さらに条件を追加する
LIBRARY

ベンツの鍵が開かないときの対処方法!GLS・Eクラスなど

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ベンツの鍵が開かないときの対処方法!GLS・Eクラスなど

説明 ベンツの鍵が開かないときの対処方法をご紹介しております。インロック・鍵紛失などトラブルの内容別に、対応を依頼できる業者や依頼時の注意点などについて解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ベンツの鍵が開かないトラブルでお困りではありませんか?

ベンツは外国産の輸入車ですが、車種や状況などによっては正規ディーラー以外でも各種トラブルの対応ができる場合があります。

また、鍵開け・スペアキー作製などを業者に依頼する場合は、あらかじめ必要なこと・伝えておくべきことを確認しておくといざというときにもスムーズに動きやすくなると思います。

そこで今回は、ベンツの鍵が開かないときの対処方法についてご紹介したいたします。


ベンツの鍵が開かないときにチェックすること

ベンツの鍵が開かないときにチェックすること

高級車の代名詞ともいえるベンツは見た目・機能ともに高い性能を誇っていますが、思わぬトラブルで鍵が開かなくなってしまう可能性も充分にあります。

大事な車のドアが開けられない・エンジンがかけられないとなると焦ってしまいますが、まずは落ち着いて必要な手順や対処法などをチェックしていきましょう。

ここでは、ベンツの鍵トラブルが起こったときに確認しておくとよいことについてご紹介したいと思います。

ベンツの鍵トラブルを業者に依頼する前に『車種・年式』を確認

ベンツの鍵トラブルを業者に依頼する前に『車種・年式』を確認

ベンツをはじめとする自動車は、車種やモデルの年式によって性能やインテリア・エクステリアが異なりますが、これは鍵の構造や仕様についても同様のことがいえます。

そのため、鍵屋やディーラーに鍵トラブルの対応を依頼する場合は、あらかじめ車種や年式をチェックして依頼時に伝えるようにするとスムーズなやり取りがしやすくなります。

ベンツの車種は基本的に『A・B・C・E・G・S』の6クラスで分類されています。

また上記のクラスのほか、ワゴン・クーペ・ロードスター・カブリオレなどクラスとは別の方法で分類される車種もあります。

ベンツの『正規輸入車』と『並行輸入車』の違いとは?メリット・サポートの有無など

ベンツの『正規輸入車』と『並行輸入車』の違いとは?メリット・サポートの有無など

ベンツの鍵トラブルの対応を依頼するときは、今乗っている車が『正規輸入車』『並行輸入車』のどちらなのかも確認しておきましょう。

ここでは、正規輸入車と並行輸入車の違いについてご説明いたします。


『正規輸入車』とは正規の販売店から購入した車のこと

正規輸入車とは、ベンツのメーカーであるダイムラーから認定された『正規代理店』で取り扱っている車のことを指します。

日本の場合は、『ヤナセ』や『シュテルン』から販売されているベンツが正規輸入車という扱いになります。

購入できる車種は限られますが、保険料が並行輸入車ほど高くならない、鍵紛失などの場合に正規ディーラーのアフターサービスを受けられるなど、サポートが充実しているというメリットがあります。


『並行輸入車』とは正規の販売店を通さずに購入した車のこと

並行輸入車は、正規販売店(正規ディーラー)を経由せずに、直接海外から買い付けた輸入車のことを指します。

海外から直接輸入しているため正規代理店では取り扱っていない車種も購入できるなどのメリットがありますが、正規ディーラーのサポートを受けられない点に注意が必要です。

また、鍵のトラブルを鍵屋に依頼する場合でも、並行輸入車の部品は在庫の確保が難しいことがあるため、あらかじめ『並行輸入車の鍵紛失・鍵開けに対応できる業者』を探しておくなどの対策をしておくと安心です。


ベンツの鍵が開かないときの対処方法

ここからは、ベンツの鍵が開かなくなった場合の対処方法や、トラブル対応の依頼先などについてご紹介したいと思います。

ベンツをインロックした場合は『ドアの鍵開け』で対処

ンツをインロックした場合は『ドアの鍵開け』で対処?

