さらに条件を追加する
LIBRARY

キッチンの蛇口を交換する方法と業者に依頼した料金・費用

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
キッチンの蛇口を交換する方法と業者に依頼した料金・費用

説明 キッチンの蛇口を交換するとなると、自分でやるのか業者に依頼するのかで知りたいことややっておかないといけないことが変わりますよね。しかし、はじめてキッチンの蛇口を交換する人からするとどちらの場合でも何をやったらいいのかよくわからないと思います。そこで今回は、はじめてキッチンの蛇口を交換する人に向けてキッチンの蛇口を交換するときに知っておきたいことなどをご紹介したいと思います。


キッチンの蛇口を交換するときに知っておきたいこと

キッチンの蛇口を交換するとなると、自分でやるのか業者に依頼するのかで知りたいことややっておかないといけないことが変わりますよね。しかし、はじめてキッチンの蛇口を交換する人からするとどちらの場合でも何をやったらいいのかよくわからないと思います。

そこで今回は、はじめてキッチンの蛇口を交換する人に向けてキッチンの蛇口を交換するときに知っておきたいことなどをご紹介したいと思います。

キッチンの蛇口を交換する前の部品選びのポイント

キッチンの蛇口を交換する前に一番大事なのが、「どんな蛇口を買うか」ですよね。業者に依頼する場合は取り付けられる部品の候補などを業者側で絞ってくれますが、自分で蛇口を交換するという人は蛇口選びも自分でやらなければいけません。

とはいえ、はじめて蛇口を交換する人からすると今使っている蛇口の種類自体がわからないという人もいますよね。そこでまずは、一番大事な「交換する蛇口の選び方」をご紹介したいと思います。

※蛇口が固くて回らなかったり、水漏れなどでお困りの場合は下記の記事もおすすめです。

>>>蛇口が回らない・固いときの対処法

>>>水道の蛇口を閉めても水が止まらない『ポタポタ水漏れ』修理代金と対処方法!

>>>蛇口が折れたときの応急処置と修理方法

キッチンの蛇口の種類

交換する蛇口を選ぶ際は、まずは「自分が使っている蛇口の種類」を特定するところからはじめましょう。普段はあまり意識していない人が多いと思いますが、見分け方のポイントなどが分かれば簡単に自分が使っている蛇口を特定することができるので下記の表をチェックしてみてください。
キッチンの蛇口早見表
種類 画像 見分け方・注意点
台付き

ワンホール


引用元:リクシルオンライン

天板に穴が1個だけ空いて、そこに蛇口がはめ込まれているタイプの蛇口です。ワンホール→ツーホールへの交換はできないので注意しましょう。

ツーホール


引用元:リクシルオンライン

天板に穴が2個空いて、2ヶ所で蛇口が固定されているタイプの蛇口です。ツーホール→ワンホールへの交換はできないので注意しましょう。また、ツーホールは2個の穴の距離が一致したものでないと交換ができません。
壁付き水栓


引用元:リクシルオンライン

壁の中の給水管(ソケット)に蛇口が直接繋がっているタイプの蛇口です。

キッチンの蛇口は種類と口径が合っていれば交換できる

キッチンの蛇口の種類についてご紹介しましたが、交換する蛇口の部品選びでもう一つ重要なことがあります。それが「蛇口の口径」です。口径というと難しく聞こえますが、簡単にいうとキッチンの天板に空いている「穴の大きさ」のことです。この口径が合っていないと、蛇口が取り付けられない、蛇口を取りつけたけど天板との間に隙間ができる、蛇口がグラグラするという問題が起こります。

蛇口の説明書などに寸法は書かれているので、確認しておくようにしましょう。とくに、古い蛇口を使っている場合は現行の規格と大きく異なっていることが多いので蛇口を購入する前にしっかり確認が必要です。

