さらに条件を追加する
IDEA

割り箸や歯ブラシなどの固形物によるキッチンつまりを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決割り箸や歯ブラシなどの固形物によるキッチンつまりを修理する方法

説明 ブラシをキッチンの排水口に落としてしまった、割り箸を流してしまった、キャップをシンクの排水に流してつまりが起きたなどの、固形物によるキッチンつまりを修理する方法です。つまりの発生している場所を確認する方法、つまりの原因を除去する方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

割り箸や歯ブラシなどの固形物によるキッチンつまりの修理方法の流れ

固形物でのキッチンのつまりを解決する手順は、大きく分けて2つです。
1:つまりの発生している場所を確認する
2:つまりの原因を除去する

【1:つまりの発生している場所を確認する】
まず、キッチンのシンクにある排水トラップのカバーを外し、トラップ内で固形物が残っているか確認します。
排水口を除くと固形物がかすかに見える場合は、排水ホ―スでつまりが発生している可能性が高いです。
見えない場合は、排水管でつまりが起きている可能性があります。

【2:つまりの原因を除去する】
固形物が排水トラップにある場合、排水トラップから固形物を取り出します。
排水トラップの奥の方に、固形物がかすかに見えている場合は、排水ホースを外して、固形物を取り出します。
固形物が、排水トラップまたは、排水ホースになければ、空気圧器具がトーラー(ワイヤー)で、排水管のつまりを除去します。



キッチンのつまり修理で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マスク
・トラップレンチ:排水ホースを外す際に使用します。

空気圧式の道具
・ラバーカップ
・真空式パイプクリーナー
・ローポンプ

ワイヤー式の道具
・パイプクリーナー(ワイヤー)
・ブラシつきパイプクリーナー(ワイヤー)
・回転式ワイヤーパイプクリーナー



水に溶けない固形物による台所のつまりの修理手順

【1:つまりの発生している場所を確認する】
まず、キッチン以外の水まわりで、つまりが起きていないか確認します。お風呂場や洗面所で、水を流して、つまりがないか確認しましょう。
お風呂場や洗面所も、つまりが起きている場合は、キッチンではなく、屋外の排水管でつまりが起きている可能性が高いです。
お風呂場や洗面所でつまりが起きていない場合は、キッチンでつまりが起きていることが多いです。

【2:つまりの原因を除去する】
(1)キッチンでのつまり
つまりの発生している箇所が、キッチンだった場合、排水トラップを確認します。
排水トラップに、固形物が滞留して、つまりが起きていることもあり、トラップから固形物を取り出すことで解決することもあります。
この時、つまりの原因となっていた、固形物を、そのまま排水管に流すことは避けましょう。
その先の排水管で、再びつまりを起こす原因になりますので、ゴミ袋にいれて、処分しましょう。
また、取り出そうとする際に、割り箸や歯ブラシなどを落とさないように気をつけましょう。
排水口から、かすかに固形物が見える場合は、排水ホースで引っかかっている可能性が高いです。
その際は、排水ホースをモンキーレンチやトラップレンチなどを使い取り外します。取り外した後、固形物を取り出し、排水ホースを再度、取付けます。
排水ホースを取り外しているときに、水を流さないようにしましょう。
もし、排水ホースの内部に、汚れが溜まっている場合は、排水ホースそのものを取り替える必要があります。

排水トラップや排水ホースに固形物がない場合は、空気圧器具、またはワイヤー(トーラー)でつまりの原因を除去します。
 [1]空気圧器具
 排水トラップの封水筒を外し、ラバーカップなど空気圧器具を排水口に押し当てます。空気が漏れないようにしながら、ラバーカップを操作し、空気を送り込みます。
 最初の手ごたえよりも、軽くなったら、少し水を流して、つまりが除去できたか確認しましょう。
 [2]トーラー(ワイヤー)
 排水トラップの封水筒を外し、ワイヤー(トーラー)を排水管へ差し込んでいき、先端のブラシで排水管の中を清掃していきます。
 ブラシを前後させて、排水管の汚れを取る感覚で、ワイヤー(トーラー)を操作します。
 トーラー(ワイヤー)がスルスルと入っていくようになったら、ワイヤー(トーラー)と撤去した後で、少し水を流して、つまりが除去できたか確認しましょう。
 排水トラップの封水筒を外し、ワイヤー(トーラー)を排水管へ差し込んでいき、先端のブラシで排水管の中を清掃していきます。

(2)排水管でのつまり
つまりの発生箇所が排水管だった場合、屋外の、水が溜まっている、かつ、道路に一番近い桝から、ワイヤーを入れていきます。
道路側に向かって、ワイヤーを送り込んでいきながら、ワイヤー(トーラー)を回転させたり、前後させたりして、排水管の汚れを除去していきます。
溜まっていた水が流れたら、キッチンから水を流して、つまりが除去できたか確認しましょう。



キッチンのつまり修理の作業をする際に注意すること

(1)キッチンのつまりを除去する際の注意点
作業中に、汚れが付着したり、体内に入らないように、ゴム手袋や作業着などの準備が必要です。
排水トラップを掃除する際は、鼻をつくような臭気が出る可能性がありますので、マスクなども準備しておきましょう。
また、つまりの原因となっていた固形物を、排水管へ再び流さないように注意しましょう。
排水ホースを取り外しているときには、水を流さないようにしましょう。再び取付けた際も、ナット部分などから水漏れが起きないように、取り付けることが必要です。

(2)排水管でのつまりを除去する際の注意点
必ず、汚れてもよい服装で作業しましょう。ゴム手袋やマスク、作業着や長靴などを着衣し、汚れが付着してもよい状態で作業することが必要です。
また、作業中は、お風呂場、キッチン、洗面所の使用ができなくなることにも、注意が必要です。



割り箸や歯ブラシなどの固形物によるキッチンつまりはどうして起こるのか・・・

固形物でのキッチンのつまりは、排水口を掃除している際に、割り箸やタワシ、歯ブラシやスポンジなどを流して起きるケースもあります。
排水トラップの封水筒を外さなければ、大きな固形物は流れにくい仕組みになっていますが、小さなアクセサリーや固まりやすい生ゴミなどを流すと、つまりの原因になります。
特に、排水ホースは、蛇腹部分に、小さなものが引っかかりることもあります。
定期的に、排水トラップや排水ホースを掃除することで、予防できることもあるため、流れが悪くなった際は、細目に掃除するようにしましょう。

※上記方法で、つまりが必ず解決するとは限りません。つまりの度合いによっては、水道業者に依頼することをお勧めいたします。