さらに条件を追加する
IDEA

蛇口が空回りして止まらない水を止水する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
自己解決蛇口が空回りして止まらない水を止水する方法

説明 蛇口のハンドルが空回りする、水が止まらない、水道が故障して水が流れっぱなしなどの、蛇口が空回りして止まらない水を止水する方法です。ハンドルをゆっくり回して止水する方法、止水栓で水を止める方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

蛇口が空回りして止まらない水の止水方法の流れ

蛇口のハンドルが回りして、水が止められない時の対処方法は、蛇口の種類によって変わってきます。
今回は、ハンドルを時計回りにまわして水を止める、ハンドル式の蛇口の対処方法をご紹介します。
ハンドル式の蛇口が空回りする場合は、下記の手順で、対応しましょう。

1:ハンドルをゆっくり回してみる
2:止水栓で水を止める

【1:ハンドルをゆっくり回してみる】
水が止まらない蛇口のハンドルを、ゆっくり回して、水量が変わるか確認しましょう。
水量が変わる場合は、少しずつ回すことで、水が止まる位置が見つかるかもしれません。
水量が変わらない、または、水が止まらない場合は、止水栓で水を止めましょう

【2:止水栓で水を止める】
蛇口の水が止まらない場合、止水栓で水を止める方法があります。
止水栓の場所は、キッチン、洗面所、お風呂場で異なります。
止水栓の位置を確認し、バルブを締めて、水を止めましょう。



蛇口の水漏れ止水で使用する道具

・雑巾:作業時に蛇口や止水栓まわりの水滴を拭くときに使用します
・マイナスドライバー:止水栓を回す際に使用します



空回りする水道の止水手順

【1:ハンドルをゆっくり回してみる】
蛇口は、時計回りに、少しずつゆっくり回しましょう。
回していくと、少しずつ水量が少なくなる場合は、途中で、水漏れが止まる場所が見つかることがあります。
蛇口の状態によっては、水が止まりそうになると、また、ハンドルが空回りして、水が噴き出すということもあります。
完全に水が止まらない、または、水量が変わらない場合は、蛇口の一番近くにある止水栓で水を止めましょう。

【2:止水栓で水を止める】
蛇口から一番近い止水栓は、キッチン、洗面所、お風呂場の蛇口の種類で異なります。
蛇口がキッチンのシンクや、洗面所のボウルに設置してある蛇口の場合は、シンク下やボウル下に止水栓があることが多いです。
蛇口が壁付の混合水栓の場合は、蛇口の脚部に止水栓が付いていることがあります。
壁と蛇口本体を繋ぐ脚部に、ネジ山がついている場合は、そこにドライバーを差し込み、時計回りにまわしてみましょう。
しかし、壁付の蛇口でも、単水栓の場合は、止水栓がないことがあります。



蛇口の水漏れ止水の作業をする際に注意すること

止水栓で水を止める場合は、止水栓を折らないように気をつけましょう。
錆びていたり、劣化している止水栓や給水管は、操作した際に折れることがあります。
しっかりと、止水栓やその周りの給水管を手で支えて、止水栓を回すようにしましょう。
止水栓が固くて回らないときは、無理に回すことは避けましょう。
止水栓で水を止めた後は、蛇口修理や蛇口交換などの対処が必要です。



蛇口が空回りする故障はどうして起こるのか・・・

蛇口が空回りする原因は、蛇口内部の部品の損傷や劣化です。
ハンドルと、蛇口内部のスピンドルの接続に不具合があったり、スピンドルのネジ山が損傷するなど、様々な原因で、ハンドルが空回りします。
比較的、長期間しようしている蛇口に、このようなトラブルが起きやすいです。



水が止まらない場合はこんな解決方法も・・・

蛇口付近の止水栓で水が止まらない場合は、玄関先の水道の元栓で水を止めましょう。
その際は、世帯全体の水が止まるので、注意が必要です。