さらに条件を追加する
LIBRARY

アルコールスプレーや消毒エタノールを再利用するお掃除術!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
アルコールスプレーや消毒エタノールを再利用するお掃除術!

説明 アルコールスプレーや消毒用エタノールはお掃除にも使えることをご存知ですか?手の消毒用などで常備していることも多いアルコールは、そのまま掃除に再利用できます。そこで今回は、アルコール・エタノールを再利用するお掃除術をご紹介いたします。

アルコールスプレーや消毒用エタノールはお掃除にも使えることをご存知ですか?

手洗いの後や料理の前などで、手指を消毒するためにアルコール(エタノール)を常備しているご家庭も多いと思います。

この消毒用アルコールは、そのまま掃除に再利用することが可能です。

そこで今回は、アルコールスプレーや消毒エタノールを再利用するお掃除術をご紹介いたします。

洗面所掃除に使う消毒用アルコール・エタノールとは?

アルコールやエタノールは、消毒液としてよく知られています。

薬局や100均でも手に入るほど身近な製品ですが、この2つがそもそもどのようなものかはご存知でしょうか。

お掃除に使うにあたって、まずはアルコール・エタノールについての詳しい説明をしていきたいと思います。

アルコール・エタノールの違い・性質について

アルコールとエタノールは、呼び名は異なりますが基本的に同じ性質のものです。

でんぷんなどを発酵させて作られていて、成分はお酒と同じです。そのため万が一口に入ってもほぼ害がなく、安全性の高いお掃除グッズとなっています。

消毒・殺菌作用でカビや雑菌の対策ができるほか、油を溶かす性質もあるため手垢などの皮脂汚れもきれいにすることができます。

お掃除に使えるアルコール・エタノールの種類とは

洗面所などの掃除に適しているアルコールは、「消毒用アルコール(エタノール)」です。

一般的に、消毒用アルコールと呼ばれる製品は、アルコールの濃度が決まっています。

消毒や殺菌に最も適しているといわれている濃度は約80%前後で、「消毒用」と書いてあるアルコールは純粋なアルコールを80%に薄めたものとなっています。

水回りの掃除には「無水」ではなく「消毒用」のエタノール

薬局などでは「無水エタノール」という製品も販売されています。無水エタノールは、化学の実験で使われるような非常にアルコール濃度の高いエタノールです。

揮発性が高く、すぐに蒸発してしまうので掃除には向いていません。

純水(異物が入っていないきれいな水のこと)と混ぜて、自分で消毒用のエタノールを使うこともできますが、燃えやすく、取り扱いも難しいので、掃除に使いたいという人は、最初から消毒用エタノールを使うことをおすすめします。

アルコールスプレー・消毒エタノールを掃除に再利用する方法

手洗い後の消毒用に使っているアルコールスプレーは、そのまま洗面所のお掃除に使うことができます。

手洗いや洗顔などのついでに気軽にお掃除に手を付けられるので、1本常備しておくだけで洗面所をいつでもきれいに保つことも可能です。

そこでここからは、アルコール(エタノール)を洗面所の掃除に再利用する方法についてご紹介したいと思います。

アルコールで洗面所を掃除するメリット

手の消毒として使っているアルコールをお掃除にも再利用すれば、洗面所にいくつも洗剤や掃除道具を置かなくて済むので洗面所がスッキリとしますね。

しかし、洗面所のお掃除にアルコールを使うメリットはそれだけではありません。

そこで、アルコールで洗面所を掃除するとどのような利点があるのかを、次からご紹介したいと思います。

水洗いの必要がない

普通の洗剤の場合、洗浄した後は洗剤を流すために水洗いが必要となります。

雑菌やカビは、湿気や水分の多いところで繁殖するため、水洗い後の乾燥や水気の拭き取りが不十分だとカビなどが再び発生する可能性があります。

一方で、アルコールは吹き付けた後に蒸発するため、掃除をした部分に水分が残りにくくなっています。アルコールで掃除をして湿気の発生を抑えることで、掃除の後に菌が繁殖する可能性を低減することができます。

素材を傷めにくい

洗浄力が強い酸性洗剤や塩素系洗剤は、多用すると素材を痛めてしまうことがあります。

しかし、消毒用アルコールは吹き付けたあとすぐに蒸発するため、うっかりタオルや壁紙にかかっても脱色・変色などの心配がありません(ただし、一部アルコールの使えない素材もありますので注意しましょう)。

