さらに条件を追加する
LIBRARY

頑固なトイレの黒ずみはコレで掃除!カチカチ汚れがきれいになる効果…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
頑固なトイレの黒ずみはコレで掃除!カチカチ汚れがきれいになる効果的な方法とは

説明 トイレの黒ずみ汚れを落とす方法を探していませんか?黒ずみ汚れは落とそうとしてもなかなか落ちなくて厄介なため、できるだけ早く掃除することがおすすめです。そこで今回は、頑固なトイレの黒ずみを落とす効果的な掃除方法をいくつかご紹介します。

トイレの黒ずみ汚れを落とす方法を探していませんか?

しばらくトイレ掃除をしていないと、便器にたまった水の周りなどに黒い輪っか状の汚れがついていることがあると思います。

この黒ずみ汚れは落とそうとしてもなかなか落ちなくて厄介なため放置しがちですが、時間が経つほど落ちにくくなってしまうためできるだけ早く掃除することがおすすめです。

そこで今回は、頑固なトイレの黒ずみを落とす効果的な掃除方法をいくつかご紹介します。


トイレの黒ずみを掃除するためにまずは原因を知る

トイレの便器によく見られるのが黒ずみ汚れです。この黒ずみは掃除をしてもなかなか落ちてくれず、苦労している方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、原因に沿った掃除方法を取り入れることで効果が出やすくなり、黒ずみを落とすことができる場合があります。

そこでここでは、トイレの黒ずみができる原因をご紹介します。


トイレの黒ずみは『カビ』や『尿石』が主な原因

トイレの黒ずみができる原因は主に『カビ』や『尿石』です。

尿石は黄ばみの原因でもありますが、これがホコリなどの他の汚れとくっつくことがあります。また目には見にくいですが水垢が固着していることもあります。

これらの汚れはカビ菌が繁殖するためのエサになるため汚れが溜まれば溜まるほど繁殖し黒ずみが発生します。

放置するとなかなか落ちにくくなってしまうため、見つけたらすぐに掃除することをおすすめします。


トイレの黒ずみを落とす効果的な掃除方法

普段の掃除方法では落ちなくなってしまったような黒ずみは、ここでご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。


トイレの黒ずみ掃除法1.塩素系アルカリ性洗剤

カビが原因の黒ずみ汚れは、塩素系アルカリ性洗剤を使う方法が効果的です。


  • 【準備するもの】
  • ・塩素系アルカリ性洗剤
  • ・トイレットペーパー
  • ・トイレブラシ
  • ・ゴム手袋
  • ・バケツ
  • ・給油ポンプ

  • 【掃除方法】
  • ※塩素系の洗剤は臭いが強いため、窓を開けて換気を行いながら掃除する。
  • 1.給油ポンプを使ってトイレの水をバケツに汲み出しておく。
  • 2.黒ずみがついている場所にトイレットペーパーを敷き、上から塩素系アルカリ性洗剤をかける。
  • 3.所定の時間(記載がない場合は15分程度)放置し、ブラシで汚れをこすり落とす。
  • 4.汚れが落ちたら水を流す。
  • ※塩素系の成分と酸性の成分が混ざると有毒ガスが発生する恐れがあります。塩素系洗剤で落ちない汚れは酸性洗剤を使うと落ちることもありますが、混ざると危険なため1日程度時間を置いてから試すようにしましょう。

トイレの黒ずみ掃除法2.クエン酸パック

水垢が固着して黒ずみができている場合は、酸性の成分を含んだクエン酸を使った方法がおすすめです。

※ただし洗剤の成分よりは弱いため、完全に固着している汚れには効果がない可能性もあります。その場合は酸性洗剤を使った方法を試してみてください。


  • 【準備するもの】
  • ・クエン酸
  • ・水
  • ・トイレブラシ
  • ・ゴム手袋
  • ・バケツ
  • ・給油ポンプ
  • ・トイレットペーパー

  • 【掃除方法】
  • 1.クエン酸と水を3:1の割合で混ぜ、クエン酸ペーストを作る。
  • 2.給油ポンプを使ってトイレの水をバケツに移しておく。
  • 3.クエン酸ペーストを黒ずみの上に乗せ、トイレットペーパーを上からかぶせて1~2時間程度放置する。
  • 4.トイレットペーパーをはがしトイレブラシで汚れをこすり落とし、最後に水を流す。
  • ※塩素系の成分と酸性の成分が混ざると有毒ガスが発生する恐れがあります。塩素系洗剤で落ちない汚れは酸性洗剤を使うと落ちることもありますが、混ざると危険なため1日程度時間を置いてから試すようにしましょう。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。



