さらに条件を追加する
LIBRARY

お風呂掃除で天井をきれいにする方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
お風呂掃除で天井をきれいにする方法

説明 お風呂の天井が汚れていてお困りではありませんか?手が届きづらい、洗剤がうまくかからない、などでなかなかきれいにならないときは、簡単にできるやり方を試してみましょう。そこで今回は、お風呂掃除で天井をきれいにする方法をご紹介したいと思います。

お風呂の天井が汚れていてお困りではありませんか?

掃除をしても、手が届きづらい、洗剤がうまくかからない、などでなかなきれいにできないまま、という人もいるかもしれません。

そんなときは、もっと簡単にできるやり方で手軽にお風呂の天井を掃除してみましょう。

そこで今回は、お風呂掃除で天井をきれいにする方法をご紹介したいと思います。

お風呂の天井を掃除するときに知っておきたいこと

お風呂の天井は、汚れに気付きづらく掃除もしにくい箇所だと思います。

また、床や壁とは異なり掃除するときにいくつか注意点があることをご存知でしょうか。

そこでまずは、お風呂の天井を掃除するときに知っておいたほうがよいことをご紹介いたします。

お風呂の天井はどうして汚れる?

お風呂の天井は、床や壁より石けんカスや皮脂などの汚れが付く機会は少ないです。しかし、気が付くと黒ずんだり、白っぽい汚れが付いていることがあります。

これらの汚れの正体は、カビや水垢です。浴槽などから上ってきた湯気(水蒸気)が天井に付着すると、固まって水垢になったり、湿気がこもってカビができたりします。

お風呂の天井は定期的に掃除を

お風呂の天井の汚れは、カビの菌を発生させる原因となります。

天井のカビが下に落ちてくると、浴室全体にカビの菌がかかってしまう可能性があります。床や壁を掃除してもすぐにカビが生えてしまうときは、天井に目に見えないカビ菌が発生していることが考えられます。

あまり汚れていないように見えても、お風呂の天井は定期的に掃除をしておいたほうがいいでしょう。

お風呂の天井に直接スプレーをかけると危険

お風呂の天井の汚れを落とすときは、お風呂掃除用の洗剤が効果的です。しかし、中性・塩素系などの性質にかかわらず、掃除用の洗剤は皮膚や目につくと異常が起こるおそれがあります。

床や浴槽での使用なら、手袋やマスクなどである程度対策できます。しかし、天井など高い位置に洗剤を使うと、液が落ちてきて体にかかったり目に入る可能性が高くなり非常に危険です。

天井の掃除をするときは、必ず掃除道具のほうに洗剤を染み込ませる形で行いましょう。

洗剤を垂れにくくする方法

お風呂の天井を掃除するときは、なるべく洗剤が垂れてこないような方法で行うと安心です。

「天井に洗剤を直接吹きかけない」ことに加えて、下記のような方法も効果があるので、安全性をより高めたいときは参考にしてみてはいかがでしょうか。

ジェルタイプの洗剤を使う

お風呂用の洗剤は、液体や泡状のものだけではなく、ジェルタイプの製品もあります。

半固形なので、天井に使っても垂れにくくなっています。ただし、たくさん使いすぎると重さで落ちてきてしまうため、薄くのばすように塗っていくのがコツです。

片栗粉を混ぜる

液状・スプレータイプの洗剤に片栗粉を混ぜると、洗剤がペースト状になります。片栗粉の分量を多めにすると固めのペーストになり垂れてきにくいため、天井の掃除に使うこともできます。

