さらに条件を追加する
LIBRARY

車のスマートキーを紛失した~早く・安く鍵を手に入れる方法~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
車のスマートキーを紛失した~早く・安く鍵を手に入れる方法~

説明 スマートキーは防犯性や利便性が高い分、失くしてしまったときに従来の差し込むタイプの鍵と比べて時間や費用がたくさんかかります。とはいえ、車の鍵がないと車が運転できないので困りますよね。そこで今回は、早く鍵が欲しい人、とにかく費用を抑えたい人、それぞれに合った対処法をご紹介します。

スマートキーを失くしてしまい、新しい鍵を作ろうとしているけれど、「時間がかかる、費用が高い」といったことで困っていませんか?

スマートキーは防犯性や利便性が高い分、失くしてしまったときに従来の差し込むタイプの鍵と比べて時間や費用がたくさんかかります。

とはいえ、車の鍵がないと車が運転できないので困りますよね。

そこで今回は、早く鍵が欲しい人、とにかく費用を抑えたい人、それぞれに合った対処法をご紹介します。

スマートキーとは?

車の鍵で、最近主流になってきたのがスマートキーです。

毎日当たり前のように使っていても、意外とその仕組みを知らない人も多いのではないでしょうか。

仕組みを知っておくことで、故障かな?と思ったときにスムーズに対処することができますので、スマートキーの基本的な情報についてご紹介します。

キーレスキー(リモコンキー)との違い

スマートキーとよく一緒にされがちなのがキーレスキー(リモコンキー)です。

鍵のトラブルの受付をしていると、リモコンキーだと聞いていたものがスマートキーだったり、スマートキーと言われたものがリモコンキーだったというようなことがよくあります。

受付で聞いた鍵の種類が違っていると、対応できない技術者が伺ってしまうことがあります。

反対に、対応できる業者がいっぱいいたのに、鍵の種類を間違っていたことで、まったく業者が見つからず、鍵を作るまでに時間がたくさんかかるなんてこともあります。

そういった事態を避けるために、よく一緒のものだと思われる「キーレスキー(リモコンキー)」と「スマートキー」の特徴や違いをご説明します。

キーレスキー(リモコンキー)の特徴

キーレスキー(リモコンキー)は、スマートキーと同様にボタンで車のドアの施錠・開錠ができます。

ただし、エンジンをかけるためには鍵穴に鍵を差す必要があるため、リモコンの先端に従来の鍵板がついています。

そのため、リモコンで施錠・開錠できる鍵だけれど、リモコンの先端に鍵板がついているものは「キーレスキー(リモコンキー)」だとわかります。

スマートキーの特徴

スマートキーも、リモコンキーと同様にリモコンで施錠・開錠ができる鍵ですが、血もコンのボタンを操作しなくてもスマートキーを持った状態でドアを触る、一定以上車から離れるといった行動を取ると自動で施錠・開錠ができます。

