さらに条件を追加する
LIBRARY

キッチンの蛇口交換を自分でやる方法【図解】~古い蛇口の外し方と固…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
キッチンの蛇口交換を自分でやる方法【図解】~古い蛇口の外し方と固くて外せないときの対処法も解説~

説明 キッチンの蛇口交換を自分でやる方法や、古い蛇口が『固くて外せない』ときの対処法を『蛇口の種類別』に図で説明しています。また、交換前の『部品の選び方』『必要な工具』、業者に依頼した場合の料金についても解説しています。

目次

キッチンの蛇口交換のやり方がわからなくて、困っていませんか?

キッチンの蛇口といっても、台付きや壁付、ワンホールやツーホールなどなど、色々な種類と組み合わせがあり、それぞれ交換方法が異なります。

また、交換する蛇口サイズの測り方や古い蛇口が固くて外せないときの対処法など、細かい追加情報を調べることになると、情報収集の段階で「もう嫌!」となる人も出てくると思います。

そこで今回は、基本的な部品の選び方から種類別の蛇口交換方法、固くて外せないなどのよくあるトラブルの対処法まで、蛇口交換に必要なことを全部まとめてご紹介します。

キッチン蛇口交換で大事な『部品』の選び方と探し方

一番最初に、交換用の『蛇口』の選び方についてご紹介したいと思います。



上記2点を抑えておけば、一般家庭用の蛇口選びが可能です。工具については、種類別の交換手順で紹介しているので、まずは種類を見分けるところからはじめてみましょう。

キッチン蛇口交換の基本『種類』の見分け方

交換する蛇口を選ぶ際は、まずは「自分が使っている蛇口の種類」を特定するところからはじめます。

下記表から、自分が使っている蛇口の見た目に近いものを探してみてください。


 
【台付きワンホール】 【台付きツーホール】 【壁付混合水栓】 【単水栓】

天板に穴が1個だけ空いて、そこに蛇口がはめ込まれているタイプの蛇口です。ワンホール→ツーホールへの交換はできないので注意しましょう。 天板に穴が2個空いて、2ヶ所で蛇口が固定されているタイプの蛇口です。ツーホール→ワンホールへの交換はできないので注意しましょう。また、ツーホールは2個の穴の距離が一致したものでないと交換ができません。 壁の中の給水管(ソケット)に蛇口が直接繋がっているタイプの蛇口です。 壁の中の給水管に蛇口が繋がっているタイプの蛇口です。単水栓なので、お湯または水のどちらか一方しか出ません。

