が抜けたら別の鍵で開けられないか試してみましょう。

鍵が開いても、鍵が回りづらい・何かひっかかるような感じがするといった場合はシリンダーや錠前全体の交換を検討した方がいいでしょう。

>>>関連記事:玄関ドアの鍵交換!業者の料金相場はいくら?ディンプルキー等


kaba ace カバ エース (3250R シルバー MIWA 美和ロック TE LE LSP SWLSP FE用シリンダー)

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する



エンジニア 鉄腕ピンセット PT-17

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する


鍵折れや異物つまりでやってはいけないこと

異物除去のやり方などをご紹介しましたが、今度は反対に「やってはいけないこと」をご紹介したいと思います。

  • 【やってはいけないこと】
  • ・潤滑油をスプレーする
  • ・針金などでシリンダーをかき回す
  • ・接着剤などを棒につけてゴミを取り出そうとする

砂などが入った状態で潤滑油をスプレーすると、鍵穴専用の潤滑油でもシリンダー内で固まってしまうことがあります。また、針金でシリンダーの中をかき回せばピンなどの部品が傷つくことがあります。接着剤でゴミを棒などにつけて取り出そうとする人もいますが接着剤がつまって状況が悪化してしまいます。このような状態になると、電動工具などで鍵を壊してドアを開ける作業になってしまうのでやらないようにしましょう。

玄関の鍵穴異物除去・鍵修理交換の費用・料金相場

自分でいろいろ試してみたけれどどうしても鍵が開かないという場合、鍵屋に依頼しますよね。

しかし、鍵屋は業者によって料金体系が異なっており、見積りも現地確認になるため料金がどれくらいになるのかわからなくて不安だと思います。

そこで、ひとつの目安として生活救急車で異物除去や鍵修理交換などの作業をした場合の料金表をご紹介したいと思います。生活救急車でも正確な料金は現地見積りになりますので、あくまでホームページ上の比較のひとつとしてご利用ください。

鍵穴異物除去・修理交換の費用・料金表
種類 作業内容 一般作業料金 ハイセキュリティ
玄関

鍵開け(解錠)

8,000円~

27,000円~

鍵作製

13,000円~

30,000円~

シリンダー交換

10,000円+部品代

-

錠前交換

23,000円+部品代

-

新規取付

10,000円+部品代

25,000円+部品代

修理・調整

8,000円~

-
基本料金

出張・見積り・キャンセル料

無料
時間外料金

夜間・早朝(※備考参照)

8,000円
  • ※価格は税抜きです。
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※夜間・早朝(20:00~07:59まで)の作業は、別途8,000円(税抜き)の時間外料金がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

鍵穴異物除去!詰まり!接着剤で悪戯!木の枝や針金が抜けない!まとめ

今回は、鍵穴に異物がつまってしまったときの対処法や自分でできる異物除去の方法などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。子供のいたずらなどであれば随時注意をすればいいですが、不審者や知り合いなどからの嫌がらせの場合何度も繰り返し行われるということもあります。

警察に被害届を出すこともできますが、それでも鍵の修理や交換費用は自分で払わなければなりません。被害に遭ったときは、鍵穴がない電子錠への交換や録画ができる防犯カメラの設置を行うなどきっちりした対策を検討してみてはいかがでしょうか。