さらに条件を追加する
LIBRARY

ドアノブの外し方~ネジなし・レバーハンドルなど一挙紹介~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ドアノブの外し方~ネジなし・レバーハンドルなど一挙紹介~

説明 ドアノブの修理や交換を自分でしようと思っているけれど、ドアノブの外し方がわからなくて困っていませんか?ドアノブにはいくつかの種類があり、種類ごとに外し方が異なります。そこで、今回はドアノブの種類や、種類別のドアノブの外し方についてご紹介します。

ドアノブの修理や交換を自分でしようと思っているけれど、ドアノブの外し方がわからなくて困っていませんか?

ドアノブにはいくつかの種類があり、種類ごとに外し方が異なります。

そこで、今回はドアノブの種類や、種類別のドアノブの外し方についてご紹介します。

ドアノブの種類

ドアノブにはいくつかの種類があります。ドアノブの種類によって構造や取り外し方、交換方法が異なります。そこでまずは、ドアノブの種類についてご紹介します。

種類1.握り玉

丸い形状で丸型の部分を握って回すタイプのドアノブで、玉座とも呼ばれます。一般的なドアノブで、以前は自宅やオフィスなどさまざまな場所で多く使用されていました。他のドアノブの普及によって、最近では減少傾向にあります。

種類2.レバーハンドル

レバーを下げてドアを開けるドアノブです。握って手首をひねりドアを開閉する握り玉に比べ、握りやすく軽い力でレバーを下げるだけで簡単にドアの開閉が行えます。そのため、女性や小さいお子さん、高齢者の方でも扱いやすいメリットがあります。

その利便性から最近では握り玉に変わり広く普及していて、さまざまな扉に使用されるケースが増えています。

種類3.間仕切錠

間仕切錠とは片側からのみ施錠・解錠を行えるドアノブで、施錠状態かどうかを表示する窓が無いタイプの錠前になります。非常の際には、コインなどを使用して外側から解錠できる、非常解錠装置が設置されているのが特徴です。

施錠が必要な書斎や寝室、浴室やトイレなどの室内のドアに使用されることが多いです。

種類4.表示錠

表示錠は片側からのみ施錠・解錠が可能、非常解錠装置があるなど間仕切錠との共通点があります。ただ、間仕切錠とは違い鍵の施錠・解錠を色で表示する窓がついているのが特徴です。

一般的には開いている状態では「青色」、閉まっている状態では「赤色」で表示され、外から見てすぐに状況を判断することが可能です。主にトイレで使用されることが多いドアノブです。

種類5.チューブラ錠

チューブラ錠タイプのドアノブはトイレや浴室、子供部屋などのドアによく取り付けられているタイプのドアノブです。

ドアノブの機能が、1本のチューブの形をしたケースの中に収納されているのが特徴です。チューブラ錠には施錠できるタイプと施錠できないタイプがあります。施錠可能なタイプの場合、ラッチの動きを固定することでドアを開けられないようにします。

種類6.円筒錠

円筒錠は握り玉タイプのドアノブで、以前は玄関のドアにも使用されていましたが、防犯性はあまり高くなく最近はトイレや浴室などの室内のドアに使用されています。

内側がボタンタイプ、もしくはサムターンタイプの円筒錠が多く使用され、表側には非常解錠装置が付いています。ボタンタイプの場合、ボタンを押すことで内部に組み込まれたシリンダーが作動してドアノブの回転を固定します。

種類7.インテグラル錠

インテグラル錠はラッチボルトとは別に施錠用のデッドボルトが付いていて、片方が鍵穴、もう片方がサムターンになっているのが特徴です。鍵を掛けるとこのデッドボルトが出てきて施錠されます。

インテグラル錠は、勝手口によく使用されているドアノブです。

ドアノブの外し方

ドアノブの種類についてご紹介しましたが、ここから種類別のドアノブの外し方、交換方法をご紹介します。

レバーハンドルタイプの外し方・交換方法

まずは、レバーハンドルタイプのドアノブの外し方・交換方法をご紹介します。部品によっては、台座とレバーハンドルが一体型の製品があります。そういった製品の場合は、下記の1~3の手順の作業は不要になります。