※横にスクロール(スライド)できます。


上記が、キッチンの蛇口の種類です。自分が使っている蛇口の種類が分かったら、今度は『口径と取り付け穴心間』のサイズの測り方を確認しましょう。

キッチン蛇口交換の難関『口径と取り付け穴心間』の測り方

『口径』とは、壁に埋まっている給水管(ソケット)と繋ぐ蛇口根本の穴のサイズのことです。『取り付け穴心間』とは、給水管と給湯管の間の長さのことです。


蛇口の種類 測るサイズ
台付きワンホール混合水栓

取り付け穴サイズ

台付きツーホール混合水栓

取り付け穴サイズ

取り付け穴心間

壁付混合水栓

取り付け穴心間

単水栓

口径


上記は、各蛇口の種類別に『測る必要があるサイズ』をまとめたものです。

このページでは、各サイズの測り方についても解説しているので、自分の家の蛇口の種類に合わせて必要なサイズの測り方をチェックしてみてください。



キッチン蛇口の『取り付け穴サイズ』は主にΦ35~39とΦ22~27

『台付き』の蛇口の場合は、取り付け穴サイズを念のため確認しておきましょう。取り付け穴サイズとは、台に空いた穴の大きさのことです。


種類 一般的なサイズ
ワンホール混合水栓

Φ35~Φ39

ツーホール混合水栓

Φ22~Φ27


上記が、ワンホール、ツーホールの一般的な取り付け穴サイズです。『Φ』とは、簡単に言うと直径のことです。

取り付け穴サイズは、国内メーカーの蛇口であれば大体上記サイズになっているので、それほど気にする必要はありません。

ただし、輸入品や一部製品は上記サイズと異なっていることがあるので、注意しましょう。

取り付け穴サイズの測り方

取り付け穴のサイズは、取り付け台に空いている穴の端から端までの直線の長さを測ります。

穴の直径が35mmであれば、Φ35ということになります。

測る人によって、数ミリの誤差が出ることもありますが、先ほど紹介した表に記載されているサイズと大きく離れていなければ部品選びは問題なくできます。




キッチン蛇口の『取り付け穴心間』は主に200~205mmと105~225mm

『取り付け穴心間』とは、『給水管と給湯管の間の長さ』のことです。台付きツーホールと壁付混合水栓の2種類で測定が必要になりますが、主に下記のようなサイズが一般的です。


種類 一般的なサイズ
台付きツーホール混合水栓

203(200~205)mm

台付きツーホール混合水栓(幅が短いもの)

102mm

壁付混合水栓

105~225mm


取り付け穴サイズのときと同様に、国内メーカーの蛇口同士であれば、大体同じ規格で作られているのでそれほど心配する必要はありません。

取り付け穴心間の測り方

取り付け穴心間の測定では、『片方の取り付け穴の中心から、もう片方の取り付け穴の中心まで』の長さを測ります。

人によって数ミリの誤差が出ることもあると思いますが、先ほど紹介した表のサイズと大きく離れていなければ問題ありません。




キッチンの蛇口口径は『呼び13mm』が一般家庭サイズ

『口径』とは、壁に埋まっている給水管(ソケット)と繋ぐ蛇口根本の穴のサイズのことです。


種類 一般的なサイズ
単水栓、壁付混合水栓

呼び13mm(PJ1/2)


口径については、「呼び13mm(PJ1/2)」が一般的なサイズです。呼び13mmとは、簡単に言うと「外径は素材の厚みによって変わるけど、内径が13mmのサイズだよ」という意味です。

日本の一般家庭の給水管に取り付けられる蛇口の大半は、『呼び13mm(PJ1/2)』なので実はそれほど気にすることではありませんが、念のため測り方もご紹介します。

口径の測り方

口径を測るときは、蛇口根本にある『穴の直径』を測ります。ただ、直径は『呼び〇〇mm』という〇〇とは一致しないので、目安表をご紹介します。


直径 呼び(JIS規格)
20~21mm

呼び13mm(PJ1/2)

25~26mm

呼び20mm(PJ3/4)


しつこくなりますが、日本の一般家庭の給水管に取り付けられる蛇口のサイズは、『呼び13mm(PJ1/2)』が一般的です。

自分で測ったサイズが、呼び13mmでない場合は、品番を調べて自分が使っている蛇口メーカーのカタログや品番検索サイトでサイズを確認した方がいいでしょう。



キッチンのワンホール混合水栓(蛇口)の交換方法

キッチンのワンホール混合水栓の交換方法について、ご紹介します。



ワンホール混合水栓(蛇口)の交換に必要な工具

キッチンのワンホール混合水栓の交換では、下記の工具を使います。


  • ・レンチ
  • ・ドライバー

レンチは、サイズが可変できる『モンキーレンチ』がおすすめです。

ワンホール混合水栓の交換用蛇口の選び方

『交換用の蛇口が、どれを選んだらいいかわからない』という人もいらっしゃると思いますので、参考例として『一般的な取り付け穴サイズΦ35~Φ39の蛇口』をご紹介します。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


