さらに条件を追加する
LIBRARY

レクサスの鍵が開かないときの対処方法!LS・CT・ISなど

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
レクサスの鍵が開かないときの対処方法!LS・CT・ISなど

説明 レクサスの鍵が開かなくて困っていませんか?レクサスの鍵が開かなくなってしまったときに、どのように対応したらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。そこで今回は、レクサスの鍵が開かないときの対処法についてご紹介します。

レクサスの鍵が開かなくて困っていませんか?

トヨタ自動車が展開する高級自動車ブランドであるレクサスは故障が少なく、高い品質が認められています。

そんなレクサスの鍵が開かなくなってしまったときに、どのように対応したらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、レクサスの鍵が開かないときの対処法についてご紹介します。


レクサスの鍵の種類

世界的な高級車ブランドであるレクサスは、さまざまな最新機能を搭載した車を多数展開しています。

ファーストモデルであるLSを筆頭に、洗練されたデザインや自動運転システムなどの最先端の技術を取り入れている点も魅力です。

そんなレクサスには全てのグレードにスマートキーシステムが採用されていますが、キーの種類が電子キーとカードキーの2種類があります。

ここでは、レクサスの鍵の種類や特徴についてご紹介します。


電子キー

電子キー

レクサスの電子キーは、一般的なスマートキーと同じく遠隔で施錠・解錠が行えるボタンと非常時に使用することができるメカニカルキーが搭載されています。

電子キーを携帯していれば、ドアノブに触れるだけで解錠を行うことができます。いちいち手に持たなくても操作が行えるため、施錠・解錠操作が楽な点が魅力となっています。

また電子キーについているボタンを押せば遠隔操作も可能です。電波が届く範囲内ならば、離れた位置からでも解錠することが可能です。


カードキー

カードキー

レクサスの車には電子キーと一緒にカードキーが付属しています。このカードキーはボタンがついていないため遠隔操作を行うことができませんが、ドアノブに触れるだけで鍵を解錠することが可能です。

また車に近づくとドアミラーの下についているライトが自動的に点灯し、足元を照らしてくれるため夜間の乗り降りも安心です。

電子キーに比べて薄型でコンパクトなサイズ感なので持ち歩きにもかさばらず、カードケースに入れれば紛失や盗難などのリスクを軽減することもできます。

ただ一般的なカードに比べると分厚いため、お財布などに入れるには厳しいかもしれません。専用のカードケースなどを用意しておくことがおすすめです。


レクサスのイモビライザーシステムとは

レクサスのイモビライザーシステムとは

レクサスはグレードによってイモビライザーシステムが搭載されていることがあります。


>>>イモビライザーシステムの解説はこちら

 

この機能とG-Link(レクサス独自のサービス)の『リモートイモビライザー』を連携させることによって万が一車が盗難に遭った場合、センターから遠隔操作を行い、エンジンの始動を行えないようにすることが可能です。

また車両の位置を特定することもでき、すぐに警備員を派遣してくれるので盗難された車両が手元に戻ってきやすくなっています。

ただしキーを盗難されたり、車両に残った状態である場合は効果がないため紛失してしまったときは早めに対応することが大切です。


レクサスの鍵が開かない原因

レクサスの鍵が開かなくなってしまったときは、原因によって対処法が異なります。まずは鍵が開かなくなってしまった原因を特定することから始めましょう。


スマートキーのトラブル

スマートキーのトラブル

スマートキーを操作しても鍵が開かなくなってしまったときは、下記のような原因が考えられます。


  • 【スマートキーのトラブル原因】
  • ・電池切れ
  • ・節電モードになっている
  • ・スマートキーの電波障害

スマートキーの操作不良の主な原因は電池切れです。スマートキーの電池は1~2年程度で切れてしまうため、定期的な交換が必要となります。

ボタンを押しても反応しない、反応が悪いという症状がみられる場合は一度電池交換を行うことをおすすめします。


>>>レクサスの鍵の電池交換を行う


またレクサスのスマートキーには節電モードが搭載されています。設定されている間はスマートエントリーシステムを使用できないため解除してから操作を再度行いましょう。


>>>レクサスの鍵の節電モードを解除する


さらにスマートキーが発する微弱な電波を妨害するものが近くにあるときも、正常に作動しないことがあります。近くに強い電波を発する建物がある、スマートフォンを携帯している、金属製の物とキーが接触している可能性があります。

スマートキーから距離を取れる場合は、遠ざけてから再度操作を行いましょう。


スマートキーを操作する位置にも注意

ドアの施錠や解錠を行うときに、スマートキーがドアやガラス・ドアハンドルに近すぎる場合はうまく検知できずに鍵が開かないことがあります。

ドア付近に鍵があると車内と車外のどちらに鍵があるのか検知できず、車内にあると誤認して鍵が開かないといった症状が起こることがあるため、先ほどまで正常に作動していた場合は一度鍵を車から離して操作を行ってみてください。


鍵を紛失した

鍵を紛失した

外出先でスマートキーを紛失してしまうトラブルもよく起こりがちです。スマートキーは基本的にバッグやポケットに入れたまま操作を行うことができるため紛失のリスクは低くなりますが、他の物を取り出した時に落としてしまうこともあります。

普段気にとめていない分失くしたことに気づくのも遅くなってしまうため、どこで落としたのか判断しにくくなるというデメリットもあります。

鍵の紛失に気がついたら、まずは身の回りや訪れた場所をもう一度確認してみましょう。それでも見つからない場合はディーラーや鍵屋に依頼して、新しい鍵を作成してもらう必要があります。

レクサスの鍵を紛失してしまったときの対処法については、こちらの項目でご紹介しています。


>>>レクサスの鍵を失くした場合の対処法


鍵の交換は必要?