スマートキーを車内やトランクに置いたまま施錠してしまう『インロック』でドアの鍵が開かなくなってしまった場合、自宅の駐車場などすぐにスペアキーが用意できる状況ならスペアキーでドアを開ければ解決できます。

しかし、外出先などでスペアキーがない場合は『ドアの鍵を開けて、中の鍵を取り出す』作業が必要になります。

ベンツのドアの鍵開け作業はたとえば下記のような業者に依頼することができます。

  • ・出張対応の鍵屋
  • ・JAF・自動車保険のロードサービス

各依頼先の対応・費用の違いやメリット・デメリットについては下記のページでご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>>車の鍵・スマートキーを閉じ込め(インロック)したときの開け方


ベンツの鍵開け作業はディーラーへの依頼が難しいことがある

ベンツの鍵はセキュリティ性が高く、ディーラーに連絡しても鍵開けに対応できないというケースが多くみられるようです。

そのため、鍵開けのような『部品取り寄せでは解決できないトラブル』でお困りの場合は、出張対応の鍵屋やJAFなどのロードサービスに対応を依頼する方法がおすすめです。

ベンツの鍵を紛失して開かないときの対処方法は『ベンツの購入先』で異なることがある

ベンツの鍵を紛失して開かないときの対処方法は『ベンツの購入先』で異なることがある

ベンツの鍵を失くして一本もないときは『新しく鍵を入手する』必要がありますが、ベンツの場合は正規輸入車・並行輸入車によって鍵の入手方法が異なる場合がありますので注意しましょう。

正規輸入車と並行輸入車の違いについては、下記で詳しくご紹介しております。

>>>正規輸入車と並行輸入車の違いとは


正規輸入車は正規ディーラーから鍵の取り寄せを依頼できる

正規輸入車の場合は、ディーラーから鍵(純正キー)を取り寄せることで対処することもできます。

ただし、ディーラーがレッカー移動のサービスに対応していない場合は、実費でディーラーまで車を移動させる必要がある点に注意しましょう。

取り寄せの場合は1週間~数週間程度かかる場合もあるため、『当日中に対応してほしい』など急いでいる場合は鍵屋に依頼する方法がおすすめです。

依頼時は車種・年式・イモビライザー・リモコン機能の有無などを伝えて、対応可能かどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

>>>イモビライザーって何?鍵の仕組みや搭載車の確認方法

並行輸入車は正規ディーラーでの対応を受けることができないため、鍵屋に依頼されることをおすすめいたします。

>>>ベンツの鍵開け・鍵作製を業者に依頼した場合の費用について

ベンツのスマートキーが反応しないときにエマージェンシーキーを使うときの手順

南京錠が開かないときの『4つの対処方法』とは?

スマートキーの電池切れや、バッテリー上がりを起こしてキーの遠隔操作が反応しなくなって鍵が開かない場合は、スマートキーに内蔵されている鍵を取り出せば一時的な対処ができます。

スマートキーに入っている鍵は物理キー・メカニカルキーなどの名称がありますが、ベンツの鍵の場合は『エマージェンシーキー』と呼ばれています。

ベンツのエマージェンシーキーの取り出し方はキーのタイプによって異なり、下記の2通りの方法のいずれかで取り出せるようになっています。

【Aタイプ】

キーの底部についているスイッチを右にスライドさせると、エマージェンシーキーを引き抜いて取り外すことができる。

エマージェンシーキーでドアを開けると盗難防止アラームが作動するので、キーレスゴースイッチ(スタートボタン)を取り外すか、エンジンスイッチにキーを差し込んでアラームを停止させる。