上記が一般的な取り付け穴サイズの蛇口です。TOTO製品ですが、『取り付け穴サイズが一致していれば』、交換前蛇口がTOTO製品でなくても交換が可能です。

古いワンホール混合水栓(蛇口)の外し方


  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.給水栓を接続している左右両方のナットをレンチで取り外す。
  • STEP3
    3.カウンター下で水栓を固定しているナットをレンチで取り外す。(※水栓によって、固定方法が異なります。)
  • STEP4
    4.カウンターの上から水栓を持ち上げて外す。
  • STEP5
    5.台座が設置されているときは固定ネジをプラスドライバーで緩めて取り外す。

古いワンホール混合水栓の固定ナットが外せないときの対処法

ワンホール混合水栓の場合、「カウンター下で水栓を固定しているナット」が製品によって形状が異なり、「普通のレンチでは外せない」ことがあります。

もしも、普通のレンチでは外せないというようなときは、『縦型』のナット締め付け工具を使ってみるという方法があります。

縦型のナット締め付け工具であればナットをしっかり掴んで回すことができるので、普通のレンチよりもナットを外しやすくなるでしょう。



ワンホール混合水栓の取り付け手順


  • STEP1
    1.新しい台座をカウンターに設置し、プラスドライバーでネジを取り付ける。
  • STEP2
    2.シャワー付きの場合は取り付ける前にホースをすべて引き抜いておく。
  • STEP3
    3.台座に給水ホース・シャワーホースを通し水栓を設置し、引き抜いたシャワーホースを元に戻す。
  • STEP4
    4.水栓の根元にあるネジをプラスドライバーで締めて、本体を固定する。
  • STEP5
    5.カウンター下の2本の給水ホースを、アダプターを使って止水栓とつなげる。
  • STEP6
    6.シャワーホースをシャワーホースソケットに取り付ける。
  • STEP7
    7.止水栓を開けて水を流し、水漏れが起こっていないか確認して完了。

キッチンのツーホール混合水栓(蛇口)の交換方法

キッチンのツーホール混合水栓の交換方法について、ご紹介します。



ツーホール混合水栓(蛇口)の交換に必要な工具

キッチンのワンホール混合水栓の交換では、下記の工具を使います。


・レンチ


レンチは、サイズが可変できる『モンキーレンチ』がおすすめです。

ツーホール混合水栓の交換用蛇口の選び方

『交換用の蛇口が、どれを選んだらいいかわからない』という人もいらっしゃると思いますので、参考例として『一般的なツーホール混合水栓』をご紹介します。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


上記が、取り付け穴・取り付け穴心間が一般的なサイズのツーホール混合水栓です。TOTO製品ですが、『取り付け穴サイズが一致していれば』、交換前蛇口がTOTO製品でなくても交換が可能です。

古いツーホール混合水栓(蛇口)の外し方


  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.カウンター下左右の給水栓接続ナットを、レンチで外す。
  • STEP3
    3.本体を固定しているナットを2箇所レンチで外す。
  • STEP4
    4.上から水栓本体を持ち上げて取り外す。

古いツーホール混合水栓が固くて外せないときの対処法

ツーホール混合水栓の場合、ワンホールと同じようにカウンター下からナットで本体が固定されており、このナットが「レンチじゃ外せない」ということがあります。

とくに、壁とレンチの間に十分な距離がなく、レンチでしっかりナットを掴めない、力を入れられないという場合にこのトラブルが多いようです。

ワンホールのときと同様に、普通のレンチでは外せないというようなときは、『縦型』のナット締め付け工具を使ってみるといいでしょう。



ツーホール混合水栓の取り付け手順


  • STEP1
    1.新しい水栓を穴に合わせて設置する。
  • STEP2
    2.カウンターの下から、パッキン・座金をはめて2箇所ナットを締める。
  • STEP3
    3.給水管をナットで接続する。
  • STEP4
    4.止水栓を開け、水漏れが起こっていないか確認する。

