さらに条件を追加する
LIBRARY

屋根瓦の雨漏りの原因と修理方法~業者の料金事例も紹介~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
屋根瓦の雨漏りの原因と修理方法~業者の料金事例も紹介~

説明 屋根瓦から雨漏りが起こっていてお困りではありませんか?瓦屋根の場合、雨漏りの原因は「瓦が割れたり、落ちてしまった」ことだと考える人も多いと思います。しかし、瓦以外にも屋根には雨漏りの原因となる箇所があります。そこで今回は、屋根瓦の雨漏りの原因と修理方法や、業者の料金事例についてご紹介いたします。

屋根瓦から雨漏りが起こっていてお困りではありませんか?

瓦屋根の場合、雨漏りの原因は「瓦が割れたり、落ちてしまった」ことだと考える人も多いと思います。しかし、瓦以外にも屋根には雨漏りの原因となる箇所があります。

原因を突き止めることは修理の際にも重要となるため、原因箇所を把握しておくと業者へ修理の依頼をするときなどに役立ちます。

そこで今回は、屋根瓦の雨漏りの原因と修理方法や、業者の料金事例についてご紹介いたします。

屋根瓦から雨漏りが起こる原因

屋根瓦には、屋根材である瓦のほかにもさまざまな建材が使われています。

そのため、雨漏りの原因となる破損箇所も一つとは限らないことがあります。中には外から見ただけではわからないケースもあるため、原因の見当をつけるときはいろいろな可能性を考えることが大切です。

そこでまずは、屋根瓦から雨漏りが起こる原因についてご紹介したいと思います。

屋根瓦の雨漏り原因1.屋根瓦の破損

瓦が割れる、浮く、ずれる、剥がれるなどで破損してしまうと、その部分から雨水が建物の中に入り込みやすくなり、雨漏りが発生する可能性があります。

また、古い工法の屋根瓦では、地震などの災害時はわざと瓦を落として屋根を軽くし、倒壊を防ぐという方法が取られていることがあります。

そのため、古い屋根瓦だと瓦が完全に留められておらず、剥がれやすくなっている場合があります。

瓦が破損する原因

瓦が破損する原因には、以下のようなものがあります。


  • ・台風などの強風で飛んできた物がぶつかって瓦が割れる
  • ・地震など自然災害の影響でずれる、落ちる
  • ・点検や補修時に誤って踏み割ってしまう
  • ・寒さで瓦の中に含まれる水分が膨張して割れる
  • ・葺き土が弱まって接着力が落ちて浮いてくる

屋根瓦の雨漏り原因2.板金の浮き・釘のゆるみ

板金は、屋根の棟(三角形の頂点の部分)や谷の部分に取り付けられる部品です。棟には雨が当たることが多く、谷には雨が流れ込んで劣化しやすいため、板金をかぶせて補強しています。

しかし、板金自体も強風や経年劣化で浮いてきたり、板金を留めている釘がゆるんで隙間ができることで、雨漏りが発生することがあります。

屋根瓦の雨漏り原因3.外壁取り合い部のコーキング劣化

外壁から飛び出す形で取り付けられている屋根瓦の場合、外壁と屋根を接着するのにコーキングというパテが使われていることがあります。

コーキングが風雨や経年劣化で破れてしまうと、そこからできた隙間から雨水が流れ込んで雨漏りが起こる可能性があります。

屋根瓦の雨漏り原因4.棟部分の漆喰の劣化

棟と瓦の間にある隙間は、漆喰を使って埋められています。

隙間からの防水をしながら湿気を逃がす役割をしていますが、この漆喰が劣化して剥がれてくると、棟と瓦の間に隙間ができて、雨水の浸入経路となる可能性があります。

屋根瓦の雨漏り原因5.下葺き材(ルーフィング)の劣化

下葺き材とは、屋根材の下に防水目的で敷く建材です。現在ではシート状の製品が多いですが、昔ながらの工法で土や杉皮などが使われていることもあります。

雨が降ったとき、まずは屋根瓦である程度の雨水を防ぐことができます。しかし、雨の量や吹き込み方によっては瓦の隙間から水が入り込む場合があります。

このときに、瓦の下にある下葺き材が雨水を流して排水し、室内に浸入しないように機能しています。

下葺き材から雨漏りが発生する理由

上記のように、屋根は屋根材と下葺き材の2重構造で建物を雨水から守っています。そのため、屋根瓦と同じように下葺き材の劣化も雨漏りの原因となります。


  • ・屋根瓦が破損したことにより、継続的に紫外線や雨水の影響を受けた
  • ・シート状の下葺き材を釘で留めた際にできた釘穴から浸水した
  • ・葺き土が経年劣化して細くなり、外へ流れ出てしまった

上記のような理由から、下葺き材が劣化する可能性があります。

屋根瓦の雨漏り原因6.施工不良

施工業者が屋根の構造を熟知していないと、正しい工法で屋根瓦が施工されず、内容によっては施工した結果雨漏りしてしまう可能性も考えられます。

施工不良にはさまざまなケースがありますが、一例では以下のようなものがあります。

施工不良1.コーキングの使い過ぎ

屋根瓦を固定するためにコーキングが使われることがありますが、瓦にコーキングを塗りすぎると排水や排湿のための隙間を塞いでしまいます。

瓦どうしの隙間を完全に塞ぐようなコーキングの打ち方は、劣化を早めて雨漏りを発生させてしまうおそれがあります。

施工不良2.鉄製の釘を使用している

瓦を留める釘が鉄製だと、雨に濡れることでサビて膨張し、釘穴からひびが入って割れてしまう可能性があります。瓦の割れた部分から雨水が入り込むと、雨漏りの原因となることがあります。

