さらに条件を追加する
IDEA

屋根の打ち水効果とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
自己解決屋根の打ち水効果とは!

説明 夏になると、玄関前に打ち水をしている人を見かけることはありませんか。打ち水をすると水が地面などの熱を吸って蒸発してくれるので、涼しくなりますよね。その打ち水を屋根にするとどうなるのでしょうか。今回は、この屋根の打ち水効果についてご紹介いたします。

打ち水とは

まず、打ち水とは道や庭先に水を撒く行為です。最近は、夏場に気温を下げる効果があることで注目されていますが、昔は場を清めるといった意味合いで行っておりました。そのため、「お客様を迎える」といった気遣いとして行っていることもあります。また、冬などの寒い時期でもお店の前などで打ち水が行われているのを見たことがあると思いますが、あれは土ぼこりやホコリが舞い上がらないようにする効果もあります。

地球温暖化対策で注目

古くから行われていた打ち水ですが、最近では地球温暖化対策の一環として打ち水イベントなどが行われています。中止されているところも多いですが、散水車を使って打ち水をしているところもあるようです。

打ち水の時間帯

打ち水を行うのにベストな時間帯については、色々な意見があります。一つは、朝と夕方の日が高くない時間帯です。日が出ているときに打ち水をしても、すぐに蒸発するから、日がでていないときにやるのが良いという理由から朝と夕方に行うのがベストという意見です。

もう一つが正反対の、日が出ている昼間の時間帯です。熱くなった道路を打ち水で冷やして、輻射熱を減らすことで体感温度が下がる、だから昼間に打ち水を行うのが良いと言う意見です。住んでいる場所や親から教わった方法があると思うので、自分にあった打ち水の時間帯を探してみるのといいでしょう。

屋根の打ち水とは

打ち水の概要については、分かっていただけたと思います。それでは、屋根の打ち水についてご紹介したいと思います。実は屋根の打ち水は、「屋根散水」と言われていて、屋根に打ち水をする機械などが既に売られています。

屋根散水の効果

工場やビルなどの鉄製の屋根や外壁素材を使った建物では、熱がこもりやすく温度が上昇しやすくなっています。また、一般の家庭でも鉄製の屋根を使っていたり、天井が低かったりすると室内の温度が高くなりやすくなっています。

そういった場所で、屋根散水の技術を取り入れることで、屋根の温度を下げて室内の温度上昇を抑える効果が期待できます。最新のエアコンで温度設定も一番低くしているのに、室内の温度が全く下がらないといった場合は屋根散水を使うことで改善されるかもしれません。

屋根散水のやり方

屋根散水を行いたい場合、道路に行う打ち水のように毎回水を汲んできて撒くという方法は大変ですし、手が届かない場所もあるので効果的ではないですよね。先ほども紹介しましたが、既に屋根散水の設備などが売られていますので、施工業者などに相談して取り付けることをおすすめいたします。その際も、値段だけでなく設備の内容やアフターフォローの体制などがあるかしっかり比較するようにしましょう。

屋根温度を下げる方法

屋根温度を下げる方法は、屋根散水だけではありません。遮熱塗料を塗ったり、遮熱シートを使ったり、温度が上がりにくい屋根に交換したりといった方法があります。費用面や施工までの時間などが、方法によって変わってくるため色々と比較することをおすすめいたします。

まとめ

今回は、打ち水の効果、屋根の打ち水の効果とやり方などについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。一般の家庭でも屋根散水の設備を導入することは可能ですが、費用面から難しい場合もあると思います。そういった場合は、遮熱塗料や遮熱シートといった別の方法もあるので色々と調べてみましょう。