家の近くで紛失した場合などすぐにスペアキーが用意できるなら、解錠・エンジンスタートを行うことが可能です。

ただし鍵を紛失したままにしておくと盗難の危険性が高くなるため、ディーラーや鍵屋に相談することがおすすめです。


インロックした

インロックした

レクサスにはインロックを防止する機能が搭載されていて、鍵が車内に残ったままロックしてしまったときはアラームが鳴り、自動的に解錠してくれます。

ただスマートキーの電池残量が少なかったり、ドアポケットなどの車外と車内の判別がしにくい位置にキーが置いてあった場合は正常に作動せず、インロックしてしまうことがあります。

インロックしてしまったときはディーラーや鍵屋、ロードサービスなどさまざまな対応方法があります。


>>>レクサスの鍵をインロックしてしまったときの対処法


レクサスの鍵が開かないときの対処法

レクサスの鍵が開かなくなってしまったときは原因や状況によって依頼先を変えるとスムーズに対応することができます。

ここでは、レクサスの鍵が開かないときの対処法をご紹介します。


レクサスの鍵の電池交換を行う

レクサスの鍵の電池交換を行う

スマートキーの電池残量が減ってくるとトラブルが起こることもあるため、定期的な交換をおすすめします。

レクサスの電子キーに使用されている電池は主に『リチウム電池 CR2032』となっていて、レクサスの販売店・時計店・カメラ店などで購入することができます。(※車種によって異なることがあるため取扱説明書を確認しましょう。

コンビニなどでは置いていないことが多いため、日頃からストックしておくと急な電池切れにも対応できるので安心です。

電子キーの電池交換は自分でも行うことができるため、交換方法を参考に行ってみましょう。


電子キーの電池交換方法

レクサスの電池残量が減ってくると車内にお知らせが表示されるようになっています。完全に切れてしまうと操作が行えなくなってしまうため、警告表示が出たら早めに交換するようにしましょう。

ここでは、電子キーの電池交換方法をご紹介します。

※こちらでご紹介している方法はレクサスLSの一般的な電池交換方法です。車種によって異なる場合もあるため、詳しい交換手順は専用の取扱説明書をご覧ください。


  • 【準備するもの】
  • ・マイナスドライバー
  • ・小さいマイナスドライバー
  • ・リチウム電池 CR2032
  • ・布

  • 1.電子キーのサイドにあるレバーを引き、メカニカルキーを抜く。
  • 2.マイナスドライバーに布を巻き、メカニカルキーが収納されていた隙間にさし込んでカバーを外す。
  • 3.新しい電池に交換する。電池をはめるときは+極を上にして取り付ける。

交換作業ができるか不安な方は、レクサスの販売店に持っていくと対応してもらうことができます。無理せずプロに依頼することもおすすめです。


カードキーの電池交換方法

電子キーと一緒に付属しているカードキーも定期的な電池交換が必要です。メーカーによるとカードキーの電池は、販売店での交換を推奨しています。

自分で交換を行いたい場合は下記の方法で行うことが可能です。カードキーのリチウム電池も電子キー同様、コンビニなどでは手に入りにくいためストックしておくと安心です。


  • 【準備するもの】
  • ・リチウム電池 CR2412

  • 1.カードキーの電池が内蔵されている部分のカバーを引っ張って取り外す。
  • 2.電池をスライドして取り外し、新しいものに交換する。レクサスのエンブレム側に+極がくるようにはめる。

レクサスの鍵の節電モードを解除する

レクサスの鍵の節電モードを解除する

レクサスのスマートキーには節電モードが搭載されています。節電設定になっているとスマートエントリー&スタートシステムを使用することができません。

鍵の解錠を行う際は節電モードを解除しましょう。


  • 【節電モード解除方法】
  • 電子キーのいずれかのボタンをおす

節電モードを解消したにも関わらず解錠できないときは他のトラブルが考えられます。電波を発するものから遠ざけて操作を行う、原因がわからないときはレクサスの販売店へ持っていくことをおすすめします。


レクサスの鍵を失くした場合の対処法

レクサスの鍵を失くした場合の対処法

レクサスの鍵を紛失してしまったときは、近くのレクサス販売店もしくは鍵屋に依頼することで対応が可能です。

販売店と鍵屋どちらに依頼するべきか迷ってしまったときはこちらの記事で違いを詳しくご紹介しているためぜひ参考にしてみてください。


>>>車の鍵を失くしたときの対処方法!ディーラーと鍵屋の違い

 