ハンドルタイプの蛇口からレバーハンドルへの交換も可能

蛇口を捻る「ハンドルタイプ」からレバーを上げ下げする「レバーハンドルタイプ」に交換したいけれど、今使っているタイプと違うから無理だと思っていませんか?実はそんなことはなく、先ほど紹介した蛇口の種類さえ一致していればハンドルタイプからレバーハンドルタイプの蛇口に交換することは可能です。

キッチンの蛇口選びで重要なのは、「ワンホール・ツーホール・壁付き」の判別と「ツーホールの場合は2個の穴の距離」、「蛇口の口径」に注意することです。ハンドルタイプやレバーハンドルタイプかの違いは取り付け可否に影響しないのでレバーハンドルタイプに交換したい場合は各種類のレバーハンドルタイプを選ぶといいでしょう。

キッチンの蛇口を自分で交換する方法

蛇口を自分で交換する場合、水漏れなどで一部の部品だけを交換する方法と、蛇口の根元からごそっと全体を交換する方法とがあります。今回は、蛇口の根元から全体を交換する方法についてご紹介したいと思います。

自分で交換するのは難しい?

蛇口全体の交換というと、一部の部品だけを交換するよりも難しく感じるかと思います。しかし、多くの蛇口は最初から組み立てられた状態で販売されているため場合によっては蛇口全体の交換の方が簡単なこともあります。

ただし、壁付きの場合は壁と本体を接続している部分の取り付け・取り外しが難しかったり、壁に埋め込まれているソケットが外れて取れてしまったといったトラブルが起こることもあり難易度が高くなることもあります。また、台付きの場合は、給水管との接続の仕方で戸惑う人も多いかと思います。

今回は、シングルレバータイプの交換方法について、台付き、壁付きの両方の場合を想定した交換方法をそれぞれご紹介したいと思います。ハンドルタイプの混合水栓を使っている人でも、混合水洗であればシングルレバータイプの混合水栓に交換することも可能なので参考にしてください。

キッチンの台付きシングルレバータイプの交換方法

台付きとは、台に直接シングルレバーが取り付けられており、キッチンの下側に給水管が取り付けられているタイプの蛇口です。穴の数によって、ワンホールとツーホールと2種類あります。ワンホールの場合は、1つの穴に給水管と給湯管に接続するホースを入れるタイプです。ツーホールは、給水管と給湯管に接続するホースを別々の穴に入れるタイプです。

  • 必要な道具
  • 新しく交換する蛇口、モンキーレンチ、雑巾など。


注意点

蛇口の種類によっては、取り外し方や取り付け方が特殊なものもあります。無理だと思ったら、作業を中止して業者に依頼しましょう。また、取り付けられる蛇口の種類は、取り付け穴の口径などの寸法によって変わってきます。部品を購入する際は、きちんと適したサイズの蛇口を購入しましょう。

手順

  • 1.止水栓を止める
  • 2.キッチンのシンク下にある給水管・給湯管と蛇口のホースが繋がっているナットを、モンキーレンチを使って取り外します。錆びて取り外せない場合は、錆び取りスプレーを使うと外しやすくなります。取り外せないからといって力を入れすぎると、給水管や給湯管が折れてしまうこともあるので注意してください。
  • 3.古い蛇口本体は、シンク下の大きなナットで固定されています。このナットをモンキーレンチを使って取り外しましょう。このナットを外して、本体を上から引き抜くと蛇口の取り外しができます。
  • 4.古い蛇口を取り外すことができたら、逆の手順で新しい蛇口を取り付け直していきます。取り外し時と違って、本体の設置部品が付属している場合は説明書に従って取り付けていきます。
  • 5.部品を取り付けることができたら、止水栓を開けてお湯や水が問題なくでるか、水漏れがしていないかなどを確認して完了です。

LIXILのキッチンワンホール混合水栓の交換動画

上記は、LIXILの公式チャンネルで紹介されているワンホールタイプの混合水栓の交換動画です。メーカーがLIXILのため、他のメーカーだと交換方法が異なりますが大まかな流れが分かるので参考にしてみてください。

