さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレのふち裏掃除方法!~黒ずみ・黄ばみ取りに効果的なブラシ・洗…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレのふち裏掃除方法!~黒ずみ・黄ばみ取りに効果的なブラシ・洗剤とは~

説明 トイレのふち裏が掃除しにくくてお困りではありませんか?汚れがたまりやすいのに掃除はしにくいので、毎回きれいにするのに苦労をしているという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、トイレのふち裏の掃除方法や、ふち裏の掃除に効果的なグッズなどをご紹介いたします。

トイレのふち裏が掃除しにくくてお困りではありませんか?

汚れがたまりやすいのに掃除はしにくいので、毎回きれいにするのに苦労をしているという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、トイレのふち裏の掃除方法や、ふち裏の掃除に効果的なグッズなどをご紹介したいと思います。


トイレふち裏の汚れの原因とは

トイレのふち裏とは、便器のふちの内側にある奥まった部分のことです。この場所から水が流れてきて、便器を洗浄しています。

「毎日しっかりトイレ掃除をしているのに臭いがする」といった場合、トイレのふち裏が原因になっている可能性があります。

トイレのふち裏は低い位置からのぞき込むようにしないと確認できないので、気づかないうちに汚れがたまっていることもよくあります。

トイレのふち裏汚れは「尿石」「水垢」「カビ・雑菌」など

トイレのふち裏にはさまざまな種類の汚れが発生します。

汚れの種類によって効果的な落とし方が異なるので、掃除を始める前にふち裏にどんな汚れがたまっているかを確認しておきましょう。

  • 【トイレのふち裏汚れの種類】
  • ・尿はねが固まってできる「尿石」による黄ばみ
  • ・水道水の成分が固まってできる白っぽい「水垢」
  • ・水垢などを栄養にして繁殖する「カビ・雑菌」による黒ずみ

上記の汚れは、複数種類が混ざりあうこともあります。混ざりあった落としにくい汚れは、異なる種類の洗剤を使い分けるなど工夫して掃除してみましょう。


トイレのふち裏の掃除方法

トイレのふち裏が掃除しにくいのは、ふち裏の形が原因で「掃除道具が届きにくいこと」「ふち裏に洗剤がうまくかからないこと」などがあげられます。

そのため、トイレのふち裏掃除では掃除道具や洗剤の使い方にちょっとした工夫をしてみると、汚れを落としやすくなります。

そこでここからは、トイレのふち裏を掃除するやり方についてご紹介したいと思います。

トイレのふち裏の掃除方法1.トイレットペーパーで洗剤をパック

こびりついた汚れを落とすときは、汚れに洗剤をしっかりと浸透させるのがコツです。しかし、ふち裏は洗剤をかけてもすぐに下へ流れてしまいます。

そこでおすすめなのが、トイレットペーパーで洗剤をパックする方法です。ここでは、トイレットペーパーを使ったふち裏掃除方法をご紹介いたします。

必要な道具

  • ・トイレ用洗剤または酸性洗剤
  • ・トイレ掃除用ブラシ、歯ブラシなど
  • ・ゴム手袋

掃除の手順

1.ふち裏部分に、トイレットペーパーを2枚以上重ねて貼り付けます。ふち裏に詰め込んでいくようなイメージで貼り付けていきましょう。

2.トイレットペーパーに洗剤をたっぷりかけて濡らし、ふち裏の汚れに洗剤を付着させます。そのまま10~20分(酸性洗剤の場合は2~3分)程度放置して、洗剤を浸透させましょう。

