さらに条件を追加する
IDEA

キッチンの蛇口のハンドルを回しても水がでない故障を修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決キッチンの蛇口のハンドルを回しても水がでない故障を修理する方法

説明 蛇口から水が出ない、蛇口のハンドルが空回りする、蛇口の水の量が少ないなどの、ハンドルを回しても水がでない蛇口の故障を修理する方法です。止水栓で水が止まっている場合の確認方法、ハンドルが空回りしている場合の修理方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

キッチンの蛇口のハンドルを回しても水がでない故障の修理方法の流れ

蛇口のハンドルを回しても、水が出ない時は、2つの原因が考えられます。

1:止水栓で水が止まっている
2:ハンドルが空回りしている

【1:止水栓で水が止まっている】
水が出ないときは、給水がされているか確認しましょう。玄関先の元栓、キッチンのシンク下の止水栓、水栓金具についている流量調整栓などの止水栓を確認しましょう。

【2:ハンドルが空回りしている】
蛇口のハンドルが空回りしているときは、ハンドルを交換しましょう。症状によっては、蛇口そのものを交換することも検討しましょう。



キッチンの故障修理で使用する道具

・雑巾
・ゴム手袋
・モンキーレンチ
・マイナスドライバー
・プラスドライバー
・交換用ハンドル



水が出ない台所の水道の修理手順

【1:止水栓で水が止まっている】
キッチンだけでなく、トイレや洗面所からも水が出ない場合は、玄関先の元栓が閉まっていることが多いです。元栓が閉まっていた場合は、ゆっくりと止水栓を開けるようにしましょう。
トイレやお風呂場の蛇口から水が出る時は、キッチンの止水栓を確認しましょう。キッチンの止水栓は、シンク下の給水管に設置してあることが多いです。給水管と給湯管にそれぞれ止水栓が付いている場合が多いですので、閉まっている場合は、ゆっくりと止水栓を開けましょう。
壁付の水栓金具の場合、蛇口自体に流水調整栓が付いていることが多く、まれに、その栓を閉めた影響で水が出なくなることがあります。その際は、マイナスドライバーを使って、ゆっくりと調整栓を開けるようにしましょう。

【2:ハンドルが空回りしている】
ハンドルが割れたり、損傷の影響で、ハンドルが空回りして、水がでないことがあります。その際は、ハンドルを交換しましょう。
ハンドルの上部についているキャップを、マイナスドライバーをつかって外します。そのキャップを外すと、ビスが見えるので、プラスドライバーを使って、ビスを外します。
ビスを外し、ハンドルを上方向に引き抜くと、ハンドルが外れます。  交換用のハンドルをかぶせ、ビス止めして、水が出るか確認しましょう。



キッチンの故障修理の作業をする際に注意すること

蛇口周りの交換作業をする際は、必ず、止水栓を締めて、水が出ない状態で作業しましょう。
その際、止水栓が錆びているなど、折れやすい状況になっていることがあります。回すことが困難な止水栓や、固い止水栓は、給水管や給湯管が折れないように作業しましょう。
ドライバーでビスを締める際は、ビスを傷めないように注意しましょう。また、ビスを必要以上に締めすぎると、ハンドルやその周辺部分の部品を傷めたり、蛇口本体の不具合を引き起こす可能性があるため、注意しましょう。



キッチンの蛇口のハンドルを回しても水がでない故障はどうして起こるのか・・・

日常で、止水栓を操作する頻度は、かなり少ないです。そのため、「閉めたこと」を忘れてしまったり、自分以外の同居人が閉めたことを知らない場合、水が出ないとパニックになることがありますので、落ち着いて対応しましょう。
また、蛇口のハンドルは、使用頻度が高く、劣化したり、損傷する可能性が高い部分です。衝撃や経年劣化によって、損傷することがあります。



水が出ない台所の水道にはこんな解決方法も・・・

蛇口内部の部品が故障し、水が出なくなることがあります。その際は、水栓金具(蛇口)を交換することも検討しましょう。特に、長年使用している蛇口は、ハンドルやパッキンを交換しても、他の部品が劣化している恐れがあります。状況にあった方法を選択するようにしましょう。
また、元栓や、止水栓、蛇口に異常がない場合は、水道工事によって、水道自体が止まっていることがあります。お住いの水道を管轄している水道局に確認するのも忘れないようにしましょう。