  1. 【レバーハンドルの外し方・交換の手順】
  2. 1.内側のレバーハンドルの根元のビスを取り外す
  3. 2.内側のドアレバーを引き抜く
  4. 3.外側のドアレバーを引き抜く
  5. 4.台座を固定している上下のビスを取り外す
  6. 5.内側・外側両方の台座を取り外す
  7. 6.フロントのビスを取り外す
  8. 7.フロントを引き抜く
  9. 8.上記1~7の逆の手順で新しいレバーハンドルを取り付け、動作確認を行い作業完了

レバーハンドルタイプのドアノブの場合、製品によって取り外し、取り付けの手順が異なります。分からない場合は、製品の説明書を確認しながら作業を行うようにしましょう。

チューブラ錠タイプの外し方・交換方法

チューブラ錠タイプのドアノブは、ビス(ネジ)で台座がドアに固定されています。このネジをプラスドライバーで取り外すことで、簡単にドアノブを外すことができます。


  1. 【チューブラ錠の外し方・交換の手順】
  2. 1.内側の取り付けビスをプラスドライバーで取り外す
  3. 2.内側のドアノブを引き抜く
  4. 3.外側の取り付けビスを取り外す
  5. 4.外側のドアノブを引き抜く
  6. 5.フロントの取り付けビスを取り外す
  7. 6.フロントを引き抜く
  8. 7.上記1~6の逆の手順で新しいドアノブを取り付け、動作確認を行い完了

円筒錠タイプの外し方・交換方法

円筒錠タイプのドアノブを外すときは、キリや千枚通し、ピンなどの先端の細い道具やマイナスドライバーを使用します。事前に用意しておきましょう。


  1. 【円筒錠の外し方・交換の手順】
  2. 1.内側のドアノブの付け根の小さな穴にキリなどを差し込み押しながらドアノブを引き抜く
  3. 2.丸座の穴が開いている部分にマイナスドライバーを差し込み、手前に押し上げて丸座を取り外す
  4. 3.丸座裏金を固定している上下2か所のビスを取り外す
  5. 4.丸座裏金を取り外し、外側のドアノブを引き抜く
  6. 5.フロントの上下2か所のビスを取り外す
  7. 6.フロントを引き抜く
  8. 7.上記1~6の逆の手順で新しいドアノブを取り付け、動作確認を行い完了

なお、手順2でマイナスドライバーを差し込むときは、ドアを傷つけないように注意しましょう。

インテグラル錠タイプの外し方・交換方法

インテグラル錠は丸座とドアノブが一体となっていて、丸座を外すと一緒にドアノブも外れます。外し方も簡単で手で取り外すことが可能です。一部、手で取り外せないドアノブもありますので、念のためプライヤーを用意しておきましょう。


  1. 【インテグラル錠の外し方・交換の手順】
  2. 1.内側のドアノブの根元を反時計回りに回して取り外す。プライヤーを使用する場合は、ドアノブの根元にある小さな穴に、プライヤーの突起を差し込んで回す
  3. 2.丸座裏金を留めてある2か所のビスをドライバーで取り外す
  4. 3.外側のドアノブを取り外す
  5. 4.ドア側面のフロントを固定している上下2か所のビスを取り外す
  6. 5.フロントと内部のケースを取り出す
  7. 6.上記1~5の逆の手順で新しいドアノブを取り付け、動作確認を行い完了

ドアノブの外し方~ネジなし・レバーハンドルなど一挙紹介~まとめ

今回はドアノブの種類や、種類別のドアノブの外し方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ドアノブの取り外しや交換は、実は意外と簡単にできるものが多いです。ただし、錆び付いていたり、ネジ山が潰れてしまっている場合など自分で行うのが難しいときもあります。

そういった場合は専門の業者に取り外し、交換を依頼するのも一つの手です。生活救急車では、ドアノブの取り外し・交換の作業を承っております。まずは無料の現地見積から対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお電話下さい。