さらに条件を追加する
IDEA

トイレの水漏れ(場所不明)を確認する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決トイレの水漏れ(場所不明)を確認する方法

説明 トイレの中でポタポタと水漏れの音がする、のタンクの近くで水漏れしている、水たまりができているなどの、場所が分からないトイレの水漏れを確認する方法です。水が漏れている状況を確認する方法、どのくらい漏れているか確認する方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

トイレの水漏れ(場所不明)の確認方法の流れ

トイレの水漏れの場所を特定する手順は、大きく分けて2つです。
1:水が漏れている状況を確認する
2:どのくらい漏れているか、確認する

【1:水が漏れている状況を確認する】
当たり前のように感じますが、とても大切なステップです。
調べてみると、「水漏れではなく、結露だった」とか、「床が濡れていたのは、お小水が原因だった」など、実際は、水漏れではなかったというケースがあります。特に、床が濡れている場合は、一度、しっかりと拭いてから、誰も使用しない状況で、水漏れを確認してみましょう。

【2:どのくらい漏れているか、確認する】
水漏れしている量で、不具合や故障の状況が分かることがあります。その状況で、すぐに対応が必要かどうかが判断できます。
その状況で、対応方法も変わってきますので、水漏れの量を確認しましょう。



トイレの水漏れ確認で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ



漏水しているかもしれないトイレの確認手順

【1:水が漏れている状況を確認する】
水漏れの状況を確認する方法は、濡れている場所によって変わります。

<床が濡れている場合>
床をしっかりと乾拭きし、誰も使用しない状態で、水が漏れてくるか確認します。
水を流さない状態で、水が漏れてくる場合は、止水栓や給水管、タンク下から水漏れしていることが多いです。
水を流したときに、水が床に漏れてくる場合は、便器や、便器と床の接合部分(フランジ)に問題があることがあります。

<タンクの中でチョロチョロもれている場合>
タンクの中には、様々な部品があります。水漏れしている部品を特定することで、修理の方法が変わってきます。
タンク内の中央にある、オーバーフロー管の上から水が流れている(オーバーフロー)場合、ボールタップに原因があることが多いです。
オーバーフローしていない場合、タンクの底にある、ゴムフロートに原因があることが多いです。
オーバーフロー管が折れて、水漏れしていることもありますので、状況をよく確認することが必要です。

【2:どのくらい漏れているか、確認する】
水漏れの量が少ない場合は、慌てずに対応しましょう。トイレの床に水が漏れている場合は、雑巾などで養生し、階下漏水を防ぎましょう。
水漏れが激しい場合は、すぐに対応が必要です。状況を確認した上で、マイナスドライバーを使って、トイレの止水栓を閉めましょう。
この時、止水栓が錆びていると、止水栓が折れやすくなっていることがありますので、慎重に操作しましょう。



トイレの水漏れ確認の作業をする際に注意すること

作業時の注意点として気を付けることは、階下漏水を防ぐことです。
特に、タンクの中を作業する際は、必ず止水栓を閉めましょう。
水が床に漏れた場合に備えて、雑巾やバケツを用意することも必要です。

また、タンクの中は、様々な部品があります。不用意に作業すると、かえって不具合を起こすこともあります。
特に、給水まわりは、階下漏水にもつながりかねないので、細心の注意を払いましょう。
交換や修理は、ある程度の経験や知識が必要になりますので、対応できない場合は、信頼できる水道屋へ相談しましょう。



トイレの水漏れ(場所不明)はどうして起こるのか・・・

トイレの水漏れの原因としては、部品の劣化が挙げられます。
給水まわりのパッキンやタンクの底のゴムフロートは、水に溶けることがあるため、経年劣化で水漏れを起こします。
ボールタップも、水質や給水管のサビなどが原因で故障することがあります。
ある程度の年数が経っている場合は、メンテナンスをすることで、長く使える場合があります。



漏水しているかもしれないトイレにはこんな解決方法も・・・

トイレの水漏れ以外に、キッチン、洗面所、お風呂場の蛇口を確認することも大切です。トイレが経年劣化している場合、他の場所も、同じように劣化している可能性があります。トイレの水漏れがあった場合、他の水回りにも、水漏れがないか確認しましょう。