さらに条件を追加する
LIBRARY

玄関の補助錠で工事不要なものは役に立たない?知っておきたい防犯対…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
玄関の補助錠で工事不要なものは役に立たない?知っておきたい防犯対策

説明 工事不要の玄関補助錠を取り付けようか迷っていませんか?きれいに取り外せるのはメリットですが、実際の機能的には問題ないのか不安になる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、工事不要な玄関補助錠を取り付ける際の効果的な防犯対策をご紹介します。

工事不要の玄関補助錠を取り付けようか迷っていませんか?

補助錠はネジ穴を開けて設置するものが主流でしたが、最近では賃貸でも取り付けられるように粘着テープを使うタイプも販売されています。

きれいに取り外せるのはメリットですが、実際の機能的には問題ないのか不安になる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、工事不要な玄関補助錠を取り付ける際の効果的な防犯対策をご紹介します。



玄関の補助錠で工事不要なものは本当に役に立たないの?

賃貸に住んでいる場合や、壁に穴を開けたくないときは工事不要の補助錠の設置がよく紹介されています。

家に傷が付かないというメリットはありますが、実際に防犯効果があるのか不安になる方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、工事不要な玄関補助錠のメリットや防犯性についてご紹介します。


工事不要な玄関補助錠のメリット

両面テープや挟み込みで取り付ける「工事不要」な玄関補助錠の場合、下記のようなメリットがあります。


  • 【工事不要な玄関補助錠のメリット】
  • ・玄関に傷が付かない
  • ・賃貸でも取り付けできる
  • ・設置が簡単

工事不要の補助錠の一番のメリットとして挙げられるのが、『玄関に傷を付けずに設置できる』という点です。

賃貸に住んでいる場合は家に穴を開けることができなかったり、新築の家にすぐ穴を空けたくないという人にとっては大きなメリットです。

「取り付けの時にメリットがあることは分かったけど、防犯性はどうなの?」という人もいらっしゃると思いますので、次は「防犯性」についてご紹介します。


工事不要な玄関補助錠の『防犯性』について

「両面テープや挟み込み式の鍵って、簡単に壊されない?」と思っている方は、たくさんいらっしゃいます。

たしかに、「ネジ止めする補助錠」に比べると、安定性や耐久性は劣ります。

ただ、「防犯性」という面で見ると必ず劣るというわけではなく、使用する場面・目的によって向き・不向きがでてきます。


不正開錠手口 工事不要な補助錠
(テープや挟み込み)
ネジ止め式の補助錠
バールによるこじ開け

×

サムターン回し

鍵穴壊し

×

ピッキング

×


※取り付け位置は、メインの鍵とは別に扉の上部または下部とした場合。

ドアスコープや郵便受けから特殊器具や手を使ってサムターン(内側のツマミ)を回す「サムターン回し」に対する防犯対策としては、両方とも効果的とされています。

その他のバールによるこじ開け、鍵穴壊し(工具でシリンダーを破壊)、ピッキングに対しては工事不要な補助錠の場合は耐久性やシリンダーの防犯性能から対策としては不十分です。

ネジ止め式の補助錠の場合は、錠前ががっしりしたもの、シリンダーの鍵穴壊し耐性・ピッキング耐性が高いものを選ぶことで対策はできるので『△』としています。


補助錠はあくまで『補助』

補助錠はあくまで『補助』錠ということにご注意ください。

「メインの鍵の防犯性が低い」「窓やベランダなどの防犯対策をやっていない」という場合は、そちらの防犯対策を優先したほうがいいでしょう。

とくに『玄関の鍵』の場合は、錠前を増やすと施開錠の手間が増えて、「結局、鍵は1つしか使わない」という人も多いので、取り付け前によく検討されることをおすすめします。


工事不要な玄関補助錠を選ぶときのポイント

ここでは、工事不要な玄関補助錠を選ぶときのポイントをご紹介します。


工事不要な補助錠の『取り付け方』を確認

工事不要の補助錠の取り付け方法を3つご紹介します。



両面テープタイプの玄関補助錠

工事不要の補助錠で多いのが、両面テープで貼り付けるタイプです。設置や取り外しが簡単で道具も必要ありません。

ただし、ものによっては粘着剤がドアに残ってしまう場合もあります。賃貸に設置するときは、マスキングテープを貼った上から取り付けるのがおすすめです。


ドア枠に挟むタイプの玄関補助錠

ドア枠に金具をはめ込んで設置するタイプの場合。

ネジ空けは不要でも、金具の締め具合を調節するためにドライバーが必要なものがあるので、家にドライバーがない人や調整が苦手という人は別のタイプを選んだほうがいいでしょう。


差し込みタイプの玄関補助錠

差し込みタイプは外出時にシリンダーに差し込んでおくことで、ピッキングを防ぐことができます。

注意点としては、「製品によって対応できるシリンダーの種類が限られている」ことです。

差し込みタイプの補助錠を購入する際は、今使っているシリンダーに対応しているかどうかパッケージの説明を確認してから購入しましょう。


補助錠の開錠部の「内側・外側」を確認

補助錠を選ぶ際ですが、『開錠部』が玄関ドアの内側にあるのか、外側にくるのかについてはよく確認しておいたほうがいいでしょう。

鍵穴やダイヤルが玄関ドアの外側にあるタイプだと、『今、留守にしているので補助錠をかけています』と知らせることになります。

生活パターンや外出・在宅状況が分かりやすくなるので、そういったことが心配な場合は開錠部が内側にあるものや、メインの鍵の防犯性を強化する対策をしたほうがいいでしょう。


開錠部が外側にあるものは選ばない方がいい?

