さらに条件を追加する
IDEA

シングルレバーのハンドルの故障を確認する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決シングルレバーのハンドルの故障を確認する方法

説明 蛇口のレバーが外れた、シングルレバーのハンドルが外れた、上下する水栓の取っ手が取れたなどの、シングルレバーのハンドルの故障を確認する方法です。ハンドルの損傷を確認する方法、カートリッジが動くか確認する方法、交換が必要か確認する方法などを紹介しています。

シングルレバーのハンドルの故障の確認方法の流れ

蛇口のハンドルが外れた際の対応方法は、蛇口の種類によって変わってきます。
今回は、シングルレバーのハンドルが外れた場合の対処方法をご紹介します。
シングルレバーのハンドルが外れた場合は、下記の手順で、対応しましょう。

1:ハンドルの損傷を確認する
2:カートリッジが動くか確認する

【1:ハンドルの損傷を確認する】
ハンドルが外れた場合、ハンドルの内側に亀裂や破損がないか確認しましょう。
亀裂や破損がある場合は、カートリッジにはめ込んでも正常に動かないことがあります。
もしも、亀裂や破損がない場合は、ハンドルを「元の状態になるように」はめ込みましょう。

【2:カートリッジが動くか確認する】
ハンドルの内側に亀裂や破損がある場合、蛇口にハンドルが取り付けられずに、カートリッジがむき出しになります。
そのカートリッジを手で動かして、水が出るか確認しましょう。少しの間ですが、それで水が使えることがあります。
しかし、長年使用していると、カートリッジが固くなり手で動かすことが難しくなります。
その時はハンドル部分や蛇口の交換をしましょう。



蛇口レバーの故障確認で使用する道具

・雑巾:作業時に蛇口まわりの水滴を拭くときに使用します



シングルレバーのハンドルが外れた場合の確認手順

【1:ハンドルの損傷を確認する】
外れたハンドルの内側を確認しましょう。
本体に付随するカートリッジにはめ込む部分に亀裂や破損がないか、しっかりと確認しましょう。
亀裂や破損がある場合は、カートリッジにはめ込んでも、ハンドルがグラグラしたり、すぐに外れてしまいます。
亀裂や破損がない場合は、ハンドルをカートリッジにはまるように、上からかぶせて軽く押してみましょう。
押す際は、体重をかけたり、過度な力を加えないように注意しましょう。

【2:カートリッジが動くか確認する】
ハンドルの内側に亀裂や破損がある場合、蛇口にハンドルが取り付けられなくなります。
仮にはめても、すぐに外れてしまったり、グラグラして正常に使えなくなります。
その際は緊急対応として、カートリッジを手で動かしてみましょう。
手で動かすことができれば、少しの間は蛇口が使えます。
しかし、お湯や水の切り替えがやりにくかったり、蛇口の操作がやりにくい場合は、ハンドル部分や蛇口の交換を検討しましょう。



蛇口レバーの故障確認の作業をする際に注意すること

カートリッジにハンドルをはめ込む際に、強い力を加えないようにしましょう。
また、固くなったカートリッジを無理に操作することは、蛇口本体の不具合にもつながりますので避けるようにしましょう。



シングルレバーのハンドルの故障はどうして起こるのか・・・

シングルレバーのハンドルは操作がしやすい反面、力が加わりやすく損傷しやすい傾向にあります。
また、シングルレバーのカートリッジは長年使用していると固くなり、操作する際に力を入れて操作してしまいがちです。
そうすると、大きな力がハンドルに加わるため、ハンドルの損傷に繋がることがあります。



シングルレバーのハンドルが外れた場合にはこんな解決方法も・・・

カートリッジを直接操作する方法以外には、ハンドル部分を交換するか、蛇口本体を交換する方法があります。
ご検討の際は、お気軽にお電話ください。