ここからは、それぞれの対応方法をご紹介します。


レクサス販売店で純正の鍵を作製する

レクサスの鍵を紛失したときは、近くの販売店に問い合わせることで対応してもらうことができます。販売店なら車種問わず、確実に新しい鍵を作製してもらうことが可能です。


>>>レクサス販売店検索はこちら

 

販売店に依頼すれば純正の鍵が手に入るので使い慣れた鍵と同じものを手に入れることができますが、作製には数週間程度の時間が必要です。

ただレクサスの鍵は盗難対策機能も充実しているため、その分作製費用相場が20万円前後と高額になってしまうこともあるようです。また鍵の作製には下記のものが必要となります。


  • 【販売店で鍵作成する際に必要なもの】
  • ・キーナンバープレートに記載したキーナンバー
  • ・残りのメカニカルキー
  • ・車検証
  • ・身分証

レクサス販売店での詳しい対応方法については、お近くの販売店にお問い合わせください。


鍵屋に依頼してスペアキーを作製する

レクサスの鍵を紛失したときに鍵屋に依頼すると、現場にて鍵の解錠・作製作業を行ってもらうことができます。早ければ即日鍵を手に入れることもできるため、レッカーなどを手配せずに乗って帰ることも可能となります。

ただレクサスの鍵にイモビライザーが搭載されている場合、作製時に特殊な機械が必要となるため鍵屋によっては対応していないこともあります。

事前にイモビライザーの有無について確認し、問い合わせの際に伝えておくとスムーズに対応することが可能です。


レクサスの鍵をインロックしてしまったときの対処法

レクサスの鍵をインロックしてしまったときの対処法

レクサスの鍵をインロックしてしまったときは、レクサスのサービスセンター、鍵屋、ロードサービスなどさまざまな場所で対応することができます。

ここでは、それぞれの対応方法をご紹介します。


レクサスのサービスセンターを利用する

レクサスには『G-Link』という新車、認定中古車を購入した方が加入できるサービスを展開しています。下記のようなサポートサービスがあり、その中の1つにインロック解錠に対するサービスもあります。


  • 【レクサスのG-Linkサービス】
  • ・G-Security
  • ・ヘルプネット
  • ・レクサス緊急サポート24
  • ・リモートメンテナンスサービス
  • ・オペレーターサービス
  • ・LEXUSApps

インロックしてしまったときにG-Linkに問い合わせをすれば、遠隔操作でインロックを解除してもらうことができます。

このサービスの利用には事前登録が必要となるため購入時に販売店で手続きしておくと便利です。


鍵屋・ロードサービスに依頼する

G-Linkに加入していない場合は鍵屋、加入しているロードサービスに依頼してインロック解錠を行うことができます。

JAFなどのロードサービスに加入しているなら、サービス内容によっては無料でインロック解錠を行ってもらうことができる場合があります。ただロードサービスは他の自動車トラブルにも対応しているため、すぐに対応してもらえない可能性もある点に注意しましょう。

一方で鍵屋に依頼した場合は、予約が埋まっていなければ1時間程度で対応できることもあります。ロードサービスと違って費用は発生しますが、急いでいるときは鍵屋に依頼することがおすすめです。

状況によって依頼先を変えることで、スムーズに対応することができます。


レクサスの鍵の解錠を業者に依頼した場合の費用相場

レクサスの鍵を紛失・インロックしてしまった場合、鍵屋に依頼すると比較的早く対応してもらうことができます。

ただ鍵屋に依頼するときに、どのくらいの費用がかかるのか不安に思う方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、レクサスの鍵解錠作業を行った場合の費用相場をご紹介します。


生活救急車でレクサスの鍵の解錠作業を行った場合の費用事例

ここでは、生活救急車で実際に対応したレクサスの鍵解錠作業の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


自動車の解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車鍵解錠 国産車特殊 16,200円
  • 合計 16,200円

>>>事例の詳細はこちら

 

車のインロック解錠対応

  • 項目内容 料金(税込)
  • レクサスインロック解錠 21,600円
  • 合計 21,600円

>>>事例の詳細はこちら

 

トヨタレクサスのスマートキー登録

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車鍵作製 スマートキー登録 64,800円
  • 合計 64,800円

>>>事例の詳細はこちら

 

自動車の鍵作製

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車鍵作製 国産車特殊 54,000円
  • 自動車鍵作製 イモビライザー内蔵 32,400円
  • 合計 86,400円

>>>事例の詳細はこちら

 

レクサスの鍵が開かないときの対処法まとめ

今回は、レクサスの鍵が開かないときの対処法をご紹介しました。

レクサスに装備されている鍵は安全機能が搭載されていることで、トラブルが起こってしまった際の対応費用も高額になる傾向にあります。

その分サポートも充実しているため、困ったときは販売店やオーナーサポートを利用するとスムーズに解決することができるのでおすすめです。

万が一急いでいるときやサービス未加入である場合は鍵屋でも紛失・インロックトラブルの対応が可能となります。生活救急車でも承っておりますのでお困りの場合はお気軽にお問い合わせください。