キッチンの壁付き混合水栓(蛇口)の交換方法

キッチンの壁付き混合水栓の交換方法について、ご紹介します。



壁付き混合水栓(蛇口)の交換に必要な工具

キッチンの壁付き混合水栓の交換では、下記の工具を使います。


  • ・レンチ
  • ・シールテープ
  • ・歯ブラシ

シールテープには色々な種類・幅・厚みのものがありますが、蛇口メーカーのカクダイから幅13mm・長さ5mと扱いやすいサイズのものが販売されていますので、迷ったらこちらを選んでおくといいでしょう。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


壁付き混合水栓の交換用蛇口の選び方

『交換用の蛇口が、どれを選んだらいいかわからない』という人もいらっしゃると思いますので、参考例として『一般的なサイズの壁付き混合水栓』をご紹介します。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


上記が一般的なサイズの壁付き混合水栓です。TOTO製品ですが、取り付け穴心間(105~225mm)と口径(呼び13mmPJ1/2)が合っていれば、取り付け交換前蛇口がTOTO製品でなくても交換が可能です。

古い壁付き混合水栓(蛇口)の外し方


  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.水栓を取り付けている左右のナットを、レンチを使って外す。
  • STEP3
    3.ナットが外れたら水栓を取り外す。
  • STEP4
    4.両側のクランクを反時計回りに手で回して取り外す。

古い壁付き混合水栓が固くて外せないときの対処法

壁付混合水栓の場合、『壁に付いているクランク(偏心管)』が固すぎて外せないという人が多いです。

この場合、対処法は下記2つです。


  • ・後付け式クランクを使う
  • ・業者に依頼する

後付け式クランクとは、クランクが外せないときに使う「アダプター」のような部品です。これを使えば、古いクランクを新しい蛇口本体に取り付けられるようになります。

後付け式クランクは、単品で売られている可能性があるので、購入する際は数を確認するようにしましょう。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


壁付き混合水栓の取り付け手順


  • STEP1
    1.配管内の汚れを歯ブラシなどを使って落とす。
  • STEP2
    2.クランクを配管に差し込んで時計回りに回し、何回転で取り付けられるか確認する。
  • STEP3
    3.クランクにシールテープを5~6回巻き付ける。シールテープは軽く引っ張りながらしっかり密着させる。
  • STEP4
    4.シールテープを巻いたら、『確認した回数より1回転少なく』時計回りに回してクランクを設置する。※回数を多く回してしまい、戻してしまった場合はシールテープを巻き直すところからやり直す。
  • STEP5
    5.反対側のクランクは回しきらずに途中で止め、クランクが『への字』になるように設置する。
  • STEP6
    6.レンチを使って両側のナットを締める。(ここも『への字のまま』取り付け)
  • STEP7
    7.両方のナットを閉めたら、クランクが『への字』から『ハの字』になるように調節する。
  • STEP8
    8.交換で来たら、止水栓を開けて水漏れがないか確認する。

キッチンの単水栓(蛇口)の交換方法

キッチンの単水栓の交換方法について、ご紹介します。



単水栓(蛇口)の交換に必要な工具

キッチンのワンホール混合水栓の交換では、下記の工具を使います。

  • ・水栓取り外しレンチ
  • ・シールテープ
  • ・歯ブラシ

水栓取り外しレンチとシールテープは色々なメーカーのものがありますが、迷ったら蛇口メーカーのカクダイ製のものが安心です。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。



※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


単水栓の交換用蛇口の選び方

『交換用の蛇口が、どれを選んだらいいかわからない』という人もいらっしゃると思いますので、参考例として『一般的なサイズのキッチン用単水栓』をご紹介します。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


上記が、一般的な口径サイズ(呼び13mm)の単水栓です。TOTO製品ですが、『口径が一致していれば』、交換前蛇口がTOTO製品でなくても交換が可能です。

古い単水栓(蛇口)の外し方


  • STEP1
    1.水道の元栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.単水栓に水栓レンチを引っ掛け、反時計回りに回して取り外す。
  • STEP3
    3.水栓を取り外したら配管内を歯ブラシを使って掃除する。シールテープの残りかすなどもしっかり取り除く。