しかし、その分使った箇所に残りやすいので、洗剤を洗い流す作業はしっかり念入りに行いましょう。

人体に無害な洗剤とは

いろいろと工夫をしてみても、万が一ということがあるかもしれないので心配ですよね。

そんなときは、人体に害の少ない洗剤で掃除をしましょう。人にかかっても問題のない洗剤なら、お風呂の天井を掃除するときも安心して使うことができます。

手指の消毒用に使うエタノールや、自然由来の成分でできている重曹、セスキ炭酸ソーダがおすすめです。どれも100均などで手軽に手に入れることができます。

しかし、いずれの洗剤も目に入ると普通の洗剤と同様に危険なので、掃除中は体にかからないよう気を付けましょう。

重曹・セスキ炭酸ソーダの使い方

粉末状の重曹・セスキ炭酸ソーダは、水で薄めたものをスプレーボトルに入れて使いましょう。

重曹は小さじ1に対して水100ml、セスキ炭酸ソーダは小さじ1に対して水500mlの割合で薄めます。

エタノールは市販のものをそのまま使うことができます。また、重曹やセスキ炭酸ソーダも一部の製品は初めから液体状で販売されているものがあるので、すぐに使いたいときは液体タイプを用意しましょう。

お風呂の天井を簡単に掃除するやり方

ここでは、実際にお風呂の天井を掃除するときのやり方をご紹介いたします。

浴室の天井は普通の部屋より低い場合があるため、背伸びをしたり台を使えば届く人もいます。しかし、腕を上げた状態での作業は体勢的にきつく、すぐに疲れてしまい念入りに掃除ができない可能性があります。

こんなときは、無理をせず便利な道具を使って簡単に掃除をしてみましょう。

お風呂の天井掃除には柄付きスポンジ

お風呂の天井の掃除には、お風呂掃除用の柄付きスポンジを使うのがおすすめです。モップを逆さにするような形で使用し、高い天井の隅でも楽に掃除できます。

市販されているものにもいくつか種類がありますが、スポンジが柔らかめで目が細かいもののほうが洗剤が垂れてきにくいです。

また、あまり動き回らず簡単に掃除したいときは、ヘッドが回転したり、柄の長さが調節できる製品が便利です。

フローリング用のワイパーでも代用できる

柄付きスポンジは、フローリング用のワイパー(クイックルワイパーなど)でも代用可能です。フローリングワイパーに取り付けてあるドライシートをそのまま使っても大丈夫ですが、種類によっては洗剤が染み込みにくいことがあります。

ドライシート以外のものを使うときは、キッチンペーパーやウェットシート、お風呂掃除用シートなどを用意しておきましょう。

ワイパーにシートを取り付けるときは、2枚以上重ねてつけると安心です。天井が傷ついたり、洗剤で濡れたシートが破れるのを防ぐことができます。

柄付きスポンジでお風呂の天井掃除をする手順

【1.天井に洗剤を塗布する】

まず窓やドアを開け、換気扇を回した状態にしておきます。

それからスポンジ(シート)に洗剤を染み込ませ、柄の部分を持って天井全体に洗剤を塗りつけていきます。汚れに洗剤を染み込ませることが目的なので、こすらず静かに汚れに密着させるようなイメージでやってみましょう。

天井がザラザラしたモルタル製の場合は、柄を動かさずスポンジを押し付けていくと効率よく洗剤を染み込ませることができます。

【2.放置して洗剤を浸透させる】

汚れを洗剤に浸透させるために、少し時間を置きます。普通の洗剤なら5分~10分程度で良いですが、カビ取り剤などカビの除去が目的の場合は30分~数時間程度放置します。

【3.洗剤を水拭きで落とす】

柄付きスポンジに水を含ませて、洗剤を水拭きで落とします。

シャワーの水で落とすこともできますが、水がはねて洗剤が広範囲に飛び散らないように充分な注意が必要です。水がかからないように、できるだけ遠くから強すぎない水圧で洗い流しましょう。

