さらに条件を追加する
IDEA

給湯器の給水バルブについて

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決給湯器の給水バルブについて

説明 給湯器の水漏れなどの場合は、給水バルブを閉める必要があります。ほとんど使うことがないと思いますが、いざという時のために、ここでは給湯器の給水バルブについてご紹介いたします。

給水バルブって何をしているの?

給水バルブは、水を給湯器に通したり止めたり、量を調節するために取り付けられています。バルブというと馴染みがない人もいるかと思いますが、給水栓、止水栓、ガス栓などは聞いたことがある人が多いと思います。バルブも栓も呼び方が違うだけで、基本は同じです。

給湯器だけでなく、台所やトイレなどで使われるバルブですが、一口にバルブと言っても様々な種類があります。

主な給水バルブ(栓)

給水バルブにも色々なものがありますが、皆さんがよく見かけるものは下記のようなものかと思います。

単水栓

給水管や給湯管を接続して、水またはお湯のどちらかだけを出したり、止めたりします。水とお湯を混ぜるようなことはできません。主に、学校などの壁に取り付けられているものは横水栓、洗面器などに縦についているものを立水栓といいます。

湯水混合水洗

給水管と給湯管を接続して、水とお湯を混ぜて水を出したり、止めたりすることができます。2ハンドル、シングルレバー、ミキシング、サーモスタットなどの色々な種類があります。

給水バルブを閉めることってある?

普段あまり意図的に閉めることはないと思いますが、例えば、給湯器本体から水が漏れている場合などは給水バルブを閉めて一時的に水漏れを止めたりすることがあります。

バルブから水漏れ

給湯器本体ではなく、給水バルブなどから水漏れがしてしまうこともあります。例えば、パッキンなどが経年劣化している場合などは、水が漏れてしまうことがあります。こういった場合は、バルブをきつく閉めようとするのではなく、パッキンの交換が必要になります。

給水バルブの交換について

給水バルブも一生使えるわけではなく、長年使っていると劣化してしまい、水の出が悪くなったりします。例えば、下記のようなトラブルが起こる可能性があります。

蛇口から赤水が出る

蛇口から、赤い水が出るトラブル。実は、バルブの入り口に付着した錆によって蛇口から赤水が出てくることがあるのです。長年使ったバルブから、出てくることがあります。交換せずに長年使っているものは、内部が腐食して肝心の水を止める機能が壊れてしまうことがあるため、心配な方は定期的に点検や必要であれば交換されることをおすすめいたします。

マンションの水漏れトラブルは大変

マンションなどで水漏れが起こった際は、床下に染み出さないように早めに水を止めるなどの初動が大切です。その際にバルブが回せない、力を入れると割れてしまったなどで水を止めることができないと、階下への漏水で修繕費が膨らむことがあります。中古マンションなどを買った際は、設備のチェックをされるかと思いますが、給水バルブなども見ておくといいかもしれません。

お風呂の蛇口のお湯が止まらない

お風呂の蛇口のお湯が止まらない場合、外の給湯器のバルブが原因で止まらないこともあります。経年劣化による部品の摩耗の場合などは、新しい部品に交換することで直ります。夜間、深夜帯などは、昼間に比べて料金が高くなったり、対応事態していない業者もあるため、おかしいなと思った際は早めに交換されることをおすすめいたします。

まとめ

今回は、給湯器の給水バルブや、バルブ自体の種類、主なトラブルなどについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。漏水などのいざという時に使うものだからこそ、定期的な確認やメンテナンスをしておくことが大切ですよね。自宅の給水バルブの交換を長い間していない場合は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。