古い単水栓が固くて外せないときの対処法

単水栓の根本にサビができて単水栓が外せないというときは、クレ556をサビ部分に吹き付け、ブラシでサビをちょっとずつ取り除いてみるといいでしょう。

また、水栓取り外し用レンチを使っていなかったという場合は、取り外し用レンチを試されることをおすすめします。

軽いサビ・固着程度であれば、取り外し用レンチで「ぐっ、ぐっ」と小刻みに力を入れたら取れることが多いので、試してみてください。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


単水栓の取り付け手順


  • STEP1
    1.新しい単水栓を用意する。配管に時計回りに回して取り付け、何回転で取り付けられるか確認する。
  • STEP2
    2.設置した単水栓をもう一度取り外したら、シールテープを5~6回巻いていく。
  • STEP3
    3.シールテープを巻いた単水栓を、先ほど確認した回数より『1回転少なく』時計回りに回して設置する。※万が一多く回転させてしまったときや、逆回しをしてしまったときはシールテープを巻き直すところからやり直す。水漏れの原因になるため、そのままにしないようにする。
  • STEP4
    4.設置できたら水道の元栓を開け、水漏れがないか確認する。

キッチンの蛇口交換でよくある質問や失敗の対処法

ここからは、キッチンの蛇口交換でよくある質問や失敗したときの対処法についてご紹介します。



食洗機があるキッチンの蛇口交換はどのようにやったらいいですか?

まずは、『もともと使っていた蛇口の形状を確認』してみましょう。

蛇口に分岐水栓がついているものならば、交換する蛇口を分岐水栓付きのものにすれば、後は通常の蛇口交換と同じ手順で交換ができます。

ご参考までに、よくある台付き・壁付き混合水栓で分岐水栓がついた部品を紹介いたします。

台付き混合水栓(分岐水栓付き)

台付き混合水栓の一般家庭用サイズで、分岐水栓付きのものだと下記のような製品があります。





上が『ワンホール』で、下が『ツーホール』タイプのものです。今回は、わかりやすいように両方とも『分岐金具』がついたものを紹介しています。

似たようなもので『分水孔』付きタイプの蛇口がありますが、分水孔タイプは別途アダプター(分岐金具)が必要になるので購入する際はご注意ください。

壁付き混合水栓(分岐水栓付き)

壁付き混合水栓の一般家庭用サイズで、分岐水栓付きのものだと下記のような製品があります。



口径や取り付け穴心間のサイズ選びについては、記事前半に書いた通常の蛇口選びと同じですので、念のためサイズ測定はしておきましょう。

キッチンの蛇口をセンサー付きに交換したいのですがどうしたらいいですか?

センサー付き蛇口には、電力供給パターンが3種類あります。


  • 【センサー蛇口の電力供給パターン】
  • ・乾電池式
  • ・専用ケーブルで定期的に充電
  • ・電源プラグで常に供給

『電源プラグで常に供給』するタイプの場合は、電源プラグをコンセントに差す必要があり、シンク下にコンセントを差す場所がない場合は、業者による電気配線工事が必要になるので注意しましょう。

蛇口本体の交換手順は通常の蛇口と同じです。

キッチンの壁付蛇口を交換したら壁の取り付け部分から水漏れがしたのですが・・・

新品の蛇口に交換したのに、壁の取り付け部分から水が漏れてくるという場合。主に、下記2つの原因が考えられます。


  • ・取り付けミスによる水漏れ
  • ・配管故障による水漏れ

『部品がしっかりはまっていない』『シールテープの巻き方があまかった』、というような取り付けミスは再度、取り付け直すことで改善できます。

反面、『壁に埋まっている配管が故障している』ような場合は、配管の修理・交換が必要になるので、業者に見積りを依頼しましょう。

キッチンの蛇口交換の費用・料金相場

自分でキッチンの蛇口を交換する方法についてご紹介しましたが、「料金によっては、業者に依頼したほうがいいかも」とお考えの方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、生活救急車でキッチンの蛇口を交換した場合にかかる費用・料金相場についてご紹介したいと思います。