「開錠部が外側にあるもの」でも、「玄関から入るのは止めておこう」「あれを壊そうとすると目立つ」と思わせて玄関からの侵入抑止の効果を期待できます。

ただ、他の場所から侵入される恐れもあるので、このタイプの補助錠を使うときは窓や勝手口などの防犯対策がきちんとされているか確認しておいたほうがいいでしょう。


工事不要の玄関補助錠のおすすめ一覧

工事不要の補助錠の効果、選び方をご紹介しましたが商品が多すぎてどれを買ったらいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは、工事不要のおすすめ補助錠をご紹介します。


ノムラテック ドアロックガードディンプルキータイプ


ノムラテック ドアロックガードディンプル キータイプ ブラック N-2426

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する



金具を用いて挟み込んで取り付けるタイプの補助錠です。

左開き・右開きどちらにも対応でき、取り付けも締め付けねじを手で回すだけで取り付けられるので簡単です。

「留守を外部に知らせてるだけ」というレビューにもありますが、窓や裏口の防犯対策がしっかりされていないと、そちらを狙われてしまうので注意しましょう。


ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ


ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ ブラック N-2425

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する



ダイヤル式の鍵を使用しているので、ピッキングを防ぐことができます。暗証番号は10000通りで毎回変更が可能なので、番号を他人に知られなければ解錠は不可能です。

また、鍵を持ちあるく必要がないため、紛失の心配がありません。取り付けもドア枠にはめ込むだけで、穴あけせずに設置できます。


鍵穴のないリモコンドアロック LOCKEY


鍵穴のないリモコンドアロックLOCKEY

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する



リモコン式のドアロックなので、ピッキングを防止できます。粘着シートで取り付けることができます。

ただし、「貼り付け方を失敗してロックができない」「貼り付けを失敗したときの救済措置が欲しい」といったレビューにもあるように、取り付けを失敗するとやり直しが効かないので注意しましょう。


iNAHO キーアウト-3 U9用


iNAHO キーアウト-3 U9用 MIWA U9タイプに対応、鍵穴を隠して簡単ツーロック

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する



鍵のシリンダー(鍵穴)に差し込んで使用するタイプの補助錠です。キーアウトを外すには専用キーが必要なので、ピッキングすることができません。

マンションや戸建てでよく使われている「MIWA U9」の鍵穴に対応しています。

取り付けは簡単ですが、U9以外のシリンダーには使えないということに注意しましょう。


玄関の補助錠取り付け(工事アリ)を業者に依頼した場合の費用

防犯対策の目的によっては、ネジ止めするしっかりした補助錠の取り付けをした方がいいと思う人もいらっしゃると思います。

そこでここでは、『工事あり』の補助錠の取り付けを業者に依頼した場合の料金をご紹介します。



生活救急車で玄関の補助錠を取り付けた場合の料金事例

ここでは、生活救急車で『工事あり』の玄関補助錠の取り付けを行った際の料金事例をご紹介します。


※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


補助錠の取り付け

  • 項目内容 料金(税込)
  • 新規取付 簡易錠/簡易金物(部品有) 10,800円
  • 新規取付 スチール製扉へ取付 10,800円
  • 合計 21,600円

>>>事例の詳細はこちら

 

補助錠の取付

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵交換 シリンダー 10,800円
  • KABA社製品 部品代 21,600円
  • 合計 32,400円

>>>事例の詳細はこちら

 

補助錠の取付

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関補助錠新規取付 面付錠 27,000円
  • 部品代 2,800円
  • 中作業 加工 6,200円
  • 合計 36,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

玄関引き戸の補助錠の取付

  • 項目内容 料金(税込)
  • 新規取付 錠前(シリンダー・玉座の交換も含む) 玄関補助錠 扉加工のみ 26,932円
  • 新規取付 簡易錠/簡易金物 勝手口補助錠 10,800円
  • 部品代 2,268円
  • 合計 40,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

玄関の補助錠で工事不要なものは役に立たない?まとめ

今回は、玄関の工事不要の補助錠を設置する際の防犯対策についてご紹介しました。

補助錠は穴を開けずに設置することができるものが多数販売されています。もちろんネジでしっかり固定する補助錠の方が防犯性は高いですが、工事不要の鍵でもしっかり固定できるものを選べば防犯対策になります。

しかしあくまで補助錠は防犯性を高めるためのものなので、しっかり施錠を行ったうえで使うようにしましょう。