さらに条件を追加する
IDEA

害虫を掃除機で吸うとどうなるの?

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決害虫を掃除機で吸うとどうなるの?

説明 害虫退治で、後々「やってしまった~」となるのが”掃除機で吸うこと”ですよね。虫を叩いて退治するのも反撃が怖いから無理、殺虫剤を使うのも飛んできそうで怖いから無理、そして導き出されるのが「そうだ掃除機で吸い込もう」です。でも、掃除機で吸ったあと、中で虫がどうなっているのか気になりますよね。そこで、今回は、害虫を掃除機で吸うとどうなるのかなどについて、ご紹介したいと思います。

掃除機の中で死ぬ害虫と死なない害虫

一番気になるのは、「吸った虫が死んだかどうか」ですよね。先にお伝えしておくと、死ぬ虫と死なない虫がいます。主に、アリ、蜂、ダニ、小さい蜘蛛などは掃除機に吸い込まれた衝撃、ゴミに埋もれて窒息して死ぬことが多いようです。

吸われても生きる害虫

掃除機に吸われても生き残りやすい害虫には、ゴキブリ、大型の蜘蛛、ムカデなどがいます。どれも、生命力が強い害虫ですよね。それだけに、掃除機の衝撃では死なずに、最悪、卵を産み付けて中で繁殖してしまうこともあります。

卵を持っている虫は要注意

虫を掃除機で退治するときに、一番気をつけたいのが「卵」を持っている虫です。例えば、ゴキブリやカマキリといった虫です。彼らの場合、本体が掃除機の衝撃で死んでも、卵が無事で掃除機の中で孵化してしまうこともあります。しばらくして、掃除機のゴミを捨てようとしてウジャウジャと虫が出てきたらトラウマになりますよね。

掃除機で虫を吸った後の対処方法

掃除機で虫を吸うと、本体が生き残っていたり、卵が孵化する可能性があったりと、掃除機のゴミ捨てのハードルが急激に上がりますよね。虫を吸う前ならともかく、このページを見ている人は、吸ってしまってどうしようかと悩んでいる人も多いかと思います。そこで、掃除機で虫を吸ってしまった後の対処方法などについてご紹介したいと思います。

殺虫剤をかける

まず始めに注意点ですが、殺虫剤をかけるときは掃除機で直接殺虫剤を吸い込まないようにしてください。殺虫剤のガスが掃除機のモーター部分に引火して火災に繋がる恐れがあるからです。殺虫剤をかける際は、掃除機の中の紙パックを取り出してからかけるようにしましょう。また、殺虫剤を紙パックにかける際は次の方法と一緒にすると少し安心です。

紙パックの口をふさぐ

紙パックの口をガムテープなどで塞いでしまいましょう。紙パックの中で生きていることがわかっても、あの感触が怖くて潰すことができない人は多いと思います。そういった場合は、ガムテープで紙パックの口を塞いでゴミ袋に入れて、すばやくゴミに出すと安心です。ただし、紙パックを取り出すのが無理だという人も多いと思います。そういった場合は、次の方法を試してみて下さい。

ホウ酸で駆除を試みる

ホウ酸団子で、ゴキブリを駆除したことがある人もいるかと思います。そのホウ酸を直接掃除機で吸わせて、ゴキブリにも掃除機の中でホウ酸を吸わせるのです。ただし、死んだかどうかは紙パックを取り出すまでは分からず、放置しておくと卵が孵化する可能性もあるため、最後は覚悟を決めて早めに紙パックを処分するようにしましょう。

まとめ

今回は、害虫を掃除機で吸ったあとどうなるのかや、吸ってしまったあとの対策などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。掃除機の中は、中を開けてみないとどうなっているかが分からず、虫嫌いの人が掃除機で虫を吸ってしまうと、後々ゴミを処分する際に虫が出てくるのではないかと怖くなることが多いと思います。とはいえ、退治方法が掃除機しかないという場合は、今回紹介した対処方法などを使って駆除されることをおすすめいたします。

ユーザー評価:  4.8 (5件)

蚊を掃除機で吸ってどうしようと思いましたがこの記事を見て死ぬんだなと確信して安心になりました