さらに条件を追加する
LIBRARY

ペアガラスの断熱・防寒効果を最大限高くする方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ペアガラスの断熱・防寒効果を最大限高くする方法

説明 ペアガラスは、断熱・防寒効果の高い窓ガラスです。熱や冷気を通しにくい構造をしているため冷暖房効率を上げて、夏は涼しく、冬は温かく過ごせます。そんなペアガラスは、使い方次第でその効果を更に高めることが可能です。今回は、ペアガラスの断熱・防寒効果を最大限に高くする方法を紹介します。

ペアガラスの断熱・防寒効果の見極め方

採光して部屋を明るくしたり、換気したりと、快適な生活のためにはなくてはならない窓ですが、一つ欠点があります。

それは『窓ガラスが熱を伝えやすい』ということです。外気で窓が冷えて部屋に冷気を伝えたり、部屋の熱を外に逃がしたりするため、暖房を使っているのに部屋が温まらないということが起こります。夏に冷房を使ってもなかなか涼しくならないという状況も同様の理由です。

ペアガラスはこの欠点への対策がされたガラスで、他のガラスと比べると断熱・防寒効果が高くなっています。

ここでは、断熱・防寒効果の高いペアガラスを選ぶ判断材料として、その性能の見極め方をご紹介します。

ペアガラスの断熱・防寒性能は『中空層』で決まる

ペアガラスは、2枚のガラスの間に中空層というスペースを作り、そこに乾燥空気やアルゴンガスを封入しています。

一枚ガラスの場合、熱や冷気は筒抜けの状態になります。対してペアガラスは、中空層にある空気が熱や冷気の移動を抑えます。そのため、部屋の温度を維持しやすくなります。

そして、ペアガラスの断熱・防寒性能はずばり『中空層』で決まります。

乾燥空気やアルゴンガスなど、製品によって中空層に封入されている空気の種類が違い、空気の種類で熱伝導率も変わるので、断熱・防寒性能が変動します。

例えば、乾燥空気とアルゴンガスの2種類を比較すると、アルゴンガスの方が断熱・防寒性能が高いとされています。そのため、断熱・防寒性能の高いペアガラスを選びたい方には、アルゴンガスが使われているペアガラスがおすすめです。

中空層にどんな空気が封入されているか確認し、断熱・防寒性能の高いペアガラスを見極めましょう。

ガスも空気も入っていないのは『真空ガラス』

ペアガラスは2枚のガラスで中空層を作り、断熱性能を高めたガラスです。

しかし、ペアガラスと構造は同じでも、中空層が真空状態になっている『真空ガラス』というガラスがあります。真空になっているため、通常のペアガラスよりも熱伝導率が非常に低く、断熱・防寒性能に優れています。

また、真空ガラスは中空層が従来のペアガラスよりも薄くできるため、既存サッシのままガラスを交換することが可能というメリットもあります。


ペアガラスの断熱・防寒効果を最大限高くする方法

続いてペアガラスの断熱・防寒効果を高める方法を紹介いたします。

ペアガラスの断熱・防寒効果を『樹脂サッシ』で高める

使っている窓のサッシは、どんな素材が使われていますか?もし、アルミサッシの窓を使用しているのであれば、樹脂サッシへの交換がおすすめです。

アルミサッシは熱伝導率が高く、部屋の温度に影響を与えやすいためです。

ペアガラスを使っているにも関わらず寒いというケースがありますが、これはアルミサッシから熱が逃げている可能性が考えられます。

樹脂サッシは熱伝導率が低く、外に熱を逃がしたり、部屋に冷気を伝えたりということが起こりにくいです。使用している窓がアルミサッシの方は交換を検討してはいかがでしょうか。

『断熱カーテン』でペアガラスの防寒効果をカバー

ペアガラスの防寒効果を手軽に補助できるのが、断熱カーテンを使用するという方法です。

断熱カーテンには裏地が縫いつけてあり、布と布の間に空気の層ができるようになっています。それが窓から出ていく熱や、窓から入ってくる冷気を防止するので、通常のカーテンよりも高い断熱性能を持っています。

断熱カーテンを使うと、冷気は窓とカーテンの間で留められ、熱が出ていくことはカーテンが防止します。そのため、ペアガラスで防ぎきれなかった熱や冷気の動きを止められて、より強力にお部屋の保温が可能です。

今使っているカーテンを断熱カーテンに交換するだけで、ペアガラスの防寒効果を補助できる手軽な方法です。使っているカーテンが断熱カーテンでない方は試してみてはいかがでしょうか。

『結露防止用ヒーター』でペアガラスの防寒効果をアップ

結露防止用ヒーターは、窓の表面を温めることで、窓と空気の温度差をなくし、結露の発生を抑制するヒーターです。

結露は、室内にある『湿った温かい空気』が外気で冷たくなった窓で冷やされることで発生するため、結露防止ヒーターの使用によって窓と空気の温度差が少なくなると起きにくくなります。

そして、窓の表面を温めるということは、窓から冷気が伝わることを防げるということです。ペアガラスの断熱・防寒効果を活かしつつ、ヒーターが窓の冷え自体を防ぐのでお部屋をさらに温かく保てます。


ペアガラスの断熱・防寒効果を最大にする方法まとめ

ペアガラスの断熱・防寒効果を最大限高める方法を紹介いたしました。

ペアガラス自体も断熱・防寒効果の高い窓ガラスですが、工夫することでよりその効果を高めることができます。カーテンの交換などの手軽なものから試してみてはいかがでしょうか。

生活救急車では、窓ガラスの交換作業を承っております。現地見積もりから対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問合せください。