さらに条件を追加する
LIBRARY

ドアノブが取れた!~握り玉や取っ手が外れたときの対処法~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ドアノブが取れた!~握り玉や取っ手が外れたときの対処法~

説明 ドアノブの握り玉・取っ手が外れてしまってお困りではありませんか?ドアノブが外れてしまったら、ドアを開けることができず閉じ込められてしまうと思う人も多いかもしれませんが、実はドアノブが外れた状態のドアを開ける方法はいくつか存在します。そこで今回は、ドアノブの握り玉や取っ手が外れたときの対処法についてご紹介いたします。

ドアノブの握り玉・取っ手が外れてしまってお困りではありませんか?

ドアを開けようとドアノブをつかんだら突然取れてしまった、なんてことになったらビックリしますよね。

ドアノブが外れてしまったら、ドアを開けることができず閉じ込められてしまうと思う人も多いかもしれませんが、実はドアノブが外れた状態のドアを開ける方法はいくつか存在します。

そこで今回は、ドアノブの握り玉や取っ手が外れたときの対処法についてご紹介いたします。

ドアノブの握り玉や取っ手が取れる・外れる原因

ドアノブは、開閉を繰り返すたびに部品が少しずつ摩耗していきます。しかし、部品の大半はドアノブの内部にあるので、劣化や不具合にはなかなか気付かないケースがほとんどです。

しかし、故障の原因を知っておくと、修理やメンテナンスをよりスムーズに行うことができます。

そこでまずは、ドアノブの握り玉や取っ手が取れる・外れる原因についてご紹介したいと思います。

ドアノブが取れる原因1.ドアノブのネジが緩んでいる

ドアノブを動かしたときや開閉時の衝撃などで、ドアノブを固定しているネジがだんだんと緩んでくることがあります。

ネジが完全に外れてしまうと、そのままドアノブも取れてしまいます。ネジを締め直せば修理できる可能性が高いので、ドアノブが取れたときはネジを紛失しないよう注意しましょう。

ドアノブが取れる原因2.ドアノブ内部の部品の故障

汚れやサビなどでドアノブ内部の部品が故障すると、部品同士のかみ合わせがうまくいかなくなることがあります。

部品がうまくかみ合っていないと、ドアノブを握ったときに正しい方向に力が入らず、部品に余分な負荷がかかってしまいます。

その状態のままドアノブを使い続けると、部品がガタつくなどでドアノブが固定できなくなり、取れてしまう可能性が考えられます。

ドアノブが取れる原因3.ドアノブに無理な力が加わった

ドアノブの部品に故障箇所がなくても、握る・回すときの力が強すぎると外れることがあります。

ドアノブの劣化が始まっていなければ、普通に使っているだけで取れてしまうことはあまりありませんが、たとえば子供がぶら下がって遊んでいたなどの理由で外れてしまうケースはよくあります。

ドアノブが取れる原因4.ドアノブの経年劣化

長い間ドアノブを使用していると、開閉を繰り返すうちに部品が摩耗してさまざまな不具合を起こすことがあります。

ドアノブの寿命は一般的に10年~15年程度とされています。取り付けてから10年前後経過しているドアノブが取れてしまったときは、ドアノブ自体の寿命が来ている可能性が考えられます。

ドアノブが取れた・外れたときの対処法

ドアノブの握り玉や取っ手が取れてしまったら、修理や交換が必要です。しかし、ドアの内側に人がいる場合はまずドアを開けることが先決ですよね。

鍵屋に相談すれば対応してもらえますが、自分ですぐにできる対処法もあるのでまずは試してみるといいかもしれません。

ここからは、ドアノブが取れた・外れたときの対処法をご紹介したいと思います。

ドアノブが取れたときの対処法1.手で元通りに付け直す

ドアノブは、手で外すことのできる種類があります。そのため、力の加え方によっては開閉を行うときに誤ってドアノブが外れてしまうことがあります。

この場合は故障ではないため、ドアノブをもう一度はめ込んで右か左に押し回せば取り付け直せる可能性があります。

ドアノブが取れたときの対処法2.ネジを締め直す

ネジが取れてしまっているときは、プラスドライバーでネジを締め直してみましょう。

ドアノブでネジを使って固定している箇所は、ドアノブの根元や台座のほかに、フロントプレート(ドア側面の金属板)があります。

フロントプレートはドアノブと連動しているため、フロントプレートのネジの緩みもドアノブの不調の原因となることがあります。故障箇所以外の場所も確認して、ネジが緩んでいたら締め直しておきましょう。