キッチンの壁付きシングルレバータイプの交換方法

壁付きとは、台ではなく文字通り壁に金具が付いており、その金具と蛇口本体が繋がっているタイプの蛇口のことです。壁付きタイプは、台付きと違って止水栓がないため家の外の止水栓を止めて家全体の水を止める必要があります。

脚の金具部分の取り外しや取り付けがあるため、先ほどの台付きのモノよりも少し難易度が高いかもしれません。

  • 必要な道具
  • 新しく交換する蛇口、モンキーレンチ、シールテープ、雑巾など。

手順

  • 1.止水栓を止める
  • 2.まずは、蛇口本体を壁に取り付けられている脚の金具部分から取り外します。脚の部分と本体の部分は、ナットで固定されているため、モンキーレンチを使ってナットを取り外しましょう。ナットを取り外したら、本体が取り外せます。
  • 3.本体が取り外せたら、壁に取り付けられた脚の金具を取り外します。脚の部分は、壁の中のソケットと呼ばれる接続部分にネジを回しこむようにして取り付けられています。脚の部分をもって、反時計回りに回すと取り外すことができます。脚の部分の取り外しの際に、力を一気にかけすぎると中のソケットごと外れてしまうことがあります。慎重に作業をするようにしましょう。
  • 4.古い蛇口を取り外せたら、逆の手順で取り付け直していきます。取り外しの際と違うのは、取り付ける新しい脚の金具部分にシールテープを取り付けておくことです。
  • 5.部品を取り付けることができたら、止水栓を開けてお湯や水が問題なくでるか、水漏れがしていないかなどを確認して完了です。

三栄水洗の壁付き蛇口の交換動画

上記は、蛇口メーカーの三栄水洗の壁付き蛇口の交換動画です。動画でわかりやすく解説されていますので、やり方がわからない場合はこの動画を参考にされるといいと思います。

キッチンの蛇口交換の費用・料金相場

キッチンの蛇口の種類や自分での交換方法などについてご紹介しましたが、ツーホール蛇口など難しい蛇口になると水道屋に依頼しないとできないこともありますよね。

しかし、水道屋の料金は業者によって料金体系が異なるだけでなく現場見積りが一般的なので家に業者がくるまで料金がわからないのが不安だと思います。

そこで、ホームページ上である程度料金の比較ができるように生活救急車の蛇口の交換料金表をご紹介したいと思います。生活救急車でも正確な見積りは現地見積りになるので、あくまで簡単な比較にお使いください。


蛇口の修理・作業料金表
作業内容 作業料金

調整作業等

8,000円

パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換

10,000円

単水栓(壁付き/デッキ式)交換

12,000円

分岐水栓取り付け(食洗機・浄水器)

現場お見積り

混合水栓(壁付き/デッキ式/ワンホール)

15,000円

追加修理作業

現場お見積り

夜間早朝料金
(20:00~07:59までの受付)

8,000円

  • ※価格は税抜きです。
  • ※料金合計=作業料金+材料費+(追加作業+時間外料金)
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

キッチンの蛇口交換の料金事例

生活救急車では、キッチンの蛇口交換をさせていただいた際の作業事例を、料金と一緒に掲載しております。正確な見積りは現地見積りになりますが、複数の事例をホームページに載せておりますので不安な場合はそちらも参考にしていただければと思います。

キッチンの蛇口交換の傾向

蛇口の耐用年数は10年というのが、一般的です。10年以上使い続けてもトラブルが起きない場合もありますが、キッチンなど利用頻度の高い場所では、甲高い音がしたりパッキンの劣化によって、水漏れが発生しやすくなります。

