さらに条件を追加する
IDEA

トイレのタンクでチョロチョロと音がするトラブルを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決トイレのタンクでチョロチョロと音がするトラブルを修理する方法

説明 トイレで水漏れの音がする、タンクの中でチョロチョロと漏れている、タンクの水漏れが気になるなどの、トイレのタンクでチョロチョロと音がするトラブルを修理する方法です。ボールタップの調整ネジでタンクの水位を調整して修理する方法、浮き球を持ち上げて緊急対応する方法などを紹介しています。

トイレのタンクでチョロチョロと音がするトラブルの修理方法の流れ

タンクの中でチョロチョロと水の音がするときは、タンクの中で水漏れが起きています。
その水漏れは、ボールタップが原因で起きていることが多いです。
ボールタップの水漏れは、下記の手順で対処しましょう。

1:ボールタップの調整ネジで、タンクの水位を調整する
2:浮き球を持ち上げる

【1:ボールタップの調整ネジで、タンクの水位を調整する】
ボールタップには、タンクの水位を調整するネジが付いています。
ネジの形状は、ボールタップの種類によって様々ですが、そのネジを回すことで、水位を変えることができます。
水位が変わることで、ボールタップが正常に作動し、水漏れが止まることがあります。

【2:浮き球を持ち上げる】
ボールタップからの水漏れが止まらないときは、ボールタップを少し持ち上げてみましょう。
持ち上げた際に水が止まれば、紐などで、一時的に水漏れを止めることができます。



トイレの水漏れ修理で使用する道具

・雑巾:作業時に飛び散った水を拭き取る際に使用します
・紐  :ボールタップを固定する際に使用します



チョロチョロ音がするトイレタンクの修理手順

【1:ボールタップの調整ネジで、タンクの水位を調整する】
ボールタップからの水漏れは、タンクの水の水位が高いことが考えられます。
その水位を下げるには、ボールタップについている調整ネジを回します。
調整ネジを左方向に回すとタンクの水位が下がり、右に回すと水位が上がります。
ボールタップから水漏れする際は、調整ネジを左に回して、タンクの水位を下げてみましょう。

【2:浮き球を持ち上げる】
タンクの水位を下げても水漏れが止まらない場合は、浮き球を手で持ち上げてみましょう。
持ち上げた時に、水漏れが止まるときは、水漏れが止まる位置で、ボールタップを固定しましょう。
紐などでボールタップを固定することで、ボールタップからの水漏れを防ぐことができます。
この方法は、一時的な対処方法です。根本的に解決するには、部品の交換が必要です。



トイレの水漏れ修理の作業をする際に注意すること

タンクのフタを開けるときに、フタを落とさない様に注意しましょう。
また、ボールタップの調整ネジを操作するときは、タンク内の部品を損傷させないように注意しましょう。



トイレのタンクでチョロチョロと音がするトラブルはどうして起こるのか・・・

タンクの中でチョロチョロ音がする原因は、ボールタップから水が出続けているためです。
その原因の一つとして、タンク水位が高く設定されていることが挙げられます。
タンクの水位が高く設定されていると、オーバーフローを起こします。オーバーフローは、水位が一定以上になると、オーバーフロー管から見水が溢れる現象です。
その結果、設定されている位置に水位が届かないため、ボールタップから水が出続けてしまいます。
水位が高いこと以外にも、ボールタップ自体の故障や、オーバーフロー管の損傷なども、タンク内でチョロチョロと水が漏れる原因になります。



チョロチョロ音がするトイレタンクにはこんな解決方法も・・・

ボールタップ本体を換える方法があります。
また、オーバーフロー管に損傷がある場合は、オーバーフロー管の交換が必要です。
紐でボールタップを固定して水を止める方法は、一時的な対処方法ですので、根本的な解決にはなりません。
根本的な解決には、損傷している部品を交換することが必要です。

ユーザー評価: ☆☆  3.0 (1件)

試してみる価値あり