【Bタイプ】

キーの裏側(操作ボタンがついていない側)のボタンを押すと、エマージェンシーキーが少し押し出されるので、かみ合う位置まで引き出す。

この状態で裏側のボタンをもう一度押すと、キー本体からエマージェンシーキーを取り外すことができる。

参考:メルセデスベンツ トラブルサポート


物理キーでドアを開けるときの手順・開け方について

スマートキーを搭載している車だとふだんは鍵穴を使わないため、ドアハンドルにあるドアの鍵穴はカバーで隠れていることがほとんどです。

そのため、ドアを開ける際はエマージェンシーキーを使ってカバーを外す手順が必要になります。

また、比較的新しい年式のモデルの場合、ドアの鍵穴自体も少し開けにくくなっていることがあるので、不安なときはオーナーズマニュアルなどを見ながら手順を進めてみましょう。

スマートキーが反応しないときの原因・対処方法を紹介

スマートキーが反応しないときの原因・対処方法を紹介

スマートキーのボタンを押しても反応がない場合、たとえば下記のような原因が考えられます。

  • 【ベンツのスマートキーが反応しない原因(一例)】
  • ・電池切れ
  • ・バッテリー上がり
  • ・スマートキー本体(基板)の寿命

電池切れの場合は、電池交換を行いましょう。リモコンキーの電池交換はディーラーに持って行って依頼する方法もありますが、手順やコツを確認すれば自分で交換することもできます。

スマートキーの電池交換のやり方は下記のページでご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>>スマートキーの電池交換は簡単!自力で取り換える方法を紹介


バッテリー上がり・本体寿命でスマートキーが反応しないときの対処方法

バッテリー上がりでスマートキーが反応しない場合は、エマージェンシーキーでドアを開けられてもエンジンをかけることができないため、再び車を動かすにはバッテリーの充電が必要になる点に注意しましょう。

スマートキー本体の故障・寿命がきているときは、ディーラーなどに相談して新しいスマートキーを入手しましょう。


ベンツの鍵開け・鍵作製を業者に依頼した場合の費用について

ベンツの鍵開け・鍵作製を業者に依頼した場合の費用について

ベンツの鍵トラブルは出張対応の鍵屋に依頼して解決する方法もあります。

ただし、輸入車であるベンツは国産車より鍵の構造が特殊なため、解錠や鍵開け作業の難易度・費用相場が上がりやすい傾向にある点に注意が必要です。

ベンツの鍵トラブルの作業費用が気になるときは、あらかじめ見積もりや料金事例などを確認して相場をチェックしておくと安心できると思います。

そこでここからは、ベンツの鍵トラブルを業者に依頼した場合の費用についてご紹介したいと思います。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

生活救急車でベンツの鍵開け・鍵作製を行った場合の料金事例

ベンツの鍵トラブルを業者に依頼した場合の費用は、車種や年式、鍵開け・鍵作製など作業内容によって異なります。

具体的な料金を知りたいときは、業者に相談して現地見積もりを行い、見積書の内容から確認されることをおすすめいたします。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でベンツの鍵開け・鍵作製を行った場合の料金事例をご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGL550のルーフキャリアの鍵作製

  • 項目内容 料金(税込)
  • 鍵作製 刻みキー 14,300円
  • スペアキー 刻みキー(外国製) 2,200円
  • 合計 16,500円

>>>この事例の詳細を見る


ベンツGLC2016のインロック解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車解錠 外国産車特殊 27,000円
  • 自動車解錠 ピッキング防止タンブラー採用 5,400円
  • 合計 32,400円

>>>この事例の詳細を見る


ベンツ Aクラス A-45のインロック解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車解錠 外国産車特殊 54,000円
  • 合計 54,000円

>>>この事例の詳細を見る


CLA200D 2019のインロック解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • ベンツ インロック解錠 55,000円
  • 合計 55,000円

>>>この事例の詳細を見る


ベンツの鍵が開かないときの対処方法まとめ

今回は、ベンツの鍵が開かないときの対処方法などについてご紹介させていただきました。

ベンツの鍵トラブルは、トラブルの内容や購入先によって依頼先が変わる場合があります。

正規輸入車はディーラーに鍵を取り寄せて対応できますが、急ぎで対応してほしいときは出張対応の鍵屋に依頼することも検討してみましょう。

生活救急車ではベンツの鍵開け・鍵作製を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地での見積もりからご対応させていただきます。