さらに条件を追加する
LIBRARY

給湯器のエラーコード710の燃焼制御回路異常とは?

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
給湯器のエラーコード710の燃焼制御回路異常とは?

説明 給湯器のパネルに「エラーコード710」が表示されて、困っていませんか?710は燃焼制御回路に関する不具合を知らせるコードです。今回は、給湯器のエラーコード710(燃焼制御回路に関連するエラー)についてご紹介します。

給湯器のパネルに「エラーコード710」が表示されて、困っていませんか?

給湯器のエラーコードにはそれぞれ意味があり、それによって対処法が異なります。710は燃焼制御回路に関する不具合を知らせるコードです。

今回は、給湯器のエラーコード710(燃焼制御回路に関連するエラー)についてご紹介します。


給湯器のエラーコード710が生じる原因

給湯器のエラーコード「710」が出たときは、燃焼そのものにかかわる部品や燃焼を制御している部品に不具合が生じている可能性があります。

気温や天候などの環境要因から影響を受けて一時的なエラーが出ることがあり、このような場合は復帰操作をすることでエラーが解消されることがあります。

しかし、経年劣化や部品の故障でエラーが正しく出ているときは、一部部品の交換による修理作業や本体丸ごとの交換が必要になります。


給湯器メーカーによってエラーコード「710」や「71」の表記が変わる

給湯器メーカーによって、パネルに表示されるエラーコードが変わります。

例えば、ノーリツの場合は「710(燃焼制御回路異常)」ですが、リンナイの場合は「71(電装ユニット異常)」といった具合です。


エラー710が出たときに起こる問題

このエラーが出ると給湯器のお湯が出なかったり、燃焼しなくなってしまいます。また、給湯器自体が運転しなくなることもあります。


エラーコード710が出たときの対処法

使用年数によっては自分で解決できることもあります。まだ買い換えたばかりなのにエラーが出てしまったときは、すぐに修理を依頼せずに以下の方法を行ってみましょう。


リモコンの電源をリセットする

使用年数の浅い給湯器は、一時的なエラーが出ていることもあります。そんな時は、リモコンリセットを行うと解決する場合があります。


  • 【リモコンリセットの手順】
  • 1.給湯器の湯張り、給湯をすべて休止する。
  • 2.リモコンの運転スイッチを「OFF」から「ON」にする。
  • 3.一時的にエラーコードが消えるか確認する。
  • 4.エラーがそのまま出なくなったら、給湯や湯張りを再開する。

コンセントを抜いてリセットする

リモコンのリセットで解決できないときは、コンセントを抜いてリセットしてみます。

給湯器本体についている電源コンセントを抜き差しすることで、改善されることもあります。

これを行うと、エラー表示は一時的に消えるので、再度お湯の給湯などを行ってみましょう。

しかし、明らかな目で見て分かるような異常が起こっているときは、むやみに作業するのは危険です。安全に作業できるか確認してから行ってください。


給湯器エラーコード710は交換したほうがいい?

給湯器のエラーコード710が出た場合に、「エラーは解消したが、修理や交換をした方がいい?」と心配になられる方もいらっしゃいます。

使用年数によって対応は異なりますが、例えば使用開始してから3年以内であればメーカーの無料保証の期間内の可能性が高いので、保証書に書かれている窓口に連絡するのがおすすめです。

無料保証の期間を過ぎたものに関しては、不安であれば有料点検と修理をするのもいいでしょう。

また、給湯器の寿命は10年ですので、10年以上使っていてエラーが頻発する・解消されないというときは新しい給湯器への交換が安心です。


給湯器のエラーコード710の燃焼制御回路異常とは?まとめ

今回は、給湯器のエラーコード710についてご紹介しました。

エラーコード710は、故障していなくても、環境要因によって一時的にエラーが表示されることがあります。

復帰作業で直るのであれば修理は必要ありませんが、復帰作業で直らない、エラーが頻発するというときは、メーカー・業者に点検や修理・交換作業を依頼するのがおすすめです。

生活救急車でも、給湯器の修理・交換を行っております。お困りの際は、お気軽にご相談ください。