エンジン始動方法でも、鍵を差し込む必要はなく、キーを所持した状態でハンドル横などのスタートボタン(エンジンボタン)を押すだけでエンジンをかけることができます。

「リモコンで施錠・開錠できて、ボタンを押すだけでエンジンがかかる。」というときは、使っている鍵がスマートキーだとわかります。

スマートキーの名称

「スマートキー」と一括りで呼ばれることが多いですが、メーカーによって、キーの呼び名が異なるので、ご参考までに紹介いたします。

自動車メーカー 名称
トヨタ

スマートエントリー/スマートキー

日産

インテリジェントキー

ホンダ

スマートキー

マツダ

アドバンストキー

スバル

アクセスキー

三菱

キーレスオペレーションキー

スズキ

携帯リモコン/キーレススタートシステム

ダイハツ

電子カードキー/キーフリーシステム

スマートキーのデメリット

スマートキーは、荷物で手がふさがっている状態でも鍵の開閉ができるので、とても便利ですよね。

しかし、そんなスマートキーだからこそ、起こるトラブルもあります。スマートキーを使っている人は、以下のようなことが起こる可能性があるので注意しましょう。

インロックしてしまう

スマートキーは車内に置いたまま鍵をかけようとすると、警報が鳴るように設定されており、インロックされることはほとんどありませんが、いくつか例外があります。


  • 【スマートキーがインロックされる例外】
  • ・スマートキーの電池切れによる誤作動
  • ・何らかの電波障害による誤作動

キーの電波が消え、車体がキーの位置を正しく認識できなくなると、鍵が車内にある状態でロックされてしまうことがあります。

インロックしてしまったときは、スペアキーがあれば即解決しますが、ないときはJAFなどのロードサービスや、鍵屋に開錠作業を依頼しましょう。

スマートキーが電池切れしたときの開錠方法

外出先でスマートキーの電池残量が切れてしまい、車が操作できなくなるトラブルに遭遇する人もいます。

万が一電池切れが起こってしまい、ドアが開けられない、エンジンがかからないときは、内蔵されているメカニカルキーを使えば開錠、エンジンの始動が行えます。

しかし、イモビライザー搭載の場合、メカニカルキーを回しただけではエンジンがかからないこともあります。

その際は、キーをキーシリンダーに近づけると、車両とキーのIDコードが照合され、イモビライザーが解除されることがあります。

電池切れ時の非常開錠方法やエンジン始動方法は、車種によって異なるので、時間があるときに車のマニュアルを見ておくことをおすすめします。

スマートキーについているイモビライザーってなに?

イモビライザーとは、車両の盗難被害を防ぐシステムのことです。車体に登録されている情報と、車の鍵の登録情報が一致しないと、エンジンがかからない仕組みになっています。

車の鍵をこじ開けてもエンジンがかからないので、従来の車の鍵よりも盗難されにくくなっています。

>>>車の鍵の種類と見分け方~ウェーブキー・リモコンキー・イモビライザーってなに~

スマートキーを紛失したときの対処法

スマートキーを紛失してしまったときの「早くスマートキーを手に入れる方法」と、「安くスマートキーを手に入れる方法」ご紹介します。

対処法1.早くスマートキーを手に入れる方法

どうしても早く鍵を手に入れたい場合は、鍵屋に依頼するのがおすすめです。現地まで駆けつけてくれるため、車を移動させる必要もありません。

スマートキーの対応が可能な鍵屋であれば、1~5日くらいで新しい鍵を手に入れることもできます。

ただし、早く鍵が手に入る分、費用についてはディーラーよりも高くなります。

対処法2.安くスマートキーを手に入れる方法

急ぎでない場合や、自宅に車がある状態で鍵を紛失したときは、ディーラーに依頼するのがおすすめです。

ディーラーに依頼すると、メーカーから新車の時にもらったものと、全く同じ純正キーを取り寄せてもらえます(有料)。

取り寄せには時間がかかることが多く、メーカーや車種、繁忙状況によりますが1~4週間くらいかかります。

イモビライザーがついている場合や高級車だと10万円以上することもありますが、費用は鍵屋よりも安く済むので、とにかく費用を安く抑えたいという人はディーラーに依頼しましょう。

紛失した場合に備えてスペアキーは必ず用意しておく

スマートキーを失くしてしまうと、時間や費用が掛かりとても不便です。できれば、車に乗れない期間は作りたくないですよね。

そこで、スマートキーを紛失してしまっても大丈夫なように、あらかじめスペアキーを用意しておくことをおすすめします。

スペアキーは、ディーラーで作ってもらうことができるので、車を買ったディーラーに連絡してみましょう。

車のスマートキーを紛失した際に早く・安く鍵を手に入れる方法まとめ

今回は車のスマートキーを紛失した際に、鍵を早く安く手に入れる方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

鍵を早く手に入れたいときは「鍵屋」、鍵を安く手に入れたいときは「ディーラー」と覚えておくと、いざというときに素早く判断をすることができます。

生活救急車では、インロックの鍵開けや鍵紛失による鍵作成を承っております。他社との料金比較のためのお見積りも対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお電話ください。