トイレの黒ずみ掃除法3.クエン酸+重曹

クエン酸と重曹を混ぜたときに発生する化学反応を利用した掃除方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・クエン酸水(水200ml+クエン酸小さじ1)
  • ・重曹
  • ・ゴム手袋
  • ・バケツ
  • ・給油ポンプ
  • ・トイレットペーパー

  • 【掃除方法】
  • 1.給油ポンプを使ってトイレの水をバケツに汲み出す。
  • 2.黒ずみに重曹をまんべんなくたっぷりふりかけ、上からクエン酸水を吹きかける。
  • 3.しゅわしゅわ発泡してきたら上からトイレットペーパーをかぶせて1~2時間時間を置く。
  • 4.トイレブラシで汚れをこすり落とし、最後に水を流す。
  • ※塩素系の成分と酸性の成分が混ざると有毒ガスが発生する恐れがあります。塩素系洗剤で落ちない汚れは酸性洗剤を使うと落ちることもありますが、混ざると危険なため1日程度時間を置いてから試すようにしましょう。



トイレの黒ずみ掃除をラクにする予防法

こびりついた黒ずみはなかなか簡単に落ちてくれないため、放置すればするほど掃除が面倒になります。

そのため汚れがこびりつかないように対策をしておくのがおすすめです。ここではトイレの黒ずみ掃除をラクにする予防法をご紹介します。


トイレの黒ずみ予防グッズを活用する

トイレ掃除の時間がなかなか取れないという方には黒ずみ予防グッズの設置がおすすめです。流すたびに汚れを落としてくれたり、菌を繁殖しにくい環境を作ってくれるグッズもあります。

製品によって持続時間が異なるため、定期的な交換を忘れずに行うことで効果を継続させることができます。

下記の項目でおすすめグッズを紹介しているので、『どれを使ったらいいのかわからない!』という方はぜひ参考にしてみてください。



液体ブルーレットおくだけ除菌EX



水を流すたびに便器を除菌コートし、菌が繁殖しにくくなります。汚れの付着を抑える効果があるため、定期的をラクにすることができます。効果は約1ヶ月程度です。

タンクの手洗い場におくだけなので、誰でも簡単に設置可能です。


スクラビングバブル トイレ洗浄剤 トイレスタンプ



便器に直接ジェルをスタンプするタイプの洗浄剤です。手洗い管がないタンクレスタイプのトイレにも使用することができます。水を流すと便器に防除成分がいきわたり汚れが付きにくくなります。効果は1本で約6週間程度です。


トイレ洗浄中 さぼったリング 



粉末を直接便器に投入し、放置するだけで洗浄・除菌効果があります。掃除の時間がどうしても取れないという方におすすめです。

換気をしておけば1晩放置することもできるので、寝ている間に掃除することもできます。


トイレの掃除はこまめに行う

グッズを取り入れていてもすべての汚れを取り除くことはできません。洗浄剤がいきわたらない場所は特に汚れが溜まりやすいため、定期的な掃除をすることはとても大切です。

トイレブラシでサッと磨き掃除をするだけでも、頑固な汚れを防ぐには効果的です。時間ができたら、できるだけ掃除を行うようにしましょう。


定期的なトイレタンクの掃除

トイレのタンク内にカビが発生していると、水に混ざって便器に流れ込んで繁殖することがあります。

どれだけ便器を入念に掃除しても、タンクにカビが発生していると無意味になってしまう可能性もあります。

そのためタンクの掃除も定期的にすることがおすすめです。タンクの掃除も洗浄剤を入れて簡単にできるグッズも販売されているため、取り入れてみてはいかがでしょうか。


トイレの黒ずみ掃除方法まとめ

今回は、トイレの黒ずみ掃除方法をご紹介しました。

トイレの黄ばみや水垢汚れを放置していると、なかなか落ちない黒ずみ汚れになってしまうことがあります。定期的な掃除や洗浄グッズなどを使えば、汚れをある程度防ぐことができるのでおすすめです。

普段の掃除では落ちなくなってしまった黒ずみ汚れは、塩素系の洗剤やクエン酸+重曹などを使うと効果的なので試してみてはいかがでしょうか。

ユーザー評価: ☆☆  3.0 (2件)