ドアノブが取れたときの対処法3.ラッチを引っ込めて開ける

ドアノブは、回して動かすことでラッチとよばれるかんぬきのような役割をする部品を引っ込めています。

ドアノブが外れても、ラッチが故障していなければラッチを直接引っ込めて開けることができます。

ばねの破損などでラッチが動かないときは自力で開けることは難しいので、鍵屋など専門の業者に作業を依頼しましょう。

ラッチを引っ込めるやり方

キャッシュカードや物差し、針金ハンガーなど薄くて硬いものをドアとドア枠の隙間に差し込んで、ラッチを押し込んでみましょう。

ドアの閉まる方向が自分のいる側と反対側の場合は、下もしくは上から道具を差し込んで手前に引く動作が必要となります。

ラッチを引っ込めた状態でドアを押す(引く)と、ドアを動かせます。

ドアの隙間が狭いときのやり方

ドア枠の構造によっては、道具を差し込む隙間がない場合もあります。

このケースでは、ドアの下からビニールひもなどを通してラッチ部分まで引き上げて押し込む方法で開けられる可能性があります。

ただし、ドアの両側に1人ずつひもを持つ人が必要である点に注意しましょう。

ドアノブが取れたときの対処法4.芯棒を回して開ける

ドアノブを取り付けていた台座や外れたドアノブの形状を見て、芯棒の有無を確認してみましょう。芯棒があるタイプのドアノブは、芯棒をつまんで回すことで開けられる場合があります。

芯棒ごと取れてしまっているときは、台座に開いている四角い穴に割り箸を差し込んで回してみましょう。

ドアノブが取れたときの対処法5.鍵屋に依頼して開けてもらう

上記の方法で対処できない場合は、鍵屋に相談してドアを開けてもらいましょう。

ドアノブが外れる・取れるといった症状があるケースでは、ドアノブの故障・寿命の可能性があります。

修理を行っても、しばらくすると同様の不具合が起こることも考えられるので、新品に交換したほうが安心です。

ドアノブ握り玉・取っ手の交換方法

ドアノブの握り玉や取っ手が取れたり外れてしまった場合、ドアノブが故障していたり寿命が来ている可能性が考えられるので、新しいドアノブに交換することをおすすめします。

交換は鍵屋などの業者に頼めば確実ですが、交換用の部品と簡単な工具があればDIYで交換することもできます。

そこでここからは、ドアノブ握り玉・取っ手の交換方法をご紹介したいと思います。

交換前に準備しておくこと

ドアノブをはじめて交換するときによくある失敗は、「購入したドアノブとドアのサイズが合わなくて取り付けられない」ことです。

購入間違いを防ぐためには、ドアノブを選ぶ前にドアの各サイズを測っておき、ドアのサイズに対応した規格の製品を選ぶことが重要です。


  • ・ドアの厚み
  • ・バックセット(ドアノブの中心からドアの端までの長さ)
  • ・フロントプレートの長さ・幅
  • ・ビスピッチ(フロントプレートの上下にあるビスの、中心どうしの距離)

上記のサイズをあらかじめ測ってから交換用の部品を購入すると安心です。

>>>バックセット・ビスピッチなどを画像で解説した記事はこちら

ドアノブ交換のやり方

ドアノブの交換に必要な道具は、基本的にプラスドライバーのみです。ドアノブの形状によっては、ドアノブを外すためにマイナスドライバーやプライヤーなどほかの工具が必要になる場合があります。

ドアノブの外し方

交換を行うときはまずドアノブを外す必要がありますが、ドアノブは種類によって外し方が異なっています。


  • ・ドアノブの根元や台座のネジを取り外す
  • ・手で握って反時計回りに回す
  • ・ドアノブの台座にある細い穴にプライヤーを差し込んで回す
  • ・ドアノブの台座にある細い穴にマイナスドライバーを差し込んで押し上げる

おもな外し方は、上記の通りです。外し方がわからないときは、ドアノブのメーカーを確認してメーカーのホームページなどを参照してみましょう。

ドアノブ交換の手順

  • 1.ドアノブと台座を取り外します。室内側→室外側の順で外しましょう。
  • 2.フロントプレートについているビスを、ドライバーで外します。
  • 3.フロントプレートを取り外し、ラッチ・錠ケースを取り出します。
  • 4.(1)~(3)と逆の手順で、交換用のドアノブを取り付けます。

ドアノブが取れた!~握り玉や取っ手が外れたときの対処法~まとめ

今回は、ドアノブの握り玉や取っ手が取れたときの対処法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ドアノブは、ネジの緩みや経年劣化などの原因で外れてしまうことがあります。ドアノブが取れた状態で人が閉じ込められてしまったときは、ドアノブを取り付け直す、ラッチを手動で動かすなどの方法を試してみましょう。

自力で開けられそうにないときは、鍵屋に連絡して対応してもらうことをおすすめします。ドアノブが故障している場合は、新品に交換しておきましょう。

生活救急車ではドアノブの修理交換を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。