3.トイレットペーパーの上から、ブラシでふち裏をこすって汚れを落とします。

4.ふち裏に残ったトイレットペーパーを落としてから、レバーで水を流して完了です。

トイレのふち裏の掃除方法2.いらない軍手で汚れを直接拭き取る

ブラシではどうしても汚れが落としにくいときは、いらない軍手を雑巾代わりに使う方法もあります。

ちょっと抵抗がある人もいるかもしれませんが、ブラシとは異なり「ふち裏に当たる感触がわかるので掃除がしやすい」というメリットがあります。

必要な道具

  • ・いらない軍手
  • ・ゴム手袋
  • ・トイレ用洗剤

掃除の手順

1.ゴム手袋の上に軍手をはめてから、軍手にトイレ用洗剤をかけます(指先の部分を中心に)。

2.軍手に洗剤が染み込んだら、便器のふちを軍手でつかみ、ふち裏の汚れを直接拭き取っていきます。

3.最後に水を流してすすいだら完了です。掃除に使った軍手は、そのまま使い捨てましょう。

トイレのふち裏の掃除方法3.ふち裏掃除用のトイレブラシを使う

トイレブラシは、ふち裏掃除に適した種類も多く販売されています。

普段使っているトイレブラシではなかなか汚れが落とせないときは、「ふち裏掃除がしやすいブラシに替える」という方法もあります。

ふち裏掃除用ブラシ1.半円形のブラシ



半円状に反り返った形のブラシは、ふち裏のような奥まった部分を掃除するのに適しています。

細かい汚れが落としやすいように、ブラシ先端のサイズはなるべく小さめの物ものを選ぶといいでしょう。

ふち裏掃除用ブラシ2.鏡付きブラシ

鏡付きブラシは、柄の先端に鏡がついているトイレブラシです。「ダイソー」などの100円ショップで販売されています。

ブラシをふち裏に差し込むと鏡にふち裏が映るので、直接見るのが難しいふち裏の汚れをしっかり確認しながら掃除をすることができます。

ふち裏掃除用ブラシ3.使い捨てスポンジブラシ



先端にスポンジが付いている、全長20cmほどの小さなトイレブラシです。

サイズが小さいためふち裏のような狭い部分の掃除でも扱いやすく、使い捨てタイプなのでブラシの汚れを気にせず掃除できます。

また、スポンジに研磨材が入っているので「スポンジを水で濡らしておく」だけでも尿石などの汚れを削って落としやすくできます。


トイレのふち裏についた汚れ・黒ずみを効果的に掃除する洗剤とは?

トイレのふち裏は、「汚れがたまっていて落としにくい」「洗剤がすぐに流れてしまう」などの理由で、掃除が難しくなりがちです。

そこで、「洗浄力のある洗剤」「流れにくい洗剤」など、洗剤の選び方にも注目してみると、さらにふち裏掃除をラクにできます。

ここからは、トイレのふち裏汚れに効果的な洗剤をご紹介いたします。

トイレのふち裏掃除用洗剤1.サンポール


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


サンポールは、代表的なトイレの洗剤なので知っている人も多いと思います。

サンポールは酸性洗剤で、「尿石汚れ」を落とすのに適しています。ふち裏の黄ばみ汚れが中性洗剤では落としにくいときは、サンポールなどの酸性洗剤を使ってみましょう。

注意点ですが、酸性洗剤は刺激が強いため使用時は必ずゴム手袋やマスクを着用しましょう。

また、カビ汚れに効果的な「ハイター」など塩素系の洗剤と混ぜると有害なガスが発生するため、酸性洗剤と塩素系洗剤は同時に使用できません。

トイレのふち裏掃除用洗剤2.クエン酸

クエン酸は、尿石汚れに効果的な酸性の粉末です。

酸性洗剤は刺激が強いものが多いので、なるべく安全な洗剤を使いたいときはクエン酸を選ぶといいでしょう。

クエン酸を洗剤として使うときは、水100mlにクエン酸粉末小さじ1を混ぜ合わせて、スプレーボトルに入れておきます。

混ぜたりボトルを用意するのが面倒なときは、最初からスプレーで販売されているものを購入するとラクです。

トイレのふち裏掃除用洗剤3.スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー



ふち裏にかけても流れにくい、ジェルタイプの洗剤です。

洗剤がふち裏の汚れにとどまって浸透するので、ブラシを使わず「放置してから流す」だけでも汚れ落ち効果が期待できます。

ただし、この洗剤はアルカリ性のため尿石汚れには適していません。「カビ・雑菌」などの黒ずみ汚れに使用しましょう。

トイレのふち裏掃除用洗剤4.エステー モコ泡わ トイレクリーナー



洗浄剤(中性)がモコモコとした密度の高い泡状になって出てくるので、ふち裏のような洗剤をかけにくい場所の汚れにも密着させやすくなっています。

基本的な使い方は、「洗剤をかけて放置した後、水を流す」だけです。

また、尿石のような落としにくい汚れは、放置した後にブラシなどでこするとより効果的です。


トイレのふち裏掃除方法まとめ

今回は、トイレのふち裏掃除方法についてご紹介させていただきました。

トイレのふち裏は洗剤や道具が届きにくい場所なので、掃除方法のコツをおさえたり、掃除がラクになる掃除道具を使ってみるといいでしょう。

また、汚れがどうしても落ちないなど、自分で掃除するのが難しいときは、ハウスクリーニングに相談してトイレ全体の本格的な掃除を依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。

ユーザー評価:  4.1 (12件)

役に立っています。

参考になりました

貴重な意見ありがとうございます。