さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレにブラシ先端が詰まったときの対処法と修理費用について

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレにブラシ先端が詰まったときの対処法と修理費用について

説明 便器の奥を掃除しようとして、ブラシの先端が折れてしまうということはよくあるトラブルのひとつです。この場合の対処法や修理費用がわからない人は多いと思います。そこで今回は、トイレにブラシ先端が詰まったときの対処法や修理費用がどれくらいかかるのかについてご紹介したいと思います。

便器の奥を掃除しようとして、ブラシの先端が折れてしまうということはよくあるトラブルのひとつです。

この場合、「目には見えてなくても自分で取り出せる」場合と「業者に依頼して便器脱着作業をやらないと取れない」場合があります。

どちらにしても、自分で取り出す方法や業者に依頼するときの修理費用がいくらかかるのかわからないという人は多いと思います。

そこで今回は、トイレにブラシ先端が詰まったときの対処法や修理費用がどれくらいかかるのかについてご紹介したいと思います。


トイレに掃除ブラシ先端が詰まったときの対処法

トイレに掃除ブラシの先端が詰まったときに、自分でできる対処法をご紹介いたします。


トイレに掃除ブラシ先端が詰まったら「手で取る」

トイレ便器の中に掃除ブラシの先端が詰まったら、下記手順でブラシの先端を引っ張り出せないか試してみましょう。


ブラシ先端を手で取る手順

必要なものは、バケツ、柄杓や給油ポンプなどの水を汲み出す道具、バケツ、ゴム手袋です。


  • 1.バケツに柄杓や給油ポンプを使って、便器内の水を汲み出す。
  • 2.ゴム手袋を装着して、便器の排水口に手を入れる。
  • 3.排水口の手前の部分に引っかかっていれば、そのまま手でブラシを取り除く。

便器の排水口の手前で引っかかっている場合は、上記手順で取り除くことができます。

しかし、排水路や排水口奥で引っかかっている場合は、便器を取り外す作業が必要になります。


トイレに異物を流してしまったときにやってはいけないこと

ブラシなどの異物を流してしまったときは、『とにかく何とかしなきゃ!』と焦ってしまいがちです。

焦って行った行動がさらに状況を悪化させてしまう可能性もあるので、以下のようなことは行わないようにしましょう。


ラバーカップを使わない

トイレの詰まりにはラバーカップのイメージが強いと思いますが、異物を流してしまったときは逆効果となってしまいます。

基本的にラバーカップは、トイレットペーパーなどの溶けるものが詰まったときに使うものです。

トイレブラシのような、大きな異物をラバーカップで押して無理やり流そうとすると奥で詰まってしまい、大きな工事が必要となる可能性があります。

排水管はカーブが多いため、スムーズに流すことは難しく排水管のつなぎ目に引っかかってしまったりするので、無理やりラバーカップを使うのは避けましょう。


水を流すのはNG

ラバーカップと同じく焦って行いがちなのが『水を流す』行為です。

便器と排水管をつなぐ汚水路を塞いでいるような大きな異物を詰まらせているときは、水を流すと便器の水位が上がってしまいあふれ出てしまいます。

さらに、水を流すことで便器の内部で詰まっていたものがさらに奥に流れてしまうと、便器脱着作業や専用工具でのつまり解消作業などが発生する可能性がありますのでやらないようにしましょう。


トイレブラシ先端が詰まったトラブルの修理費用について

トイレにブラシ先端が詰まってしまい、自分でどうにもできない場合は業者に依頼してつまりを解消してもらう必要があります。

修理を依頼するうえでいちばん気がかりなのが、『費用がどのくらいかかるか』ですよね。

そこで生活救急車で実際に対応した事例をご紹介します。正確な料金は現地見積もりとなりますので、あくまで目安程度にご利用ください。


生活救急車でトイレブラシ先端の詰まり修理をした場合の料金事例

実際に生活救急車で対応した事例をご紹介します。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。


※作業当時の料金のため、料金形態・税率が現在と異なる場合がございます。


トイレブラシの詰まり除去作業

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレ詰まり トラップ分解作業 6,520円
  • 合計 10,920円

>>>事例の詳細はこちら

折れたブラシ柄のつまり除去作業

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • トイレ詰まり除去 ローポンプ作業 10,680円
  • 合計 15,000円

>>>事例の詳細はこちら


便器取り外しによるブラシつまり除去作業

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • トイレ詰まり抜き作業(便器取り外しによる) 20,520円
  • 合計 24,840円

>>>事例の詳細はこちら


トイレにブラシ先端が詰まったトラブルでよくある質問

ここでは、トイレにブラシ先端が詰まったトラブルでよくある質問とその回答をご紹介いたします。


※お電話では、修理のご依頼のみ承っております。ご自身で修理する方法や症状の診断はお電話いただいてもご対応できませんので、ご了承ください。


トイレにブラシ先端が詰まったのですがどうしたらいいですか?

A.ページ前半で紹介した、手でブラシ先端を取り出す方法を試してください。

トイレにブラシの先端が詰まった場合、「ブラシ先端を取り出す」ことしか解決方法はありません。

業者であれば「便器に手を突っ込む」作業を経験していますが、一般の人の場合は「ゴム手袋があっても便器に手を入れるのは・・・」と躊躇される方は多くいらっしゃいます。

浅い部分に引っかかっているのであれば自分で取り出すことも可能ですが、便器に手を入れるのに抵抗がある場合は、業者への依頼を検討してみてください。


ブラシ先端が折れてしまい水を流したのですが大丈夫ですか?

A.詰まりの症状が出ていない場合は、排水桝や下水道まで流れている可能性があります。

異物を便器に落として水を流してしまった場合、便器の排水路を抜けて家の外の排水桝や下水道に異物が流れている可能性があります。

排水桝に流れついている場合は、自分で網を使ってすくい上げることで異物の除去ができますが、排水桝になければ下水道に流れている可能性が高く今後のつまりの心配はありません。


トイレにブラシ先端が詰まったときの対処法まとめ

今回は、トイレにブラシ先端が詰まったときの対処法をご紹介しました。

トイレにブラシが詰まってしまったとき、目に見えていなくても自分の手が届く範囲であるなら、拾えば解決することができます。

しかし、思ったより奥に詰まってしまったときは、業者に依頼して取り除いてもらう必要があります。つまりの程度によっては便器を外す必要があるため、事前に見積もりを出してもらえる業者に依頼することをおすすめします。

生活救急車でも、トイレの詰まり修理作業を行っております。お困りの場合はお見積もりから対応して多おりますので、お気軽にご相談ください。

ユーザー評価:  4.0 (1件)

どうして良いのかわからず、記事を読んですこし安心しました。