キッチンで使用する蛇口は、2ハンドルの混合水栓や台付きの2穴シングルレバー混合水栓、壁付きのシングルレバー混合水栓などが多いです。2ハンドルの混合水栓はひと昔前の住宅では主流でしたが、現在はシングルレバータイプが主流です。

こういった混合水栓はハンドルの内部にカートリッジと呼ばれる部品が入っており、ハンドル操作でカートリッジを動かして水量やお湯と水の切り替えなどの調節を行います。

このカートリッジが劣化したり、ハンドルの噛み合わせが劣化すると水漏れなどのトラブルが起こります。こちらも、交換の目安は約10年と考えておきましょう。

※料金事例は、作業当時の料金をそのまま掲載しております。料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。

戸建ての台所の蛇口取付作業料金事例

戸建の台所の水道蛇口を交換したいとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所分岐水栓取付(食洗機 浄水器等) 8,640円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 12,960円

>>>事例詳細はこちら

水漏れしている台所の蛇口交換作業料金事例

台所の水道の蛇口から水漏れしていて、自分で交換しようと思ったが難しいので交換して欲しいとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所混合水栓(壁付)交換 10,800円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 15,120円

>>>事例詳細はこちら

店舗のキッチンの蛇口交換作業料金事例

アイスクリーム店の店舗の壁から出てる蛇口が折れたとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所単水栓(壁付)交換 8,640円
  • 部品代  2個 7,452円
  • 基本料金 4,320円
  • その他作業代 3,240円
  • 合計 23,652円

>>>事例詳細はこちら

引越し先の台所の蛇口交換作業料金事例

引越し先の台所の流しの蛇口を交換したいとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所混合水栓(壁付)交換 10,800円
  • 部品代 17,280円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 32,400円

>>>事例詳細はこちら

会社の台所の蛇口交換作業料金事例

会社の台所の蛇口からぽたぽた水漏れしているとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所の水栓交換 21,600円
  • 部品代 25,920円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 51,840円

>>>事例詳細はこちら

自分で蛇口交換した場合の費用比較

業者に依頼した場合の料金を実例を交えてご紹介いたしましたが、最後に自分で蛇口交換した場合にかかる費用がどれくらいか、例としてご紹介させていただきたいと思います。

道具代

蛇口交換で主に使う道具の中で新しく買うとしたら、モンキーレンチとシールテープかと思います。モンキーレンチは、安いもので500~1,500円ほどで購入することができます。ただし、サイズや種類によっては値段が前後します。

シールテープは長さやメーカーなどによって変わってきますが、大体500~1,500円程とモンキーレンチと同じ位で売られています。また、ネットショップやホームセンターなど、買う場所によっても値段が変わりますのでじっくり調べてみるといいかもしれません。



部品代

蛇口本体についてですが、これはメーカー、品番などによってピンキリです。口径によって、取り付けられる部品も変わってくるため値段の目安は参考にならないかと思います。ただ、一例として紹介するならシングルレバーの安いもので1万円くらいからのものもあり、高いもので5万円を超えるものもあります。ホースが伸びるタイプや、シャワーになっているタイプ、シャワー部分で切り替えができるタイプなどは高くなる傾向があります。

キッチンの蛇口を交換する方法と業者に依頼した料金・費用まとめ

今回は、キッチンの蛇口を交換する方法や業者に依頼した場合の料金・費用などについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。蛇口の種類によっては、自分で交換できるものもあるのでやってみようと思われた方もいらっしゃるかと思います。

また、業者に依頼しようと思っている方についても料金体系が大きく異なることを知らなかったという人は必ず複数業者に相見積りを取ってみることをおすすめいたします。


ユーザー評価:  4.5 (30件)

自分で交換しようと思ったけど、思ったより安いので業者依頼もいいかなと思います。 蛇口だけは気に入るものを選びたいけど。

分かり易い。ありがとうございます。

細かく事例を挙げてくださっているので、我が家のケースと比較することが出来ました。また、聞きにくい料金体系もよく分かりました。