生活救急車の蛇口修理・交換の料金表

最初に、参考までに生活救急車の料金表をご紹介しておきたいと思います。現場見積り無料ですので、正確な料金をお知りになりたい場合は現場見積りをご利用ください。

蛇口の修理・作業料金表
作業内容 作業料金

調整作業等

8,000円

パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換

10,000円

単水栓(壁付き/デッキ式)交換

12,000円

分岐水栓取り付け(食洗機・浄水器)

現場お見積り

混合水栓(壁付き/デッキ式/ワンホール)

15,000円

追加修理作業

現場お見積り

夜間早朝料金
(20:00~07:59までの受付)

8,000円

  • ※価格は税抜きです。
  • ※料金合計=作業料金+材料費+(追加作業+時間外料金)
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

生活救急車のキッチン蛇口交換の料金事例

料金表だけでは、部品代や追加作業があったときなど、具体的な料金のイメージがつきづらいと思います。

そこでここでは、生活救急車に実際にあったご依頼内容と作業料金事例をいくつかご紹介します。

※料金事例は、作業当時の料金をそのまま掲載しております。料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。

【LIXIL】キッチンの単水栓交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • LIXIL 部品代 3,740円
  • 単水栓交換 8,800円
  • 合計 16,940円

>>>事例の詳細はこちら


食洗機設置のための混合水栓交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所 混合水栓交換 16,500円
  • 台所 調整 軽作業 4,100円
  • 合計 25,000円

>>>事例の詳細はこちら


【LIXIL】自分でできなかった蛇口交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所 混合水栓交換 16,500円
  • LIXIL 部品代 8,030円
  • 合計 28,930円

>>>事例の詳細はこちら


【LIXIL】キッチンの混合水栓の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • LIXIL 部品代 12,100円
  • キッチン蛇口交換 混合水栓 16,500円
  • 合計 33,000円

>>>事例の詳細はこちら


【LIXIL】シンクの混合水栓の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • LIXIL キッチン水栓 部品代 14,100円
  • 混合水栓交換 16,500円
  • 合計 35,000円

>>>事例の詳細はこちら


【LIXIL】水漏れによる壁付き混合水栓の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 蛇口交換 混合壁付 16,500円
  • LIXIL 部品代 26,400円
  • 合計 47,300円

>>>事例の詳細はこちら


【LIXIL】ワンホール混合水栓の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • LIXIL 部品代 31,350円
  • 混合水栓ワンホール交換 16,500円
  • 合計 52,250円

>>>事例の詳細はこちら


【SANEI】水漏れによるフレキ管と蛇口の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • SANEI キッチン水栓 部品代 12,650円
  • 取付作業 16,500円
  • フレキ管交換 数量2 13,200円
  • 取付作業 2箇所 22,000円
  • 合計 68,750円

>>>事例の詳細はこちら


キッチンの蛇口交換のやり方と費用まとめ

この記事では、キッチンの蛇口交換のやり方や業者に作業を依頼した場合にかかる費用などについてご紹介しました。

蛇口交換の場合、『部品選び』で間違った部品を買ってしまうという人が多く、この部品間違いは買い直し以外に対処法がないので注意しましょう。

生活救急車では、キッチンの蛇口交換に対応しております。お見積りは無料で行っておりますので、お困りの際はお気軽にお問合せください。

ユーザー評価:  4.3 (41件)

自分で交換しようと思ったけど、思ったより安いので業者依頼もいいかなと思います。 蛇口だけは気に入るものを選びたいけど。

分かり易い。ありがとうございます。

細かく事例を挙げてくださっているので、我が家のケースと比較することが出来ました。また、聞きにくい料金体系もよく分かりました。