さらに条件を追加する
LIBRARY

シャワーヘッドの交換方法とは?賃貸でもできる蛇口アダプターの選び…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
シャワーヘッドの交換方法とは?賃貸でもできる蛇口アダプターの選び方から解説

説明 シャワーヘッドの交換方法を探していませんか?。交換は比較的簡単な作業なのでDIY初心者でも挑戦してみるのもおすすめです。そこで今回は、シャワーヘッドの交換方法をご紹介します。

シャワーヘッドの交換方法を探していませんか?

寿命がきてトラブルが起こり始めている、既存のシャワーヘッドが使いづらいなど人によって理由はさまざまだと思います。

取り付けてあるシャワーの種類によっては水が出てくるヘッド部品のみを交換することができます。交換は比較的簡単な作業なのでDIY初心者でも挑戦してみるのもおすすめです。

そこで今回は、シャワーヘッドの交換方法をご紹介します。


シャワーヘッドの交換はできる?

シャワーヘッドはさまざまな種類があるため、便利機能がついているものに交換してみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、シャワーヘッドは長く使い続けると汚れによる目詰まりや接続部分からの水漏れなどのトラブルが起こることもあります。

いずれにしても『シャワーヘッドを交換するときってホースや蛇口も一緒に交換する必要があるの?』と疑問に思う方もいると思います。

そこでここでは、シャワーヘッドのみの交換はできるのかをご紹介したいと思います。


シャワーヘッドだけ交換できる?

シャワーヘッドの交換といっても『蛇口ごと交換が必要なのかな?』、『ホースも一緒に交換するの?』など分からないことも多いと思います。

これは設置されているシャワー水栓の種類にもよりますが、一般的にはシャワーヘッドだけ取り外すことができるものが多いです。

取り外しも比較的簡単でくるくる回して頭の部分を外し、新しいものを付け替えるだけなので力があれば誰でも行うことができます。

しかし製品によってはホースとヘッドが一体化しているタイプもあり、このような場合はホースも一緒に交換する必要があります。


賃貸のシャワーヘッドは勝手に交換してもいいの?

賃貸でもともとついているシャワーヘッドが使いにくい場合、上記でご紹介した 『ホースと一体化していない』タイプなら交換することができます。

ただし、交換する前の部品は大切に保管して『退去の際に元の状態に戻す』ことができるようにしておかなければなりません。

賃貸はあくまで借りている部屋のため退去時は原状回復が必須です。万が一失くしてしまった場合はトラブルになる可能性もあるため、不安な場合は元のシャワーヘッドのまま使うほうが無難です。

もし交換する際は、必ず失くさないように大切に保管するようにしましょう。


シャワーヘッドは交換した方がいいって本当?

シャワーヘッドの寿命は一般的に約5~15年ほどと言われています。劣化してしまうとさまざまなトラブルが起こるため、下記のような症状が現れた場合は交換を検討してみましょう。


  • 【シャワーヘッドが劣化すると起こりやすいトラブル】
  • ・ハンドル部分の止水ボタンからの水漏れ
  • ・ヘッドとホースの接続部分からの水漏れ

シャワーヘッドからの水の出具合に問題があるときは、内部に汚れが溜まっている可能性が考えられます。

表面はしっかり掃除していても内部に水垢などの汚れが蓄積してしまうと目詰まりが起きて水圧が弱まったり、水が分散せずに1か所に偏ったりするなどの症状が起きやすくなります。

また、ヘッドとホースの間から水漏れが起こることもあります。これはパッキンの交換で解決できる可能性もありますが、10年以上使っているならヘッドの交換を検討してみてもいいかもしれません。

シャワーヘッドの交換自体は簡単に行うことができるので、これからご紹介する方法でDIYしてみてはいかがでしょうか。


シャワーヘッドの交換手順

シャワーヘッドの交換は比較的簡単な作業となるため、DIY初心者でもチャレンジしやすいと思います。


シャワーヘッドを交換するときの部品選び

シャワーヘッドの交換を行うときに重要なのが部品選びです。間違ったサイズを購入してしまうと、取り付けできないこともあるので注意しましょう。

簡単なのは同じメーカーのシャワーヘッドを取り付ける方法ですが、『アダプター』を使えば異なるメーカーでも取り付けできる場合があります。

新しい部品を購入する際は、既存のシャワーヘッドの型番を調べて対応しているものを選ぶようにしましょう。

インターネットショップやホームセンターで購入できますが、不安であれば型番を控えてホームセンターに持っていき、店員さんに尋ねてみてもいいかもしれません。


シャワーヘッドの交換方法1.同じメーカーの場合

同じメーカーのシャワーヘッドに交換する手順をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいシャワーヘッド
  • ・ゴム手袋