瓦に使用する釘は、サビに強いステンレス製を使用するのが主流となっています。

屋根瓦の雨漏りを修理する方法

屋根瓦の修理は高所での作業となり、常に転落の危険性があります。そのため、修理作業は業者に依頼することをおすすめしています。

しかし、修理を業者に任せるときは、あらかじめどんな修理方法が取られるのかを知っておくと、はじめて修理を依頼する人でも安心できると思います。

そこでここからは、屋根瓦の雨漏りを修理する方法についてご紹介いたします。

修理方法1.瓦の補修・交換

瓦が破損している場合は、瓦のひび割れを補修したり、割れた瓦やずれ落ちた瓦を新しいものに交換するといった修理方法がとられることがあります。

屋根瓦の修理は、瓦1枚の補修・交換から受け付けてくれる業者もいます。症状が軽いうちに直したほうが費用も安く済むので、小さな破損でも放置せずに補修しておきましょう。

修理方法2.葺き直し・葺き替え

葺き直しと葺き替えは、瓦を一度全て剥がして全体的な補修を行うときに使われる方法です。

葺き直しは、もともと屋根に使われていた瓦を再利用するやり方です。一方で、葺き替えは瓦も全て新しいものに取り換えます。

屋根瓦が全体的に傷んでいる、同じ瓦が廃盤になっている、古い工法で耐久性に問題があるなどの場合は、部分的な破損でも葺き替えを行う可能性があります。

修理方法3.下葺き材(ルーフィング)の交換

下葺き材が劣化している場合は、下葺き材を交換する必要があります。しかし、下葺き材は瓦の下に設置されているため、交換するには一度その上にある瓦を剥がすことになります。下葺き材の張り方によっては、葺き替えとなる場合もあります。

シート状の下葺き材は、重ね張りすることもできます。雨漏りへの耐久性を上げたいときは、重ね張りも検討してみましょう。

土葺き屋根は葺き替えを勧められることがある

下葺き材に葺き土を使っている瓦屋根の場合は、葺き替えを勧められることがあります。

理由としては、土葺き屋根は昔ながらの工法で、排湿性にすぐれているものの、耐震性や耐侯性は現在の工法の方がよくなっているためです。

瓦が剥がれやすく、土で屋根が重たくなりやすい土葺き屋根は、安全性を高めるためにほかの下葺き材へ変えることを施工業者から勧められることも多いようです。

修理方法4.コーキング補修

接着や隙間を埋めるのにコーキングが使われている部分は、コーキング材を充填して補修します。

コーキング補修には、すでに充填されているコーキング材の上に追加して隙間を埋める「増し打ち」と、もともとあったコーキングを全て取り除いて一から充填し直す「打ち直し」の2通りの方法があります。

修理方法5.板金の交換

板金の浮きやゆるんだ釘の隙間から浸水が起こっているときは、板金を交換して補修します。

「釘が緩んでいるなら打ち直せば直るんじゃないか」と思うかもしれませんが、釘穴から雨漏りすると、水が浸入した周囲の板金もサビや変形で劣化してしまっていることが多いです。

そのため、釘だけを打ち直しても雨漏りが改善しない可能性があります。このことから、釘穴からの雨漏りであっても、板金は全体交換したほうが安心できるでしょう。

修理方法6.漆喰の塗り直し

経年や風雨で漆喰が劣化している場合は、古い漆喰を全て剥がしてから新しい漆喰を塗り直して修理を行います。

同じように隙間を埋める用途に使われるため、コーキング補修で代用できそうに見えますが、漆喰の修理にコーキングを使うことはできません。

コーキングは漆喰とは異なり隙間を完全に塞いでしまうため、空気や湿気を逃がすことができず劣化を早めてしまうおそれがあります。漆喰が使われている部分には、漆喰のみで補修を行うようにしましょう。

屋根瓦の雨漏り修理を生活救急車で依頼した場合の費用について

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車で修理を行った場合の料金事例をご紹介します。

生活救急車で行った作業事例

生活救急車では、雨漏りの修理を承っております。作業内容や料金は、雨漏りの原因や建物の状態によって異なるため、正確な料金が知りたい場合は、現地見積りをご依頼することをおすすめします。

ズレた瓦の調整作業

  • 項目内容 料金(税込)
  • 戸建ての瓦調整 8,000円
  • 項目内容 料金(税込)
  • 合計 8,000円

>>>この事例の詳細を見る

戸建ての漆喰工事

  • 漆喰工事 152,280円
  • 合計 152,280円

>>>この事例の詳細を見る

台風で落ちた瓦屋根の修繕

  • 項目内容 料金(税込)
  • 屋根修理 552,420円
  • 合計 552,420円

>>>この事例の詳細を見る

屋根瓦の雨漏りの原因と修理方法~業者の料金事例も紹介~まとめ

今回は、屋根瓦の雨漏りの原因と修理方法、業者の料金事例についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

屋根瓦には、瓦や板金、漆喰部分などが雨漏りの原因となる可能性があります。雨漏り修理を行うときは、それぞれの破損箇所に適した修理方法で補修工事を行います。

さまざまな修理方法がありますが、屋根瓦の補修は基本的に高所での作業となり、慣れていない人には転落などの危険性があります。原因がわからないときや、本格的な修理をするときは専門の業者に相談することをおすすめします。

生活救急車では雨漏り修理を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。