洗面所掃除にアルコール・エタノールを使うときのやり方

アルコールスプレー1本で、洗面所のさまざまな汚れを落とすことができます。

ここからは、洗面所掃除にアルコール・エタノールを使うときのやり方についてご紹介いたします。

必要な道具

  • ・消毒用アルコール
  • ・スプレーボトル(ポリエチレン製かポリプロピレン製のもの)
  • ・雑巾
  • ・キッチンペーパーやティッシュ

アルコールの容器がボトルタイプの場合は、吹き付けるためのスプレーボトルが必要となります。移し替えるのが面倒な時は、はじめからスプレーボトルの容器に入っているアルコールスプレーを用意すると便利です。

アルコールを使った洗面所の掃除1.カビの除去

洗面所では、手洗い・洗顔・歯磨きなどでよく水を使います。そのため、お風呂などと同様にカビが発生しやすい場所となっています。

洗面所に発生するカビは、黒カビや赤カビが多いです。これらのカビも菌の一種なので、消毒用アルコールを使って除菌することができます。

アルコールスプレーでカビを除去するやり方

まず、カビの表面を雑巾で拭き取ります。雑巾で取れないときは、掃除用ブラシや歯ブラシを使いましょう。

次に、拭き取った部分にアルコールスプレーを吹き付けて、カビの菌を除去すれば完了です。

アルコールと乾拭きでカビを予防

アルコールスプレーは、カビの予防にも効果的です。

洗面所を使った後は、乾拭きで水気を拭き取ってからアルコールスプレーを吹き付けておくと、それだけでカビの発生を防止することができます。

水気を残さないことと、カビの菌をすぐに除去することを習慣的に行うことで、カビの発生をかなり抑えられます。

アルコールを使った洗面所の掃除2.水垢・手垢の掃除

洗面所の蛇口や鏡は、水垢や手垢で汚れやすいです。水垢・手垢による白っぽい汚れも、消毒用アルコールできれいにすることができます。

やり方は、アルコールをスプレーした雑巾やキッチンペーパーなどで拭くだけです。アルコールは蒸発するので、拭いた後の水拭きなども必要ありません。

ただし、「くもり止め」が使われている鏡の場合は、アルコールがくもり止めを溶かしてしまうため、使用は避けましょう。

アルコール・エタノールで掃除をするときの注意点

手軽に消毒や掃除ができて安全性の高いアルコールですが、使用するときはいくつかの注意点をおさえておきましょう。

また、アルコールのボトルにも製品についての注意書きがあるため、使用時には前もって目を通しておくと安心です。

アルコール・エタノールを使ってはいけない素材

アルコールは油を溶かす性質があるため、油が含まれる素材に使うと変色・変形してしまう可能性があります。

下記のような素材には、エタノールを吹き付けないようにしましょう。


  • ・プラスチックなど樹脂製品
  • (ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリ塩化ビニルを除く)
  • ・ワックス、ニスなどの塗料
  • ・ゴム製品
  • ・皮革製品
  • ・フローリング

掃除のときは換気を行う

アルコールは揮発性が高いため、掃除中は蒸発したアルコールの成分が空気中に充満する可能性があります。

人によっては、アルコール成分を吸い込むと気分が悪くなる場合があるので、掃除中や掃除の後は換気をしっかり行っておきましょう。

アルコール・エタノールを火気の近くで使わない

アルコール・エタノールには引火性があります。

火気の近くでアルコールをスプレーすると、発火して事故につながるおそれがあり危険です。

水が含まれる消毒用アルコールでも危険性は同様なので、掃除の際はライターなどの火気が近くにないかをあらかじめ確認しておきましょう。

※とくに、無水エタノールを使っている人は注意しましょう。

アルコールスプレーや消毒エタノールを再利用するお掃除術!まとめ

今回は、アルコールスプレーや消毒エタノールを再利用する方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ふだん、手の消毒などに使っているアルコールスプレーは、そのまま洗面所の汚れている部分に吹き付けるだけで掃除道具として使うこともできます。

カビなどの菌を除去したり、水垢をきれいにしたいときは、手洗い用と合わせてアルコールスプレーを1本常備しておくと便利です。

しかし、手軽に使えて人体への影響も少ない分、強力な汚れは落とせない可能性があります。自力で掃除できない汚れがあるときは、ハウスクリーニング業者に相談して清掃を依頼することも検討してみましょう。

プロによる清掃で溜まった汚れを取り除くことができれば、毎日の掃除も楽になります。水回りの汚れで困っているときは、一度相談してみてはいかがでしょうか。

強力な汚れも時間をかければ落としやすくなりますが、手間をかけずにお風呂をきれいにしたいときはプロの業者に相談するのも一つの手です。落ちない汚れで困っているときは、ハウスクリーニング業者に相談することも検討してみましょう。