【4.乾拭きで水気を取る】

柄付きスポンジの先をドライシートや乾いた布に付け替えて、天井の水気を拭き取ったら完了です。

掃除の後も、しばらく換気を続けて浴室全体を乾燥させておきましょう。

軽い掃除のときは、水拭きしてから乾拭き

毎日の軽い掃除のついでに天井をきれいにしたいときは、洗剤をつけずに水拭きだけですませても大丈夫です。

全体的に、または汚れが気になる部分をウェットタイプのシートで拭いてから、ドライシートや乾いた布で乾拭きして水分を拭き取りましょう。

水の代わりに消毒用エタノールをかけると、カビの予防にもなります。

お風呂の天井にある換気扇掃除のやり方

天井に設置してある換気扇も、月に1回くらいのペースで掃除をしましょう。換気扇にほこりなどがたまっていると湿気を吸い込む力が弱まって、浴室の湿気を逃がしにくくなってしまいます。

湿気が逃がせないとカビの発生の原因となり、換気扇のほこりにもカビが繁殖する可能性があります。この状態で換気扇を回すと、カビの菌を浴室全体にばらまいてしまい、衛生的によくありません。

お風呂の天井掃除のときに換気扇の汚れに気付いたら、一緒に汚れを取っておきましょう。

お風呂の天井の換気扇を掃除する手順

換気扇の掃除では、以下の道具を用意しましょう。


  • ・掃除機
  • ・ブラシ(歯ブラシでもOK)、スポンジ
  • ・台所用中性洗剤
  • ・雑巾

掃除の前は必ず換気扇の電源を切っておき、ファンが回っていない状態で始めましょう。

手順1.【カバーが外せるタイプ】

1.カバーを下に引っ張って外します。カバーの外し方は換気扇の種類によって異なるため、メーカーのホームページや取扱説明書を確認しましょう。

カバーにほこりがついていたら、掃除機で吸い取ります。

2.カバーを外すと、シロッコファンというかごのような形のファンがあります。中央にあるネジを外すと、ファンを留めているカバーが外れて、シロッコファンを取り外せます。

ただし、機種によっては取り外せない場合もあるので、外せなさそうなときは取り付けたまま掃除を続けましょう。

3.ファンのほこりを掃除機で吸い取ります。ファンが外せるときは、中性洗剤でつけ置き洗いをしましょう。

ファンが外せない機種は、水洗いすると故障の原因となるため乾拭きのみで掃除をします。

4.ファン周辺の部品についたほこりを乾いた布で拭き取ったら、取り外した部品を全て戻して完了です。

手順2.【カバーが外せないタイプ】

1.掃除機を上向きにして、カバーのほこりを吸い取ります。

2.換気扇の側面からフィルターを引き出します。

3.フィルターのほこりを掃除機で吸い取ります。汚れが残っているときは、ブラシ・スポンジと中性洗剤で水洗いしましょう。

4.フィルターを完全に乾燥させたら、カバーの中に戻します。

5.カバー表面の汚れを固く絞った雑巾で拭いたら完了です。

業者にハウスクリーニングを依頼する

汚れがひどい場合や、掃除をしてもすぐに汚れてしまうときは、業者に清掃してもらうことも検討してみましょう。

プロのハウスクリーニング業者に頼めば、汚れの原因となっているカビの菌などを洗浄し、手の届きにくい天井の隅や分解の必要な換気扇まで手間をかけずにきれいにすることができます。

その後の掃除も楽になるので、お風呂の汚れに困っているときは一度相談してみることをおすすめします。

お風呂掃除で天井をきれいにする方法まとめ

今回は、お風呂掃除で天井をきれいにする方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

手が届きにくいお風呂の天井は、柄付きスポンジなど長い持ち手の道具を使うと簡単に掃除できます。また、洗剤が天井から垂れてこないような工夫もしておくとより効果的です。

しかし、天井の隅や分解しにくい換気扇など、どうしても自力できれいにするのは難しい部分もあります。

そんなときは、清掃業者に相談してハウスクリーニングを依頼してみましょう。気になる部分や手の届きにくい場所を、手間をかけずにきれいにしてもらえるので、困っているときは相談してみてはいかがでしょうか。