さらに条件を追加する
IDEA

ガラスの熱割れの原因と予防策とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決ガラスの熱割れの原因と予防策とは!

説明 もしも、ガラスを使っていて知らない間にひびが入っていたら、熱割れの可能性があります。熱割れは、物をぶつけていなくても自然にひびが入ってしまう症状です。あまり知られていない熱割れですが、起こってしまう原因などを知って適切に予防策をしておくと、ある程度防ぐことができます。そこで今回は、ガラスの熱割れの原因と予防策についてご紹介したいと思います。

熱割れの原因

まず、熱割れの原因についてですが、ガラス表面の温度差が熱割れの原因になっています。

例えば、窓ガラスに日光が当たると、当たった部分が熱で膨張します。しかし、日光の当たっていない部分、例えばサッシに埋め込まれた部分などは低温のまま膨張しません。結果、膨張しようとしている部分とそれを引っ張る部分ができて、ガラスにひびが入ってしまいます。

熱割れが起きやすい網入りガラス

ガラスにも色々な種類のガラスがありますが、なかでも「網入りガラス」は特に熱割れが起きやすいガラスだといわれています。他のガラスとは違って、ガラス内部に網が入っているため「エッジ強度」というガラスの強度が低くなっているのです。網入りガラス以外でも熱割れは起きますが、特に網入りガラスを使っている人は注意しましょう。

熱割れのひびについて

ガラスにひびが入っているが、熱割れによるものなのか、物がぶつかったことが原因なのか分からない人も多いかと思います。しかし、熱割れのひびと物がぶつかってできるひび割れとでは、ひびの形状が違ってくるため見分けることができます。

熱割れの見分け方

熱割れによるひびの場合は、ひびの形状に下記のような特徴があります。

  • ガラスの端(エッジ)から、ひびが始まっている。
  • 始まりがエッジ辺に対して直角で、1本または2本のひびが入っている。

これに対して、物がぶつかったり、泥棒がハンマーでガラスを割ろうとした場合は、ぶつかった点を中心に放射線状のひびがクモの巣のようにたくさん入ります。熱割れなのか、物がぶつかったのか分からない場合は、この方法でチェックするといいでしょう。

熱割れの予防策

熱割れの原因についてご紹介いたしましたが、次は予防策についてご紹介したいと思います。熱割れは、ガラス表面の温度差が原因で起こるものでしたよね。そのため、熱割れを予防するには、ガラス表面で大きな温度差が起きないようにしてあげればいいのです。例えば、下記のようなことに気をつけてあげるといいでしょう。

  • 暖房器具の風などが直接当たらないようにする。
  • ブラインドやカーテンを密着させないようにする。
  • 窓際に物を置かないようにする。
  • サッシ枠のゴムパッキンが切れていたら交換する。(結露の水滴が溜まるため)

熱割れが起こりやすい時期

実は、熱割れが起こりやすい時期というものがあります。冬の晴れた日などは、特に熱割れが起こりやすくなります。夜中に冷たい外気で冷やされたガラスに、直射日光が当たるとサッシ枠周辺と直射日光が当たった部分で温度差が大きくなるため、熱割れが発生しやすいのです。

熱割れしにくい耐熱強化ガラス

熱割れの予防策についてご紹介いたしましたが、朝日などの自然現象に毎回対応するのは難しいかと思います。そういった場合は、熱割れしにくい耐熱強化ガラスへの交換を検討するといいかもしれません。耐熱強化ガラスは網が入っていませんが、通常のガラスよりも衝撃に強く、熱割れもしにくいという特徴があります。

また、防火地域で仕方なく網入りガラスを使っていたという人でも、透明な耐熱強化ガラスに交換できる可能性があります。気になる人は、交換を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ガラスの熱割れの原因と予防策についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。自然現象で熱割れが起こってしまう場合もありますが、窓際に物を置くなどの不注意で起こってしまうこともあります。1度熱割れをしてしまった経験がある人は、今回紹介したような予防策や耐熱強化ガラスへの交換を検討されてみてはいかがでしょうか。