さらに条件を追加する
IDEA

キッチンの蛇口根元の水漏れを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
自己解決キッチンの蛇口根元の水漏れを修理する方法

説明 キッチンの蛇口と壁の接続部分から水が漏れる、蛇口のつけ根から水漏れする、給水管との継ぎ目から漏水するなどの、キッチンの蛇口根元の水漏れを修理する方法です。蛇口本体の不具合の対応方法や蛇口と給水管の接続部分の修理方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

キッチンの蛇口根元の水漏れの修理方法の流れ

蛇口の根本から水が漏れている時は、2つの原因が考えられます。

1:蛇口本体の不具合
2:蛇口と給水管の接続部分の不具合

【1:蛇口本体の不具合】
蛇口の根本からの水漏れは、意外と、蛇口本体からの水漏れが伝って根元に水が溜まっていることがあります。蛇口の根元の水漏れを拭いて、蛇口本体からの水漏れかどうかを確認しましょう。

【2:蛇口と給水管の接続部分の不具合】
蛇口本体の水漏れでない場合は、給水管との接続部分に不具合がある可能性があります。キッチンのシンク下の止水栓、または、玄関先の水道の元栓を閉めて、接続部分を増し締めしてみましょう。



キッチンの水漏れ修理で使用する道具

・雑巾
・モンキーレンチ
・シールテープ
・ヘルメシール



給水管の接続部分から漏水している台所の水道の修理手順

【1:蛇口本体の不具合】
蛇口の根元の水漏れを拭いて、蛇口本体からの水漏れでないか確認しましょう。特に、ワンホールの水栓金具や、台付、デッキの蛇口は、蛇口と給水管の接続部分は、シンク下にあることが多い為、根元からの水漏れは考えにくく、蛇口本体からの水漏れの可能性が高いです。
蛇口本体の水漏れの場合は、その箇所によって、対応方法がことなります。

【2:蛇口と給水管の接続部分の不具合】
給水管との接続部分に不具合がある場合、接続部分から水漏れをすることがあります。特に、壁付の蛇口に起こることが多いです。
対処方法としては、まず、シンク下の止水栓、または、玄関先の水道の元栓を閉めて、給水を止めます。次に、モンキーレンチなどを使い、水漏れしている接続部分を増し締めしましょう。過度に締めすぎると、接続部分を痛めることがありますので注意が必要です。
それでも、水漏れが解消しない場合は、蛇口と給水管の接続部分のシールテープが劣化している可能性があります。
完全に、給水を止めた後、蛇口を外し、蛇口側の接続(ネジ)部分に新しいシールテープを時計方向に巻きましょう。その際に、ヘルメシールを使うのもよいでしょう。
次に、シールテープを巻いた蛇口を継手に締めこんで、蛇口を正常な角度に調整しましょう。
蛇口を設置し終わったら、少しだけ、給水を再開しましょう。それでも、水漏れが収まらない場合は、信頼できる水道業者に相談しましょう。



キッチンの水漏れ修理の作業をする際に注意すること

必ず、止水栓を締めて、水が出ない状態で作業しましょう。
モンキーレンチなどで、増し締めする際は、締めすぎに注意しましょう。必要以上に締めすぎると、接続部分を傷めたり、蛇口本体の不具合を引き起こす可能性があります。
また、蛇口を外す作業には、ある程度の経験が必要です。DIYなどで、水回りの修理の経験がある方以外は、水道業者に依頼することを検討しましょう。



キッチンの蛇口根元の水漏れはどうして起こるのか・・・

蛇口の根本からの水漏れは、調べてみると、蛇口本体からの水漏れが原因だったということがあります。水漏れをしっかりと拭いた後で、どこから水漏れしているかを、確認するようにしましょう。
根元から水漏れしている場合は、蛇口と給水管の接続部分の不具合が考えられます。接続部分には、シールテープという漏水を防ぐシール材が巻かれています。シール材には、液体のヘルメシール(ヘルメチック)もあり、テープと併用することもあります。蛇口を取り外したり、強い衝撃を与えると、そのシール材の防水機能が低下し、それが原因で、水漏れを起こすことがあります。



給水管の接続部分から漏水している台所の水道にはこんな解決方法も・・・

キッチンの蛇口の根元から水漏れしている場合、水が床や壁に浸み込まないようにするために、雑巾などで養生をしましょう。そのまま水漏れを放置して、床や壁に浸み込み続けると、床材などが腐って、思わぬ二次被害をもたらします。根本的な解決にはなりませんが、応急処置として、タオルや雑巾で、養生をすることが大切です。