さらに条件を追加する
IDEA

ドアクローザーの取り外し方を解説!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決ドアクローザーの取り外し方を解説!

説明 新しいドアクローザーに交換するから、古いドアクローザーを取り外したいけど、やり方が分からなくて困っていませんか。ドアクローザーはネジを外していけば取り外せますが、取り外す順番や方法を知っていないと余計な手間がかかってしまいます。そこで今回は、ドアクローザーの取り外し方についてご紹介したいと思います。

取り外し方の概要

ドアクローザーの取り外しは、ドアクローザ本体を固定しているネジ、ブラケットを固定しているネジ、リンクとアームを繋いでいるネジを取り外すことで完了します。ただし、ドアクローザーの種類によっては固定している方法などが違っている場合もあります。そういった場合は、説明書などを見て自分で理解して取り外す必要も出てきますので注意してください。

必要な道具

ドアクローザーを取り外すのに必要な道具は、ドライバーと脚立です。ネジのねじ山を潰さないように、それぞれのネジに適したサイズのドライバーを使いましょう。

注意点

自分で取り外しや交換をしようと思って作業をしている際に、ねじ山を潰される方がよくいらっしゃいます。ねじ山が潰れてしまうと、通常の作業ができなくなってしまうので、必ず適したサイズのドライバーを使いましょう。

また、脚立を使う場合は作業中に転倒しないように、必ず脚立を押さえる人と作業をする人の2人で行いましょう。また、急にドアが開いてしまうこともあるため、ドアにはもたれかからないようにしましょう。

手順

ドライバーを使って、順番にネジを取り外していきます。ネジを取り外すだけですが、取り外す箇所や順番を間違えると、取り外しにくくなるので注意しましょう。また、種類によって固定方法が違ってくることもあります。今回は、よく見られる本体を固定しているネジが最初から見えているタイプの取り外し方をご紹介いたします。

1.リンクとアームを外す

最初に、取り外しやすいようにドアの上に取り付けられているリンクと本体とを繋いでいるアームを留めているネジを外します。ネジを外したらリンクを上に引っ張って、アームと離します。

2.本体を外す

次に、本体とドアを固定しているネジを取り外します。ネジを取り外す際は、本体が落ちないように、本体を手で持った状態で作業をします。

3.ブラケットを外す

本体が取り外せたら、リンクとブラケットを固定しているネジを取り外します。ブラケットはドアの上枠に固定されているかと思います。ドアが邪魔な場合は、ドアを開いてストッパーで閉まらないようにした状態で取り外しを行うとスムーズに取り外せます。

4.完了

本体とブラケットを取り外せたら、作業完了です。

取り外しが上手くいかない場合

本体を固定しているネジが外側から見つからない場合、ねじ山が潰れてしまっている場合、特殊なドアクローザーを使っている場合などは、今回紹介した方法では取り外しができません。特にねじ山が潰れてしまっている場合は、通常のドライバーを使った方法ではできませんので、プロに相談することをおすすめいたします。

ドアクローザーが取り外せないときのプロの対応とは

ドアクローザーを取り外そうとしたけど、ねじ山が潰れてしまって取り外せない場合でもプロであれば、取り外しは可能です。専用の工具を使って新たなねじ山を作ったり、いくつかの道具を組み合わせて取り外すなど、状況に合わせて複数の手段を用意しています。

自分で取り外そうと思ったけどできなかった、ねじ山が潰れて取り外せなかった、特殊なドアクローザーだから作業が心配、道具を用意するのが大変などの場合は、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ドアクローザーの取り外し方についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。固定しているネジを順番に取り外すことで、スムーズに取り外しができるようになります。もしも、自分で取り外せない場合は、プロに相談してみることをおすすめいたします。