  • 【交換方法】
  • 1.既存のシャワーヘッドとホースのつなぎ目をくるくる回して取り外す。(外しにくい場合はゴム手袋をはめると外しやすい)
  • 2.Oリングをはめ、新しいシャワーヘッドをくるくる回して取り付ける。
  • 3.水を流して水漏れがないか確認する。
  • ※しっかりネジがかみ合っていないと水漏れの原因となるため、斜めにならないように確認しながら設置する。

シャワーヘッドの交換方法2.アダプターを使用した場合

アダプターを使用した交換方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいシャワーヘッド
  • ・蛇口アダプター
  • ・ゴム手袋

  • 【交換方法】
  • 1.既存のシャワーヘッドとホースのつなぎ目をくるくる回して取り外す。(外しにくい場合はゴム手袋をはめると外しやすい)
  • 2.蛇口アダプターをホースの先端に取り付ける。
  • 3.Oリングをはめ、新しいシャワーヘッドをアダプターにくるくる回して取り付ける。
  • 4.水を流して水漏れがないか確認する。
  • ※しっかりネジがかみ合っていないと水漏れの原因となるため、斜めにならないように確認しながら設置する。



シャワーヘッドのみの交換ができないタイプについて

シャワーヘッドの交換をしようと思ったときにヘッド部分のみが取り外せないタイプもあります。

ここでは、シャワーヘッドのみの交換ができないタイプについてご紹介します。


ホースとシャワーヘッドが一体化していると単体交換ができない

シャワーの中にはホースとヘッドが一体化しているタイプが設置されていることもあります。

このような場合にシャワーヘッドを交換するときは単体での交換ができないため、ホースも一緒に交換する必要があります。

ヘッドだけ交換するときは特に工具を用いることはありませんが、ホースも交換するとなると少し難易度が上がりますが自分で作業は可能です。

ホースを交換するときは下記の手順で行いましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・ウォーターポンププライヤー(モンキーレンチ)
  • ・新しいシャワーホース

  • 【シャワーホースの交換手順】
  • 1.シャワーホースの根元についているナットをウォーターポンププライヤーをつかって回す。
  • 2.同じメーカーのホースに交換する場合はそのまま取り付け、異なるメーカーならアダプターを取り付けた後にホースを設置する。
  • 3.新しいホースとヘッドが一体化していない場合はヘッドを取り付ける。
  • 4.水を出して水漏れがないか確認する。
  • ※注釈



シャワーホースの選び方

失敗しない一番簡単な方法は水栓と同じメーカーのヘッドと一体化しているホースを選ぶことですが、異なる場合でも取り付けられることもあります。

既存のホースが一体化だから、次も同じメーカーの一体化でないと取り付けられないわけではありません。ヘッドだけ交換するとき同様、サイズの合う『アダプター』を使用することで取り付けが可能です。

例えば水栓は『TOTO』だけどホースは『カクダイ』ヘッドは『サンエイ』を取り付けるのも、アダプターさえ用意できれば可能となります。

ただ、それぞれに合ったアダプターを用意するのが難しいと感じる方は、すべて同じメーカーで揃えることをおすすめします。


シャワーヘッドを交換するときのおすすめ機能と製品

新しいシャワーヘッドに交換しようと思ったときに、どんな機能があるのか知っておくと選びやすいと思います。

そこでここでは、シャワーヘッドを交換するときのおすすめ機能と製品をご紹介します。


シャワーヘッドの便利機能1.節水機能『タカギ キモチイイシャワピタT』



便利機能の中でも選ぶ方が多いのが『節水機能付き』のシャワーヘッドです。シャワーヘッド自体にオンオフボタンがついており、手元で水が止められるので無駄な水を使わずに済みます。

水圧が低い場合でも、シャワーに勢いをプラスできる節水低水圧タイプです。


シャワーヘッドの便利機能2.浄水機能『SANEI 浄水シャワーヘッド』



水道水に含まれる残留塩素をカットするカートリッジがついたシャワーヘッドです。

また浄水効果だけでなく、シャワーの穴数を減らし水の勢いをそのままに節水することができます。

浄水効果を継続させるには、定期的なカートリッジ交換が必要です。


シャワーヘッドの交換方法まとめ

今回は、シャワーヘッドの交換方法をご紹介しました。

種類によってはシャワーヘッドのみ交換をすることができます。

交換の際は部品選びが重要ですが、同じメーカーのシャワーヘッドを選ぶと失敗しにくいのでおすすめです。

交換作業自体は簡単に行えるため、DIYしたことない方も挑戦してみてはいかがでしょうか。

ユーザー評価:  4.0 (1件)